ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-08-20 Wed 21:31
日本×ウルグアイ
<日本代表:4-4-2>
FW:玉田-田中
MF:小野-青木-長谷部-中村
DF:阿部-中澤-高木-駒野
GK:楢崎

去年のブラジル戦。ウルグアイのポイントは素早い切り替え、最前線からのリミッターなしの守備、サイドに起点を作る攻撃。今回の試合もこのまんま。最前線からの追いかけ回しに日本は困りまくり。DFラインは深い位置に貼り付けにされ、それを中盤が助けに行くからFWが前線で孤立。ちびっこ2トップでは収まりも悪い。自陣から出られない。全く押し上げがかけられない。相手はますます前線からの守備を活性化。完全悪循環モードの前半だった。

ウルグアイの攻撃は高い位置で奪ってからのショートカウンターか、サイドを侵攻する形。前者は切り替えのよさをベースとして後ろから次々に選手が出てくる。3失点はすべてカウンター的な流れ。枚数的に日本が危険な状況に陥った流れ。サイドに起点を作るときは右サイドが多かった。これは相手のSBが右肩あがりだったから。3バックみたいに見える時間もあったぐらい。ただし、左SBも機を見て上がってくる。

日本もウルグアイに負けず劣らず前線からの追いかけ回しで試合に入る。玉田と田中が追いかけをスタートとして、中盤で奪ってやろう作戦。でも、残念ながら失敗。サイドで数的優位を作ってるはずなのに、抜け出さされるシーンが多々。守備の連係がイマイチか。そして、ウルグアイはサイドを深い位置までえぐってくる。日本の最終ラインは下がらざるを得ない。全体が押し上げられる。ここからは上に書いた悪循環。前線からの守備はあっさりと消滅。ただし、前半の途中から前線からの追いかけは諦めて4‐4‐2をしっかりと作って受けるようになってから守備の安定がもたらされた。

それでも攻撃がうまく行ったかというと微妙なところ。とにかく、ウルグアイの守備の質が素晴らしい。入りどころに対して、常に複数が潰しにかかる。超厳しい球際。1つ1つのところで流れを分断されるから、日本のパス回しは不可能。途中で引っ掛けられる恐怖があって後ろからの押し上げが少なかったことも要因となり、全く形を作れず。自慢の動きまわるちびっこ2トップも周囲の助けがないと厳しかった。

後半になると日本は4‐1‐3‐2にして前線の人数を増やす。そして、ウルグアイが疲れる。ボールに対するプレッシャーが単発になる。前線からの追いかけも弱まる。やっと日本がパスを回せる流れになった。そんな中での先制点。でも、4‐1‐3‐2にしたことでDFラインの前が気になる今日この頃状態だった。カウンターからの失点もその辺の影響があったと思う。
スポンサーサイト
別窓 | 日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-06-23 Mon 00:41
日本×バーレーン
<日本代表:4-4-2>
FW:玉田-佐藤
MF:本田-遠藤-憲剛-俊輔
DF:安田-中澤-トゥーリオ-内田
GK:楢崎

バーレーンはホームの試合では自陣に引きこもって、入ってきたところを狙ってたバーレーン。しかも、その入ってきたところの守備自体も結構ルーズだったバーレーン。日本が蹴りまくり作戦を採ってきたきたことによって、そういう守備の弱点が隠されていたのは事実。そんなホームでのバーレーンの戦い方と比較すると、今回は戦い方にかなりのイメチェンを図ってきたように思う。

バーレーンの基本的なシステムは4‐3‐3。4‐5‐1に見えることが多かったのも確かだけど。とにかく、念頭に置かれていた守備は前線から積極的に行くものだった気がする。1トップというか3トップの頭に入った選手が日本陣内のペナルティーエリア直前のボールに対しても追いかけて行く姿勢が見られたと思う。そんな守備のスタートに2列目以下がしっかりと連動することで、高い位置で奪おうっていう守備をしてきたと思う。

とはいえ、バーレーンはバーレーン。最前線から連動性を高める守備をしてきたとしても、抜け道は多かった気がする。前線の3トップが頑張っても、中盤がついてこないっていうことも多かったし。確かに日本の最終ラインがスムーズにボールを持ちあがるのは難しかったけど、1つ前の遠藤&憲剛の助けを借りることで、さらに両SBを有効活用して幅を使うことで、相手の前線からの守備に対しても、しっかりとつないで行くようなやり方を採ることができた。

そして、相手の最初の守備ブロックを抜け出すとどうなるか。前線からの守備が念頭にあるバーレーンの守備ブロックは超高い。そのウラにはスペースがたくさんある。ウラのスペースは玉田&佐藤の2トップにとっては大好物。そういえば今回もちびっこ2トップの組み合わせだった。でも、その役割はイメチェン岡田ジャパンが採用したちびっこ2トップの役割とは異なっていた気がする。今までは2トップ(特に玉田)には組み立てに参加してくることが求められてたけど、今回は純粋にFW的に動くことが多くなってた。要するに、後ろのトップ下のスペースに出てくるよりは、得点に直結する相手のウラのスペースを狙えってこと。

これがベンチからの指示なのか、自分たちの判断なのかは分からない。でも、この2トップの役割の変化が後々になって悪い影響をもたらしたのは事実。とはいえ、立ち上がりはそんなウラへの抜け出しがチャンスに直結してたのも、また事実。普通に遠藤に蹴らしておけばあっさり先制点を奪えたはずのPKも佐藤のウラへの抜け出しから。相手の最前線の守備を抜け出し、中盤との間にできたエアポケットに入り込んで、直接ウラ抜けスルーパスっていう形で、いくつかのチャンスを作った立ち上がりの流れだった。玉田と佐藤のスピードが生きまくった流れ。

だから、この時間帯は恐ろしく縦へのスピードが速い日本の展開が生まれたと思う。単純にFWに出す、1発ウラ狙いは確かにいつでも繰り出せる形ではない。でも、そんなときにはサイドを使った縦急ぎ攻撃を行った印象。相手のWGのウラにSBを抜け出させて、そこにボールを出して、そのサイドで縦へ縦へと一気に進むっていうやり方も目立ってたと思う。

おそらく、中→中で一気に相手のウラを突くにしろ、中→外でサイドを突き進むにしろ、岡田監督にとっては理想に近いサッカーだったんじゃないかと思う。手数をかけずに一気に縦へと進む形なわけだから。低い位置でのパス交換で相手の前線からの守備をいなしておいて、抜けだしたら中盤を一気に通り過ぎる縦縦サッカーが多く見られた。中盤に技術のある選手を並べておきながら、その中盤が軽視されたのが今回の日本代表。立ち上がりのように、縦縦の攻撃を簡単にできてる時間はよかったけど、最終的には中盤がなくなってしまう弊害ばかりが目立ってたように思う。

バーレーンの方としては前線からの守備に怖さが生まれてくる。前から行ったとしても、そこで奪えずに、それだけじゃなくて、後ろのスペースを使われまくり。せっかく頑張って前から行ってるのに、それがピンチにつながるんじゃ割りに合わない。でも、今回のバーレーンはめげなかった。あくまでも守備は前線からっていう時間帯が途中までは続いていたと思う。ウラを簡単に取られるのは出し手をフリーにしてしまうからなんだっていう方向の修正が見られた印象。中盤の1‐2の前に入った2枚が立ち上がりの時間帯よりも前線への守備意識を高めて、日本の出し手に対してしっかりとプレッシャーをかけに行くシーンが目立ったと思う。結果として日本が1発でウラに通すようなシーンは見られなくなった。

ただし、ここで問題が1つ。バーレーンの中盤の選手が守備意識を高めた結果もたらされたのは、日本の攻撃の最短距離を防ぐっていうことだった。逆に言えば日本がつなごうとすれば、前に引っ張り出されている分だけ、DFとの間にスペースを残してきていることになる。でも、残念ながら今回の日本はそこを使えないシーンが多かった。いつもなら玉田が降りてきたりするトップ下の場所なんだけど、今回の玉田は前へ前へ。憲剛が積極的に出てきたりもしてたけど、そこには相手の中盤の選手が一緒に戻ってくればいいだけの話。

でも、その素晴らしいスペースをスペースのまま残しておくのはもったいないっていう意識が日本の方にも生まれてくる。徐々に俊輔とか本田っていう基本的ポジションがサイドの2人が中に流れてボールを受けるシーンが目立つようになった。ここでやっとバーレーンの守備にバーレーンらしさが取り戻された気がする。要するにバーレーンがベタ引き守備ブロックを作る時間が長くなったってこと。

ただし、やっぱり基本の守備意識が前線にあったのは事実。その後のバーレーンも攻撃後の流れなんかでは前線からの守備が機能したりしてた。ポイントは1トップの場所で守備のスタートを切る選手が自分の前に対する守備ができるかどうかにあったと思う。1トップの選手は自分の背後にボールが入ると、守備に参加せずに前線に残ったままっていう形が多かったから。そうなったら、中盤の高めの2枚が一応は日本の出し手をケアするけど、その背後が危険になればすぐに深い位置の守備ブロックへと移行するっていうやり方が見られた印象。

ただ、バーレーンの1トップの選手の守備に対する意識が低いかって言われるとそうでもない。背後に入られてすぐは守備に関心がないかのように振舞って、前線に残ってたりするんだけど、ベタ引きの流れになると突如として戻りながらの守備をしたりしてた。ベタ引きの相手ブロック前で日本がボールを左右に動かしてたりすると、急に真ん中の遠藤のところを狙って戻ってきて守備をするシーンが見られたと思う。そう考えると基本的な守備意識はそれなりに高いんだろうなって思う。そして、1トップの場所にその選手が入ったことで、バーレーンの前線からの守備もある程度の形になってたんだろうなって気がする。

とりあえず、引いて守らざるを得ない時間が長くなっていったバーレーン。ただし、今回のイメチェンバーレーンは一味違った。引いて守るって言っても、完全なるベタ引きにはならなかった。要するにゴール前にとにかく人数をかけとけっていう形の守備にはならなかったと思う。低い位置にブロックを作るのは確かだけど、最終ラインはある程度の場所にとどめてたし、いい意味で中盤とDFラインの境目がはっきりしてた。今回のバーレーンのベタ引きブロックには組織としての秩序が見られたと言っても過言ではない。

具体的に見てみる。まず、ベースとなるのは中盤とDFラインで作り上げる4‐3の守備ブロック。ここも中盤は絶えず日本の出し手へのプレッシャーをかけて行ってた。そういう意味では文字どおりのベタ引きではなかったとも言える。とにかく、そんなわけで日本が中→中の単純な縦パスを入れるのは難しい流れにつながったと思う。それにたとえ日本が縦パスを入れてきたとしても、今回のバーレーンは一味違ってたし。

自陣で守りつつも受け手へのケアがルーズだった、前回のバーレーンはどこへやら。日本のトップ(的な役割をする)選手に縦パスが入った時のバーレーンの選手の守備意識はかなり高かった。バイタルエリアに入ってきた縦パスには厳しく当たることが明確になってたと思う。そのせいで日本にいい場所でのFKをいくつか与えてたのはご愛敬。そして、そんな1つめの守備の2つめ以降がすぐに連動してたのが今回のバーレーンのバーレーンらしくないところ。中盤の選手は前に対してだけではなく、後ろへの守備もしかりとやってた印象。そうやって挟み込みを作った。

バーレーンというか中東のチームは守備の1つ1つが勝負どころっていうイメージが強い。個々の力量で相手からボールを奪うべきだっていう。でも、今回のバーレーンは日本の縦パスの入りどころに厳しく当たった最初の守備に対して、すぐに周囲が集中してくるようなシーンが多く見られたと思う。中→中への縦パスを入れること自体が困難だった日本だけど、それが通ったとしてもその後のバーレーンの真ん中の場所の守備のよさによってつぶされてしまうシーンが多々見られた。

そんなわけで4‐3で守る真ん中の場所は完全に締めたって言ってもいいバーレーン。でも、そうなると気になるのがサイドのスペース。でも、今回のバーレーンはサイドのスペースのケアもしっかりと行ってきた。その役割を担ったのがWGの2枚。守備時には中盤と同じラインまで戻っての守備が見られたと思う。そうやって日本のSBの上がりをケアしつつ、同時にサイドの深めで起点を作られた時に、SBと協力して挟み込むような役割も担ってたと思う。特に目立ったのが右サイドのWGの選手。守備時にはSBの位置まで戻り、攻撃のときには最前線まで飛び出していく。その運動量は素晴らしかった。パク・チソン並。

そんなバーレーンの守備ブロックに対する日本の守備は、厳しいことを言えば全く頭を使っていなかった。しかも、それがアウェーのオマーン戦の時にも見られた形だったからなおさらたちが悪い。行き当たりばったりの印象が強い、岡田ジャパンの悪いところが見られたように思う。あまり考えずに、攻めていたら結局は悪い流れに陥ってたっていう。オマーン戦の反省が全く持って生かされてなかった。

上に書いたように、前から来てるバーレーンのDFラインの前にスペースを見つけた俊輔と本田。どちらも真ん中寄りに入ってきてのプレーが多くなったってのも上に書いたとおり。確かに相手が前線から来ている時にはこの動きは効果的だった。うまく起点になるシーンも見られた。ただし、相手が低い位置のブロックへ移行しても、この2人の真ん中でのプレー時間はかなり長かった。本田なんかはサイドでのプレーの方がしっくり来るはずなのにも関わらず。

さらに今回の日本のFWはFW的な動きを求められてたってのは上にも書いたとおり。いつもだったらサイドに顔を出すシーンが目立つ玉田も今回は真ん中でのプレー時間が延びた。佐藤も同じく。これで4枚は真ん中に常駐していたことになる。加えて、憲剛の積極的な攻撃参加もことごとく真ん中へ向かって。長谷部のようにサイドを回り込む動きは前半は皆無だった。

