ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-05-24 Sat 22:10
07-08CL決勝:マンU×チェルシー
<マンU:4-4-2>
FW:テベス-ルーニー
MF:Cロナウド-キャリック-スコールズ-ハーグリーブス
DF:エブラ-ビディッチ-ファーディナンド-ブラウン
GK:ファン・デル・サール

<チェルシー:4-3-3>
FW:マルダ-ドログバ-Jコール
MF:ランパード-バラック、マケレレ
DF:Aコール-テリー-カルバーリョ-エッシェン
GK:チェフ

気まぐれな両チーム。特に守備はそんなイメージ。今回みたいな4‐4‐2(4‐2‐4)システムを採用するマンUは前線の4トップが守備をするのか、しないのか、それが問題。守備意識がめちゃめちゃ高いときには4‐4(6‐2)で圧倒的にラストを固める。そうじゃないときは4人は前に対する守備だけを頑張って、後ろは4‐2に任せる。最悪のときには4トップは前も後も全く守備をしない。ただし、最近は現実主義に傾きつつあるマンU。イレギュラーな4‐2‐4というよりも、普通に4‐4‐2で守ることが多い。今回の試合もわざわざサイドにハーグリーブスを使ってる時点で4‐2だけで守る気はないだろうなってことが予想された。

対するチェルシーも中盤の守備が機能するかどうかが気まぐれ。いいときには自分たちの守備ゾーンに入ってきた相手に対して、中盤で厳しいプレッシャーをかけ、途中で引っ掛けるシーンも多くなる。悪いときには、1つ1つのチェックがルーズになり、連動が図れず単発に終わる。さらに、中途半端な守備で背後にスペースを残してきてDFラインだけが晒されるシーンが多発。中盤で守備が効いてないのに、後ろの人数も足りてないっていう最悪な状況。

じゃあ、攻撃はどうか。マンUの方は攻撃についても守備に負けず劣らず変化に富んでる。ここでも何度も取り上げてきたとおり、4‐3‐3ならば中盤で保持する傾向が強くなり、対する4‐4‐2ならば縦に急ぐ傾向が強くなる。今回は上にも書いたように4‐4‐2だったマンU。これまで通りだとするならば、空いているトップ下の場所に出入りを激しくし、前線の変則4トップがグルグルと回りながら流動性を高めることが予想された。その前線のバランスを見ながらSB、CMFが機を見て攻撃に出てくる。ただし、4トップの一角がギグスではなくてハーグリーブスになったことで、どういう変化が生まれるのかってのが1つのポイントになってた気がする。

対するチェルシーの攻撃はマンUほどいろいろな形を持っているわけではない。システムは基本的に4‐3‐3。そして、攻撃においてボールを大切にするのが最近のチェルシーの特徴。ギャップに入り込むうまさを利用して、ゆっくりと確実にボールつないでいくチェルシー。そんなゆっくりとしたパス回しの中で人もボールも高い位置に入って行く。ビルドアップがスムーズなのが最近のチェルシー。

ただし、そこからラストの1/3をどう崩すかってのがチェルシーの問題。ギャップを使ううまさはあっても、ギャップを作るうまさはないチェルシー。ボールを大切にする意識も相まってブロックの外外でのパス回しが続くことになる。ポゼッション率は上がってもシュートが増えないっていうミラン的な悩みが見られるチェルシー。今回と同じようにドログバがトップに入った時には、目標ができることでブロックに仕掛ける縦パスもそれなりに入る。そういう点についてはアネルカよりはマシと言えばマシ。ただし、アネルカと違って真ん中に居座るドログバ。結果として全体の関係性の固着化を生み出し、相手のブロックに決定的な混乱を与えることができないっていうジレンマを抱える。

というわけで、攻守に渡る両者のやり方の選択によって試合の流れはどのようにでも変わる予感。よって、試合が始まってみないと分からないっていう部分が大きかったって言える。本来的にはじまってみないと分からない部分が大きいサッカーの試合ではあるけど、今回の対戦はそれが顕著だったって言える。実際に今回の試合は前後半で全く違う展開が生まれてるわけで、その辺にも気まぐれな両者の特徴が表れてたと思う。

さて、実際の試合。立ち上がりの時間帯は典型的な決勝戦的な流れ。どちらもボールを持ったら下手につなごうとせずに蹴りまくった。相手が前線からプレッシャーに来たとか、味方がいい感じでウラを狙ってるとか、そんなことは二の次。とにかく、最悪なのは下手につないで途中で引っ掛けられること。試合開始直後だけにちょっとしたミスが出やすいし。そんな流れの中でショートカウンターから失点なんてシーンは悪夢以外の何物でもない。よって、どちらもリスクを冒さない蹴りまくり作戦から入ったと思う。

その蹴りまくりを最初にやめたのはマンUの方だった。前半の5分過ぎになると、そろそろ普通につないでも大丈夫かなって形で大雑把なロングボールの数を減らしていったと思う。ここにはチェルシーの守備の問題もあったと思う。立ち上がりのチェルシーの守備を見て、こりゃ普通につなげるんじゃねっていう気持ちがマンUの選手たちに生まれたはず。結果として、上にも書いたとおり最近はボールが大好きなはずのチェルシーよりも先に地上からの攻撃に移ることになったと思う。そして、その流れのまま前半のペースはマンUが握った。

で、そのチェルシーの守備の問題ってのはなんだったのか?実際のところチェルシーがいつもと違う戦い方をしてたかって言えば、そんなことはなかった。いや、攻撃では違う戦い方をしてたけど(それは後の話)、守備においてはいつもと同じ考え方が見られたし、それを実際に実行することもできてた。リーグでのマンU戦のときとも大きく異なったやり方を採ってたとは言えない。ただし、前回はマンUが守備的に戦ったことで見えてこなかった弱点が、今回の試合では見えてきてしまったっていう気がする。

いつもと同じチェルシーの守備は1度4‐3‐3(4‐1‐4‐1)ブロックを作って受ける形。トップに入った選手(今回の場合はドログバ)は前線に向かって積極的に追いかけをせず、よって守備のスタート役としても機能しない。じゃあ、守備のスタートはどこで切られるかと言えば、それは相手が1つ縦パスを入れたきたところ。CBだけは浮かせておいてやるけど、実質的な攻撃のスタートのところは浮かせないぞって考え方。マンUのSB、CMFにボールが入った時点でチェルシーの2列目が守備を開始する。それはいつも見られる形だって言える。

ここで、上に書いたチェルシーの気まぐれさは、その2列目がどの程度しっかりとプレッシャーをかけていくかってこと。いいときには一気に距離を詰めて前を向かせないような守備をするけど、悪いときにはルーズになってしまうってのは上でも触れたとおり。その2列目のところがルーズになってしまうってのは要するに守備のスタートがうまく切れないってことを意味する。でも、2列目はルーズではあっても守備をしようとする意識は持ってる。よって引っ張り出される。その背後には1ボランチの弱点。そこに入り込まれてDFが晒される。これがチェルシーの悪いときに流れ。

こないだのリーグでのマンU戦の前半にはそんな流れが見られなかった。1つの要因はそもそもチェルシーが守備をする時間がそんなになかったってこと。ずっとチェルシーがボールをポゼッションしてたわけだから。それにマンUの方にボールが渡っても、マンUの攻撃は前線にただ蹴るだけだった。しかも、マンUの攻撃の人数も少ないからチェルシーは何の問題もなく跳ね返すことができた。そうやって再びポゼッションに入って行ったと思う。

ただ、後半になると弱点が露呈。マンUが攻撃に出てきたのと同時にチェルシーの2列目の場所の守備がルーズになった。その中で簡単にブロックに入られるシーンが多発。DFが晒される最高に危険なシーンも多発。エバートン戦でも同じような流れが見られたチェルシーだから、まさか自らそうしてるんじゃないかと思ったぐらい。まあ、自分たちからそうしてるんだとしたらとんだ失敗策だと思うわけだけど。何しろ守備の安定性がなくなると同時に、チェルシーの攻撃のポイントであるはずのポゼッションもできなくなっていたから。

ちょっと話がそれたけど、そんな危ないチェルシーが今回の試合では前半から見られた。前回と違ってマンUが攻撃に出てきたから、早々と目立った可能性が高い。逆にマンUの方がチェルシーの守備の弱点を突くために、相手よりも先に蹴りまくり作戦をやめた可能性もある。どちらにしても、この前半の流れの中にはチェルシーの守備の問題の本質が見え隠れしてたのは確かだったと思う。

チェルシーの守備は上にも書いたように受ける形。自分たちから積極的に守備はしない。さらにトップが守備を免除されてるってのがポイントになってくる。上にも書いたように、チェルシーのトップの選手は前に向かっての追いかけない。よってマンUのCBはある程度フリーでボールを持ち上がれる。今回の限って言えば、ある程度というよりも完全にフリーでボールを扱うことができてた。

そんなCBの選手がボールを預けるのは、普通に行けば1つ前のCMF。そこから実質的な攻撃を始めるため。ただし、そのCMFにボールが入ったところはチェルシーにとっての守備のスタートになるってのは上にも書いたとおり。ただし、やっぱり入りどころを狙ってくってのは難しいのも事実。前で全く制限がかかってないわけだから。やっぱり入ってからの対応、後手の対応とならざるを得ない。

それでもしっかりと厳しく当たることによって、相手CMFに前を向いて仕事をさせないことはできなくはない。そうすれば相手の実質的な攻撃のスタートのところを抑えることができる。でも、この時点では抜け道が残されてる。それはCMFが単純に後ろに逃げてしまうっていうパターン。本当はトップの選手にそのバックパスのコースを切って置いてもらいたいんだけど、今回のドログバは全くそんな動きをせず。2列目の選手がしっかりと対応して相手CMFに前を向かせなかったとしても、バックパスで逃げられてしまっては奪うところまでは行かない。キャリック&スコールズを考えれば、1発のチェックだけで何とかなるはずもないから。

現状を整理。フリーのマンUのCBから1つ前のCMFにボールが入ったところでチェルシーの2列目が守備を開始する。そこでマンUのCMFはシンプルに後ろに戻す。ポイントはこの時点でもマンUのCBはフリーであること。しかも、1度CMFに預けてることでさらに高い位置まで入り込んでいる。前を向いて高い位置でボールをもらうCB。CMFが前を向けなくても、CBが実質的に攻撃のスタートになってやればいいじゃんっていうことになるわけ。

さらにチェルシーの方はマンUCMFに対する対応のために2列目が引っ張り出された状況。背後には1ボランチの弱点をさらけ出してる。その1ボランチのスペースはチェルシーにとって弱点であると同時に、マンUにとっては格好のスペース。相手が1枚しかいない場所であるとともに、トップ下の場所の出入りを激しくするのが4‐4‐2マンUの戦い方なわけだから。マンUが4‐4‐2の良さを発揮する下地が完全に整ったって言える。

ただし、今回のマンUの4‐4‐2はちょっとイメージが異なってたのも事実。それでもテベス&ルーニーは積極的に1ボランチのスペースに降りてきてボールを引き出す。マンUはそこを簡単に使っていった。相手の2列目の背後のスペースを有効活用して、簡単に相手ブロック内に入り込むシーンが増えていったと思う。この辺は前回のチェルシー戦では見られなかった点。やっぱり攻撃的に出ると違うねっていう話。それに間間に入るうまさがあるマンUだからこそ、チェルシーよりも先に地上からの攻撃に移行できたんだと思う。

さて、簡単に自分たちの背後に入られるシーンを作られたチェルシーの2列目は黙って見てられない。さすがに後ろに対する意識が高まって行ったと思う。というか、どうしていいか分からなくなった。自分たちの仕事は前に向かった守備で守備のスタートを切ること。でも、それをやることで後ろが危険な状態になっている。このジレンマ。最終的にはチェルシーの方は開き直った。マンUのCMFなんて余裕で浮かせるし、余裕で前を向かせる状況が増えていく。そんなところはいいから、後ろを固めようと。場合によっては4‐4‐1‐1みたいな形でゴール前に人数をかけて守ろうっていう守備の開き直り守備が見られるようになっていった印象。当然のようにマンUの陣地が増えることとなった。

引っ張り出す→背後を突く→陣地を増やすっていう一連のマンUのアプローチ。どこかで聞いた話。それはまさにリーグでのチェルシー×マンUでチェルシーがやったやり方だった。ビルドアップの中で↓↑の動きのよさが見られたチェルシー。前線の選手が降りてきて相手を引っ張り出し、それによってできたスペースに後ろの選手が飛び出す。そんなやり方で相手ブロックに入って行ったチェルシー。マンUの方は簡単にブロックに入られるわ、守備の狙いどころは定まらないわ。結局は中盤の守備を捨てて開き直りのラストブロックへ。結果としてチェルシーの圧倒的なポゼッションにつながったわけ。今回の試合は真逆の展開が生まれたっていう点において、面白い内容だったと思う。

ただ、そんなマンUの攻撃にもちょっとした違和感があった。上にも書いたとおり、いつもの4‐4‐2とは異なった内容が見られたと思う。というか、4‐2‐4のいつもの戦い方と比べると極めて4‐4‐2的に戦ってたイメージ。両サイドのハーグリーブスとCロナウドはどちらもサイドに張り付き続けてたし、ルーニー&テベスの動きもも常識的なFWって感じだった。トップ下の場所の出入りも2トップが交互に降りてきたり、CMFのキャリックが飛び出して行ったりっていう普通の流れ。イメージとしてはリバプールの平行移動4‐4‐2のイメージ。いつものようなマンUの変則4トップのぐるぐるポジションチェンジはなりを潜めた。右サイドにハーグリーブスを起用したってことを見ても、守備を考えた結果かなって思ったりする。

それでもこの常識的な4‐4‐2で面白い攻撃が見られたのも事実。今回のマンUの攻撃で目立ったのが、左に起点→右に展開→仕上げっていうもの。このサイド利用の攻撃の合間合間に、ルーニー&テベスを利用しながら相手のブロック内に打ち込む縦パスを織り交ぜて行くってやり方が見られた気がする。そういう意味では相手に狙いどころを定めさせない攻撃ができてたのかなっていう気もする。

それでも攻撃の上で最重要ポイントとなったのはサイドだった。そして、そのサイドの使い方が特徴的。上にも書いたように、最初の起点は左サイドの作られることが多かったと思う。このときにCロナウドが低めの位置でボールを受けることが多かったってのが今回の試合では目立った部分。ハーフェイライン付近でのボールタッチが目立ったと思う。そして、その低めの位置でボールを受けたCロナウドをエブラが一気に抜いて行く。相手のJコールを引きずりながら。エブラとCロナウドの上下関係が変わってたシーンも多かった。

この時点でチェルシーの方はボールを持ったCロナウドに対してJコールとエッシェンの挟み込み体制を作ることができない。仕方がないので、ボールを持ったCロナウドの守備はバラックが助けに行くことになる。結果としてバラックが本来見るべきスコールズが浮く。Cロナウドはバラックが自分のところに向かってきた瞬間にスコールズに預ける。そのスコールズが逆サイドへ展開。深い位置のハーグリーブスに斜めのボールを通す。そんな一連の流れが何度も見られた印象。