完全に真ん中は飽和状態に。そして、結果としてサイドはSBのみが担当する流れに陥った。これも上に書いたことだけど、日本のSBの攻撃参加に対しては相手のWGがきっちりと対応してきてた。相手はSBとWGの2枚に日本のサイドは1枚。恒常的な数的不利が生まれ、サイドで深い位置をえぐるのは難しくなった。SBは縦に行けずに、低い位置でバランスを取る遠藤に戻すシーンが多くなったと思う。ここを狙ってたのが相手の1トップの選手。

遠藤→SB→遠藤→逆SB→遠藤→真ん中への縦パス→つぶされる。相手の守備のよさもあったけど、日本の真ん中は飽和状態で、さらにその選手たちが待っているんだから当たり前。ちょっとした動きがあったのも確かだけど、あくまでもちょっとした動き。大々的に相手ブロックのバランスを崩すのは難しかった。もう本当にオマーン戦と全く同じ流れ。なんて学習能力がないんだっていう感じか。

オマーン戦ではサイドの重要性を再確認することで事態の打開を図った日本代表。今回も前半の途中でそんなことを思い出したのかもしれない。本田がサイドに戻っていくシーンが目立ち始め、さらに今回は常にFWとして振舞っていた玉田がサイドでの数的優位形成を助ける場面も多くなっていった。結果としてサイドを深くえぐってからのチャンスっていう形が目立つようになったと思う。

ただし、そんな感じでチャンスを作り始めた日本に新たな問題が生じた。それはバーレーンの守備のやり方の変更によってもたらされたもの。前線からの積極的な守備を念頭に置いていたバーレーンだけど、その背後を狙われて低い位置での守備ブロックへと移行しなければならなくなったってのが、ここまでの流れ。そんなバーレーンが前半の途中から、中間的な守備のやり方を採ってきた。前線からの積極的な守備とラストの守備の中間。

それは自陣にバランスのいい4‐1‐4‐1を作るっていうもの。チーム全体が低い位置に押し込まれる流れの中ではがれ気味の時間が続いていたトップの選手もブロックに参加して、文字どおりに4‐1‐4‐1ブロックを採用してきたと思う。理由は分からない。前線からの追いかけ回しに疲れたのか、低い位置に押し込まれるぐらいならバランスのいいブロックを作って受けようと思ったのか。とにかく、それまでの前線からの守備は完全になりを潜めた。

日本にとっては最終ラインが持ちあがれるっていう効果をもたらした。でも、それだけ。残念ながらビルドアップの問題が再来。バーレーンの4‐1‐4‐1の2列目の4のフィルターを越えられないってこと。それまではラスト1/3のところをどうするかってのがポイントになってたのに、突如としてスタートの1/3のところに問題が生まれた日本。先に言っちゃうと、この問題は山瀬の投入まで続くこととなった。本当に全く深い位置まで入り込めない流れ。最後の仕上げをどうするかなんて言ってられない流れ。バーレーンにしてみれば、こんなに簡単に押さえられるのかっていう話だったと思う。

じゃあ、日本が中盤の4を越えられなくなった要因は何か。その要因はどう考えたって中盤の軽視にあったとしか思えない。バーレーンがバランスのいい4‐1‐4‐1を形成してきた以上、最初の4のフィルターをどう越えるかがポイントになる。そして、そのときに出し手の方でできる工夫は少ないと思う。低い位置で幅を使っても、横の間延びは期待できないし(4枚が横並びになってるから幅をしっかりとケアできてる)、真ん中は相手の2枚が押さえてる。だから、どうしたって受け手の方の動きが重要になるわけ。

でも、中盤が軽視された今回の日本。もっと言えば、しっかりと中盤で組み立てをしようとする意識が少なかったのが今回の日本代表だった。だから、組み立てのためにボールを引き出す動きが少なかった。上で書いたような、本田とか俊輔の中へと流れる動きも、組み立てのためというよりは、直接的にゴールに向かうため。憲剛の飛び出しもそんな意図。サイドに顔を出すようになって、ちょっとは変化が出てきたように思えたFWも、相手がベタ引きにならずにウラにスペースを残してくれている現状では前への動きの方に重点を置いていた。そんなこんなで、中盤の場所で起点を作りにくい状況が生まれてた印象。

要するに前へ前への意識が高すぎたとも言える。岡田化が間違った方向に出るとこんな形になるんだろうなってのがもろに表れてた。ここまで書いてきた中盤の空洞化がその最たる存在。前線にボールが入りにくい状況だったのにも関わらず、今回は俊輔が降りてきて助けるシーンは少なかった。そんな感じで全体として、降りてきて、要するに出し手の方に近づいてきてボールを受けようっていう動きが少なかったと思う。結果として相手のフィルターを越えられない状況が続くこととなった。

それにうまく相手の4の裏側に入れたとしても、その後の関係性が希薄。これも前へ前への意識と中盤の空洞化に原因がある。中盤はボールをつなぐ場所ではなく、ゴールへの経由点っていう意識が強すぎたように思う。だから、中盤にボールが入った瞬間にみんながゴールに向かっていく。結果としてボールに対する動きのほとんどが、遠ざかるランニングになってしまった。必然的にボールの近くでは動きが生まれない。ボールの近くでの関係性が生まれない。全体としてボールの近くに味方選手が少ないっていうシーンが目立ったと思う。特にみんながゴールに向かってしまったがためにサイドは悲惨な状況に。せっかく攻撃的な2枚を使っても、全く有効活用できなかった。

ここまで書いてきたように、縦急ぎの悪い部分が出ていたのが今回の日本代表。同じ縦急ぎでももっと関係性が生まれる縦急ぎだと思う。コートジボワール戦のように、サイドで超密集地帯を作って、追い抜き追い抜きの繰り返しの中で少ないタッチのパス交換でサイドを侵攻してく形。これまでずっと見られたように、FWに当てておいて中盤が前向きにプレーできる状況でゴールに向かっていく形。そんな形で縦へ向かいつつも、そこで関係性を築くってのが岡田監督のやり方であるような気がする。

でも、今回の日本代表は1人1人がバラバラに縦へ縦への向かっていたイメージ。立ち上がりは、それでチャンスを量産してしまったのが、後々の流れを考えるとよくなかった。チームとしての縦急ぎを目指したい岡田監督のサッカーとはかなり異質のやり方。個人の縦急ぎの組み合わせではチームとしての縦急ぎは達成されないことが今回の試合で分かったと思う。むしろ、相手のフィルターの4を越えられずに無駄に低い位置での保持時間が延びていったぐらいだったし。

そんな悪い流れが断ち切られたのが、上にも書いたように山瀬の投入から。前へ前へと向かって行ってしまうFWを1枚減らして中盤の選手を増やす交代。これによって中盤の密度が増した日本代表。結果として強制的な近さがもたらされる。同時にトップ下を置いたことで、無意味にサイドの選手が中へ中へと流れてきてしまうのも防いだ気がする。そして、この山瀬の投入で思い出したかの様に日本が中盤を制圧していくから面白い。

中盤の枚数が増えたことで強制的に距離の近さが生まれた。結果として、それまで希薄だった中盤の関係性が強制的に作られる。強制的に関係性が作られたことでパスが回るようになってくる。そうなると面白いことに、ボールの近くでの個々の動きも活性化されたと思う。ボールに対する近づくランニングと遠ざかるランニングのバランスが一挙に回復。結果として1つのボールに対する単純な動きの数が増えていった。もともと相手はバーレーン。中盤の場所で人もボールも動かしながら局面局面を変えていけば、実効的な場所でのパス交換が増やせるのは自明だった。

そうやって中盤の場所で優位を作ると、中盤の場所が重要なんだっていうことに気づいてきたと思う。それまでは受け手の方があまり引き出しの動きをしなかったってのは上にも書いたとおり。それが突然、前線の選手が降りてきてボールを受けようっていうような動きが生まれ始める。上→下の動き以外にも、相手の間に入り込む受け手の数が圧倒的に増えた印象。相手の弱点の1のところに入り込もうとする意識が高まったと思う。

そして、そうやって真ん中の場所での引き出しを活性化させていくとサイドの場所が空いてくる。そんな好循環に入っていったと思う。そして、そのサイドの場所でもそれまでの流れが嘘のように、最低1枚がボール保持者の外を回りこむっていう形が明確化した。単純にボランチの場所からトップ下の場所へと出て行く動きを繰り返していた憲剛がサイドの局面に顔を出してきたのが最も象徴的なシーンだったように思う。

そうなると流れは完全に日本へ。それまでは日本がボールは保持しつつも、明らかにバーレーンの思った展開で試合が進んでたから。中盤でのボールと人の動きを増したことによって、相手の守備ブロックを押し下げることに成功した。再びラスト1/3崩しへと日本が入っていくことになる。そして、このラスト1/3崩しは前半のそれとは本質的に異なったものになった。

1つはバーレーンが不本意にブロックを押し下げられたってこと。前半も前からの守備を念頭に置いていたバーレーンにとっては不本意だったことは不本意だっただろうけど、それでもバランスのいい守備ブロックを作ったあたりに、そうなる展開はある程度予測できてたであろうことが出ている。でも、この時間帯のバーレーンの守備ブロックはある意味ではバーレーン的なものになった。バランスも何もなく、とにかく最後に人数をかけるっていう質のものだったように思う。前半のようにサイドはWGに任せて、真ん中は4‐3で固めるっていうような整理された形ではなかったと思う。

対する、日本も前半とは全く違った攻撃のアプローチが可能になったと思う。サイド→遠藤→逆サイド→真ん中→つぶされる、なんていう形にはならなかった。今やトップの場所の出入り、サイドの出入りはかなり激しくなっている日本。それまでのパス回しで作り出した動きをそのままに、前線の動きがある状態での攻撃が可能になった印象。みんなが前に入って止まってる場所止まってる場所をつないでいった前半の流れとは全く違う。ダイナミックな最前線への飛び出しも多かった。中盤での保持を増やした方が中盤を通り過ぎて縦へ進むよりもスピード感が生まれるってのも面白い部分だった。

ただし、やっぱり日本の1/3崩しの弱点は残ったと思う。というか、ラスト1/3崩しにかける時間があまりにも短すぎた。中盤の軽視のせいで、ラスト1/3まで持って行けない時間があまりにも長すぎた。山瀬の投入は普通に後半の開始と同時でよかったんじゃないかと思うぐらい。あれだけの変化が生まれてるわけだから。山瀬を早めに入れておけばFWが足りないことにも気づいたはず。山瀬が入ったことで玉田が思い出したかのように中盤に参加するシーンが増えたから。そうすれば巻の投入ももう1つ早く行けたかなっていう気がしてならない。

そんなわけで明らかに精彩を欠いた日本の攻撃。それに対して守備もよかったとは言えないと思う。大体において、今回の日本のボランチは憲剛&遠藤。本格的に攻撃&攻撃のWボランチを定着させようとしてるのかって話。そういえば、W中村と遠藤が併用された今回はオシム化されなかったなって話。このメンバーでオシムのポゼッション重視、中盤重視のサッカーとは真逆のことをやって失敗したんだから皮肉。少なくとも俊輔は完全に岡田化されたなって思う。低い位置の助けに来なかったのも、その辺を象徴してるのかもしれない。

話がずれたけど、今回の守備は攻撃&攻撃のボランチが失敗方向に出た試合だったような気がしてならない。これまたオマーン戦の再来。前回のタイ戦では問題があまり見られなかったんだけど、今回は再来。その要因は簡単でタイはつないできたこと。タイは奪った後のボールをつないできたから、日本の切り替えの守備が面白いほどに機能した。切り替えじゃなくても、中盤のところでプレッシャーが機能させられた。

今回はみんなが前に入ってきて、それをつぶされる流れだったから、奪われる場所が前の選手の後ろになることが多かったと思う。よって、切り替えの守備は前回ほどは機能しなかった。相手のボールの運び方も、頭の上を越えるロングボールが主体。中盤は後ろとの関係を求められる状況。そして、DFとの関係を求められると、攻撃&攻撃のボランチはもろさを見せる。今回の遠藤&憲剛も同じだった。

そもそもバーレーンは攻撃の方もイメチェンを図ってきた。バーレーンのやり方と言えば、ボールを奪ったらとにかく前線へっていうイメージ。3‐5‐2だった前回は、2トップ+1トップ下を目指して蹴って、そこで収まればWBとボランチが飛び出してくっていう形が見られたと思う。でも、今回のバーレーンは違った。蹴っておいて人数を増やすんじゃなくて、人数を増やしておいて蹴るっていうやり方を採ってきた印象。

守備時には4‐5‐1っぽい形になってたバーレーンだけど、攻撃時には4‐3‐3がはっきりしてた。というか4‐3‐3がはっきりするまでは蹴るのを待ってた。要するに今回のバーレーンはボールをすぐに前線に蹴らなかった。低い位置である程度ボールを持ってから前線へっていうやり方だったと思う。これができたのは日本の守備が受ける形を採ってきたから。バーレーンの低い位置の選手は自由にボールを持てたと思う。

岡田監督の言えば前線からの守備なんだけど今回は受ける形。前回の暑いタイ戦は追いかけたけど、今回は追いかけなかった。理由は簡単で、このチームは相手が蹴りまくるチームの場合は前線からの守備をやめる。前から頑張っても頭を越えられたら体力の無駄だって話。むしろ、後ろに人数をかけて固めておかなければ危ないって話。だから、今回の試合で前線から行かないのは合理的。

まあ、そんなわけで今回のバーレーンは前線が揃った状態で前線に蹴ってきた。だから、前線にターゲットが揃ってる。こぼれたところを拾う体制もできあがってる。対する日本はどうか。相手は3トップをワイドに置いているから、SBが絞って真ん中を固めるってのは無理だった。だから、頼りになるのは中盤。でも、攻撃&攻撃のボランチはうまくDFとの関係性を作り出せない。DFが競った次のボールが相手に渡るシーンが多かったように思う。

DFとボランチの関係性ではカウンターの危険性も見られたと思う。これもオマーン戦と同じ流れ。そもそも攻撃がオマーン戦と同じ形だったわけで、両SBを上げつつ、ボランチも攻撃に出て行ってしまうっていう本当の意味での2バックが今回もできてしまった。本当の意味での2バックができたことによって、数的同数のシーンもできあがってしまったと思う。相手が前が揃うまで攻めなかったから、助けられる部分もかなり大きかったように思う。

ついでに中盤の前に対する守備もよくなかった今回の日本。相手がつないでくるシーンがあまりなかったのに、つながれると深い位置まで入られるシーンが多かったと思う。受ける形の守備ブロックを作ったから、前線でいい形で守備のスタートが切れなかったってのが1つの要因。そして、その守備のスタートが切れないままにズルズルと言ってしまった気がする。それは守備のスターターとなりうる中盤の選手がいなかったから。みんな攻撃の人たちだから仕方ないか。実は守備で一番頑張れる素質があるのは本田だったかもしれない。でも、本田もそれほど目立ったわけではない。中盤で守備に目立てる選手が皆無だった。というわけで、攻撃&攻撃のボランチの組み合わせは危ないんじゃないっていう気がしてならない。

交通事故によって1‐0で勝利を収めた日本代表。今回は予選だから結果が出ればよしとは、どう考えたって言えない。勝ち上がりが決まってるからプレッシャーはない。ホームでの戦い。内容が求められる試合だった。圧倒的な展開で最後の最後を崩せない流れだったら、まだ納得できる。そこはやっぱり日本かっていう一種のあきらめもあるんだけど。でも、圧倒した展開でもなかった。内容が目も当てられない状況。お世辞にも最終予選に期待できるなんて言えない。

余談。やべっちFCのここが巧はシュバインシュタイガーのゴール。サイドでトライアングルを作って作って、ダイレクトダイレクトで縦に抜けたポドルスキーからのクロス。玉田が言うには、今の日本代表がやろうとするサッカーに近いとのこと。これで確認が取れた。やっぱりサイドで密集地帯を作って少ないタッチで縦を侵攻するのがやりたい形だったのかってこと。
別窓 | 日本代表 | コメント:5 | トラックバック:0 |
2008-06-15 Sun 00:42
タイ×日本
<日本代表:4-2-3-1>
FW:玉田
MF:松井-香川-俊輔、遠藤-長谷部
DF:駒野-中澤-トゥーリオ-内田
GK:楢崎

やっぱり同じメンバー。本当は大久保と香川が入れ替わったけど。でも、これも些細なこと。大久保が出場停止っていうことになった時点で残った選手で一番タイプが近いのが香川だろうし。ただ、実際には大久保と香川の違いは結構大きかったけど。それでもチームとしてのコンセプトは変わらなかったと思う。前回の試合で危ない部分を露呈したボランチコンビもそのまま起用したし。

ホームでのオマーン戦は俊輔に引っ張られてオシム化。前回のアウェーでのオマーン戦は俊輔を引っ張って岡田化。岡田監督のやりたいサッカーに一歩近づいたし、連動性も1つ前よりは明らかに高まった。右肩上がりの右サイドに起点を作って、そこで数的優位を作り、最終的にはトップに当てる。トップに当てたところで2列目が前を向いた状態で絡む。そのために俊輔の自由度を高め、動きの質を上下から左右へと変更した。結果として最初のオマーン戦に横横に動いていたボールが縦に動くようになったと思う。

そういうわけで前回のオマーン戦は岡田監督としてはよしの内容。でも、残念ながら岡田監督のやり方には後遺症が残る。何しろ運動量がとっても要求される形だから。実際に完全岡田化のコートジボワール戦では前半の途中でスタミナ切れを起こした日本。気温40℃のオマーンでそれを問う時間維持できるはずもない。岡田化し、連動性が高まったいい形の攻撃はすぐに消え去る。

スタミナ切れの前に得点を奪えず、むしろ失点を喫してしまったのは痛かったとしても、スタミナ切れ自体は予測できてたはず。結果として、焦りが見え隠れした日本代表。今考えてみるとスタミナが完全に切れてしまう前に同点ゴールを奪わなきゃっていう気分だったのかもしれない。両SBと遠藤を残して、残りの全員がゴール前に殺到。敵も味方も入り乱れての超密集地帯。崩しきれるはずもなく、むしろ引っ掛けられてのカウンターを食らいまくり。後半になって、サイド重視を掲げることでなんとか立ち直った日本だった。

というわけで、岡田化日本の課題はどう考えたってスタミナ面。攻守に渡って運動量を要求しまくる岡田監督の形。守備は最前線から追いかけ回せ、攻撃では局面局面で常に複数の選択肢を作れ。元気な時間は機能性が高いやり方だけど、何度も書くようにいくらなんでも休みの時間が短すぎる。こないだの五輪代表がノンストップをキーワードにしてたけど、こっちのA代表の方がよっぽどノンストップ。そして、スタミナ切れはそのまま岡田監督のやりたいサッカーの終焉を迎える。毎回毎回、後半は別のやり方を取り入れることで打開を図る。そして、その後半の修正が抜群に機能したりするから面白い。

だから、頼むから気候を考えたサッカーをしてください。オマーンとのホームとアウェーの戦い方を比べると完全にギクシャク。ホームではオシムが強いやり方。保持率を高めつつ、左右の幅を使って相手のブロックを左右に動かす形。アウェーでは岡田が強いやり方。低い位置ではほとんど保持をせず、縦へ縦へと突き進む。そして、1度攻め始めたサイドを攻めきろうとするのも特徴。相手のブロックへのアプローチはない。待ち構えてればいいだけの相手は疲れない。前回も書いたけど、やってることが完全に逆だろうっていう。

そして、案の定前回の試合ではすぐに疲れてしまったってのはここまで書いてきたとおり。だからこそ、今回はちょっと考えてもらいたかった。そして、ここで最初の話題に戻ってくるわけだ。メンバーが同じ。前回と同じやり方を採るつもりか。疲れるよ。それでもまだ希望はある。ホームでのオマーン戦のように、同じメンバーでもオシム的に戦える下地はなくはないから。そのキーを握るのは遠藤。ホームでのオマーン戦は目立ちまくり、アウェーでのオマーン戦はあまり目立たなかった遠藤。遠藤の目立ち度、その役割が1つの指標になるはずだった。

さて、ここからが本題。実際に今回の日本はどういう戦い方をしたのかっていうこと。遠藤は目立ったのかっていうこと。先に答えを言っちゃうと、遠藤はそれなりに目立ってた。しかも、目立ってたのは低い位置でのボールの散らしのところだったから、場所も正解。でも、それなりにだった。要するにホームでのオマーン戦ほどは目立ってなかった。あのときは全ての攻撃は遠藤にはじまる状態だったから仕方ないかもしれないけど。で、遠藤がそれなりに目立ったってことは、戦い方もそれほど縦急ぎではなかったってこと。それでもホームのオマーン戦ほどは横型でもなかった。ここで思い出すことが1つ。ホームで戦ったタイ戦のときにも、岡田色も見えずオシム色も見えない海のものとも山のものともサッカーをしてた日本だった。

そんな日本の攻撃を見る前に、タイの守備について見ておきたい。日本がホームの1戦目にも前線から積極的にプレッシャーをかけてきたタイ。だから、ホームの今回は引きこもって守るなんていうことは当然考えてない。そして、前回の試合でも見られたように、やろうとしている守備の形自体はいい内容。かなり高い位置に置かれたトップが制限をかけるように意図的なプレッシャーのかけ方をする。それを、これまた高い位置に設定されている中盤が狙う。ブロック全体を高めに設定して、一体となって前からプレッシャーをかけるやり方。この一体っていうキーワードはタイの守備を見る上のポイントで、ボールがサイドに出たときもブロック全体をボールサイドに寄せて、相手のプレーエリアを窮屈にするようなやり方が見られた。

そんなタイの前線からの守備に対して、日本は一定の制限を受けることになる。それは、日本の最終ラインがボールを持ちあがることができなかったってこと。相手によってはハーフェイライン付近まで持ち上がって行く日本の最終ライン。前回の試合でも高い位置で攻撃のスタート役を担ってたし。でも、そんな日本の最終ラインが今回は自陣エリアの直前の場所でのボールの扱いが増えてたと思う。それは、ここまで書いてきたようにタイの守備ブロックがかなり高い位置に設定されてたから。

ここまではタイの守備が成功。でも、ここでタイは大きな過ちを犯したと思う。それは4‐2の間の場所のケア。フラットの4‐4‐2を並べるタイ。どうしてもタイにとってのトップ下の場所が空いてしまう。当然のようにそこを放っておくわけにはいかない。2トップを縦にするか、それとも2トップが完全に真ん中への縦パスをふさぐかしたいところ。でも、今回のタイはそのどちらも実行できなかった。

日本はCB→ボランチへの縦パスを通しまくり。前回は焦りもあってか前へ前へと入って行ってしまって、CBとの距離が空いてしまう場面が見られた日本のボランチだけど、今回はちゃんとその部分を修正してきたと思う。遠藤か長谷部の最低1枚がDFラインの前の場所、つまり相手にとっての4‐2の間にしっかりといた。トップ下の場所を空けてしまったタイは、日本のCB→ボランチのパスを許してしまっただけじゃなくて、そこで受けたボランチまで浮かせてしまった。慌てて中盤が守備に行っても、時すでに遅し。遠藤&長谷部はあっさりと前を向くシーンが多かったと思う。これが遠藤が目立った要因の1つだったと思う。

もう少しタイの守備について見てみたい。今回は2トップが絶対に押さえるべきボランチへのコースを簡単に空けてしまうっていう致命的な問題が見られたタイの守備だけど、前回の試合も含めて全体としての狙いがいいものだってのは上にも書いたとおり。何よりもベタ引きにならないってのが好感だったりする。でも、そんないい質の守備も日本の前には無力としかいいようがない展開。前回の試合もそうだった。ここには埋め切れない個の力の差があったように思う。

たぶん、タイの守備は相手がやや格上ぐらいならいい勝負ができるはず。そして、何よりも相手が個々の分断攻撃をしてればいい勝負ができるはず。バーレーン相手の好勝負はこの辺が出てるんじゃないかって気がする。タイの守備は、前線から切って、切って、追い込んでおいて、最終的には数的優位で奪い去るっていうもの。最初の、切って、切っての場所を相手の組織に否されて行くと痛い気がする。逆に相手の選択肢が少なければ少ないほど、つまり個が分断してればしてるほど、タイの守備の網に引っ掛かっていく。

例えば、今回の試合でタイがペースを取り戻したのは日本が個の分断傾向があったからだと思う。タイの守備が思うように機能する下地ができたって言える。でも、全体として見れば、個の力に差があり、さらに組織で攻めてくる日本には苦しかったと思う。日本のセットプレーの数が異様に多かったのが、それを示している。ファールで止めるしかない場面が増えてしまった印象。

そんなタイの守備に対しての日本の攻撃について本格的に見て行きたいと思う。今回の日本は上にも書いたように、縦へ縦へと急ぐ勢いや弱まっていた。遠藤を経由しつつの低い位置での保持時間も延びていたように思う。その低い位置で左右の幅を使う意識も見られた。たぶん相手の守備のやり方が関係してたはず。前から来る、さらにボールサイドに寄ってくる相手の守備ブロックへのアプローチ。左右にずらすことで狙いどころをなくそうっていう考え方。そういう柔軟性はさすがにあるかってところ。

そういう低い位置の保持から相手ブロックへ仕掛けるところで起点を作るのは徹底的にサイドの場所だった。パターンは同じ。相手の前線からのプレスを否すために最終ラインで幅を使う→ボランチとCBでパス交換→サイドへ起点。これで攻撃をスタートさせた。最初の左右の散らしには、CB→ボランチのコースを空ける意図があったかもしれない。あまりにもボランチの場所に好き勝手に通しまくってたし。で、CB→ボランチのところで相手を真ん中に寄せておきつつ、今度はサイドへ展開ってパターン。ボールへの意識が高いタイの一体守備ブロックを逆手にとったいいアプローチだったと思う。

このサイド起点で特徴的だったのは、今回は攻撃において駒野が目立ちまくりだったってこと。要するに起点を左サイドに作ることが多かった。スタメンを見る限りでは内田のいる右肩上がりだと思った今回の形。前回も失点後の総攻撃までは内田の方が攻撃で目立ってたし。それが真逆の駒野が目立ちまくり。なんでなんだかさっぱり分からなかった。実際には、薄々分かったような気がしなくもないけど。それはまた後の話。

とにかく徹底してサイドに攻撃の起点を作って行った今回の日本。そして、サイドに起点を作ったところで一気にスピードアップ。やりたいことができてた時間、要するに疲れてなった時間帯は、ここで岡田色の登場。SBを軸としながらボールの近くの人数を増やして、ダイレクトダイレクトで同サイドを崩していくやり方がいくつか見られた。これまで以上にボールサイドにかける人数が増えていた気がする。俊輔も何なら左サイドを基本ポジションにしてるぐらいだし。今まではあまり見られなかった、俊輔と松井の同サイド共存もかなり多く見られたと思う。玉田を含めた前線の動きが活発になってた。そして、その動きがボールの近くによるためっていう目標のもとに行われてたのが今回の特徴だったんじゃないかって気がする。