この一連の流れはバルサみたいだなって思った。一昨シーズン、昨シーズンぐらいのバルサ。ロナウジーニョが低めで受ける→ファン・ブロンクホルストがロナウジーニョを抜いて飛び出していく→ロナウジーニョから逆サイドへのサイドチェンジ。今回のマンUはCロナウドからスコールズを経由してるから完全に同じだとは言えないけど、ふと思い浮かんできたので。

じゃあ、マンUはなぜにこんな攻撃をしたのかってこと。普通に考えればCロナウドが高めでボールに触れ、ハーグリーブスが低い位置でバランスを取るっていう形の方が適当。というか、メンバーを見た時点では変則4‐3‐3なんじゃないかって思ったほどだし。左肩上がりの4‐3‐3。左寄りのCロナウド-テベス-ルーニーの下に右寄りのスコールズ-キャリック-ハーグリーブスっていう。攻守のバランスを考えれば、なくはないかなっていう。実際は普通に4‐4‐2、しかもCロナウドよりもハーグリーブスの方が高めに入る4‐4‐2だったわけだけど。

1つの理由はちびっこ2トップ。相手の真ん中はテリー&カルバーリョ。真ん中から行ったら普通に跳ね返されてしまうし、サイドからクロスを上げても簡単に競り負けるだろうことが予想される。だったら、真ん中に高さが必要だろうって話。よってCロナウドは真ん中に入ってきてもらいたいところ。で、そこには抜群の質を誇るハーグリーブスのクロスが上がってくる形でゴールへの可能性が高まる。ただし、ハーグリーブスはCロナウドとは違って突破力はない。そう考えると単純に右サイドを崩すのは難しい。だから、左に1度作って置いて相手をそのサイドに寄せ(Cロナウドの存在がなおさら)、その後に一発の展開でサイドを変えることでハーグリーブスに広いスペースを与えようとしたと思う。

前半は引っ張り出し→背後を突き→押し下げ→陣地を増やすっていうパターンと左で作って→右へ展開→フィニッシュへっていうパータンで主導権を握ったマンU。得点も右サイドからのクロスに大外のCロナウドっていう思った通りの形だった。だけど、この得点の後から段々と旗色が悪くなっていったマンU。マンUの問題の露呈ととチェルシーの改善によって流れが変わっていったと思う。そして、その流れは試合終了まで続くこととなった。

それについて見る前に、そもそもチェルシーはどんな戦い方をしてたかっていう点について見てみたいと思う。立ち上がりは両者とも蹴りまくってたってのは上にも書いたとおり。その流れから最初に抜け出したのはマンUだってのも、ここまで書いてきたとおり。でも、チェルシーの方は蹴りまくりの流れから抜け出せなかった。悪い時間帯はずっと蹴りまくりの流れだったと思う。その時間帯のチェルシーはなぜだか知らないけど、ドログバ任せの意識がかなり高まってた印象。

よって、一昔前のチェルシーを見てるようだった。ボールを持ったらまずはドログバ。最近のチェルシーの中でもドログバの存在が大きかったのは事実だと思うけど、それでもビルドアップはチーム全体で上手く行ってたってのは上にも書いたとおり。ドログバ依存はあくまでも相手のラストブロックへの仕掛けの部分だったでも、今回は最初っからドログバにボールを預けておいて、あとはなんとかしてねっていう。守備をやらないんだから攻撃は1人で頑張れよって思ったのかどうかは知らない。

とにかく、守備において全体が押し下げられる流れの中では残念ながらドログバは孤立。マンUの方もドログバだけを見ておけばいいんだから、こんなに守りやすいことはない。前回のリーグでの試合では案外ドログバに収まってしまったけど、今回はきっちりと潰してた印象。ドログバ自身も前の試合ほど収まりがよくなかった。よって、ドログバの場所で時間が作れなかったチェルシー。結果押し上げられずに相手にボールが渡る。無限ループ状態へと突入。

まあ、でもチェルシーが蹴りまくったのも分からなくはない。なぜなら今回の試合はマンUの守備の質が前回のリーグでの試合とは全く違っていた。リーグでの試合では中盤の守備を捨て気味だったマンU。それに対して今回は前線から1つ1つ厳しいプレッシャーをかけていったと思う。チェルシーとしてはそのプレッシャーをダイレクトに受ける状況では、さすがに攻撃の流れを作るのは難しい。というか、中盤で下手に奪われたら困るってのもある。

だから、とりあえずドログバって考え方。ボールを大切にするチェルシーだからこそ、ボールをゆったりと扱える場所を増やしたい。逆にボールをゆったり扱えない場所は嫌だ。一発のボールでそんな場所を飛び越える。同時にドログバに収めることで相手の守備の後ろへの意識を高める。そんな狙いがあったと思う。ただし、あまりにもドログバにこだわりすぎたせいでその場所を相手に完全に狙われてしまった。結果、マンUの守備ブロックを押し下げることには失敗したと思う。

それに今回の試合ではギャップを使ううまさもイマイチ発揮できなかったと思う。そもそも、最近のチェルシーにおいてギャップ使いのうまさが光っているのはカルー。OMFが降りていったときにそのスペースにカルーが流れて浮いた存在になり、その外側をAコールが回りこむってのが1つのやり方。そういう意味ではAコールがハーグリーブスをぶつけられたのも痛かった。結果、起点になることが多い左サイドが死んでしまった気がする。

そんなチェルシーの悪い流れが変わったのが前半の30分過ぎ。上にも書いたようにマンUの得点後の時間帯だったと思う。この時間になって、ようやくチェルシーが本来的なやり方に回帰していった。つまり、1発の大雑把なボールで距離を稼ぐんじゃなくて、しっかりとつないで行こうとするやり方。簡単に言うと、DF→FW→MF(低い位置から一発FWへ、そこに中盤が絡む)っていうやり方から、DF→MF→FWっていうやり方に変化した印象。

そして、ここにぴったりとマンUのまずさが重なってきた。得点後のマンUは全体の意思統一が図れない状況に陥ってた印象。とりあえず、前半は1‐0で終わらせようっていう意識がでてきた選手と、それまで通りに積極的に行こうっていう選手の間のギャップ。これがライン間にスペースを与えてしまう原因となっていたと思う。

そもそも前からしっかりと守備をしていた今回のマンUは、守備時にここ最近では珍しく横並びの2トップの関係性。チーム全体が積極的な守備意識を持ってる時間帯は4‐4‐2の3ラインが高めの位置でコンパクトになってたからよかったけど、後ろの方に受ける意識が出てきた時点でトップ下の場所に空いたスペースが気になり始めた。ランパード、バラックがそのスペースを有効活用し始める。そうなると黙っておけないマンUのCMFが引っ張り出される。結果として、今度は4‐4の間にスペースが生まれる。で、そのスペースの場所で前線の3トップが横の動きを活発にした。今回はドログバがあまり蓋として機能せず、というかJコールとかマルダがドログバに遠慮せずにポジションを変えまくりって感じでボールを引き出した。

そんな流れの中で生まれた同点ゴール。またしても、前半の終了間際。マンUとしてはライン間の距離が空いてしまったいたことが諸に出てしまったと思う。中盤がスカスカでクリアボールがあっさりと相手に渡ってしまったところからだった。そして、チェルシーにとってはここで最初にシュートを打ったのがエッシェンだったってのがポイント。前半は1発ボールばかりの攻撃で全く前線に出てこなかったエッシェンがこの試合始めて、飛びだして来たシーン。これが後半の流れにつながっていくこととなった。

その後半のチェルシーは大幅な改革を図ってきた。前半の流れはどうしたんだっていうほどドログバが消える。全ての攻撃はドログバに始まっていた前半のチェルシーからすれば考えられないことだった。その代わりにサイドが活性化。そのサイドももはや死んでしまった左サイドではなく、未だ使わずに未知の魅力満載で残された右サイドを重視した戦い方をしてたと思う。ここでポイントになったのが上に書いたとおりエッシェンだった。エッシェンの攻撃参加はSB的ではない。あっさりとサイドを捨てて来る。これによってマンUの守備陣は混乱しまくりだった。

特に前半にはほとんど見られなかったエッシェンの攻撃参加に戸惑ったのがCロナウド。エッシェンに対応すべきなのはCロナウド。でも、中に入っていったエッシェンはどうすればいいのか。とりあえず、下がっておくかって感じ。さすがのCロナウドも一発勝負の決勝戦では4‐4のブロックにしっかりと参加してた印象。ただし、攻撃を考えると必ずしも歓迎できることだとは言えないけど。

そんなマンUの守備は後半も微妙なギャップを残したまま。ライン間の距離が空いてしまって、そこかしこにスペースが生まれてた。中盤は特にスカスカ。相手がドログバを経由させずにサイドに起点を作るようになったから、さらに問題が大きくなったとも言える。前半はとりあえずドログバを押えとけばなんとかなったけど、後半はそうはいかなくなった。さらに相手がサイドに起点を作ったことによって、ブロックが横に間延び。縦横間延びでスカスカ度合が増した印象。

よって後半は圧倒的なチェルシーのペースへ。ギャップを使うのはうまいチェルシーだから、スカスカのマンUブロックの間間をうまくつなぎながらポゼッションを高めた。加えて今回のチェルシーはシュートの数が圧倒的。なかなか相手ブロックに入り込めずに外外でパス回しのためのパス回しをするチェルシーではなかった。この辺も徹底的にサイドに起点を作ったことが功を奏したって言える。サイドに起点を作って相手の守備ブロックの真ん中を空けたから、ブロック内に入り込みやすかったって言える。実際にはブロック外からの積極性も目立ってたわけだけど。とりあえず、絶対的にボールを保持するような意識は今回の試合では薄まってたと思う。それは前半の蹴りまくりからもわかる部分だったと思う。

さて、守備の内容がまずかったマンUは攻撃の流れも悪くなってしまう。何よりも攻撃の選択肢が少ない。守備によって両サイドが押し込まれてたマンUには前半のようにピッチ全体をバランスよく使った攻撃なんてものは夢のまた夢。前半は活躍しまくりの右サイドも完全に消えてしまった。よって攻撃の選択肢は真ん中の2トップのみ。でも、そこにしか来ないと分かっているならば、相手としても守りやすい。マケレレが目立ちまくった後半だったって言える。

そんな悪い流れのマンUに悪循環が登場。例の悪いときに縦急ぎマンUの雰囲気が見え隠れし始める。相変わらずドログバは守備をしないチェルシーが相手だから、1度落ち着けばいいのに、簡単に前線にボールを蹴ってしまう場面が多くなっていく。この時点で当然のように前線は薄い薄い。後半はCロナウドの個人でのチャレンジが目立ちまくった。仕方なしの個人技だった気がする。とにかく、そんな状況のマンUが人数をかけた効果的な攻撃を行えるはずもなく。ボールはやっぱりチェルシーの側に渡ってしまうことになった。前半とは真逆のマンUの悪循環。

攻守に渡って内容が悪いマンU。とりあえず失点だけは避けようってことでシステムの変更に入る。ハーグリーブスを真ん中に移し、ルーニーを右サイドに。相手の左サイドはこの時点で機能性を失っていた。マルダは左を留守にすることが多かったし、Aコールもケガの影響か全く目立たなくなっていた。よって、わざわざハーグリーブスを当てる必要はないっていう判断か。守備時には中盤の5枚をフラットにして4‐5ブロックを形成するようになったと思う。

これによって当面の守備のバランスは回復。相手がサイドに起点を作ったとしても、真ん中は3枚がしっかりと固める状況を作り出した。だから、それまでのようにチェルシーのバラックとかランパードが危険な場所に簡単に入り込むっていうシーンは減ったと思う。さらに、後ろへの心配が軽減したCロナウドが攻撃への意識を高めることにもつながった。どちらにしても攻撃に人数をかけられず状況ではなかったから、意味がなかったと言えばなかったけど。でも、それによってエッシェンの攻撃参加は停滞したと思う。

そんなこんなで後半はマンUがしのぎ切ったっていうイメージが強かった。そして、延長へ突入。延長戦に関しては書くべきことはあまりないかなっていう。とりあえず、マンUは4‐5‐1で中盤を厚くして戦ってたってことぐらい。それでも後半の最も決定的なシーンでは相手が外に起点→中へっていう流れの中で真ん中でランパードを浮かせてしまったわけだけど。危ない危ない。それに対して、チェルシーの方も4‐4‐1‐1っぽい安定した守備ブロックで受ける形が目立つようになっていった。とはいえ、両者とも疲労困憊。あまり効果的な攻撃を仕掛けられず、でも、1度ボールを持たれると奪いに行けないっていうような流れだったと思う。

というわけで両者決定的なチャンスを作りつつもPK戦へ突入。ちなみに、延長の後半にドログバが退場した。今度はバラックじゃなくてビディッチと喧嘩して。PK戦については、まあ運だから書くこともないかなっていう。ただし、Cロナウドは精神的な部分のもろさをまだ払しょくしきれてない気がした。ける前から外す雰囲気プンプン。4年前のEUROから比べればそういう部分の弱点は克服しつつあるんだろうけど。バルサ戦のPK失敗も含めて、ちょっと気になっている部分。

この試合に関してはチェルシーとマンUの間に差はほとんどなかったって言える。ただし、チェルシーの方が弱点を見せたかなっていう。チェルシーの弱点は攻撃のゴールと守備のスタート。シュートを打ちまくった今回も、得点シーンを含めて完全に崩し切ったシーンはほとんどなかった。シュートはブロックの外からのものが多かったし。守備のスタートについては最初の方で書いたとおり。マンUが攻撃に出てきた時間は本当に目立った部分だった。この2点は今シーズンのチェルシーの問題点であり、来シーズンに向けた課題。

対してマンUの方も弱点が見えた。それは波。攻撃がうまく回っている時には守備もうまく回り、チームとして行け行けになるマンU。でも、ひとたびどちらかが停滞すると、もう片方も引きずられて停滞する。攻撃がうまく回らないと前線の選手が守備をしなくなる。逆に守備にばかり追われて本来の攻撃ができなくなる。そして、そこから抜け出す術がない。これは死角がなさそうに見えるマンUの最大の問題点だったと思う。来シーズン、マンUに対するチームは立ち上がりの時間帯に全精力をかけて流れを引き寄せるのがポイントになるかも。そうすれば自分たちのペースで戦える。ただし、それはあくまでもマンUが課題を克服できなかったら。

ところで、この試合にドログバとカルーが出てたけど、ってことはさっきやってたコートジボワール代表には不在ってことか。まあ、キリンカップなんかよりもCLを優先するに決まってるのは言うまでもないことだけど。ってことは、コートジボワール代表はやっぱり1.5~2軍だったのかな。ビデオに撮っておいたので、明日か明後日には見てコメントしたいと思います。
スポンサーサイト
別窓 | CL | コメント:2 | トラックバック:0 |
2008-05-02 Fri 19:02
マンU×バルサ
<マンU:4-4-2>
FW:テベス-Cロナウド
MF:パク・チソン-スコールズ-キャリック-ナニ
DF:エブラ-ブラウン-ファーディナンド-ハーグリーブス
GK:ファン・デル・サール