さらに、ここで香川の存在が大きくなった。最近は頑張りまくる玉田も当然のように組み立てに絡んでくる。でも、大久保&玉田のときには絡んでくるのは玉田だけだった。それに対して今回は大久保の代わりに入った香川が積極的に組み立てに参加してきた。ボールの近くでの動きを活発にして、うまくボールを引き出してた印象。よって、前回よりもサイドのボールの近くに絡む人数が増えた日本だったように思う。前回はボールサイドに人数をかけつつ、一方で真ん中のFWの近くにも選手をかけていたから。その分散した人材を今回はボールサイドに集めた印象。いいパス交換が行われた時には本当にスピーディーに敵陣深くまで入り込んでいった。

ただし、この状況だと本当の意味での0トップになってしまう危険性がある。そこで考えた。ボールに近づくランニングをする選手を増やす一方で、最低1枚は相手のウラを狙う動きをしようと。ポジション的には玉田が担うことが多かった、この遠ざかるランニングの役割だけど、玉田が中盤に降りてきている時には別の選手がしっかりとしていたと思う。でも、やっぱり玉田が遠ざかる役割を担うのが一番しっくりくるから、今回の玉田は今までよりは組み立てのところで目立たなかったように思う。

ここでふと思い出した。サイドに起点を作り、ボールサイドに人数をかけつつダイレクトでのパス交換を行う、同時に1枚がウラを狙って行く。どこかで聞いたことがあるなと。そう、初期岡田型。2戦目のボスニア・ヘルツェゴビナ戦の攻撃がまさにそんなやり方だった。そして、その1週間後に行われたのがホームでのタイ戦。でも、そのホームでの対戦ではそんなやり方は見られず。今回急に復活させるなら、なんでホームのタイ戦ではやらなかったんだって話。答えは永遠に闇の中。

とにかく、サイドの局面では初期岡田色が見られたって言える。そして、ここで再びふと考える。初期岡田色では攻撃の起点は左サイドの駒野だったじゃないかと。上に書いたボスニア・ヘルツェゴビナ戦でも左の駒野と右の内田の関係性。このときも確かに左右の役割の違いが見られた。そして、攻撃の起点はやっぱり左の駒野だった。上に書いたような、ボールの近くの人数の多さが作られたのも左の駒野周辺。みんなが左サイドに寄ってたのが、この試合の特徴だった。

じゃあ、内田は何をやってたのか。その内田の役割は右サイドで待っていることだった。左サイドに密集地帯を作ってる日本だから、相手の守備ブロックも当然のように日本の左サイドに寄せられる。必然的に右の内田の前には広大なスペースが生まれる。その広大なスペースを縦へのスピードで走り切ることが内田に任された指名。左サイドで作って置いて、広い右への展開ってのが多く見られた印象。あのときは、左で接近→右への展開って捉えてたっけって懐かしく思えたりもする。

そんなわけで今回の試合で駒野が目立ちまくった要因はこれじゃないかと思ったりする。左で作っておいて、右の内田にスペースを与えて駆け上がらせようっていう。タイがボールサイドに寄ることを考えれば、なおさら効果的。ただし、これが正しいのかどうかわからない。なぜなら、左で作っておいて右へっていう展開はほとんど見られなかったから。左で作り始めて左で攻めきるっていうシーンが多くなった。内田はほとんど目立たなかった。右肩上がりシステムじゃないのかよって改めて思ったりする。

気になるのは最初から左で作って左で攻めきるつもりだったのか、それとも左から右への展開をしようと思ってたけどやめたのか。おそらく後者だったのかなって気がする。じゃなかったら、わざわざ右に内田を置く理由がないから。そして、やめたのはできなかったからじゃくてしなかったからだったからだと思う。要するに左から右への展開が必要なかったってこと。もっと言えば、左から左で十分に攻めきれたってこと。基本的にはノンストップ最短距離が目標の岡田監督の形だから、左で攻めきれるなら左で攻めきるのに越したことはない。

というわけで左サイドに起点を作りながら攻撃をして行く日本。でも、その左サイドの様子が時間とともに変化していった。最初こそみんなを左サイドに寄せて、ダイレクトダイレクトで敵陣内に進攻していく形が目立った日本だけど、徐々にいいリズムでのパス回しが減っていく。立ち上がりはボールに対して複数の選択肢を作っていたのに、段々とそれが個の突破+パスコース1つみたいな感じに減って行ったと思う。

この理由についても前半の時点では図りにくかった。なぜならば、選択肢が減ったとしても敵陣深くまで攻め込むことはできてたから。駒野の縦への突破に、誰かしらのサポートを絡めただけで、簡単に左サイドを突き進むことが可能だった。それだったらボールサイドに人数をかける必要はないでしょって考えてもおかしくない。その代わりにゴール前に人数を増やす方がよっぽど効率的。で、実際にゴール前の人数は増えて行った。ただし、文字どおりにゴール近くで“待っている”選手が多くなったのは気がかりだった。そして、その心配は後半に入って確信に変わる。やっぱり後遺症が表れてたのかっていう。

それでも前半はその後遺症がダイレクトには表れなかった。上にも書いたように、少ない人数でも深い位置まで入っていくことができたから。それでもやっぱりボールに関わる人数はだんだんと減っていったと思う。立ち上がりはパス回しの中でのアクセントとして機能していた個人技が、相手ブロックへの仕掛けの主な手段へと変わっていく。それでも、そういう仕掛けで相手のファールを誘うことができた。強引にサイドをえぐってCKを獲得することができた。だから、前半は後遺症が目立たなかった。

個人の積極性が見られたのはいいけど、それが主になるのは危険。結果として個人技が発揮できないレベルまで、それぞれが疲れた後半は、後遺症に影響をダイレクトに受けることとなった。もう1度書くけど、その雰囲気は前半の早い時間から見られたと思う。やっぱり暑さには暑さの戦い方も考えた方がいいんじゃないかっていう気がした。

そんな日本の後半の流れを見る前に、前半の守備について見てみたいと思う。はっきり言って前半の守備の機能性は高すぎるほどに高かった。もちろん、日本の守備の質自体が高かったっていう要因が1つ。そして、タイの攻撃に問題があったってのがもう1つ。さらに、極めつけとして日本の守備とタイの攻撃の相性が抜群によかったっていう要因があったような気がする。

そのタイの攻撃はショートパスをベースにしたもの。低い位置でもつなぐ。全く蹴ろうとせずに、とにかくつないでつないで行こうとする。体格の問題もあって百姓一揆をベースにするのは難しいんだろうけど、守備のやり方といい、アジアで戦う日本にとっては新鮮な相手なんじゃないかっていう気がしなくもない。そして、日本にとっては戦いやすい相手であることは言うまでもない。ホームとアウェーを通じて、タイ相手にはオマーンとかバーレーンに苦戦したのとは明らかに違う雰囲気だった。タイの実力というよりは、その戦い方に要因がある印象。

知っての通り、日本は前線から積極的に守備をしたいと思ってる。だから、試合開始直後は最前線からかなり激しく追いかけ回す。でも、バーレーンとかオマーンは迷わずに前線に蹴ってしまう。せっかく頑張っても頭の上を越えられてしまう。だったら、疲れるだけ無駄。前線からの追いかけはやめて、自陣にブロックを作って受けようっていう守備のやり方に転換する。それがここ最近の日本の守備。相手の攻撃との相性が悪くて、やりたい守備をやらせてもらえてない。

でも、今回のタイは違った。立ち上がりの最初の最初の日本のチャンスがそれを物語ってる。日本はいつもの通り試合開始直後に前線から追いかけ回す。普通はそのプレッシャーを嫌がった相手は前線に蹴る。でも、タイは蹴らなかった。下手につなごうとした。それを長谷部が奪い取っての決定的なチャンスだった。普通にあれが先制点になっても、何もおかしくなかったと思う。

そのシーンに象徴されるように、今回の日本は久々にやりたい守備を存分に機能させられる状況だったと思う。最前線の玉田がリミッターなく追いかけ回して、2列目がその次を狙う。入りどころで厳しいプレッシャーをかけ、相手を足止めしたところで、周囲が一気に囲い込む。今回の試合の日本は、この囲い込みとか挟み込みのよさが目立ってた。自分たちのやりたい守備ができると、これほど違うのかっていう話。前回の試合ではCBが相手のFWを抑えたときに、そこに協力して挟み込むっていうシーンがほとんど見られなかった。結果として相手のFWに好き放題やられまくり。そんな危険な場所でも、挟み込みとか囲い込みができなかった前回に比べて、今回はピッチ全体のどこであってもそういう数的優位を素早く作り出した。ボールに対する最初の当たりはもちろん、それに対する次の早さも目立った試合だったように思う。

当然のように攻撃の切り替えの場所の質の高さも相当だった。相手に奪われた瞬間に最初のプレッシャーが効く。そして、高い位置であっても素早く味方が助けに行く。そうやって波状攻撃につなげることもできたと思う。前半はほとんどタイ陣内で時間が経過していった。これに関してもタイのこだわりすぎなぐらいのつなぎの意識が助けてくれた部分は大きい。ボールを奪ったときにもタイの選手は蹴らずにつなごうとした。結果として、それじゃなくても質の高い日本の攻撃から守備への切り替えのよさを存分に発揮させる結果に陥ったように思う。

そもそも前半のタイは日本にとってはかなり戦いやすい相手だった。なぜならば、タイはショートパスをベースとして戦おうとしているのにも関わらず、選手間の距離が恐ろしく遠かったから。ボールに対する動きも乏しかった。よって、つなごうとするけどつなげないっていうボール保持者が増えてくる。中東のチームなんかだったら、迷わず蹴っちゃうんだろうけど、蹴るのは嫌いなタイの選手たち。下手に保持時間を延ばしたことで、日本のプレッシャーをもろに食らうシーンが多発した。そして、すぐに囲まれていった。

そんなタイが後半になって反撃に出る。攻撃の際にチーム全体を押し上げてきたと思う。2点ビハインド、ホーム、負けたら終了ってことを考えれば、妥当な判断だった。そして、その策がうまくはまることとなった。全体を押し上げたタイは前半と比べると選手間の距離が圧倒的に改善してた印象。前にみんなが入った結果、強制的に近さが生まれたって言える。ショートパス重視のタイがやっとこさ、そのショートパスのコースを手に入れた。

それでも前半の日本ならば何の問題もなくやり過ごせたはず。タイはパスのコースが生まれたとは言っても、それは所詮強制的な近さによるもの。ボールに対する動きが特別活発になったわけじゃないし、連動性っていう意味ではまだまだ不十分。だから、日本が前半のレベルの守備をしていれば何の問題もなくタイの攻撃を止めることが可能だったはず。大体、前半のあのボールへの集中の速さは並大抵のチームでは否せないレベルだったって言ってもよかったから、タイにちょっと近さが生まれたといっても、それは焼け石に水のはずだった。むしろ、前に出てきたタイのウラのスペースを日本が使う下地ができたはずだった。

でも、実際にはそんな展開にならず。普通にタイにパスを回されてしまうシーンが多くなっていく。残念ながら後半には後遺症がダイレクトに出ていた直接的証拠。前半の超スピード集中はどこへやら、後半は1つ目のチェックでさえも遅れ気味。十分に寄せきれず、相手のボール保持者に余裕を持たせてしまう結果になった。よって、タイが予想以上にボールを保持する流れになった。最初のチェックも効かなくなった日本のブロックはズルズルと引かされる結果に陥ったと思う。ライン間の距離も空いて、間に入られるシーンも目立って行く。

そして、日本の後遺症は攻撃面にも影響を及ぼしていく。前半も途中からはボールに対する関係性が希薄になっていたってのは上にも書いたとおりだけど、後半はそれが顕著になった。個々の保持時間が明らかに伸びて、タイのプレッシャーをもろに食らう形に陥った。そして、助けなく相手に囲まれて奪われるシーンが多くなったと思う。ある意味では前半とは立場が逆転。そういえば、タイは疑惑の転倒を多くしてセットプレーを稼いでいった。やっぱり、前半とは立場が逆転。

そんな中で後遺症が個人個人にも蓄積されていったのがかなり痛い。後半はタイだって疲れてたから、全体が間延びしていってた。だから、サイドからだけじゃなくて真ん中からの攻撃も可能な状況だった。相手の4‐4の間に入るのはかなり楽になってたと思う。でも、残念ながらそれができなかったわけだけど。そして、本当はスペースが増えたことで香川とか松井は生きまくるはずだった。ドリブルは仕掛け放題だった。でも、それも残念ながら実現できず。チームとしての後遺症が深刻でも、個人の強引な仕掛けがあればなんとかなったはずなんだけど、それも望めなかったと思う。ちなみに、どれぐらい個人へのダメージも大きかったかというと、“あの”駒野でさえ後半は目立てなくなったぐらい。

問題はそんな後遺症に対して、今回の試合では修正が見られなかったと思う。このチームは修正によさがあるチーム。前半は悪い流れでも、後遺症が起こったとしても、そこから後半に向けての修正でいい形を作る。前半よりも後半っていうことが多いチームだと思う。でも、残念ながら今回はそんな岡田マジックは炸裂せず。あまりの後遺症の大きさに、後半の途中で気づいたのかもしれない。2人を同時に投入してるあたりに焦りが見え隠れ。

とにかく、後半の日本は後遺症が深刻な状況になっているのにも関わらず、前半と同じように戦おうとしてた。もちろん、岡田監督のやり方だから運動量が求められる。逆に運動量がなければ、岡田監督のやり方はできない。よって、後半はそんなやり方の質を維持できるわけもない。それでも日本は前へ前へと進んでいった。低い位置での保持時間を延ばして、休めばいいのに、前へ前へと進んでいった。そして、前線では個々が孤立。ボールは相手に渡る。縦急ぎでみすみす相手にボールを渡すシーンが多々。そこはなんとかならなかったのか。