<バルサ:4-3-3>
FW:イニエスタ-エトー-メッシ
MF:シャビ-デコ、ヤヤ・トゥーレ
DF:アビダル-ミリート-プジョール-ザンブロッタ
GK:Vバルデス

マンUのシステムは4‐4‐2。前回から変化したのはルーニーとナニのところだけ。これもルーニーのケガのため。おそらく、ルーニーが無事ならば前回と同じメンバーになったはず。前回の4‐4‐2はアウェー用だと思ってた。理由はそのときに書いたとおり、絶対的に守備を安定させる4‐4(6‐2)ベタ引きブロックと前線に攻撃を任せる縦へのスピードがある2トップ(やり方的に4‐4‐2の方が縦急ぎになるマンUだから)の組み合わせのため。こんな想像も、今回の試合でマンUが同じシステムを使ってきた時点であっさりと外れってことに。マンUの主要システムは4‐4‐2なのか、4‐3‐3なのか。その使い分けは何基準なのか。謎。

ただし、同じ4‐4‐2とはいっても、その目指すものは明らかに前回とは異なってた。ホームで前回の試合のような6‐2超ベタ引きブロックを作るなんてことは許されないだろうから、当たり前と言えば当たり前。ローマ戦のときもアウェーでは6‐3ブロック、ホームでは普通のブロックで戦ってたし。とはいっても、今回のマンUのやり方の転換はすさまじかった。前回とは真逆と言っても過言ではない。ほぼ同じメンバーで全く反対のやり方をあっさりと採ってきたマンU。どんだけ戦術的柔軟性を備えてるんだって話。

そのマンUの前回とは真逆の意識は立ち上がりから早速見られる。立ち上がりの数分は全く持ってボールが落ち着かない状況が生まれたと思う。その1つの理由はいつものこと。前線から追いかけるバルサ。追いかけられるともろいマンU。最初のプレーからパスミス。早速のピンチもパスミスから。結果としてバルサが最初に攻め込む流れ。最初に攻めたとすれば、切り替え抜群のバルサの守備が高めで機能する。よってマンUは守備から攻撃への切り替えがうまく行かない。ボールが落ち着かない。これは前回の試合でも見られた状況。

でも、これだけの理由では全体としてボールが落ち着かない状況は生まれない。この時点ではボールが落ち着いてないのはマンUだけ。バルサはいつものように普通にパスを回してればいいだけの話。まさにそれが前回の試合だったわけだし。でも、今回はバルサの方もボールを落ち着かせることができなった。その要因こそがマンUの守備の180°大転換にあったと思う。

前回の試合でのマンUは中盤での1つ1つのチェックがとにかくルーズ。飛び込んだら外されるっていう意識があっただろうし、何よりもその場所が守備の勝負どころではなかったってのが大きい。中盤ではいくらでも自由にやらせてあげるよ、でも最後はやらせないよっていう開き直り守備を採用した前回のマンUだった。よって、個々の選手が重要視するのは自分の前にあるボールへの守備じゃない。どれだけ後ろと一体感を保って、ラストブロックを形成するかってことが重要になる。だから、自分の前に対して本気で守備をするなんて選手は皆無だったって言ってもいい。最後の最後の場所はのぞいて。

対して、今回のマンUは1つ1つのチェックの意識がとんでもなく高まってた。自分の前のボールに対して超積極的に守備に行く。それは前回の試合では完全に守備を放棄した中盤でも例外ではなかった。1つ1つを本当に厳しく行くと、飛び込んで外されるなんて心配もなくなる。なぜなら相手にはこれっぽっちも仕事をさせないんだから。ボール保持者に一気にプレッシャーをかけ、一気に距離を詰めることでスペースを与えないような守備を行った。そういう守備を1人1人が忠実に繰り返すことによって、前回よりも明らかに前の段階で守備が効くようになってたと思う。

これに驚いたバルサ。バルサの個々の技術力、周囲との連動性を発揮すれば抜け出せそうだったマンUの1つ1つのプレッシャーをまともに食らうことになってしまった。前回のルーズなマンUの守備から考えたら、あり得ないほどの大転換。そんなの聞いてないよって話だったかもしれない。結果としてバルサはパスが思うようにつながらず、攻撃が分断しまくり。双方が双方の守備に負けて攻撃のリズムを作れないっていう立ち上がりの流れになったと思う。

それでもバルサはバルサ。すぐにとマンUの守備に適応して行った。最初はびっくりしてパスがつながらなかったけど、冷静になってみれば普通ににパスをつなげるってことに気づいた。ただし、さすがにパス回しの質は前回とは異なってたと思う。マンUが全く違う守備のやり方を採ってるんだから、それに合わせてバルサも攻撃のやり方を変えたってところか。

前回のバルサはとってもゆったりとパスを回した。相手がプレッシャーをかけてこなかったから、ある程度は余裕を持ってボールを扱えるってのもあった。同時にベタ引きの相手をブロックからおびき出すっていう意味もあったと思う。パス回しの中でタメを作り、相手を引っ張り出すっていうステップが入ってたと思う。そうやってこじ開けた次のギャップの選手が入り込み、そこをつないで行くっていうようなパス回し。急がないことで逆に相手の狙いどころを外していくようなパス回し。これは前回、アーセナルのダイレクトダイレクトのパス回しによる狙いどころ外しと比較したとおり。

でも、今回のバルサにはそんな余裕はなかった。1人が保持時間を伸ばしたら、マンUの1つ1つの忠実な守備の餌食になってしまう。相手の守備にギャップをこじ開けるためのタメが自分の選択肢を0にすることにつながってしまったら、元も子もない。よって、1人1人の保持時間は前回と比べると明らかに短くなった。メッシのドリブルは除いて。少ないタッチで次々に局面を変えていくようなパス回しにシフトしたと思う。ただし、それが悪い影響をもたらすことになるわけではないけど、それは後々の話。

パス回しの質は異なったとしても攻撃面を見る限り、バルサはバルサだった。ショートショートでつないでいくこと、そのパス回しに織り交ぜられる個人技。攻撃の意識にも変化なし。アウェーだからと言って大きな変化が見られないのはバルサらしい。ただし、守備面を見てみるとアウェーの戦い方をしようとしてるのかなって思った。マンUみたいにあきらめ超ベタ引きブロック形成なるなんていう極端な形ではないけど、今回のバルサの守備には微妙な変化が見られたのは事実。

守備面で言えば、上にも書いたように攻撃後の切り替えは前回と変わらずに質の高いものだった。ただし、ブロックをセットした後の守備のところでちょっと違いが見られた気がする。それは守備のスタートのところ。前回はトップのエトーが制限なく深い位置の相手最終ラインのボールにもプレッシャーをかけていった。それに後ろが連動して、ブロックから出てきて前へ前への守備が行われていたと思う。それに対して、今回の試合では受ける意識が強くなっていた気がする。エトーはあまり前を追いかけまわさず、エトーが追いかけたとしても後ろが前回のように前へ前へと出てくることは少なかった。守備の積極性を弱めて、ブロックのバランスを重視する。バルサなりのささやかなアウェーの意識か。

ただし、このバルサのささやかなアウェーの意識が大きな意味を持つこととなった。前回は高い位置までボールを持ちあがれなかったマンUの最終ライン。というか、余裕を持ってボールを持つことさえも満足にできなかった。それが、バルサの前線の守備意識が弱まった今回。最終ラインが高めの位置までボールを回しながら出てこれるようになったし、何よりもボール保持自体に余裕が生まることとなった。

これはマンUが低い位置のパス回しに人数をかける必要がなくなったことを意味する。厳しいプレッシャーがかけられれば、逃げ道は多く用意しておかなければ不安。でも、今回の試合では逃げ道は少なくてもよくなった。低い位置のパス回しはCB2枚とGKファン・デル・サールが行う。相手が機を見て前の守備意識を高めてきたときには、キャリックも参加することがあったけど。どちらにしても2つのトライアングルだけで十分な人数だったと言ってもいい。ちなみに、今回の試合でキャリックは攻撃にほとんど参加せず。後で書くようにSBが高い位置まで上がったウラのケアとここに書いた低い位置のパス回しの逃げ道として機能してた。

2枚のCBとGKで低い位置のパス回しを担当する。これはどこかで見た形。それは前のリバプール戦。あの試合は相手のトップが守備を免除されてるトーレスだったこともあって、キャリックが低い位置でのパス回しに参加することもあまり多くなかったわけだけど。その微妙な違いはいいとして、この試合での大きなポイントは何だったか。それはマンUの両SBが高い位置に積極的に入って行くっていうこと。結果としてリバプールの4‐2‐3‐1を4‐4‐1‐1にさせてしまったってのは、その時にも書いたとおり。つまり、簡単に言えば低い位置の2+1のパス回しによってサイドの攻撃が活発化したってこと。

ここで思い出すのは前回のバルサ戦の記事の最後のところ。そこではサイドの攻防が1つのポイントになるって書いたはず。バルサのサイドの守備は特殊。相手がサイドに数的優位を作った時には、OMFが開いて対応。WGは戻ってこない。だから、マンUがサイドに重点を置いてくると相手はとてつもなく広い横幅を3人でケアするイレギュラーな状況が生まれるってこと。マンUがこの状況を作り出せるかどうか、それが今回の試合のポイントだったわけ。

そして、ここまで書いてきたとおりマンUはSBを高い位置に上げてきた。まさにの展開。特に左サイドのエブラは超積極的に攻撃参加。4‐4‐2の形でエブラがこれだけ積極的に攻撃に絡むのは、久々に見た気がする。後ろのケアは上にも書いたようにキャリック。ハーグリーブスも上がったときにはスコールズが残ってバランスを取る形に。とにかく、SBを積極的に攻撃に上げたことによって試合前に考えてたポイントをマンUが有効活用する下地はできた。

そして、思惑通りの展開が生まれる。攻撃参加をしたエブラが浮きまくり。バルサの方は誰がエブラを見るのかはっきりさせられなかった。デコが戻るにしたって、後ろから追いかける形になってしまうわけだから効果的ではない。だから、エブラは高い位置までフリーでボールを持ちあがるシーンが多発。それはまずいってことで誰かがエブラに対応すれば、別の場所が空いてくる。それじゃなくても3枚で中盤の横幅を稼ぐイレギュラーな状況のバルサ。加えて後手後手の対応になってしまったわけで、結果としてマンUが楽に深い位置まで入り込むシーンが多くなる。困ったバルサはメッシ、イニエスタが深い位置まで戻ってくる、今度こそ(バルサにとっては)イレギュラーな状況が見られ始める。こうなると、完全にマンUペースだって言ってもいい流れになったと思う。

加えて、ここまで書いてきたとおり構造上薄くなってるバルサの中盤に対してマンUが別の角度からのアプローチをかけ始める。それは前線の流動性を高めるってやり方。早い話がマンUの変則4トップ。空いているトップ下の場所の出入りを加えながら、4人の関係性をグルグルと入れ替えてく。同じサイドに複数の選手をかぶせてみたり、トップの場所の選手をいなくさせてみたり。ギャップギャップを見つけては好きなように動き回るマンUの前線。中盤の人数が足りてない、しかもサイドのケアまでをしなければならないバルサの守備陣は間間に入り込まれて、それを捕まえ切れない状況。

そして、その変則4トップにエブラの攻撃参加、スコールズの攻撃参加が有機的に絡んで来たのが今回のマンUだった。エブラにサイドを任せて中に入ってくるパク・チソン、トップの場所を空けておいて最前線まで飛び出してくるスコールズみたいな形。得点シーンにもつながったように、今回の試合ではスコールズの攻撃参加が活発だったのも特徴的。前の動きを尊重しつつ、機を見た攻撃参加を繰り返した。低い位置のパス回しに人数をかけなくていいっていう効果がここにも出ていたと思う。

久々にマンUの変則4トップが効果的に機能してるのを見た気がする。4‐3‐3を最近は多く使ってたのもあるけど、4‐4‐2でもそれほど効果的に機能してたとは言えない。前回のバルサ戦がその最たる状況なわけで。じゃあ、どういうときに変則4トップが機能して、どういうときに機能しないのか。そのポイントは守備にあると思う。そして、守備の安定性が増せば増すほど変則4トップは機能しなくなるっていう状況だって言える。

変則4トップは4トップというからにはFWが4人みたいな形が作られる。その4人が連動して動きまわるのがマンUの変則4トップである以上、4人は近い関係性を保たなければならない。ついでに、4人をFWと捉える以上、守備の負担も大きくはさせたくない。つまり、守備になった時に4‐4‐2の守備ブロックでは理想的ではない。サイドに開いた2枚とトップに残った2枚の間に距離が開きすぎてしまうし、サイドの選手は守備の負担が大きくなってしまう。4トップである以上、重点に置くのは攻撃。だから、6バックなんて論外。

つまり、4トップが機能してるときのマンUのシステムは文字どおりに4‐2‐4。そして、そのときにはラストの守備ブロックが4‐2のみで作られることとなった。嘘みたいな話だけど、このことについてはこれまでにも何度も書いてきたとおり。じゃあ、その4‐2‐4っていう変な守備のやり方でどうやってリーグ最少失点を維持してきたのかって話になってくる。

1つは単純。CBがとーっても強いってこと。後は4‐2のときには1つ前のハーグリーブスがかなり頑張ってたし。要するにラストの4‐2ブロックの個々の力で防いでたってこと。後は前線の4人の間接的な貢献。前にルーニー、テベス、ギグス、Cロナウドが残ってたりしたら、相手だって怖くて攻撃に人数をかけられなくなってしまう。マンUが4‐2でも守りきれるレベルぐらいしか、相手は攻撃に人数をかけられないっていう状況。そういう意味では全員で守ってたとも言えなくはない。

ただ、こういうこと以上に大きいのが前線の4人の守備の頑張りだった。後ろは4‐2だけに任せる前線の変則4トップも自分の前に対しては頑張って守備をするってのが、4‐2‐4が機能してるときのマンUの守備だった。後ろの人数がきつい状況でも、前が制限をかけてくれるから、うまく要所要所で狙えるってのがマンUの4‐2‐4が機能してるときの守備だった。後ろには全然戻らないくせに、解説者に「前線の選手の守備の頑張りが固い守備を支えてる」って言わしめるレベルに。

でも、残念ながらこの前線の選手たちは気まぐれだった。がんばって前から追いかけて見たり、追いかけなかったり。それが時間とともに追いかけないことがスターンダードとなって行く。同時に攻撃がうまく回らなくなった(それが気まぐれな前線の守備意識を削いだのかもしれない)マンUは結果的に4‐4‐2から4‐3‐3への移行というか、さらに言えばチーム全体としての意識の変革につながっていったと思う。話がずれるけど、それについて触れておきたい。

様子がおかしくなったマンUの状況はここでも何度か書いてきたことがある。要するに縦に急ぎまくるってのがその状況。最初は相手の前線からのプレッシャーに負けた影響かと思ったけど、どうもそうではなく。とにかく前線の4トップに攻撃を任せてしまえのやり方が目立っていた。この攻撃の様子のおかしさが、攻守に渡っていろいろと影響をもたらすことになった。

まず、攻撃への影響。縦に急ぐマンUは上にも書いたように、前線の4トップに攻撃を任せきりになった。ボールを持ったらすぐに前に蹴ってしまう状況ではSBもCMFもなかなか前線に追いつけなかったと思う。上で4‐4‐2でのエブラの攻撃参加を見たのは久々だったってのは、そういうことがあったから。そして、攻撃を任された前線がいくら個の能力が高い前線の4枚でも、その4枚だけじゃいくらなんでも攻めるのは難しい。前がはがれたマンUは有機的な連動性を図るのが難しくなったと思う。そもそも、一発のパスが多くなったことで前線に効果的にボールがつながらないシーンが多発した。

そして、これがマンUの守備に大きな影響をもたらすことになった。アーセナルなんかもそうだけど、マンUは攻撃の切り替えでの守備を1つのポイントになってる。切り替えで厳しい守備を行って、自分たちのボール保持を続けるやり方。ただし、これは前線に人数が入ってるからこそできる形。前線に厚みがなければ、切り替えでボールを奪うほどの効果的な守備をするのは難しいわけだから。その攻撃=切り替えでの守備の厚みが失われたのが縦急ぎのマンUだった。

これはかなり痛い。上では4‐2で守備をしてきたって書いたマンUだけど、攻撃の時間が長いこと、さらにその攻撃からの切り替えで守備ができることで、実質的に4‐2で守備をしなければならないことはそれほど多くなかったってのが本当のところ。それに対して、縦急ぎのマンUは攻撃の時間が短い。保持せずに蹴るから。そして、ここまで書いてきたとおり切り替えの守備も効かない。必然的に4‐2‐4で守る時間が長くなった。

そして、この前線の4トップが自分の前に対する守備をあまりしなくなった。これは上にも書いたとおり。攻撃でいい形を作れなかったから、守備もあんまり頑張りたくなくなったのか。とにかく、本当に本当の意味の4‐2で守ることが多くなったのが悪い時期のマンU。さすがにこの状況はまずいでしょっていう空気が漂い始める。

それに対して、4‐4‐2でしっかりと4‐4‐2の守備ブロックを作ろうっていう意識が生まれてきたと思う。守備ブロックは4‐4もしくは4‐4で作ることでしっかりと作ることで、少なくとも守備ブロックは安定させようっていう意図を見せ始めた。この辺からパク・チソンが頻繁に起用されるようになる。でも、ここで問題が起こった。忘れてはいけないのはマンUが縦を急いでるってこと。で、守備の人数を増やしたことによって攻撃の人数が減ってるってこと。だから、攻撃が全くと言ってもいいほどいい形で回らなくなってしまった。

ここで登場したのが4‐3‐3(4‐5‐1)。守備面でいえば、4‐3の安定したブロックができることで(極端なときには4‐5)問題をクリア。攻撃でも中盤の枚数を増やすことによって、なんでもかんでも前線に蹴ってしまうやり方にメスを入れていく。中盤の真ん中にアンデルソン&キャリック&スコールズっていうつなげる選手たちを置いたのにも意味があったはず。これが思惑通りに機能して、調子を取り戻していったマンUだった。

そうやって、4‐3‐3を使うようになった後のマンUは4‐4‐2を利用する時にも4‐2‐4ではなく、本来的な意味での4‐4‐2を使うことが多くなったと思う。それは前回のバルサ戦が示す通り。最近、なぜか現実主義的になったマンU。ルーニーをサイドに置いてCロナウドをトップに置くってのもその1つ。守備の安定をまず第一に考える現実主義マンUにおいて、4‐2‐4なんてのはもはやあり得ない形なのかもしれない。見ていない格下相手の試合とかでは、まだ使ってるのかもしれないけど。

さて、この話の脱線は次のテーマに向けての前振り。何がいいたいかって言うと、今回のマンUは久々に4‐2‐4を採用してきたんじゃないかってこと。しかも、様子がおかしくなる前の機能性が高い4‐2‐4。攻撃においてはすでに触れたとおり。エブラ、スコールズが積極的に攻撃に絡んできたことからも少なくとも縦急ぎの前線4トップ任せではないってことは明らか。そして、守備面もいいときの4‐2‐4に戻ってきた印象。というか、それにプラスアルファした形で行われてた。攻守にわたって、まるで去年末のマンUの試合を見ているかのようだった。

さて、1つ1つの守備の意識が高まってたってのは一番最初に書いたとおり。そして、これがピッチ全体で例外なく行われたのが今回のマンUの守備だった。要するに前線の選手たちもしっかりと守備を行ったってこと。これによって4トップの前への守備意識が復活。Cロナウドもトップに置かれた時では今まで見たことのないレベルで相手最終ラインを追いかけまわした。それをスタートとして、SMFの2枚もブロックから出てきて前に対する守備を積極的に行ってた印象。

このトップの前への意識によってヤヤ・トゥーレが浮くシーンがいくつか見られたのは事実。前回のようにCロナウドが守備を免除され、テベスがヤヤ・トゥーレにつくって言う絶対的な関係性が作られなかったから。というか守備組織を作った時の配置も、攻撃からの流れで流動的になってるのが今回のマンUだった。その中でCロナウドが前に追いかけ、それに引っ張られてテベスも前を追いかけてヤヤ・トゥーレが浮くってシーンができてしまった。ただし、完全に浮かせてしまったのは立ち上がりだけで、その後は2トップが前に引っ張り出されてもCMFがうまく見てた印象。FWが戻るんじゃなくて、CMFが出て行くっていうあたりに守備の積極性が見られる。

そして、この4トップの前に対する守備意識がバルサの攻撃を停滞させる要因となった。バルサの組み立て方の基本は前回と同じ。OMFが降りてきて、相手のCMFを引っ張り出し、バイタルをこじ開けようとするもの。でも、ここで思い出さなければならないことがある。相手のCMFをバルサの降りて行ったOMFが引っ張り出したとき、攻撃のスタートになるのは最終ラインの選手だってこと。なぜならOMFには相手がついてきて、浮いてる状況ではないから。

そして、このために重要なのは最終ラインが高い位置までボールを持ちあがれるってこと。つまり、CBが前線へのボールの供給役となるためには、前線との距離が近くなければならないってこと。前回の試合ではこれが実現した。なぜなら、マンUはCロナウドの守備が免除してたから。全くプレッシャーなくバルサのCBはボールを持ちあがれた。そのときにCロナウドはもう少し守備をすればって思ったのはその時に書いたとおり。

そのCロナウドが今回は期待以上の守備。前から追いかけることでバルサのCBを深い位置に釘づけにした。つまり、バルサのCBは攻撃のスタートとしては機能できない状況が生まれたって言える。同時にOMFが降りてきてしまうバルサ。前後の距離が遠くて前線に効果的にボールが供給できないっていう悪いときのバルサパターンに陥った。

それでも打開点がなかったわけではない。全体のブロックを前に向けているマンUの最終ラインのウラにはスペースがあった。前回の試合では考えられないほどに。バルサは仕方がないので、そのウラを単純に狙うボールを多くして行ったと思う。そして、そこに抜け出すのがエトーとメッシ。この2人を前に走らせたら後ろは追いつけるはずもなく。完全に前線がはがれた状況。しかも、ウラへのボールは微妙にズレ、うまくマンUの最終ラインに対応されてしまっているのが今回のバルサだった。

同じようなことは守備後の流れでも言える。相手の守備が前から来るっていう意識があるバルサ。この意識が失点につながるザンブロッタの不用意なパスにもあらわれてた。そして、この意識のもと、最初の方で書いたようなスピーディーバルサが登場。チーム全体の押し上げを待つよりも、シンプルに縦にボールを送り込もうとする。そして、そうやって前線にボールを供給してしまうとエトーとメッシのスピードには後ろは追いつけない。メッシの50m独走ドリブル突破も個人としては素晴らしいけど、チームとしては残念な形。全体として攻撃に厚みが感じられなかったのが今回のバルサの攻撃だった。マンUが前から来てる時間は特に。SBの攻撃参加も少なかったように思う。

そういうわけでマンUのペースになりそうだった試合展開。少なくとも得点後しばらくはマンUの変則4トップが機能して、攻守にわたってバルサの上に行ってたと言ってもいい内容。ただし、その変則4トップを機能させていた前線の守備意識が突如として消え去る。Cロナウドは前への守備をやめ、それに伴って他の3人も前への守備ができなくなっていく。ときたま、テベスが頑張ったりするんだけど。どちらにしても、守備のスタートが効果的に決まらなくなったから全体として前での守備ができなくなるのは仕方ない。この辺の気まぐれ性もマンUらしいと言えばマンUらしい。

ただし、変則4トップ、つまり4‐2‐4にプラスアルファーがあったのが今回のマンU。最近見られた守備意識はしっかりと根付いてた。4‐2‐4のときのマンUは前線の守備をやめても4‐2‐4のままだったってのは上にも書いた通り。でも、今回は4‐2‐4の前線の守備が機能しなくなった途端にしっかりと4‐4‐2への移行が図られた印象。ただし、変則4トップを捨てたことで攻撃はそれまでのようにスムーズにとは行かなくなったわけだけど。

バルサとしてはやっと自分たちのペースで組み立てができる状況になった。最終ラインも攻撃時には高い位置まで押し上げられるようになった印象。ただ、OMFを下げることで相手のバイタルをこじ開ける作戦はうまく決まらず。マンUは下がった相手OMFをCMFからSMFに受け渡したり、CMFが引っ張り出された後の場所にSMFを下げたりしてしっかりと対応。それに最終ラインを前回のようにベタ引きにしなかったことで、バイタルエリアが変に空いてしまう状況にもならなかった。この辺はちゃんと対応してきた部分。

それでもバルサの攻撃がそれまでよりはうまく回り始めたのに変わりはない。最終ラインを押し上げたことで、全体が前に押し出される。結果として前線での近さが生まれた。それまでは前線のメッシとエトーがはがれて、孤立気味だったことを考えれば大きな進歩。ここでテーマとなったのは、やっと近い関係ができた前線にどうやってボールを供給するかってことになったと思う。バイタルこじあけ作戦が前回のようには決まらなかったし、前線の守備がなくなったとは言っても、前回のようにベタ引きになって中盤を自由にさせてくれるわけではなかった。

そこでバルサが行ったアプローチが横への展開とイニエスタ経由の攻撃だった。横への展開ってのは簡単な話。左右の幅を利用した大きな展開を織り交ぜることで、相手の守備ブロックを横に間延びさせるってこと。そうやって選手と選手の間に隙間を空けておいて、その間を通して前線にボールを供給するって考え方。イニエスタ経由の攻撃は1戦目から合計しても初めて見られた形だったって言えるかも。1戦目ではイニエスタは消え気味だった。攻撃のほぼ全てがメッシを経由して行われたから。そのイニエスタが前半の途中から急に目立ち始める存在に。マンUとしても思ってもみないことだったかも。どちらにしてもイニエスタを捕まえ切れずに、前線の経由点とされてしまうシーンが目立って行った。

この両方のアプローチによってデコが目立ってくる。ここで重要なのはデコがFWの近くで目立ってきたってこと。横の揺さぶりで隙間を空けるにしても、イニエスタを経由させるにしても、デコは低い位置まで戻ってボールを受けに行く必要がない。だから、前で受け手として、ある意味では待ってればよかった。前半の途中から、デコがマンUのブロックの中でプレーする機会が増え、その中でエトー、メッシと関係性を築くシーンも増えていった印象。

さて、こういう形でバルサが盛り返す流れの中で後半がスタート。この後半の開始とともに、マンUの4トップの前への守備意識が復活。気まぐれとしかいいようがない。前半のいい時間帯のように、前線から追いかけまくり。途中で引っ掛けるシーンも多くなった。そして、守備で4トップが復活すれば攻撃の4トップも復活。再び前線の流動的な関係が見られるようになり、長らく守備だけに専念してたエブラも攻撃に参加するシーンを再び増やすことになった。

というわけで、マンUのペースで始まった後半。このままじゃいけないと思ったバルサはイニエスタに代えてアンリを投入。さらに、エトーに代えてボ-ジャンを投入。この交代でシステムが微妙に変更された模様。メッシが真ん中でプレーする機会が多くなってた。ただ、この交代とシステム変更が裏目に出た気がしなくもない。というか、裏目に出たと思う。

まず、前半の経由点だったイニエスタがいなくなった。前半のいい時間のパターン(悪い時間はメッシとエトーの孤立)は、大まかに言えばイニエスタ経由かメッシ経由か。イニエスタをうまく使えるときには中盤でうまくパスが回ることが多く、メッシを経由させるときにはよくも悪くもメッシの個人技頼みって形だったように思う。そして、イニエスタがいなくなった今となってはメッシの個人技頼みの攻撃が圧倒的に増えていく。

そして、システム変更によってメッシは真ん中へ。四方八方から囲まれる場所で個人での突破を期待されたことになる。いくらメッシでも難しいわけで。その中で抜け出すシーンをいくつか作ったのはメッシの素晴らしさ。ブロックの外で受けたメッシが自分で無理やり仕掛けていくってシーンが多いこと多いこと。それでもメッシを攻撃の目標とするバルサ。攻撃が真ん中に偏り、幅を使えない状況が生まれたと思う。

これに対してマンUはシステムを変更。スコールズ→フレッチャー、ナニ→ギグスっていう見た目的には同じポジションの交代によってシステムをいじくった。その前の時点でパク・チソンを真ん中に移動させCロナウドをサイドに出した時点で、真ん中を守備の重点に置いてる様子は見られたわけだけど。とにかく、選手交代によって4‐3‐3にしたマンU。中盤の真ん中をフレッチャー&キャリック&ギグスが固める形。後はコンスタントに守備に参加するパク・チソンとたまに戻って来る(さすがに最後の方は戻ってくるシーンが増えた)Cロナウドがサイド担当。どちらにしても真ん中だけを見たときに4‐2→4‐3とすることで真ん中のメッシを経由させるバルサの攻撃をことごとく跳ね返していった。

というわけでマンUが勝ちあがり。1戦目と2戦目で全くやり方を変えての勝ち上がり。1戦目のベタ引きと2戦目の積極性。でも、今回の試合の後半の守備なんかを見るとやっぱり守ると決めて守れる強さが勝ち上がりを決めたような気がする。決勝はこないだのリーグ戦で守ると決めて守り切れなかったチェルシーが相手。ベタ引きか積極策か。最初の注目はそこになるかもしれない。
別窓 | CL | コメント:2 | トラックバック:0 |
2008-04-26 Sat 18:46
バルサ×マンU
<バルサ:4-3-3>
FW:イニエスタ-エトー-メッシ
MF:シャビ-デコ、ヤヤ・トゥーレ
DF:アビダル-ミリート-マルケス-ザンブロッタ
GK:Vバルデス