結果として3‐0で勝った、今回はこれに尽きると思う。全部、セットプレーからのつながりだとしても。ひそかに3点目はいい得点だったと思うけど。内容を見る限りでは、暑さ対策は万全にしましょう、これに尽きる。もう少し柔軟性があってもいいかなって思う。スタートから超ハイスピードで入るのは分かった。暑さの中でも関係なく、行くのは分かった。でも、試合の締め方というか、リードしてるんだから、もっと楽に戦う方法を採ってもよかった気がしてならない。
別窓 | 日本代表 | コメント:4 | トラックバック:0 |
2008-06-08 Sun 02:46
オマーン×日本
<日本:4-4-2>
FW:玉田-大久保
MF:松井-遠藤-長谷部-俊輔
DF:駒野-トゥーリオ-中澤-内田
GK:楢崎

まさかの同じメンバー。本当のところは内田と長友が違ってたけど。でも、要するに考え方は同じ。縦縦長友が縦縦内田に変化しただけだから。逆サイドには駒野を置いて左右のバランス崩し。起点は前回の左から右へと変わりそうな気はしたけど、本質的には変わらない。ただ、降りてきまくりの俊輔と縦縦内田のバランスはいいかもしれないってのはあった。前回の試合では俊輔が降りてきた代わりに、その前のスペースを埋められる選手がいなかったから。その辺のバランスは変化するかなっていう期待がなかったと言えば嘘になる。でも、それ以上に中盤以前が同じになったことのインパクトの方が強かった試合前。

前回の試合で見られた遠藤&長谷部のWボランチ。これはあくまでも圧倒的に攻撃ができるホームの戦いだからこそだと思ってた。だから、最後に書いたとおり今回は普通に鈴木か今野のどちらかを起用してくるはずだと予想してた。それがまさかの遠藤&長谷部。アウェーだとしても前回ぐらい保持できると思ってたのか、遠藤&長谷部でも守備に不安がないと思ってたのか、それとも守備の不安以上に攻撃における2人の組み合わせに可能性を感じてたのか。いずれにしてもかなりの驚き。そして、後で書くようにこの2人の組み合わせの弊害が見え隠れした今回の試合だったと思う。

とにかく、中盤以前は同じメンバーの今回。それだけ前回の試合がよかったのかと言えば、そんなこともなかった。というか、むしろ悪かった。それは前回の試合のときにも書いたとおりだけど、ちょっとだけおさらい。まず、岡田なのかオシムなのかがはっきりしなかった。オシムをしようとする俊輔とそれに引っ張られた遠藤。岡田をやろうとする長谷部、松井、2トップ、SBとの間にギャップが生じる。それでも見た目はオシム的になるのは俊輔の力、そしてオシムの力。後半は結局オシムの形にして立ち直ったわけだし。

オシム的な日本は低い位置での左右のパス回しが増える。その仲介役は遠藤。右から来たボールを左へ受け流し、左から来たボールを右へ受け流し。縦急ぎ岡田サッカーではあまり見られない引く位置での左右への散らし。そういう左右の幅を使った組み立てから相手のギャップを狙ってく考え方。ギャップができた瞬間に縦パスを入れ、そこに数的優位を作り、一気に攻めきる。岡田&オシムの融合。そんな希望ははかなくも散った。

その理由はボールに対する動きの少なさによる部分が大きかった。絶対的な運動量がめちゃくちゃ少なかったわけではないけど、それが個々のバラバラな動きに完結してしまったイメージ。ボールが前線に入っても、そこに関係性を作れない。ボールに対して素早く複数の関係性を作り出す岡田サッカーなんて夢のまた夢。複数どころか1つも作れないことが多くなり、完全なる後手後手ループに陥っていたオマーンのプレッシャーをダイレクトに食らう始末。縦パスを入れたと思ったら、仕方なく下げるシーンが目立って、全然相手ブロックへと仕掛けていけなかった。

それでも後半はマシな形に。その要因は上にも書いたようにオシムへの移行。まず、左の長友だけではなく、右の駒野も上げる。さらに、前半は中へ流れ気味の松井にサイドでの意識を思い出させる。松井がサイドに行った場合は前半は消え気味の長谷部をサイドに流す。これでシステム的なサイドの数的優位を回復。ちょっと省略したけど、前半の悪い時間にはサイドでむしろ数的不利になってた。とにかく、これでサイドに起点を作ることに成功。詰まったら、高めに入ってきた遠藤を経由して逆サイドへ。集中→展開→連続。全体を前に押し上げたことで強制的に近さを作り、思い出したかのようにボールに対する有機的な動きが生まれていった。ここにおいて、やっと相手ブロックを押し下げることに成功。

軽くおさらいするとこんな感じ。何が言いたいかっていうと、最初に書いたようにギクシャク感があったってこと。キリンカップのコートジボワール戦で見られた岡田監督の色は見られなくなり、だからといて完全オシムでもなく。チームとしての色があいまいになり、結果として前半は無駄にしたといってもいい流れ。わずか数日でどれだけ共通意識を図れるかって言えば、たかが知れてるはずであって、そう考えると今回も色が見えにくいサッカーに落ち着くのかなっていう気がした。

そんな中で1つの方向性を持って行くとすれば、それはオシム型だと思った。理由はいくつかある。1つはチームの中心を俊輔と置いていること。俊輔はオシム型の筆頭であって、その俊輔を中心とおいてる時点で、岡田監督にはある程度はあきらめてもらいましょうってこと。岡田かオシム=俊輔かっていう葛藤が出てしまうぐらいなら、とりあえず俊輔に任せておいた方がスムーズに進むはずってこと。

2つめは気候を考えてのこと。岡田監督のサッカーは疲れる形。コートジボワール戦では前半の途中でスタミナ切れを起こしたレベル。そんなサッカーを40℃の気温のもとで追求したらどうなるかって話。ついでに、相手はブロックを動かされない。狭いところでも無理やり入り込むのが岡田色。逆に相手としたら、待ってればいいだけ。だったら、アジア杯を同じメンバーで戦いきったオシムの形だろうっていう。SBは超運動量を求められるけど、基本はボールを動かしながら徐々に陣地を増やす形。疲れるのはボールの動きに合わせてブロックを動かさなければならない相手の方ってこと。

だからこそ、前回の記事の最後でオシムの中盤の復活を求めたわけ。遠藤-鈴木-憲剛-俊輔の。でも、今回のメンバーは前回のオマーン戦と同じ。最初の話に戻ってきちゃった。とにかく、何かしらの方向性が見えればいいかっていう、ある種のあきらめ。ここ数日で何か劇的な変化が生まれたんじゃないかっていう、ある種の期待。その入り混じり。でも、どうせ俊輔に引っ張られて中途半端なオシムになるんだろうなっていう気がしてたってのが正直なところ。

でも、試合が始まってみてびっくり。全くオシムではなかった。まさかの岡田。俊輔も岡田か。このクソ暑い気候の中で岡田を追求しようとした日本代表に乾杯。でも、予想通りというかなんというか疲れてしまった日本代表。岡田色の追及はまたしてもスタミナ切れの壁を越えられなかった。まあ、普通に考えてこの気温の中じゃ無謀な挑戦だったわけだけど。とにかく、その岡田色的な序盤の形について見ていきたいと思う。

岡田色とは何か。それはひとことでいえば、縦に急ぐサッカー。低い位置での保持時間は短い。1度攻め始めたら基本的には攻めきる。遠回りをしない。だから、バックパスとかサイドチェンジは異様に少ない。さらに、トップに当てる意識が強い。これについては岡田体制結成当初から見られた部分だったわけだけど。とりあえず、今回の試合の序盤の日本の攻撃はこんな感じだった。

低い位置での保持時間が短かった日本。前回は相手ブロックに仕掛けられずに、無為に低い位置で持ちまくってたのに。本当は相手のブロックにギャップを作るためっていう大義名分があったわけだけど。とにかく、今回の試合では低い位置で左右の幅を使ったパス回しなんていうのは皆無。中澤とトゥーリオの間でちょこっとパス交換をして、さっさと前線へっていう形。よくもまあ、ほぼ同じメンバーでこれだけ違った戦い方ができるなっていう。ただし、前回と今回のやり方を逆にした方がいいんじゃないかって思ったのは内緒。

CBからさっさと前線へっていうのは分かった。じゃあ、前線ってどこだっていう部分。それは予想通りというか、なんというか、右サイドに起点を作ることが多かったと思う。やっぱり左の縦縦長友の意思は右の縦縦内田へと受け継がれてた。そして、起点を作った右サイドで数的優位を作り出す。立ち上がりの時間に関しては、このサイドでの数的優位形成は前回よりはスムーズに行われてた印象。前回は左寄りに動いてた玉田は今回は右へ。利き足の関係じゃなくて、ボールに近づく動きをしてることが判明。前回の試合の前半は消えてしまっていた長谷部も今回は立ち上がりから目立ちまくり。右サイドに飛び出してくる動きが目立った印象。

その右サイドに俊輔が絡んだり絡まなかったり。長谷部が助けに来れば俊輔は右からいなくなることが多かった。逆に俊輔が流れたところで長谷部が助けに来たとも捉えられるわけだけど。とにかく、今回の試合での俊輔は明らかに自由度が増してた印象。前回は左サイド張りのプレーが目立ってたから。特に降りてくる動きが多かったわけだけど。それに対して、今回は左にこだわらずに真ん中に入って行くことが多かったかなって思う。その理由は後々分かること。

とにかく、右サイドに起点を作ることが多くなった日本代表。でも、そのままサイドを侵攻していく意図は薄かったように思う。目標はトップに当てること。上にも書いたように、岡田色の中にトップへの意識が強いってのがあるから。中→中でトップを狙っても難しいのは当たり前だから、サイド→中の斜めの関係でトップに当てて行こうっていう意図が見られたと思う。

ここで俊輔の登場。後は松井もだけど。トップに当てたときに、その近くに味方がいないと次の展開につなげられない。前回の試合では俊輔が後ろ向きに、松井がサイド張り気味になったことで、トップ当て後の展開ができない状況に陥ってたし。その問題を解決するために、今回の試合では俊輔の自由度を上げてた気がする。左サイドにこだわらせずに中に流すことで、俊輔とトップの間の距離感を縮めようっていう。後は松井もだけど。

ここにおいて俊輔に大きな変化が生まれたって言える。これまでの2戦での俊輔は明らかに後ろとの関係性重視だった。後ろからボールを受けて、それを次へ展開するっていう。だからこそ、ボランチの位置まで降りて行くシーンが多発。ただし、これは明らかに岡田監督の色とは異なってる。岡田監督の形ではOMFはFWとの関係で前向きにボールを扱ってもらいたいところであって、今回の俊輔の立ち上がりの動きがまさにそれだったように思う。そんなわけで岡田色に染まり始めた俊輔は、パラグアイ戦であれだけこだわっていたサイドチェンジを一発も行わなかった。

同時に岡田監督にとってはいい意味で目立たなくなったのが遠藤。前回の試合では低い位置での保持時間が延びたこと、さらにサイドチェンジが行われまくったことで目立ってた遠藤。すべての攻撃は遠藤から始まると言えるぐらいに目立ってた遠藤が今回の試合では、そういう部分で全く目立たず。基本的に前回の遠藤の役割は岡田監督が嫌いなことだったわけだから仕方ない。逆に前回の試合では消える時間が長かった長谷部が目立つっていういい流れだったって言えると思う。

そういう岡田色を体現できてる時間の日本の攻撃の質はそれなりに高かったと思う。少なくとも前回の試合に比べれば格段に連動性が高まってた。サイドに起点を作った時には、そこに素早く基本的なトライアングルが作られ、それでいてそこから真ん中へとボールを入れたときにも、トップが孤立してないっていう形。1つのボールに対する選択肢が増えたことによって、攻め直さずに前へ前へっていう岡田色も体現でき、前回は苦労したオマーンの守備ブロックを押し下げるっていうことも簡単に実現できた。

ちなみに、そのオマーンの守備の質も前回に比べると格段に高まってたと思う。知らない間に監督が変わったようで、さらに出場停止の選手が戻ってきたことによって大きな変化を見せた。ホームってこともちょっとはあったかもしれない。基本システムは前回と同じく3‐4‐3。ただし、その内実が全く異なってた。前回の試合では3‐4‐3を自陣に引かせて自分たちからは積極的に動きを起こさないくせに、最終ラインはバカ高いっていうよく分からない形。しかも、自陣で守ってるはずなのに、自陣での守備がルーズだし。

それに対して今回は積極的な守備が見られた。日本の1つ1つのボールに対して忠実にプレッシャーに行く意識が浸透してたと思う。例えば日本のボランチ×オマーンのボランチの関係でしっかりとプレッシャーに行ってたことで、2列目に4枚が並ぶような形になってたと思う。簡単に言っちゃえば5‐4‐1ブロックみたいな。しかも、2列目の4がハーフェイライン付近にいる積極的な5‐4‐1。バルサみたいな4‐3‐3の形でアンカーがDFラインに吸収されたイメージが一番近かった気がする。

そんな感じで明らかに質の高まったオマーンの守備。結局は個々の守備意識、つまり1つ1つの守備の質が高まったことが全体としての守備のよさも生んだってことになるわけだけど。でも、そんな感じで質の高まったオマーンの守備も、同じく質の高まった日本の攻撃の前では否されまくり。次々と局面を変えられる展開の中で1つ1つのチェックが効果的に機能しなかったオマーン。全体の質が高まったとは言ってもやっぱり単発的だったから。結果、立ち上がりは日本が攻め込む流れになった。いや、全体的に日本が攻め込んでたのは事実だけど、日本が一番リズムよく攻撃を仕掛けられてたのは立ち上がりの時間だったと思う。