<マンU:4-4-2>
FW:テベス-Cロナウド
MF:パク・チソン-スコールズ-キャリック-ルーニー
DF:エブラ-ブラウン-ファーディナンド-ハーグリーブス
GK:ファン・デル・サール

マンUのシステムは4‐4‐2。セオリー通りに考えれば4‐3‐3(4‐5‐1)かなって思った試合前。なぜなら、相手がバルサってことを考えれば中盤は厚くしたいところだし、何よりも今までも何度も書いてきたように人ベースの守備をするマンUだから、システム合致を考えても4‐4‐2よりも4‐5‐1の方がしっくりと来る。なぜに4‐4‐2かってのがメンバーを見た時点の感想だったわけ。ただし、実際に試合が始まってみたら何のことはない普通に4‐5‐1だったわけだけど、なんでアンデルソンじゃなくてテベスなのかってのが1つのポイントになるかもしれないと思った。そして、それは相手との関係を考えた結果だったのかなって思う。そういう部分について見てみたい。

マンUのメンバーを素直に捉えればルーニー&テベスの2トップにCロナウドとパク・チソンが中盤の両サイド。守備に重点を置くときのマンUのやり方の選択肢に、こういうやり方があるのも事実。Cロナウドの守備は計算に入れず、逆サイドのパク・チソンがCMF的に振舞う。結果としてCロナウドが守備をしなくても、4‐3っていうとりあえずは安定した守備ブロックは形成できるってもの。

でも、今回の試合ではさらに守備的な布陣に。Cロナウドをトップに押し出して、両サイドをルーニーとパク・チソンに。どっかで見たことがある、このやり方。それは準々決勝のローマとの第1戦。あの試合はベースとなるシステムが4‐5‐1だったけど、両サイドにパク・チソン&ルーニーを置くってのは今回と同じ。守備の計算ができないCロナウドをトップに置くってのも今回と同じ。バルサ相手、しかもアウェーの今回の戦い。いくら片方のサイドにパク・チソンを置いたとしても逆サイドがCロナウドじゃ不安ってことか。4‐3ではなくて、あくまでも4‐4のブロックを作りたいって考え方が見られたと思う。

ただし、ここまでの時点ではなぜに4‐5‐1ではなくて4‐4‐2かってことに答えられてない。別に4‐5‐1の両サイドにルーニーとパク・チソンを配置してもいいわけで。なぜにアンデルソンじゃなくてテベスがスタメンだったのかっていう疑問には答えきれてない。実際に本当のところの意図を推し量るのが難しいってのも事実なわけだけど(当たり前か)、ちょっと考えてみたところを書いてみたい。

1つの理由としては、絶対的に劣勢になるっていうことが念頭にあったんじゃないかと思う。相手はバルサでしかもアウェー。そりゃ、絶対的な優位に立つのはおそらく無理。というか、パスを回されまくって、ベタ引きにさせられるっていう想定は少なからずあったはず。むしろ、チームとして最後の最後の場所に人数をかけて固めようっていう積極的ベタ引きの考え方があった気がする。ローマとの第1戦でも見られたような簡単に前の守備をあきらめて最後で跳ね返しましょうっていう積極的ベタ引き。しつこいけど、今回の相手はバルサ。ローマ戦よりももっとゴール前にベタ引きにされるだろうなっていう気持ちがあってもおかしくない。

そのときに攻撃をどう仕掛けるか。前にも書いたことがあるけど、マンUの4‐5‐1は自分たちが主導権を握る形。4‐5‐1だから主導権を握るのか、主導権を握りたい試合で4‐5‐1を使うのかは微妙。とにかく、中盤の厚みを増すことでボールの支配率が上がるのは確か。中盤での保持時間を伸ばし、後ろからの上がりを促進して、攻撃に厚みを加える。じっくり攻めるのが4‐5‐1。4‐5‐1について詳しく書いても仕方がないから、このぐらいにするけど。

対して4‐4‐2は攻撃は前線に任せますよって狙い。攻撃時の考え方は4‐2‐4。トップ下の場所を空けて、その場所の出入りを激しくしながら前線の流動性を高める。そして、早めにその前線の選手にボールを送る。そうやって早めに前線にボールを送ることで、敵は未だ準備ができてない。味方も少ないけど、そこはスペースがあればあるほど生きてくるマンUの前線の選手たち。動き回ってマークを振りほどき、敵も味方も少ない広大なスペースの中で少人数で攻めきる。それが4‐4‐2システム時の攻撃。CMFがうまく絡んで前線に厚みを加えることもなくはないけど、最近のマンUの4‐4‐2は4‐5‐1との差別化で縦へのスピードが目立ってるのも事実。

さて、今回の試合ではどちらを選択した方がいいのかって問題。ボール支配型の4‐5‐1か、縦急ぎの4‐4‐2か。守備でベタ引きにされる(意図的にベタ引きで守る)ことを考えれば、どう考えても攻撃はカウンター頼みにならざるをえない。そして、それに適してるのは縦急ぎの4‐4‐2。両サイドのパク・チソンとルーニーは守備でかなり深い位置まで押し込まれたとしても、攻撃になれば最前線まで出てくる頑張り屋。それはローマとの第1戦でも証明済み。ベタ引き守備で跳ね返し、前線に速攻で送ったところに頑張って両サイドが追い付く。相手が攻撃に人数をかけてくることを考えれば、十分に人数は足りてるカウンター。狙いとしては間違ってないと思う。ただし、それが狙いどおりにできたのかどうかは後々の話。

そういうわけで4‐5‐1じゃなくて、4‐4‐2を使った理由の1つは守備と攻撃のつながりを考えてのものなんじゃないかと思う。そして、もう1つの理由が相手の攻撃との関係性。特にヤヤ・トゥーレの存在。バルサの中盤のアンカーに入ったヤヤ・トゥーレは攻撃時にはバランサー的な役割を担う。前線にいつも入り込んでいくわけじゃなくて、後ろに残って逃げ場として機能しつつ、ここぞの場面で飛び出すっていう動きが多い。つまり、ヤヤ・トゥーレはあくまでもヤヤ・トゥーレの場所でプレーするわけで、攻撃時に後ろに残っていることが多いってことになる。それに対してマンUはわざわざ中盤の選手をつける必要があるのかってことがあった気がする。普通に2トップを縦関係にすれば、済むだけの話じゃないかっていう。

マンUが4‐5‐1を使うときには相手が4‐2‐3‐1であることが多い。つまり、中盤の底の場所に2人が置かれてる形。だから、相手の1枚が残って1枚が前線まで飛び出してくるってことが多いわけ。その飛び出しに対応するために、中盤の選手をつけるっていうことがあるのかもしれない。まだ、実際には見てないけどアーセナル戦でもマンUは4‐5‐1を使った模様。アーセナルのCMFも積極的に飛び出してくるわけで、それに対応するために中盤の選手をつけようっていう考え方のもとの4‐5‐1だったかもしれない。もちろん、アーセナルの中盤が怖いから厚みを加えたってのもあっただろうけど、それは後日見たときに注目してみたい。

話がちょっとずれたけど、とにかくヤヤ・トゥーレはそんなにめちゃめちゃ積極的にゴール前に出てくる選手じゃない。よって、わざわざ中盤の選手をつける必要がない。それに飛び出して来たとしても、そこにいるのは後ろへの守備が大得意のテベス。実際に試合の中で、ヤヤ・トゥーレの上がりに対してしっかりと戻って対応してたし。そういうことを考えたら、守備と攻撃のつながりを考えて2トップの方がいいんじゃないのっていったところか。結果として4‐4‐2が採用されたのかもしれない。

というわけで、ちょっと憶測めいた内容が多くなってしまったので、ここからは実際に試合を見た感想へ。試合開始からやっぱりマンUの方は積極的に行く意識はないなってイメージだった。トップに入ったCロナウドは完全に守備免除で(ちょっとやってもいいんじゃないかって思わされる部分は多々)、相手CBは完全にフリー。両サイドも前に向かって頑張るっていうよりは、後ろへの意識の方が強かったから(背後に相手WGがいたし)、低い位置でボールを触れる相手SBもフリー。バルサが低い位置でゆったりとボールを持つシーンが多かったと思う。

じゃあ、マンUの守備の勝負どころはどこだったか。普通に考えれば、相手が自陣に入ってきたところ=相手がブロックに入ってきたところってことになる。実質的な4‐5‐1を使ってシステム合致を作ってるんだから、入ってきたところで1つ1つ忠実に守備をしてくってのが妥当。でも、実際にはそうはならなかった。確かにチェックはする。でも、それは守備の勝負に持って行けるような厳しいものではない。一応のチェック、とりあえず最短距離は切りますよのチェックが多かったと思う。要するにローマとの第1戦と同じ考え方。相手がブロックに入ってきたところは、まだ守備の勝負どころではないっていうやり方。見方によってはルーズなやり方だけど、仕方のない部分もあった。

まず、距離を一気に詰めていくと抜かれるのが怖いってこと。何しろ相手はバルサ。1人1人の技術がとんでもない。相手のボール保持者にはりきって飛び込んで行ったら、あっさりと交わされるなんてことだってありうる。そして、それは非常に困るわけで。結果として飛び込めない。つまり、厳しく距離を詰めていけない。飛び込まない守備は傍から見てると、中途半端に距離を空けたルーズなやり方に見えてしまうってこと。

ただ、こういう状況を免れるための方法がないわけではない。それは相手の前線の選手にボール自体を触らせないってやり方。ボールの入りどころで先に触ればいい。でも、これも現実的ではなかった。何しろ前線では全く制限が効いてないマンUの守備。だから、どこかに狙いを定めるのは不可能。そして、動きながらボールを引き出すバルサの前線の選手たち。こういう状況下でゼロ距離の守備をするのは無理。よって、相手の入りどころを狙うってのは至難の業だった。

よって、マンUは相手が自分たちのブロック内にボールを送り込んでくるのをある意味では指をくわえて見てる状況だった。そして、この部分にはバルサの前線へのボール供給のうまさがあったのも事実だったと思う。マンUの選手たちは、バルサのやり方によってあるジレンマに陥ってしまった。結果として出し手に対しても、受け手に対しても効果的に守備に行けないっていう悪循環にはまって行ったと思う。実際にはこれがマンUにとっての悪循環だったのか、別にいいやってことだったのかは微妙なところだけど。

とりあえず、バルサのやり方について見ていきたい。スタートはバルサのトップ下が降りて行くことから。これに対して、マンUの守備陣、特に対応する相手であるCMFがどういう行動に出るかってのが1つのポイント。大雑把に言えば、(1)低い位置まで降りていく相手トップ下について行く(2)ついて行かないっていう2つの選択肢。でも、どちらにしてもマンUにとっては苦しい状況だった。

(1)ついて行く
:システム合致のマンUとしては、対応する選手にある程度までならついて行くのがベースとなるやり方。じゃあ、そのベースのやり方どおりに相手のトップ下に対してCMFがついて行ったら=引っ張り出されたらどうなるか。

その降りて行ったバルサのトップ下の選手がボールを自由に受けたり、扱ったりするのは難しくなる。後ろには対応するマンUのCMFがついてきてるわけだから。ただし、マンUのCMFとしては背後にスペースを残してきていることになる。DFと中盤の間のバイタルエリアにギャップを残すっていうリスクを負った上での守備ってことになる。そして、そのギャップをバルサの選手たちは見逃さない。メッシ、イニエスタ、エトーあたりがそのスペースにスルスルと流れてくる。特に目立ったのがメッシ。エトーが下がってそのスペースに出てくる場合には、単純にマンUのCBがついてくればいい。イニエスタも中に入ってくるような動きが目立ったのは事実だけど、今回の試合では根本的にバルサがメッシを経由させるような攻撃をしてたから。

この時点でバイタルエリアに受け手が入り込んだバルサ。マンUとしては、そこには何としてもボールを入れさせたくない。でも、その受け手の方は誰が見ればいいのか分からない状況。SBが中まで入ってくるのか、誰かに受け渡すのか。受け渡すって言ったって、誰に?って話。結果として中に入って行ったメッシ(なりイニエスタなり)が浮いてる状況。これは何としても出し手の方にしっかりとプレッシャーをかけて、パスを出させないような対応をしなければならない。

幸い相手の降りていったトップ下の選手にはしっかりと対応できてる。そのためにギャップができてるんだから当たり前と言えば、当たり前。ヤヤ・トゥーレもテベスがしっかりと見てる。でも、ここで思い出さなければならないことが1つ。相手の最終ラインは自由にボールを扱ってるってこと。しかも、高めの位置までフリーで出てきてた。この辺でCロナウドがもう少し守備をしてもいいんじゃないかって思ったわけ。何しろミリート、マルケスがヤヤ・トゥーレと同じぐらいの高さからパスを出すシーンがちらほら。それじゃ、他の場所を抑えても意味がないって話。どちらにしてもバルサの最終ラインが完全に浮いてて、何の問題もなくパスの供給役として機能したことで、出し手も受け手も浮く状況がバルサに出来上がった印象。

(2)ついて行かない
:(1)に失敗して、困ってしまったマンUの守備。とりあえずバイタルに入り込まれるのはヤバいだろってことで、相手のトップ下が降りて行ってもついていかない=引っ張り出されないっていう考え方が目立つようになって来る。ただし、根本的な問題解決には至らなかったわけだけど。

バルサのトップ下は低い位置に降りていくとマンUのCMFから離れることができた。よって、ボールを受けるのも扱うのも自由な状況。じゃあ、ついて行かなかったマンUのCMFはって言うと困ったことになった。そもそも人ベースの守備をするマンU。自分の対応する選手を放してしまったら、何をすればいいのかって話。しかも、その迷いに拍車をかけてきたバルサのやり方。低い位置でボールを受けたトップ下の選手が、ドリブルで持ちあがってきた。同時にまたしてもバイタルエリアに対する相手3トップの動きによる仕掛けが始まる。マンUのCMFはどっちを見るべきなのか。ドリブルに対応しようとすれば、その瞬間バイタルが空いてしまって、ついて行かずに待ってた意味がない。対応しなければ、相手は構わずに上がって来て決定的な仕事ができる場所にまで来られてしまう。

ちなみに、こうのときにマンUが困ってたバルサの攻撃のやり方はマンUの攻撃のやり方に似てたとも言える。トップ下の選手が降りていったバルサは、その時点ではトップ下不在。そうやってできたスペースに、メッシ、エトー、イニエスタが入ってくる。さらに、低い位置からの飛び出しもある(バルサの場合は1度下がって行ったトップ下の選手が帰ってくる)。要するにトップ下のスペースをみんなで使いましょうねって考え方。相手としては誰が誰を見るのかってのがはっきりしなくなってしまう。マンUとしては皮肉な状況に陥っていた。

(1)でも(2)でもバルサの思う壺。困ったマンU。1つの可能性があるとすれば最終ラインを高い位置に設定すること。しかも、かなり高めの位置に。そうやってCMFが高い位置で相手のプレッシャーをかけられるようにする。同時にバイタルを空けない。ただ、これは無理な相談なわけだけど。何しろ相手のトップに入ってるのはエトー。そのエトーはウラを狙う機会を虎視眈々と狙ってる。前線で満足に守備をしてない状況で、超高いラインを敷いたりしたらエトーとスピード勝負をしなければならなかった。それじゃ分が悪いだろってのは、誰にでも分かること。

というわけで、マンUはもう1つの選択肢を採った。それがベタ引き守備ブロック。要するにバイタルを空けなきゃいいんだろってやり方。もっと言えば、相手をエリア内に入れさせなきゃいいんだろってやり方。立ち上がりからベタ引き守備が頭にあったのは事実だったけど、それでもまだ最初のブロックはある程度の高さにセットしてたマンU。この時間帯はカウンター的な流れでパク・チソン、ルーニーあたりが絡むシーンも見られた。でも、このやり方でバイタルに簡単に入り込まれてしまう問題が生まれ、完全に最後を固める方法に。どうせ深い位置まで来られてしまうなら、DFラインだけよりも中盤も含めて鬼のように人数をかけた方がいいよっていう開き直り。もちろん、相手に支配された結果、中盤では全く守備をさせてもらえなかったっていう側面も多分にあったとは思うけど。

そういうわけでマンUの守備×バルサの攻撃っていう展開になったわけ。これはもう、立ち上がりからずっと。バルサにしてみれば、立ち上がりは相手のブロックにどうやって仕掛けて、そこからどうやって最後まで持ってくか。時間とともに相手が完全ベタ引きになったから、前線にボールを運ぶのは簡単だけど、相手のラストブロックをどうやって崩すかってことに変化していった。実際には、大した変化はなったかもしれないけど。

とりあえず、バルサの攻撃のやり方についてちょっと復習。ここまではマンUの守備との関連で見てきたから、1度流れとして一番目立つパターンについて見てみたい。まず、上に書いたようにバルサのトップ下の選手は積極的に中盤に降りて行く。そうやってバイタルエリアを空けておいて、そこに両WGが流れていく。そうやって両WGが中に入って生まれたサイドのスペースにSBが飛び出していくってパターン。エトーはWGとの関係で横に流れて行ったり、相手DFラインにプレッシャーをかけるようなウラを狙ってますよの動きだしをしたり。細かい動きでチームを助けてた。

というわけで、ボールを受ける準備は整った前線だけど、枚数的にもトップ下が降りる⇔SBが上がるって関係ができてるから、薄くなったってことはないし、何よりも相手に混乱が生まれてる。だから、前線へのボールの供給が恐ろしくスムーズ。場合によっては左右の幅を利用することで相手の選手間の距離を広げて、隙間を作るみたいなアプローチも織り交ぜてくるし。

そうやってスムーズにボールを送った後はどうするか。もう完全なるバルサタイム。とにかく、ギャップギャップをつなぎまくる圧倒的なポゼッション。そして、この時点でのポイントは1度下がったトップ下の選手が舞い戻ってきてるってこと。1度下がったとは行っても、高い位置でチームとしてボールを保持してるならば本来の場所に戻ってこれる。そして、このときにポイントとなるのは相手につかまってない状況で出てこれるってこと。バルサの攻撃の厚みと狙いどころが定まらないパス回しに対してズルズルと下がってしまう相手ブロック。後ろから出てくる選手までしっかりと見るなんていう余裕はない。だから、舞い戻ってきたバルサのトップ下の選手は自由な状況で攻撃に絡めるってシーンが目立った。

これを最大限活用したのがデコ。1つ下がったところで攻撃のスタートを切り前線にボールを供給しておいて、今度は舞い戻ってギャップに入り込む。こういう形の中でタッチ数が増えまくり。ギャップに入り込んでボールを受け、相手を引きつけて次のギャップへはたくっていう形で、攻撃の経由点として目立ちまくり。メッシ、デコが関係性を作った右サイドが今回のバルサではかなり目立った。

この右サイドが目立ったってのは、今回のバルサの1つの特徴だったと思う。そして、それがだんだんと弱点的になって行った印象。前半の圧倒的にいい時間帯でも右サイドが目立ってたのは事実。ただ、この時間帯は右に作りながら左に向かっていくみたいな攻撃が見られた。ほとんどの攻撃が右をスタートとしてたのは事実だったけど、その中で相手ブロック前を横切るパス回しで左サイドにボールを送ったり、メッシ自身が横切る動きで逆サイドまで出ていくって場面も目立ったと思う。ベタ引きブロックのマンUにしてみれば、この横切るっていう形がかなり嫌なわけで。誰も対応に行けないし、サイドを変えられるとせっかくの密集ブロックに綻びが生じるから。それが効果的だったのは、チャンスの数を見てもわかる部分。

ただし、時間とともに右でスタートして右で攻めきるって攻撃が多くなる。正確にいえば、右でスタートして最終的には真ん中に入り込むっていうやり方だけど。つまり、右半分だけを使った攻撃。これではマンUのベタ引きブロックは真ん中で待ってればよかった。最終的には真ん中に入り込むにしても、いい時間帯みたいに右→中→左→中っていうような揺さぶりがあれば、それなりにブロックを分散させることも可能なわけだけど、右→中だけでは何の綻びも生じさせられなかった印象。それでもメッシの仕掛け、デコの切れ切れの動きで何とか攻めきるシーンを続けてたわけだけど、この2人の交代で全く攻撃の手がなくなってしまったと思う。

こないだアルディージャ×レッズの試合にも当てはまるけど、相手がベタ引きだと遠回りをするのが面倒になるのかなって思った。ボールはいくらでも保持できるわけだから、別にわざわざ遠回りして左右に振ったりしなくても、とにかくゴールに向かいたいっていう。これは最終的に中に入り込んでしまう攻撃のやり方にも当てはまる部分。いい時間帯にはサイドをえぐってマイナスクロス(グラウンダーのパスってのがバルサらしい)っていう、ベタ引きの相手には一番効果的な形がいくつも見られたバルサだったのに、そういうやり方がほとんどなくなって行った。つなぎまくりがバルサの形はいいけど、何も馬鹿正直に相手の一番固い所に入り込まなくてもって思う。

とはいえ、それでもやっぱりバルサが試合を圧倒的に支配してたのは紛れもない事実。パスを回しまくるバルサタイムが延々と続いた。そのバルサのパス回しの特徴は落ち着きがあること。同じくショートパスをつなごうとするアーセナルとは違った色がある。アーセナルは1タッチ2タッチで次々に局面を変えていくことで、相手に狙いどころを定めさせないパス回し。同じ狙いどころを定めさせないパス回しでもバルサのやり方はちょっと違う。ゆったりとしたパス回しで、相手に狙いどころを定めさせない。

どういうことか。バルサのパス回しでポイントになるのはギャップギャップに入り込むこと。そのために1人1人がギャップを見つけて入り込むことが要求されるのと同時に、ギャップを作り出すことも求められる。つまり、ボールを持ったらすぐに次へってことではなくて、相手を引きつけて場所を空けてから、次へっていうやり方が目立つってこと。もちろん、チャンスがあればダイレクトダイレクトでつないでいくし、1人1人の保持時間も無駄に長くないから、ゆっくりとしたイメージはない。でも、スピーディーに次から次へとっていうのとはちょっと異質のパス回し。1人1人の技術力をベースに、相手を引きつけてっていうワンクッションを置くパス回しだと思う。とはいえ、相手としては奪おうとしたところを次に展開されてしまうわけだから、狙いどころが定まらないことに変わりはない。

ちなみにアーセナルと似た部分としては人もボールも動かしながらパスを回してくことで捕まらないってやり方。前にも書いたことがあるけど、人が止まってボールを持つってシーンがほとんどない。1人の保持時間が伸びるときは、ドリブルによる仕掛けに限られる気がする。そういう仕掛けの意識もあって、パス回しのときの選手の距離感をある程度保ってるのがバルサ。ここはアーセナルとの違いか。そういえばアーセナルもそういう方向にシフトしてきてたんだけど、最近あまり見る機会がないから、どうなったかが分からない。

とにかく、バルサはある程度の距離感でパスを回す。だから、遠くと近くの選択肢が生まれる。ボールの動く方向も多様。今回は右サイドに入り込んでしまったってのは上にも書いたとおりだけど、基本的には横、後ろにもボールを動かしていく。そうやって常にボールを動かしながら、仕掛けどころを探って行くのがバルサのパス回しのやり方だって印象。その中で仕掛けどころが見つかれば、ダイレクトダイレクトでスピードアップを図るし、個人の突破っていうアクセントもうまく取り入れてる印象。改めて言うまでもないけど。

とにかく、マンUにとっては守備の狙いどころが定まらない状況。あまりにも簡単にバルサの前線へのボールの供給を許した時点で覚悟はあっただろうけど。というか、ここまで何度も書いてるようにそもそもマンUの守備はベタ引きがベースだったような気もするわけで。中盤で狙いどころが定まらなくて、パスをいくら回されても全く意に介してなかったかもしれない。まあ、積極的にしろ不本意にしろマンUがベタ引き守備をせざるを得なくなったのは確か。

ここで登場したのがローマとの第1戦でも見られた6バックの守備。ルーニーとパク・チソンの両サイドは相手のSBの攻撃参加に合わせて戻ってくるわけだけど、守備時のほとんどの時間はSB的な役割を担ってたと思う。その代わりに本来のSBが真ん中に押し込まれる。結果として4枚がゴール前に密集する形。そして、その前にCMFの2枚が並ぶ。つまり、6‐2の守備(普通に4‐4と言えば4‐4)。ちなみに、相手の後ろからの飛び出しに対してはテベスが戻ってきて対応してきた。

ローマ戦の時にも書いたけど、本来的に4‐2だけで守れるだけの強さがあるマンUの守備。それが今や真ん中だけで4‐2の圧倒的な厚み。そして、相手はなぜかその真ん中を意地でも崩そうとする。これは上にも書いたとおり。マンUの真ん中の4‐2の守備ブロックは、そこで待ち構えて、相手の最後のアプローチを跳ね返してればよかった。この守備が機能したっていう意味ではルーニーとパク・チソンを両サイドに置くやり方は、ローマとの第1戦と同じような効果をもたらしたって言える。

ただし、攻撃はそれほど甘くはなかった。それはバルサの攻撃後の切り替えの意識の抜群の高さによる。マンUも攻撃後の切り替えが最初の守備のポイントになってるチームだけど、そんなのはあっさりと凌駕したと思う。奪われた瞬間に、本当に瞬間に最初の守備が効く。そして、ここぞとばかりに2つ目、3つ目も一気に連動してくる。もともとから言って、相手の上からの守備に脆さを見せがちなマンU。この相手の切り替えを抜け出すのは至難の業だった。しかも、この最初の守備の後ろにはバルサはヤヤ・トゥーレを隠し持ってる。対してマンUは下手するとCロナウド1枚。苦し紛れに前線に送ったボールはことごとく相手の手に渡ってしまった。そして、再びバルサタイムが続くこととなった。

この時点でマンUは普通の4‐4‐2になっていた。守備的な4‐4‐1‐1と言ってもいい。守備は4‐4‐2で攻撃は4‐2‐4でカウンターを仕掛けるっていう思惑は大外れ。いくらルーニーとパク・チソンが頑張り屋でも、上がる時間がなければ攻撃に絡むことはできない。何しろSBの場所まで押し込まれてるんだから。相手の切り替えの守備の前に、その時間を作り出すことができなかったと思う。マンUと戦ったリバプールと同じ問題に陥った今回の試合だったって言える。あのときもリバプールはサイドが押し込まれ、先細りの状況で前線へのボールがことごとくマンUの手に渡り、結果としてカイトの頑張りを生かせなかった。

ちなみに、バルサの攻撃後の守備が効果的に機能したのは今回はトップの一角にイニエスタとエトーっていう比較的守備を頑張るタイプが入ってたこともあったかもしれない。守備ブロックをセットした時にもエトーはマンUのCBを追いかけまわして守備のスタートととして機能した。そのうえで、入ってきたところを後ろが1つ1つ丁寧に寄せていくってやり方。そうやってマンUの選手に簡単には前を向かせないような対応をとってたと思う。

ただし、マンUの選手が簡単に前を向けたポイントが一か所。それがサイドの攻防。このサイドの守備についてはちょっとイレギュラーなやり方をとってるバルサ。これはセルティック戦の時にも書いたとおり。SMFには単純にSBがつくんだけど、それに対してマンUのSBの攻撃参加に対してはバルサのトップ下のシャビとデコが引っ張り出されて対応する。このサイドの攻防は次戦に向けてポイントの1つになるかもしれないと思う。

例えばマンUが4‐3‐3を使ってくるとする。このシステムだと、守備ブロックを4‐3で作れるから前線の3枚は戻ってくる必要がない。今回はルーニーもパク・チソンも守備的で差がてたから、何の問題もなく攻撃に出てこれたバルサのSBだけど、Cロナウドとかギグス(もう1枚は誰を使うか分からないけど)が前線に残っていたら、バルサのSBは攻撃に出てこれるか?出てこれないとするとバルサの攻撃は一気に停滞する可能性がある。上でも触れたとおり、組み立てのときにトップ下が降りて行っても代わりにSBが出ていくことで前線の枚数を維持するバルサ。このSBの上がりがないと、前線は3枚に。これではマンUの方も抑えやすいはず。

さらに、マンUがサイドに攻撃のポイントを持って行ったらどうするのか。SBが積極的に上がって行けば、バルサはトップ下が開いて対応することになるはず。メッシを後ろに残したままSBが上がるのが怖いなら、ローマとの第2戦のように真ん中からハーグリーブスがサイドに回るみたいな動きをすればいい。どちらにしても、このときにマンUのCMFは浮いた状況になる。今回は守備重視の戦いで、ほとんど全然に出て行かなかったスコールズとキャリックだけど、本来的には前線に飛び出していくタイプなわけで。サイドの攻防が、今度は真ん中にも影響を及ぼしてくるかもしれない。この辺は次戦でのポイントの1つになることは間違ない。

そう考えるとマンUが有利かなって思う。今回の試合で明らかに手の内を見せてないのはマンUなわけだから。そのうえ0‐0で乗り切ったわけで。まあ、開始当初のPKが決まってれば、それに越したことはないだろうけど。対して、バルサの方にはちょっとした不安が残った試合。それは後半の勢いの衰え。セルティック戦でも全く同じ状況が訪れたし。メッシがいなくなった影響は大きかった気がする。そして、そんな重要なメッシが途中交代した状況。まだ、万全じゃないっていう不安が残る。