そんな流れの中で日本がいつ先制点を取るかが焦点に。と思いきや、逆にオマーンが先制。交通事故と言えば交通事故だけど。前回は日本が全然流れを作れてなかったのに、簡単に2得点を奪った前半。それに対して今回に日本はいい形で攻撃を仕掛けられてたのに、あっさりと先制点を奪われる。これだからサッカーは面白い。なんて改めて言ってみる。

ただ、交通事故的なこの得点だったけど、その予兆があったことはあった。オマーンの攻撃は基本的に蹴りまくり。ボールを取ったら前線へ。1トップ下に4枚を並べてる積極的な守備ブロックだから、一気にトップに蹴ったとしても、とりあえず孤立させない状況ができてたと言えばできてた。でも、実際にはそれは気休め。ロングボールの質がめちゃめちゃ高かったわけじゃないし、それにそもそも1トップの選手が明らかにロングボールには不向きな身長だった。

にも関わらず、このロングボールが案外機能する。というか、ロングボールに限らず、単純なトップ狙いが予想以上に収まる。実は相手の9番はすごい選手なんじゃないかっていう疑惑も浮上するレベルでことごとくオマーンのボールになっていった。中澤&トゥーリオの頼れるCBコンビも今回ややられっぱなし。前回はことごとく跳ね返してたはずの相手のトップへのボールを全く防ぐことができてなかった印象。トゥーリオのケガの影響があったのか、なかったのか。

ただ、実はここに長谷部&遠藤の弊害があったんじゃないかっていう気がしてならない。CB-ボランチの守備の関係性が全くと言ってもいいほど作れてなかった。その1つの指標が挟み込み。相手のFWにボールが入ったときに、どれだけCBとボランチの縦の関係での挟み込みが見られたかっていう部分。おそらく、ほとんどなかったんじゃないかと思う。CBが相手を足止めしても、そこに味方の助けがなかった。そもそも足止めできてなかったんじゃないかっていう部分もなくはなかったけど。とにかく、守備面における遠藤&長谷部の弊害はこの後の時間でさらに見られることになったと思う。

とにかく、先制点を許した日本。もう攻めるしかない。でも、残念ながら疲れが来た。ほとんど低い位置で保持せずに前へ前へのサッカーをしてたんだから当たり前と言えば当たり前。前線の選手は相当頑張って動きまくってたし。玉田も大久保もボールの引き出しの動きを繰り返してたのが印象的。しかも、ボールが出てこなければ何度も繰り返してた。俊輔もポジションを捨てて動き回ってたし、長谷部も前回とは違って前線へ飛び出しまくり。ご苦労様です。そして、残念ながら相手に先制点を許した時間ぐらいの時点ですでに立ち上がりのよさは半減してしまっていた。

対する、先制点を奪ったオマーン。もう守るしかない。この転換は本当にスパッと行われた。1枚を前線に残して5‐4(もしくは5‐3)を完全に自陣深くに引きこもらせる、完全ベタ引きブロック形成。セットした時点ではそれまでと同じように高めで行きますよっていう雰囲気は見せてるけど、実は気持ちは後ろに。少しでも日本が前にボールを入れて来ようもんならさっさとゴール前に壁を作りにかかったと思う。

というわけで、この後の日本のテーマはいかに相手のベタ引き守備ブロックを崩していくかってことになった。組み立てはもう心配する必要はない。敵陣内のある程度の位置までは、あまり不自由なくボールを運ぶことができる。問題はラストの1/3。永遠のテーマ、ラスト1/3の崩しへと取りかかることになった日本の攻撃だったと思う。

ここで日本が罠にはまる。本当は罠ではないんだけど、個人的に勝手に罠にかかるって呼んでる状況に陥った。それは相手がベタ引きになると、なぜか攻撃が真ん中に凝縮されてくっていう状況。レッズの試合なんかを見ると明らか。サイドからクロスを上げれば相手のベタ引きブロックのベースとなってる人数を無効化できるのに、なぜかみんな真ん中から攻めようとする。言いかえれば相手のブロックの真正面から馬鹿正直に攻めようとする。そして、跳ね返される。中盤であまりに自由になりすぎると、遠回りをしたくなくなるのかもしれない。そして、運が悪いことに今回は岡田色の日本代表。繰り返しになるけど、岡田色ってのはトップへの意識が強いやり方。つまり、真ん中に起点を作ろうっていう意識が強いやり方だった。

とりあえず、相手がベタ引きになった以上は前線に人数をかけられるようになった日本。駒野と内田のバランスも攻守の分業制から、攻攻へと変更。今回の試合はもともと分業があまり行われてなかった気もするけど。立ち上がりも左に起点を作るシーンだって見られたし。話を戻すと、とにかく両SBを上げて最終ラインは2バックにする形だった。そして、この2人に左右の幅を担当させておいて、残りはみんな真ん中へ凝縮。極端なことを言えば、遠藤が低めでボールの供給役になって、残りの5人は全員FWの場所へ入っていった。

よって、相手のエリア付近にはとんでもない超密集地帯ができあがる。相手の真ん中は3‐2ブロック、日本の実質的なFWが5枚。さらに悪いことに、この時点では相当に疲れていた日本。前線で引き出しの動きが生まれない。前線の選手の出入りも生まれない。要するに前線の動きが少なくて、待ってる選手が多くなった。足が止まっている選手が多くなった。

そんな状態で超密集地帯へとボールを送れるわけもなく。仕方がないのでボールの供給役である遠藤はサイドへとボールを散らす。でも、サイドにはSBが1枚。立ち上がりの近さはどこへやら、サイドでは基本的にSBが孤立。5‐4ブロックの相手はサイドに2枚。数的不利の日本はサイドをえぐれない。遠藤→真ん中に入れられないのでサイドへ→サイドをえぐれないので遠藤へ→真ん中に入れられないのでサイドへ→…。最終的にどうするかっていうと、やっぱり岡田色であるトップ狙いを貫いた。無理やりに真ん中を通そうとして引っかかる。そんな流れが圧倒的に増えていったと思う。

ここで毎回のようにカウンターを食らったのが日本だった。まず、真ん中で引っ掛けられてるのが危ない。相手の目標とするトップへは最短距離だし、相手は正面からのボールを引っ掛けてるから、切り替えでいい形で前へ向かえる。しかも、前線で多くの人が待っている日本。その前で引っ掛けられると、切り替えの守備が効果的に決まらない。というか、疲れによって切り替えもかなり鈍い状況になってたし。

加えて後ろがとんでもなく危険な状況。両SBが上がって2バックの日本。この時点ではアジア杯と同じだけど、今回は鈴木がいない。ここが遠藤&長谷部の弊害のもう1つ。攻撃時に2人とも積極的に攻撃に絡んでいったことによって、CB前に人がいなかった。アジア杯時は2+1で守ってた後ろを今回は本当に2で守る状況。確かに相手が1トップだからってのはあるにはある。でも、まずその1トップを今回の日本のCBは完全に押さえ切れてなかった。さらに、1×2とは言っても、その前にフィルターがいるのかどうかってのが大きなポイントになると思う。フィルターとしての鈴木がいれば、相手のトップに入る前段階で引っ掛けることができるわけだから。そして、1トップと見せかけて実は2枚を残してたりするのが今回のオマーンだったと思う。だから、2×2なんていう超危険な状況を作られてしまう。

ちなみに、この前へ前への意識が高まってた時間には本当に前へ前へと急ぎ過ぎ。低い位置にボールがあるときに遠藤も長谷部も両SBもさっさと前へと出て行ってしまった。だから、後ろはCBの2枚のみってことに。前半の終了近くに、そこのつなぎのミスからピンチになりかけたのも必然と言えば必然だった。最初にセットした段階では前からの守備の雰囲気を持ってたオマーンだから、チャンスとなれば前から行ける下地はあったように思う。

というわけで、前半はラスト1/3の糸口が見つからなかった日本。焦りも含めて、真ん中真ん中へと突き進んだことで相手にとってはとっても守りやすい展開に。その上カウンターも食らいまくりの日本代表だった。はたして後半に追いつけるのか。でも、そこは後半になるとしっかりと修正を加えてくる岡田監督。この部分だけは一貫して岡田色が出てる気がする。いつも後半のサッカーを前半からやってればって思わされるし。とにかく、今回の試合でも例外なく後半にはしっかりと対応策を採ってきた印象。

それはサイドを再評価するってこと。真ん中真ん中へと入り込んで失敗したわけだから、当たり前と言えば当たり前。後半はその真ん中を使うために意図的にサイドを使おうっていう形が多く見られたし、何ならそのままサイドから攻めきろう(要するにクロス)も明らかに多くなってたと思う。そのクロスも前半に多かったアーリーから深い位置までえぐっていうやり方が明らかに増えた印象。

まず、前半と比べると明らかに遠藤が目立つ流れとなった。これが何を意味するかって言えば、前回と同じような形が目立つようになったってこと。右から来たボールを左へ、左から来たボールを右へっていう遠藤の役割が多くなる。つまり、サイドチェンジが多くなった。前半は真ん中が無理だから仕方なくサイドへっていう質ではなく、意図的に左右の幅を使おうっていう質のサイドチェンジが目立った。相手のサイドのウラを狙ったり、走らせてそこに合わせてボールを供給したりっていう展開も多かった気がする。前半は足元足元の中→外のパス交換が多かったのに対して。

そして、そうやってサイドに起点を作った時に、そこでSBだけを孤立させないような意識も見て取れた。後半はサイドにボールが出たときに、その外を誰かが回りこむっていうことが約束事みたいになってた気がする。右サイドでは俊輔が内田の外側を回りまくり。俊輔がクロスを上げるなら普通に左でやってもらいたいっていう気持ちが大きかったわけだけど。とにかく、前半とは打って変わってサイドの深い位置で数的優位が作られることが多くなった。

それに後半はシュートに対する積極性も増してたように思う。サイドに作って、真ん中を空けて、その真ん中のスペースへ後ろから選手が飛び出して、そのままミドルシュートへっていうシーンが増えた。前半は日本らしいというかなんというか、相手の超密集ブロックの中でも、それを崩しきろうとする無謀なパス回しが多かったから、それから比べるとかなり良くなった部分だったように思う。

そんな後半の流れだけど、実はそんなにやり方がピックアップされるような展開ではなかったってのが本当のところ。オマーンがこの試合唯一といっていいぐらいの中盤でのつなぎを試みたところを、日本がいい形で引っ掛けて、カウンターにつなげ、玉田がPKを獲得、それを遠藤が遠藤PKであっさりと決めてからは、行ったり来たりの展開が続いたと思う。日本が試合を支配してたのはオマーンが蹴って、日本がつないだから。それまでもそうだったけど。

ただし、日本は圧倒的にやりやすくなったのは事実。相手が前がかりになったことで、5‐4ブロックの4の両サイドは3トップの一角に舞い戻ることが多くなったと思う。よって、5‐2‐3みたいな形になることもしばしば。日本が使いたい中盤の場所に相手は2人のみ。スカスカの中盤でパスをつなぎたい放題の展開に。途中でオマーンが4‐4‐2にシステムを変更したと思う(4バックにしたのは確かだと思うけど、前は適当)もその辺への対応の意図もあったかもしれない。

というわけで、行ったり来たりの展開の中でもイケイケだったのは同点ゴールを奪った日本。でも、そのイケイケも大久保の退場で清算。最近はルーニー並に問題児を脱したかのように見えた大久保だったけど、大久保は大久保だったか。相手も退場したことでみんな疲れてるのに、10×10の試合に。余計にスカスカ、行ったり来たりの流れへ。もう試合の中の秩序はあまりなかった。

日本の方としてみれば、おそらくこの退場で選手交代のカードが切りにくくなったはず。攻撃的な交代をするとすれば、実際に行った松井→山瀬が1つ。中盤では遠藤と俊輔は外せないだろうから、長谷部→憲剛か。でも、遠藤と憲剛が横並びっぽくなって前線の人数が足りなくなる危険がある。FWが1人少ないのに、パサーが増えても仕方ないだろうっていう。あとは矢野の投入だけど、これだってやるとすれば大久保との交代だったと思う。玉田は今回の試合もかなり頑張ってたから、その玉田を外すことで攻撃のリズムが崩れてしまう危険性は大きかったと思う。よって、大久保の退場によって実質的に2枚を残すっていうイレギュラーな状況になってしまった気がする。あれだけの厳しい環境下において。

結果は1‐1の引き分け。予選突破に向けて当面の相手と1勝1分はまあ悪くはない結果。今回の試合を見る限りでは俊輔が岡田寄りになっている雰囲気がありありと出てたから、これでこのチームが進む方向がやっと定まったかなって思う。ただ、それが正解なのかどうか。長期的に見れば面白そうだけど、短期的、要するに次のタイ戦を考えるとどうか。タイも暑い。今回みたいに前半の10分でスタミナ切れはまずいでしょっていう。力差もあるんだから、次の試合は省エネでつないでつないでのサッカーでもいいんじゃないかって気がする。今回だっていつの間にか守備の方は妥協して受ける形になってたし。相手が蹴ってくるからってのもあったんだろうけど。そういう臨機応変さを見せてもいいと思う。
別窓 | 日本代表 | コメント:2 | トラックバック:1 |
2008-06-03 Tue 16:05
日本×オマーン
<日本:4-4-2>
FW:玉田-大久保
MF:松井-遠藤-長谷部-俊輔
DF:長友-トゥーリオ-中澤-駒野
GK:楢崎

岡田監督にとって、勝つためのサッカーとやりたいサッカーは別なのかもしれない。もしくは、未だ自分のやりたいサッカーに自信が持てないのかもしれない。タイ戦、バーレーン戦、そして今回のオマーン戦とW杯予選になった瞬間に直前まで試していたサッカーをあっさりと捨ててしまっている気がする。タイ戦では普通に戦って普通に勝ったイメージ。岡田色が見えず、だからと言ってオシム色でもない(そのときは海のものとも山のものともサッカーだって書いた)、あえて表現するなら個の足し算サッカー。まあ、個のプラスアルファが求められない相手だったから、それはそれで危なげなかったけど。で、バーレーン戦。ご存じのとおりの蹴りまくりサッカー。聞いてないよって話。

そして、今回。遠藤がボランチ。ボランチ遠藤のオプションなんて初めて見た。今まで遠藤を主力級で使ってきた岡田監督の初めての試み。このタイミングでかよって話。ただし、鈴木も今野も使わない攻撃的なボランチの組み合わせはありだと思った。相手はベタ引きが予想されるオマーンなわけで、しかも日本がホーム。守備にはあまり気を使わなくてもいいことは十分に予測されたわけで。でも、だったら普通に憲剛を使えばいいだけの話ではある。ここに岡田監督のちょっとした抵抗が見られた気がする。何に対する抵抗かって言えば、パラグアイ戦の前半の内容に対する抵抗。つまり、オシム色への抵抗。

そもそもパラグアイ戦の時にも書いたように、俊輔は岡田色に合ってない。少なくとも現状では。サイドチェンジをもっと増やすべきだっていうコメントは岡田監督の考えとのズレを感じたし。コートジボワール戦でも見られたとおり、たぶん岡田監督は攻め始めたらノンストップで同サイドの縦を侵攻したいと思ってるはずだから。ただ、だからと言って俊輔自身の動きが悪かったわけではないのも、また事実。というか、チームの中では中心的に振舞ってた。だから、岡田監督にも今回の試合で俊輔を外すだけの勇気はなかったんだと思う。

仕方がないので憲剛を外した。前回のパラグアイ戦で俊輔とともに横型サッカーをしてたのは憲剛だったから。それに、どちらもボールを保持して落ち着かせるようなタイプ。1タッチ2タッチでスピーディーに回したい岡田色とはリズムが異なる。だから、2人は入れられない。憲剛だけか、俊輔だけか。W中村併用はおそらく岡田色を停滞させると判断したはず。で、今回は俊輔が選ばれたと。ちなみに遠藤はその辺の柔軟性があると思う。キープしてボールを落ち着かせることもできるし、少ないタッチで局面を変えることもできる。結果としてボランチは憲剛ではなくて遠藤になった気がする。

ついでに俊輔と遠藤を横並びにしたくなかったっていう意図もあった模様。2人を横並びにするとその関係でのパス回しが増えて、縦にパスが出ないと。だから、縦関係にしたと。そして、縦に行ける松井を入れたかったと。ただし、遠藤と俊輔は相思相愛のようで、今回の試合では俊輔がボランチの位置に降りてきまくり。指示が出たのか何なのか、途中からはパタリと消えてしまったけど、少なくとも前半は横並びになる時間が多くなったと思う。ボランチの位置で遠藤と俊輔が横並びになるぐらいなら、いつもの高い場所で横並びになった方がマシなんじゃないかなって思ったりもした。

何にしてもパラグアイ戦の前半の流れを払拭するために工夫を見せてきた岡田監督。横幅を使って徐々にビルドアップするようなオシム的な攻撃を捨てたい。自分が目指す縦へ一気に侵攻する攻撃をやりたい。そんな意図が見え隠れ。でも、実際には横型になってしまうから面白い。俊輔の存在は偉大だってことか。そして、その背後にいるオシムの存在も偉大だってことか。結果として長谷部は完全に消えてしまった。長友は長友らしい縦への動きよりも組み立てで目立った。それでもメンツ的には岡田色が強いわけで(長友、長谷部、松井、ちびっこ2トップ、上がらない駒野)、よって断片的に岡田色が見え隠れ。

そんなこんなで今まで見たこともないようなサッカーが再び展開されることになった気がする。というか、もしかしたら攻撃については岡田監督が折れたんじゃないかっていう気さえする。要するに俊輔を使うなら自分のやり方は強制できないと諦めたってこと。俊輔を中心に自分たちのやりたいサッカーをやればいいよ、その代わりメンバーはオシムのときと同じってわけにはいかないよ。そんな感じか。だから、今回の試合では後半の修正も見られなかった。メンバー交代の制限がきついこともあったんだろうけど。というか、むしろオシムが強まったのは後半の方だった気さえする。

まず、試合開始数分で判明したのが遠藤の役割。今回の試合の遠藤の役割はとっても分かりやすかった。それはDFライン前でのボールの散らし役。それを端的に言っちゃえば、右から来たボールを左に受け流す、左から受けたボールを右に受け流すってこと。今回の試合の遠藤は基本的にはこれだけしかやってない。そして、これだけのことが大きな効果をもたらすことになったと思う。遠藤のこの受け流しが目立たなくなった前半の30分以降は明らかにチームとしての攻撃も停滞してたと思うし。

この時点で思ったのは今回は珍しく幅を使うんだなってこと。攻め始めたサイドでそのまま縦を侵攻するのが岡田監督がやりたいサッカーだってのは上にも書いたとおり。そこにはサイドチェンジも作り直しも見られない。同サイドの最短距離を崩したいのに、サイドを変えるだの後ろに戻すだのってのは遠回り以外の何物でもないから。なのに今回は作り直しまくり。右に展開して縦に行けなかったら遠藤経由で左にみたいな(逆もだけど)。

まあ普通と言えば普通。縦へ縦へと攻め急ぐ流れの中で早々に疲れてしまったコートジボワール戦の内容を考えれば、よっぽど大人のサッカー。ここぞのチャンスがあるまではゆったりと低い位置でボールを保持する。もちろん、そこで左右に散らすことで自分たちから相手の守備ブロックにギャップを作り出すアプローチもしながら。そんな中で相手ブロックに入り込む隙が見つかったら、一気にスピードアップを図る。岡田的な縦急ぎ最短距離侵攻サッカーで一気に攻めきる。そんなやり方ができるんじゃないかと想像された。そして、それこそが素晴らしい岡田&オシムの融合なんじゃないかと。

縦へ縦へと最短距離を急ぐコートジボワール戦で見られた岡田色と左右の展開を織り交ぜながら回り道をして回り道をして徐々にビルドアップをして行くオシム色。両極端のこの形だけど、実は同じ問題を内包してる。それは緩急のところ。岡田色は急すぎる。縦へ縦へと急ぐ中で休憩時間がなくて疲れてしまう。対するオシム色は緩すぎる。ポゼッション率を高めて陣地を増やすのはいいけど、そこからスピードアップが図れずに相手ゴールに向かっていけない問題が見られた。

で、遠藤を中心とした低い位置でのパス回しを見た時点で、この岡田色とオシム色を融合したサッカーが見られるんじゃないかっていう期待感が高まりまくり。上でも触れたとおり、低い位置のオシム的左右展開でポゼッション率を高めながら相手ブロックに穴を作り、探っていく。穴ができた瞬間に岡田的縦急ぎサッカー。ボールを入れたところにすぐに関係性を作って複数の選択肢を創出。ボールが動くたびにそれを繰り返して連続的に相手ゴールに向かっていく。そんなサッカーが見られれば、両者の弱点も克服されるだろうななんて考えたりもしたわけ。

でも、結局そんなやり方が体現されることはなかった。いや、本当は1つだけあった。それは先制点のCKにつながったプレー。このシーンは低い位置でのパス回しから左サイドに超密集地帯を作って縦を侵攻していったシーン。遠藤→長友→玉田→松井→長友。連続的に複数のパスコースを作る岡田色の真髄。ボールには触れてないけど、長谷部も左寄りのポジショニングで選択肢創出に貢献。このときに俊輔は遠藤と横並び関係の位置にいたんだけど、同じ真ん中に流れるでもトップの場所に出ていたら理想的だっただろうなって思ったりもした。

でも、連続的に複数のパスコースを作る岡田色はこの場面でしか見られなかったと思う。その理由は何だったのか?それは簡単な話だった。要するに個々の運動量が足りなかったと思う。それぞれの運動量がチームに還元されなかったって言った方がいいか。とにかく、ボールに対して複数の選択肢を作るなんてのは夢のまた夢。複数どころか1つのパスコースも満足に作れない状況が生まれてた印象。とにかく、選手間の距離が遠い遠い。ボールに対する動きが少ない少ない。結果として1人1人の保持時間が明らかに伸びた。酷い時間帯には岡田監督になってからは一番長かったんじゃないかってぐらいに。

そもそも、オマーンの守備ブロックは穴だらけだった。オマーンの守備は3‐4‐3を自陣で作るもの。トップは前に対する守備をあまりせず、あくまでも守備の勝負どころは自陣みたいな割り切った形。日本陣内の日本のボール保持者は完全に自由にボールを扱えた。今回の試合では攻撃の中心になってた遠藤でさえも。その割にはオマーンの最終ラインが高い位置に設定されてたから、日本は効果的にロングボールを織り交ぜていったと思う。

そんなオマーンは自陣で守備をしようと思ってたはずなのに、自陣にボールが入ってきても一向に守備が始まらない。特に本来のポジションから動いて受ける選手は浮きまくり。中盤に降りてくる玉田は完全に浮いた状態だった。で、日本の選手にボールが入った時点で遅ればせながらプレッシャーをかけるような動きを始めるオマーンの選手。文字どおりに後手に回ってるわけで。いつもの通りに、というか狙いどおりに、1タッチ2タッチで日本が回すならばもっと圧倒的に攻め込む流れになったはず。遅れて出てきた相手の背後にはギャップが残されてたわけで、ギャップギャップをつなぎながらの縦急ぎサッカーにはもってこい。

にもかかわらず、上にも書いたように1人1人の保持時間が延びることになった今回の日本。後手に回ったはずの相手選手が寄せきれるぐらいに保持時間が長かった。もっと言えば、その最初のチェックに対して周囲が連動して囲い込みに行けるぐらい保持時間が長かった。それでも個の力で上回る日本選手がボールを失うことは少なかったけど、この時点で完全にスピーディーな展開は不可能に。というか、前にボールを出すのも不可能に。結果的に後ろに戻すパスが多くなった。

だから、穴だらけの相手守備ブロックを圧倒的に押し込む流れにはならず。相手守備陣がゴール前に引かされるなんていうシーンは前半は皆無。それは日本の攻撃がことごとく途中で分断されてたから。連続性が重要な岡田サッカーなのに。上に書いたような流れで後ろに戻して作り直せれば、まだいい方だったって言える。

なぜならば、途中で引っ掛けられて相手ボールになることもかなり多かったから。守備の根拠がない相手なのにもかかわらず。その理由は簡単で、いくら守備の根拠がないオマーンでも日本の攻撃の選択肢が圧倒的に少なければ狙いどころを定めることができる。狙いどころが定められれば身体的に上回るオマーンの選手。先にボールを触るのは簡単だった。というか、自陣に引いたオマーンの守備ブロックの密度は高いわけで。そこを1人とか2人で崩しきろうとした日本が無謀。オマーンにしてみれば勝手に引っ掛かってきてくれるっていう側面の方が大きかったかもしれない。

要するに今回の日本代表が抱えていた問題は根本的なものだった。ボールに対する動きが少ない。だから人と人の距離が遠い。結果としてパスがスムーズに回らない。狭い場所を突き進むために少ないタッチで次々に局面を変えていかなければならない岡田色には致命的な欠陥。でも、同時にそれはオシム色にも悪い影響を及ぼすことになる。なぜならばオシムのやり方でも人の近さは要求されるから。サイドで数的優位を作って、詰まったらサイドを変えるってのがオシムのやり方。そもそも、オシムは走れって言ってたわけで。というわけで、オシム&岡田の融合どころか、その両方が不可能な状況に陥ってたって言える。

それでも前半の途中までは前線にボールを入れることができたのも事実だった。その中でもいくつかのやり方の変更が見られたわけだけど。まず、立ち上がりは単純なロングボールを増やした。それは上にも書いたように、相手が根拠のない高い最終ラインを設定してたから。出し手の方は浮きまくり、受け手の方にも前線にスペースがあった。もちろん、立ち上がりのリスク回避の意味もあったはず。相手のFWも立ち上がりは前線からくる意識を見せてたから、それを否す意味もあったと思う。陣地を増やすために相手の後ろへの意識を高めさせるっていう。

その狙いはずばり。立ち上がりのロングボールのいくつか(その1つが開始早々の決定的なシーンにもつながってる)によって相手のFWは日本陣内にまでプレッシャーに来なくなった。そこからは上に書いたような遠藤中心の低い位置のパス回し。左右の幅を有効活用しながら、相手のブロックに隙間を空けていったと思う。その狙いは初期岡田色だった。つまり、トップを目指そうってやり方。低い位置の左右のパス回しも相手ブロックを横に間延びさせて縦パスを入れやすくするため。サイドから斜めにトップに入れるボールも目立った。

ただし、このやり方は失敗する。ちびっこ2トップでは前線でキープするのは難しかった。何よりも2人に入った時点で絡める中盤の選手がいない。初期の岡田監督が持ち行ってたのは4‐1‐3‐2。FWと関係を作れる2列目が3枚存在した。だから、トップに当てておいて中盤は前を向いた状態で次を受けるっていう形も可能に。それに対して、今回はフラット4‐4‐2。長谷部が前への意識を持ってたのは確かだけど、トップとの関係を築くほど近くまでは行けず。俊輔は前回と同じく後ろとの関係重視。さらに、この時間の松井はサイドに張ってる時間が長かった。よって2トップ孤立。トップに収めても次の展開が期待できない。よって、このやり方は捨てることにした。