ちなみに、後半のバルサはポゼッションの位置が1つ下がった気がする。前半のように好きなようにバイタルに入り込むことができなくなった。それは、その間での動きが明らかに停滞したから。1つの理由は上にも書いたとおりバイタルに入ってくる選手がいなくなったから。メッシに変わったボ-ジャンはほとんどサイドを基本にプレーしてたし。それに、メッシ自身がいなくなったのも大きい。今回の試合では明らかにメッシ経由での攻撃が多かったバルサ。そのメッシがいなくなったことで、チームとしての目標がなくなったイメージ。後ろの選手が誰に出していいか分からないし、前線の選手が何をスイッチに動きを開始していいか分からない。そして、そうやって前線にボールが入らなくなると後ろからの攻撃参加が停滞する。結果として前線の枚数が薄くなる。後半はボール自体は持ってるのに、前線の選択肢が少ないって状況が生まれたと思う。
別窓 | CL | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-04-11 Fri 15:36
マンU×ローマ
<マンU:4-1-4-1>
FW:テベス
MF:ギグス-アンデルソン-ハーグリーブス-パク・チソン、キャリック
DF:シルベストル-ファーディナンド-ピケ-ブラウン
GK:ファン・デル・サール

<ローマ:4-2-3-1>
FW:ブチニッチ
MF:マンシーニ-ペロッタ-タッデイ、ピサーロ-デ・ロッシ
DF:カセッティ-ジュアン-メクセス-パヌッチ
GK:ドーニ

前回の試合の記事の終わり。ローマが勝つためには後先考えずに前線から追いかけまわすような守備をすべきだって書いた。ローマの守備は引いた4‐4ブロックでバイタルをつぶすってのが本来のやり方。今回の状況でそういうやり方を採ったらどうなるか?おそらく、マンUは無理に攻めていかない。ゆっくりとボールを回しながら時間を使い、ここぞのチャンスでゴールに向かっていくってやり方を採ってくるはず。そうなったらもう、最低でも2点が必要なローマは絶望的。というわけで、本来の自分たちの形とは違ってでも自分たちから積極的に守備をするやり方が要求されたって言っていい。そして、それはマンUにとって苦手な部分だってのも今まで何度も書いてきたとおり。

さて、実際にローマはどういうやり方を採ってきたか。後先考えないレベルで前線から追いかけたかって言えば、そうではなかった。だからと言って、いつものように4‐4で受けるような形を採ったわけでもない。その中間的なイメージ。そもそも本来のローマも守備のブロックを作った時点では、前線の3のフィルターで引っ掛けられればいいなってやり方をまずは採ってくる。ただ、基本的に重心は後ろに傾いてるから、引っ掛けられればラッキーっていう程度。その引っ掛けられればいいなっていう意識を高めたってのが今回の試合だったように思う。

まず、いつもとの違いが見られたのがFWの守備意識。トッティがトップに入ろうが、ブチニッチが入ろうが、ローマのFWはそれほど守備の役割を求められてないってのがこれまで見られた形。中盤の3の前にただいるだけっていう形が目立ってた。だからこそ、中盤の3で引っ掛けられればいいなっていうレベルの根拠の薄い形になってしまっているわけだけど。そのブチニッチが今回は守備のスタートとして機能しようっていう意識を見せてた。

ただし、深い位置の相手の最終ラインまで追いかけまわそうっていう意識までは見られなかったと思う。あくまでもローマの守備は4‐2‐3‐1のブロックを作るところが最初。そのブロックを自陣の方に引きつけた状態で形成。その上で、ある一定の場所に入ってきた相手のボールに対して守備を開始するっていうようなイメージ。この辺が後先考えずにっていう守備の質ではなかったっていう部分。ただ、それでもブチニッチが守備のスタートとして機能し、相手の最終ラインに対してプレッシャーをかけてくれるってのは大きな意味を持ってた。

いつもはトップの守備が機能しないローマ。そして、基本は4‐4バイタルつぶしに置いてるローマ。最初に4‐2‐3‐1のブロックを作り、中盤に3のフィルターを築いたとはいっても、その2列目の選手たちの意識は後ろに向いてると言ってもいい。前の守備には根拠がないから、頑張っても無駄に終わってしまう可能性が高いわけだから。よって、中盤の3が高めの位置で効果的に機能することができない。相手がもたついたときに、その3から選手が出て行ってスイッチを入れるようなやり方が見られるのは事実ではあるけど。

それに対して、今回はブチニッチが守備に参加。よって、前の守備に根拠が生まれたこととなる。結果として2列目の3枚の前への守備意識が明らかに高まった。敵陣内の相手に対しても、次々とプレッシャーをかけに飛び出していくシーンが多かった。そうやって、相手のボールに対して自分たちから能動的に守備を開始することが多くなった印象。結果として今回のローマは4‐4‐1‐1よりは4‐2‐3‐1で戦う時間が長くなったと思う。途中で一瞬4‐4‐1‐1になった時間帯があったけど、それは後で詳しく。

とにかく、前線から能動的な守備が見られたローマ。この守備が狙いどおりに機能したならば、ローマのペースになったかもしれない。攻撃における後ろからの飛び出しがいいローマ。低い位置の4‐4で奪ったときでも、カウンターの流れで人数をかけられるローマ。そんなローマが高い位置で奪ってショートカウンターを仕掛けまくる流れになれば、それはマンUにとっては歓迎できないこと。どちらにしても、高い位置から積極的に守備を仕掛けられたマンUの攻撃が少なからずうまく回らなくってことは想定できたと思う。

でも、実際にはそうならなかった。確かにローマが高い位置の3のフィルターで引っ掛けるシーンも1つ2つは見られた。でも、基本は逃げられまくった。それにマンUの方も相手の守備に対して焦りを見せなかったように思う。追いかけられて蹴ってしまうシーンがあったのは事実だったけど、それがつながった。前が準備できてないのに仕方なく蹴ってしまうような、いつものマンUのロングボールではなかったと思う。前は準備できてたし、後ろからのボールの質も高いってことが多かった。前にマンUはロングボールの使い方が下手だって書いたけど、今回の試合を見るとすみませんって感じ。こうなってくると、逆に、縦に急いでどんどん効果の薄いボールを蹴りまくってたときは何だったんだって話になるわけだけど。そういえば1つ前に見たリバプール戦でもロングボールの使い方のうまさが目立ってた。

話を戻して。今回の試合でのマンU、そもそも相手のプレッシャーに負けて蹴りだしてしまうってこと自体も少なかったように思う。相手の前からの守備に対しても、落ち着いてつなぐ意識が見て取れた。つなぐ意識を持ちすぎて、相手の前線からの守備に引っ掛けられるってこともなく。そして、要所要所では“効果的な”ロングボールが供給されるわけで。ローマにとっては話が違うよってとこだったかもしれない。

ただ、その責任の一端はローマ自身の守備のやり方にあった。ブチニッチが守備のスタートとして機能し、2列目もそれに連動して前への意識を高めたローマ。でも、前への守備意識が高まってたのはこの前線の4枚だけだったようなイメージ。要するに前後で守備の分断が起こっていたようなイメージ。全体として間延び気味だったのが気になったし、何よりも前線の守備の後ろがついてこない。前で制限しても次が狙えてない。相手の選手は浮きまくり。よって、前線の選手が出ていっただけのギャップが残っていたことになると思う。

マンUはボールをそのギャップを送り込めばよかった。出し手の方は相手の前線からのプレッシャーによって完全には自由になってなかったけど、その代り受け手の方は周囲に人がいないような状況を作り出すことができたと思う。ギャップ探しがうまいギグスが相手のライン間でボールを受けるシーンが多かったこと多かったこと。それ以外でもマンUらしい前線の流動性をベースにしながら、相手につかまらない状況でボールを受ける選手が多々。ロングボールにしても、テベスがプレッシャーなしでそのままコントロールできるシーンが目立ったと思う。これがロングボールが効果的に前線に収まった要因。

そういうわけでローマは前線からの守備のギャップを突かれて、むしろ危険な状態に。いつもは4‐4で守ってるローマ。それが今や後ろだけがさらされた状態。前回の試合ではバイタルをつぶされてなかなかラスト1/3を崩せなかった、マンUだったけど、今回は恐ろしく簡単だった。相手の前線の守備を抜け出して、ギャップに入ってしまえば、あとはゴールに向かうだけ。立ち上がりからゴール前のシーンがかなり多い試合になったと思う。

こういう危険な状態をローマとしても放っておくわけにはいかない。時間が進むにつれて、守備のやり方を変更しながら対応した。大雑把にはこの後、2回の守備のやり方の変更があったと思う。それについては後で詳しく。とにかく、立ち上がりからローマが前回(いつも)とは違った守備のやり方を採ってきたっていうのがポイントだった。

対してマンUはどうだったかってことなんだけど、マンUの方も前回のローマ戦とは違った趣の守備が見られたと思う。前回のローマ戦では完全に受ける形を採ったマンU。もっと言えば、ベタ引きブロックが一番の守備の勝負どころだったと言ってもいい。そうやって状況によっては6‐3の超人数をかけた守備で相手の攻撃のラストを跳ね返し続けた。そのために1トップCロナウドの選択だったのかもしれないってのは前にも書いたとおり。そういうわけで1戦目ではどちらもベタ引きブロックをベースとした守備で、結果として逆に言えば両チームとも1/3がなかなか崩せないっていう試合展開になったわけ。

それに対して今回のマンUは立ち上がりのテベスの追いかけまわしが象徴的な守備のやり方。要するに前から積極的に守備をする意識が見られたってこと。ローマと同じく重点を後ろから前に移す変更。その理由は単純にアウェーとホームの戦い方の違いだったと思うけど。ただ、ベースの4‐4バイタルつぶしから大きな転換を図ったローマに対して、マンUの方はベースの部分は変わらなかった気がする。つまり、人につく意識が強い守備のやり方と、そのためのシステム合致の利用。その守備をどこから始めるかっていう部分だけが前回との違いだった。

守備を全体として前に置いたマンU。前回の試合では自陣深くで跳ね返し役になっていた中盤の選手たちが、今回は敵陣内で守備をする時間が長かったと思う。少なくとも立ち上がりは。その中で1つ1つの守備の意識が高まってた印象。前回は相手の流動性に混乱した部分があったとはいえ、1つ1つのチェックがルーズでシステム合致を効果的に使えたとは言えなかったマンU。それに対して、今回はシステム合致をしっかりと利用して、自分の対応する相手にきっちりとチェックをして行くやり方が多かったと思う。

これが効いた要因はここまで書いてきたように、守備の場所を1つ高いところに置いたからだったと思う。これが意味することは大きかった。そうやって守備に位置を高めたことで、相手の流動性が発揮されないような場所で守備をすることができたから。前回の試合では全員が自陣に引きつけられて守備ブロックを作ったマンU。前に対する守備意識も高くはなかった。結果としてローマの攻撃のスタートとなるボランチのところが浮きまくり。自由に組み立てができる状況だった。そして、ボランチが出し手としてしっかりと機能したローマは同時に流動性ベースの受け手が動き回る。結果として、出し手も受け手も浮いた状態で組み立てが行われた。逆にマンUは狙いどころが定められなくなって、下がるしかなくなった。最初からそういうズル下がりを念頭に置いてたのも確かだとは思うけど。

これに対して高い位置に守備の意識を置いたマンU。自分の前に対する守備意識も高かった。これによって、一番の効果が発揮されたのが相手ボランチに対する守備。しっかりとシステム合致上で対応する選手が相手のボランチにプレッシャーをかけていった。完全に浮いていた前回の試合と比べると雲泥の差。これによってローマは攻撃のスタートをうまく切れなくなってしまった。ローマの攻撃においてボランチが果たすスタートのところの役割が大きいだけになおさら。しかも、本当にキーとなるピサーロに対してハーグリーブスをぶつけられてたわけで。普通に考えたら、ハーグリーブスが底に入った方がしっくり来るのにも関わらず。

こういう状況の中で攻撃のスタートの要のところをつぶされてしまったローマの選択肢は2つ。サイドに起点を作るか、ブチニッチの頭か。前者は難しかった。高い位置に守備の意識を持っていったマンUは当然のようにサイドのところにもきっちりと対応してきたから。よって、ブチニッチの頭が多くなる。というか、とりあえず前線へっていうボールが多くなった。これでは前線の流動性も何も関係ない。

というわけで珍しく(?)守備の機能性を感じさせられたマンU。この守備もローマと同じく、段々と変質してくるわけだけど、それについても後で詳しく。ただし、いい形の守備にしてもシステム合致を利用した人ベースのやり方っていう意味ではいつもと変わらない。これは上にも書いたとおり。それよりも、今回の試合で興味深かったのは攻撃のやり方の面白さだった。

守備では4‐1‐4‐1のマンU。これはいつも見られる形。残念ながら相手が4‐2‐3‐1システムのチームとの試合ばかり見てるから、システム合致を作るためにこういう形を採ってるのかどうかが未だ判明しないけど。それでも、1つ言えるのは攻撃時の形は4‐2‐3‐1を採ってるってこと。スコールズ&キャリック&アンデルソンの組み合わせのときには、守備時はキャリックを底にスコールズとアンデルソンが前に入り、攻撃時はスコールズとキャリックの2枚が横並びになってアンデルソンがトップ下に入る。そういうやり方が今までは見られた。

それに対して今回の試合では攻撃時にも4‐1‐4‐1の形での攻撃になってたと思う。今までにも書いてきたとおり、トップ下に人を入れるべきか入れないべきかってのはマンUにとっては1つのポイント。普通に4‐4‐2で戦って前線の変則4トップの面白さを使ってもいいし、リバプール戦のようにトップ下に軸を置くことで中盤で正統パス回しが見られるって形もありうる。ただ、やっぱりトップ下の場所は空けておいて次から次へといろんな人が入ってくるってのがマンUには合ってるような気もする。そういう意味では4‐2‐3‐1よりも4‐4‐2の方がいいのかなって思ったりもするわけで。そういう風に考えてみると、トップ下が1枚から2枚に増えた今回の試合はどういう形になるのかってのがかなり興味深かった。

で、その結果どうなったか。結論から端的に言っちゃえば、トップ下が1枚増えたことでトップ下がいなくなったようなイメージ。トップ下が2枚になったことで、絶対唯一のトップ下がいなくなったイメージ。その2枚も流動性の波に押し込まれたって感じだった。今回の試合ではアンデルソンが動き方を今までとはちょっと変えたこと、それからもう1枚のトップ下がハーグリーブスだったこと(今回の試合のハーグリーブスみたいな動きができる選手が入ったこと)が大きな意味を持ってた印象。以下で、詳しく見ていきたいと思う。

まずはアンデルソンの動きの変化。今回の試合でのアンデルソンは全くトップ下の場所にこだわらなかった。実質的に底の場所で1枚になったキャリックを助けたり、テベスが流れたところに入り込んでFWになってみたり、ギグスと入れ替わってSMFに出てみたり。いろいろなところに顔を出す動きが目立ったと思う。これはトップ下が2枚になったからというよりは、このシステムに適用してきた結果っていうように見た方がいいかもしれない。

リバプール戦では絶対的なトップ下的に振舞っていたアンデルソンだけど、前回のローマ戦では意図的にトップ下の場所を空ける(同時に組み立てを手伝う)動きを見せ、今回の試合ではさらに幅が広がったイメージ。上にも書いたように、前線の流動性の波に押し流される(いい意味で)ようになってきたかもしれない。これによって中盤の厚みを維持しながら、トップ下の場所の出入りが激しいような一石二鳥的なやり方ができるようになるかもしれない。