次に現れたのがサイドに起点を作ろうっていうやり方。左肩上がりの日本代表だから、その起点も当然のように左に作られることが多かった。ただし、やり始めの時間帯には未だ遠藤が顕在。左右の展開を織り交ぜておいてから左サイドに起点を作るっていうやり方が目立ってた。結果として起点となる長友は完全に浮いた状態でボールを受けることが多かったと思う。よって、多くの人数をかけなくても縦に入り込むことがなんとかできた。玉田が降りてきたり、松井と縦の関係性を作ったり。ただし、本来やりたいであろう超密集地帯作りはできなかったから、決定的なチャンスまでつなげることができなかった印象。

そんなこんなのうちにCKから得点。結果としてこの1点目と次の2点目が大きかった。低い位置の保持時間は長くても相手ブロックには全く仕掛けられてなかった日本。相手のブロックを完全に押し込むシーンが皆無だったのは上にも書いたとおり。ポゼッションは日本でもペースが日本かって言われれば疑問。そんな流れの中でセットプレーから先制点。相手の切り替え守備のまずさをついて(今回のオマーンは攻撃にそれなりの人数をかけてきたけど、それが相手に渡った後の切り替えが恐ろしく緩慢だった)1発パスから追加点。トゥーリオの絶妙な攻撃参加と俊輔の視野の広さが光ったシーンだったと思う。

ただし、この1点目と2点目の間の時間帯ぐらいから日本は本当に何もできなくなっていった。相手ブロックの仕掛けで唯一の機能性を見せていた左サイド、というか長友が完全に消えて行く流れ。ここにおいて日本のビルドアップの問題が再発。ラスト1/3にばかり気を取られてるけど、実は最初の1/3が問題なのが岡田監督に代わってからの日本代表。アジア杯の時にも指摘したはず。攻撃のスタートをいかに切るかっていう大問題がのしかかって行くことになった印象。

その原因は何か。1つはオマーンの前線の守備の質が変化したこと。まず、前線の守備の意識が高まったと思う。日本のCBとか遠藤の場所にもプレッシャーが効くようになって行った。至って気まぐれなこのプレッシャーだったけど、日本としてはそれまでのように完全に自由にっていうわけには行かなくなったのも事実だったと思う。それ以上に痛かったのが相手の前線3枚の並び方。それまでは1‐2的な意図が強かったのにも関わらず、この時間ぐらいからフラットな3みたいな形になってた。加えて前への守備意識。日本のSBのところが浮かなくなっていった。

ただ、これ自体は大きな問題ではなかったように思う。なぜならば、相手の前線の守備は気まぐれだったから。それに相手の前線の3枚が横並びになったとは言っても、フィルターとなるためにその3枚が一体となってボールサイドに寄るようなやり方を採ってきてたから、それまでのように左右の展開を織り交ぜることで逆サイドを空けることは可能だった印象。ただし、その低い位置での左右の展開がこの時間には消えていた。理由は分からない。それでも確かに右に展開→中に戻す→左へ展開→縦へっていう流れの最初のステップが消え気味だったのは事実。予想以上に長友が浮いてたから、1度揺さぶる必要はないって判断したのかもしれない。相手の気まぐれプレッシャーの影響が予想以上に大きかったのかもしれない。本当のところは分からない。どちらにしても相手の最前線のフィルターを揺さぶれなかったのは事実だった。

そして、この時間にもう1つの変化が生まれる。それは俊輔と松井の動き。それまでの時間は長谷部が前線に出て行ったことで空いていた遠藤の横の場所でプレーすることが多かった俊輔。そこでパスの出し手として機能してたと思う。でも、このあたりの時間帯になって急に低い位置に顔を見せなくなっていった。その代わりに前線で受け手となるシーンが目立ったと思う。基本の右サイドにこだわらず。相手の最前線が守備において前への意識を高めたってのは上にも書いたとおり。結果としてライン間の距離が空いてたはず。2点目も明らかにDFと中盤の間にスペースができてたし。俊輔はその間にギャップを見つけたんだと思う。そういう間の場所で引き出す動きを繰り返した。DFと中盤の間で受けてミドルっていうシーンも見られたと思う。ただし、俊輔が受けてもフォローが少なかったのは、繰り返しになるけど今回の日本の致命的な問題だったわけだけど。

この俊輔の動きはよかったと思う。少なくとも今回の試合で遠藤と横並びになる必要性は感じなかったから。後ろは助けはいらなかった。ただし、同じように動きを始めた松井はどうか。俊輔に引っ張られたのかどうかは分からないけど、それまでの時間は左サイドに張りつく時間の長かった松井が流動的にポジションを変え始めた。実はこれが攻撃の停滞の要因の1つになっていたんじゃないかと思ったりもする。

基本的にはポジションを動かすことで相手の守備陣を混乱させるのはいい試み。でも、今回の松井に関しては左サイドに張りつくことの意味の方が大きかった。なぜならば相手のシステムは3‐4‐3。純粋なサイドの選手はWB1枚。松井がサイドに張りつくことで、このWBは松井に引っ張られることになる。よって、1つ下の長友が浮くことになる。この長友を利用して攻撃の組み立てをしてたってのは上にも書いたとおり。つまり、松井がサイドに張っていたことで4‐4‐2×3‐4‐3のシステム的なメリットを十分に生かすことができてたって言える。

でも、松井は動き始めた。代わりに長谷部でも飛び出してくれば別だったんだろうけど、今回の試合の前半は長谷部が消え気味。よって、左サイドの高めの位置が留守になる。WBは長友に対応できる。加えて相手のWG的な選手も長友に対応するようになっていた。2×1の数的優位が一転して、1×2の数的不利に。そりゃ、長友も目立たなくなるわっていう話。

というわけでビルドアップの方法を失った日本代表。長友が抑えられたことに加えて、SMFが中寄りに入ってきたことで、攻撃において一気に幅が使えなくなった。それまでは遠藤経由であれだけボールが左右に動いてたのに。この後の日本の攻撃は簡単に表すことができる。とりあえず、真ん中→真ん中のパス。相手の守備が後手だから収まることは収まる。でも、距離が遠くて次の展開がないから、結局囲まれる。個の力に優れてるから何とかキープしてバックパスに逃げる。ずっとそんなことを繰り返してた前半の残りの時間。バランスが崩されないオマーンは攻撃に移った時に、それなりに人数をかけることができる。前半の終りに盛り返されたのは明らか。東アジア杯の北朝鮮戦みたいな流れか。

さて、こんなことを踏まえての後半。後半になって明らかに変化したのはボランチの動き。基本的には自陣でボールを裁いていた遠藤が敵陣に入ってくるようになった。長谷部が前線に出て行く中で自分は後ろでバランスを取らなければならないっていう躊躇が前半にはあったんじゃないかと思う。必要以上に後ろに居座ってたと思うから。後半はそのあたりに指示が出たのかもしれない。そして、長谷部が目立つようになった。これが大きかった印象。

前半は確かに前線に飛び出していった長谷部。攻撃時は4‐1‐3‐2って言ってもいい形だった。でも、前線に飛び出していった長谷部が攻撃に絡めなかったのが前半の流れ。トップ下の場所が空いていたから、そこに入っていったんだろうけど、前半の日本の流れではそんな場所にいても意味がなかった。攻撃の起点はサイドだったし、そもそも深い位置までボールを運べなかったから。そんな長谷部が後半はサイドに顔を出すシーンを増やしたと思う。

これによって前半の途中から生まれたサイドの数的不利が解消されることになった。松井がいなくなれば、長谷部がサイドに出ることによって、長友をサイドで孤立させないようにしたと思う。松井自身も前半のようにふらふらと中に流れて行かずに長友との関係を意識したようなポジショニングが目立つようになってた印象。松井と長友が前後を入れ替えるような時間も多々あった。

結果として再び左サイドが攻撃の起点となった日本代表。岡田色を出すならば、ここまで書いてきたとおり、左サイドに人数をかけて縦を侵攻してくやり方が正解。でも、後半の流れはそうはならなかった。後半は岡田色ではなくてオシム色が出たってのは最初の方でも書いたとおり。岡田色を体現するには、ボールに対する動きを圧倒的に増やさなければならないわけで、それは今回の日本には望めない部分だった。だから、同サイドを崩し切るのは難しかったんだと思う。そうやって同サイド崩しが詰まったら逆サイドへ。オシム色というか、至って普通の選択だったとも言えると思う。

ところでオシム色にもボールに対する動きは必要だってのは上にも書いたとおり。それはどうしたのか。簡単に言えば、遠藤がそれを解消したって言える。遠藤のポジションはアンカー。そのアンカーが敵陣内まで押し上げてくる。よって、前線も強制的に前に押し出される。結果として前線に強制的な近さが生まれた。そうやって近さが生まれれば、ボールに対する動きも回復するわけで。結果として基本的なトライアングル形成ぐらいはできるようになってたと思う。前半と比べると高い位置での選手間の距離が縮まったのは確かだったと思う。

それからもう1つの後半の変化としては駒野の積極的な攻撃参加が挙げられる。左肩上がりの攻撃の中で前半は明らかに攻撃参加を自重してた駒野だけど、後半は前線に飛び出してくる駒野本来の良さが見られた。この駒野の攻撃参加によって後半はオシムが可能になったって言える。本来の岡田監督のやり方では同サイドの最短距離を崩したいっていう積極的な側面に加えて、逆サイドは攻撃の自重してるから使えないっていう消極的側面もあるはずだから。

とにかく、後半は前半と比べると明らかにスムーズな展開が生まれた。サイドに起点を作る→そこで数的優位を作ってパス交換→詰まったら遠藤を経由して逆サイドへ。接近→展開→連続。ここにおいてやっと力どおりにオマーンの守備ブロックを押し込むことに成功した。サイドでのリズムのいいパス交換と左右の幅を効果的に使った組み立てによって、相手に狙いどころを定めさせなかった。というか、そもそもオマーンの守備に狙いどころがあったのかどうかも疑問なわけだけど。とにかく、ズルズルと押し下げられるオマーンの守備ブロック。俊輔の3点目みたいにベタ引きブロックの前にはスペースが空くシーンが目立ったと思う。

そんなスムーズな攻撃の組み立ては時間とともにいい流れを生んでいく。思い出したかのようにボールに対するランニングが増えて、近い場所での関係性が生まれた印象。大久保と香川の交代もよかった。病み上がりの影響か、大久保は全体として運動量が少なかったと思う。玉田がいろんなところに顔を出してボールタッチを増やしてたのに比べると、明らかに大久保は目立ってなかった。そんな大久保に代わって中盤の選手を入れることで、ますます近い関係性の改善が図られた印象。ただし、玉田1トップだと本当の意味での0トップが生まれてしまう。よって巻を入れたんだと思う。

そんなわけで試合終了に向けて運動量が増えていった日本代表。まさか疲れないように省エネで入ったんじゃあるまいか。無駄にスタミナを使わないように低い位置での保持時間を延ばしてる間にチーム全体がまったりした流れになったというか。結果として動きが停滞して、スピードアップを図れなくなったっていう。東アジア杯の北朝鮮戦はそんな流れだったし。ただ、このことが次のアウェーでのオマーン戦に向けてはヒントになるかもしれない。気候面を考えたら岡田監督がやりたいであろうコートジボワール戦のようなサッカーは不可能。だったら、今回の試合のようにゆっくりと保持する時間が長くなるはず。ただ、だからと言って今回ようにボールに対するフォローが少ないのはどうかと思うけど。

ちなみに今回の試合の守備面。カウンターを許さなかったっていう点はかなり評価できる気がする。切り替えの守備の良さは明らかだった。ボールが相手に渡った瞬間に複数枚が一気にプレッシャーをかけに行くシーンが目立ってた印象。ただし、時間としては短かったものの、ブロックを作って守備をする時間の守備は微妙だった。まず、FWがスタートとして機能できてなかった印象。でも、中盤はやる気満々で前線に引っ張り出される。でも、連動が図れずに単発。結果として中盤とDFの間が気になる流れ。前回と同じく奪いに行こうとして逃げられるシーンも多かった。前半の終りの盛り返される流れの中では予想以上につながれた印象。でも、相手は最終的にトップへの選択肢しかないわけで。そこのところを中澤&トゥーリオが完全に跳ね返してたから何の問題も起きなかったわけだけど。

さて、次のアウェーでのオマーン戦はどうするのか。アウェーってことを考えると鈴木か今野のどちらかは使ってくるはず。ただし、長友の怪我がどうかってこと。阿部が離脱したことを考えると今野がSBに回る可能性もあるかもしれない。どちらにしても鈴木よりは今野をベンチに置いておいた方が安全か。じゃあ、鈴木の相棒は誰か。俊輔がやりたいサッカーをやるなら憲剛。岡田監督がやりたいサッカーをやるなら長谷部。もっと極端に言えば、前にも書いたように山瀬っていう選択肢もあると思う。ただし、アウェーの本番でいきなり試すのはどうかって話だけど。中盤高めは俊輔と誰か。これも俊輔を生かすなら遠藤、岡田監督がやりたいサッカーをやるなら松井ってことになるか。総合して考えると、アウェーでしかも気候を考えたときに岡田監督のやりたい超運動量を要求するサッカーが現実的かどうかって部分になってくる。ここは普通にポゼッション率を上げて行くことを念頭に置いたらどうか。オシムの中盤、遠藤-鈴木-憲剛-俊輔の組み合わせが現実的な気がする。完全に中心になってる俊輔を外すのは無理でしょう。FWは頑張る玉田ともう1人を誰にするか。

対するオマーンはどうやって戦ってくるか全く分からない。実は今回と対して変わらないんじゃないかなんていう雰囲気も醸し出してる。そもそも、今回の試合の狙いが分からなかったわけで。普通にベタ引きにすれば3点も取られることはなかっただろうに、下手にラインを上げるから。なのに前線から行くわけでもないし。むしろ、次にベタ引きで来たら、それはそれで日本にとっては厄介だったりするかもしれない。
別窓 | 日本代表 | コメント:3 | トラックバック:0 |
| サッカー好きの日記帳(引越し中) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。