そして、もう1枚のハーグリーブス。今回の試合では、このハーグリーブスの役割というか動きが効果的に機能していた。ひとことで表すなら受動的なイメージだったハーグリーブスの動きのよさが目立った。前線の選手がある意味では好き勝手に動くマンU。もちろん、それぞれがそれぞれの動きを見ながらっていう面があるからこそ、ここまで機能してるわけではあるけど。それでも、そういう前線の流動性に補完的に働くハーグリーブスの動きがさらに機能性を上げることに役立ってたと思う。

で、受動的っていう意味だけど、それは主体的に前線が動いてできたスペースにハーグリーブスが動くってこと。自分からっていうよりは、全体を見ながらっていうイメージが強い。だから、サイドのスペースに流れたり、トップの場所に飛び出してきたり。さらに、そうやって動くときに見ているのは味方の動きだけではないように思う。しっかりと相手のギャップを見つけられてた印象。だから、動いたハーグリーブスがフリーな状態でボールを受けるシーンが目立った。

相手としても、ハーグリーブスよりはギグス、テベス、パク・チソン、アンデルソンの方が怖い相手。どうしても、そちらに引きつけられる。加えて、動き回る4人。そういう4人の主体的な動きが相手の混乱を誘う。そういうところに、他の選手と比べれば意識を向けていないハーグリーブスが出て行く。絶好のタイミングで絶好の場所に。捕まえ切れるかって話だと思う。ローマの方は本当に最後までハーグリーブスだけは捕まえ切れてなかった印象。そして、最終的には決定的な仕事をされてしまった。

その決定的な仕事、つまり得点シーンは右からのクロス。この試合のマンUはとにかく右からの攻撃が目立った。もしかしたら、左からのクロスはなかったかもしれないぐらい。それはハーグリーブスが右SMF的に振舞うことが多かったってことにも関係してると思う。FWの位置に飛び出して行って決定的なチャンスに2つぐらい絡んだハーグリーブスだったけど、全体としては右サイド寄りでのプレーが目立った。右サイドにはもともとパク・チソンがいるわけで、さらにテベスが流れてくるシーンも多かった。よって右サイドには絶対的な数的優位。真ん中に人がいなくなることを防ぐために、アンデルソンとギグスは中寄りに入ってくるから、チーム全体が右寄りになってた今回のマンUだった。

立ち上がりはこういう右からの攻撃を中心としてマンUがチャンスを量産。最初にも書いたように、ローマの守備にギャップが多かったから、そこに入り込んじゃえば後は攻めきるのは簡単だった。真ん中から相手のブロックに入り込み、サイドへ展開、最終的にクロスっていう一連の中→外→中の流れが多かったのも効果的だったと思う。薄くなっているローマのブロックを揺さぶりまくった。スピーディーな流れでゴール前まで攻めきる流れが続いた。スピーディーにってのは悪いときのマンUのように縦に急ぐ状況ではなく。

そうやって攻めまくってる流れの中でもSBをあまり攻撃に参加させなかったのが、今回のマンUの特徴的な部分だったと思う。上にも書いたように、縦へ急ぐっていう状況とはちょっと違ったから攻撃に参加しようと思えばできたと思う。にもかかわらず、SBが上がってこなかったのは単純にリスクを考えてのものか。その代わりにサイドにハーグリーブスを出して厚みを加えたって見方もできる。攻撃ではハーグリーブスが絡むことでサイドの厚みを維持しつつ、後ろはしっかりと安定させておく。サイドの攻防でマンUが上回ったイメージ。特にローマのマンシーニのサイドってことに意味があったかもしれない。

そんなこんなで攻められまくりのローマだったけど、上にも書いたように途中で守備のやり方に修正を加えてきた。前から積極的に行っても狙いどおりに奪えず、むしろ危険なシーンを作られまくったローマ。前半の20分過ぎに、いつもとは違う前線からの守備をあきらめた。守備の重点を後ろに置いて、バイタルつぶしの4‐4ブロックで受ける意識が明らかに高まってた印象。その後(結果的にこういう守備をしたのは10分ぐらい)は当然のようにマンUのポゼッション率が高まり始めたけど、同時にそれまでのような決定的なシーンも作られなくなった。むしろ、おびき寄せておいてカウンターっていう方法で自分たちが相手ゴールに近づくシーンが目立っていったと思う。

そして、こういうローマのやり方の変更につられてなのかどうなのかマンUの方も守備のやり方を変更。本当はいつもの気まぐれ守備が発動したのかもしれない。テベスの守備に対する意識が弱まり、チーム全体としても自陣にブロックを置いて受ける形に。どちらかというと、前回のローマ戦のような受身形の守備の形になったと思う。

結果としてローマの方はこの試合では初めてボランチが浮いた。攻撃のスタートがスムーズに切れるようになったのと同時に、ピサーロにそういう役割を任せておいてデ・ロッシが前線に出て行くシーンも目立っていったと思う。そして、ここでやっとローマ的流動性が発動。出し手が浮いている状態で受け手も動きながらボールを引き出す。特に今回はブチニッチが起点として機能しまくった。中盤に1つ降りてきて受ける動きが効果的だったと思う。1つ下がペロッタに戻ったことで、前回よりも関係性がうまく機能したのかもしれない。

とにかく、それまで要所要所を押さえていたマンUの守備陣の対応が1つずつ遅れるようになっていった。結果として狙いどころが定まらないマンUの守備陣はラストで跳ね返すっていうどこかで見たような流れになって行った。とは言っても、前回のように6‐3ブロックっていう超極端な形にはならなかったけど。

こういう雰囲気がちょっとずつ見られ始めた時間に生まれたのがローマのPKのチャンス。このシーンにしても、最初のところではピサーロが起点になってるわけで。攻撃のスタートがスムーズに切れる、つまりボランチが浮くことに意味は大きかったと思う。でも、この絶好のチャンスをデ・ロッシが外す。この後のところで、もう1つの変化が生まれたと思う。

PKを外したことでローマが開き直ったのかまたしても前からの守備が復活。そして、この後の前線からの守備は第一次前線からの守備とは違って、機能性が高まっていた。何よりも前後の関係性の回復が大きい。前の頑張りを後ろがしっかりと活用してた。マンUの受け手が浮きまくっていた第一次前線からの守備とは違って、入りどころにしっかりと対応するシーンが目立ったと思う。出足が明らかに速くなって、相手より前で触るシーンも多かった。結果としてマンUはそれまでのようなスムーズな攻撃が不可能に。どちらかと言えば、蹴って相手ボールになってしまうマンUの悪い流れがちょっとだけ見られたと思う。それまで目立ちまくりのハーグリーブスも目立たなくなってしまった。

ローマの守備は回復。でも、マンUの守備は回復せず。よって、ローマが敵陣内に入るのはそれほど難しくなくなった。そして、敵陣内にボールが入れば後ろからの飛び出し、動きながらのパス回しで攻撃に厚みを加えながら相手に狙いどころを定めさせないようなローマのサッカーが可能になったと思う。要するに前回と同じ流れ。結果としてマンUがズルズルと下がってラスト跳ね返しの形になったってのも上に書いたとおりだった。

ちなみに、そのベタ引きブロックが前回ほど極端なものではなかったってのも上に書いたとおり。そもそも、今回のマンUの左サイドに入ったのはギグスであって、守備を頑張れるルーニーが左サイドに入った前回とは趣が違った(右のパク・チソンは変わらなかったけど)。もともとCロナウドに比べれば守備に戻ってくる意識が高いギグスだし、今回の試合でも相手のSBについてしっかり戻ってくることが多かったのは確か。でも、全て献身的にやるかって言えばそういうわけでもなかった。守備ブロックにも参加したり参加しなかったり。

リバプール戦で同じような形が見られたときには、アンデルソンがサイドの助けに行ってた。これは今回も変わらなかった。ただ、今回の試合ではもっと極端なやり方が見られたのも確か。それはそのままアンデルソンが左SMFみたいな形でブロックに入っちゃうってやり方。結果として4‐4ブロックができるこの形が試合中に何度か見られた。

そういうわけで前回のローマ戦と比べると守備にかける人数が多かったってわけではないマンU。それでも一時期の4‐2ブロックよりはよっぽど人数が多く、安定したブロックを作れてたのも事実。というわけで、ローマは再び困ったことになる。敵陣内に入るのは立ち上がりから比べれば恐ろしく楽になった。その中である程度ボールを回すこともできる。でも、ラストの1/3をどうやって崩そうか。この問題は前回の試合で90分かけても解決できなかったこと。今回は実質的には60分ぐらいか。しかも、アウェー。やっぱり難しかった。最後の最後は跳ね返されてしまうっていうシーンが続いたように思う。

マンUの方からすれば計画通りの試合展開か。ルーニーとCロナウド、さらにスコールズを温存。加えて、故障明けのシルベストルをスタメンで使い、Gネビルも投入できた。ただ、本当のことを言えばもっと早くに試合を決めてしまいたかったんだと思うけど。具体的には立ち上がりのチャンス量産の時間帯に得点を奪いたかった。逆に言えば、その時間に試合を決められなかったから長期専用のやり方を採ってきたのかも。立ち上がりは前から前から積極的に守備をして行って、そこで試合を決めてしまう意識。それが不可能となった時点で、だったら引いて受けてやろうと。マンUは2点を奪われなければいいんだから、何も疲れるような追いかけまわしをする必要もないわけだし。そして、ラスト跳ね返しは崩されない自信もあったんだと思う。

月並みだけどローマとしては1戦目と同じくトッティの不在を嘆く試合展開。ラスト1/3のところで決定的な混乱を相手に来すことができなかった。やっぱり今回も1トップは1トップだったっていう感じか。それに、狭い場所でも絶対的な技術力で対応できるトッティの存在はラスト1/3を崩すことを考えたら、絶対的に重要だった気がする。やっぱり最後のところの微妙な差でマンUとの差が出てたのは否めない。それから守備の問題。途中からの前後がしっかりと一体感を持ったやり方を立ち上がりからできてれば、もう少し変わったかもしれないと思う。時間が惜しい中で、立ち上がりの20分を前後分断の守備で無駄に使ってしまった印象。
別窓 | CL | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-04-04 Fri 20:25
ローマ×マンU
<ローマ:4-2-3-1>
FW:ブチニッチ
MF:マンシーニ-アクイラーニ-タッデイ、ピサーロ-デ・ロッシ
DF:トネット-パヌッチ-メクセス-カセッティ
GK:ドーニ

<マンU:4-1-4-1>
FW:Cロナウド
MF:ルーニー-アンデルソン-スコールズ-パク・チソン、キャリック
DF:エブラ-ビディッチ-ファーディナンド-ブラウン
GK:ファン・デル・サール

そっくりな両チームの対戦。もともと両チームが似てるって意識が強かったわけではないけど、少なくとも今回の試合では攻守に渡って本当に似たようなやり方を採ってた気がする。その要因の1つはマンUの選手の配置にある。ローマを参考にしたかどうかは知らないけど、今回のマンUは0トップを採用。細かい部分まで見れば違いがあるのは当たり前だけど、大雑把に見れば考え方はローマの0トップと同じ。要するにCロナウド(=トッティ)の守備負担をできるだけなくして、攻撃に専念させるってこと。その上で、攻撃ではトップという役割は忘れさせる。ルーニーがいるのにCロナウドがトップに入ったってのが意味深。ただし、残念ながらトッティ不在のローマの方は0トップというよりは普通の1トップ的な戦い方をしてたわけだけど。

とりあえずは、そのマンUのシステムについて詳しく見てみたい。上には4‐1‐4‐1って書いたわけだけど、これはあくまでも守備の形を見た結果。後で書くように、攻撃では4‐2‐3‐1に近いやり方が見られたと思う。リーグの方の試合を見てみても、本来的には4‐2‐3‐1の方がマンUのやり方だって気がするし。じゃあ、なんで守備では4‐1‐4‐1を採ってきたかっていう部分に疑問が生まれてくるわけで。でも、その理由はいたってシンプルなものだったと思う。

それは相手とのシステム合致を作りましょうって考え方。基本的には人を見る意識が強いマンUの守備のやり方。つくべき相手が完全に定まってるなら、それほどやりやすいことはない。で、相手の4‐2‐3‐1に対して4‐1‐4‐1は完全なる合致関係。Cロナウドが相手CB2枚に対応し、マンUCB2枚で相手1トップのブチニッチにつくと考えると、残りは完全に1×1で合致関係を生み出すことができるこの形。そのために攻撃での4‐2‐3‐1を守備時には4‐1‐4‐1に代えて戦っていたと思う。

そうやってシステム合致を生み出すようなブロックを作ったマンUだけど、基本的な守備のやり方は受身形。トップに入ったCロナウドは守備が完全免除。全く守備をする意識がなかった。上にも書いたように、守備をしなくてもいいようにトップに置いたんだから、それはそれで合理的。わざわざCロナウドをトップに置いといて、そこから追いかけまわすようなやり方を採った方が疑問が大きい。

ついでに、アンデルソンとスコールズの中盤高めの2枚も自分の前に対する守備意識を特別高く持ってたようには見えなかった。相手のWボランチ(特にピサーロ)は味方CBのすぐ前、つまり結構深い場所でボールを触ることが多かったわけだけど、それに対してどこまでもついていくぞっていう徹底ぶりは見られなかったと思う。一応、見てますよっていう雰囲気を出してたってのが妥当な見方。というわけで、ローマの方はCBとボランチ、つまり攻撃のスタートのところはかなりフリーな状態でボールを扱えたって言える。

ちなみにマンUの両SMFのルーニーとパク・チソンもあまり前に対する守備意識があったようには見えなかった。ただ、相手SBは攻撃のスタートのところで機能することがあまりなかったのも事実。どちらも自分が上がって行って、受け手としての役割を担おうっていう意図の方が強かったように思う。だから、必然的にローマの攻撃のスタートは真ん中のところ。特にピサーロが前線へのボールの供給役として機能することが多かった。

とりあえず、マンUの方は相手のボールの出し手のところに対する守備は諦めた模様。諦めたというか、最初からやるつもりがなかったんだろうけど。というわけで、受け手の方をしっかりと見ましょうっていう守備のやり方だったと思う。だからこそのシステム合致だとも言えるわけだし。自陣を守備の勝負どころと置いて、入ってきたところに対応。見るべき選手の目標が定まってるから厳しく対応できるはず。そこで足止めして周囲が囲い込む。これが1つのシナリオとして想定された。

ただ、そんなに甘くはなかった。というか、そもそもこのシナリオ自体が個人的に考えたものだから、あまり参考にならないのは事実なわけだけど。とりあえず、今回の試合のマンUの戦い方を見てみると必ずしも守備の勝負どころを、相手が自陣に入ってきたところととは定めてなかったように思わされるようなやり方が見られたと思う。

なぜならば自慢のシステム合致を完全に利用できる状況にはなってなかったから。ここで忘れてはならないのは、今回の相手はローマだってこと。ローマと言えば前線の流動性。マンUに負けず劣らずの前線の流動性。トッティがいなかった今回はブチニッチが文字どおりの1トップ的に前線にいた。もちろん真ん中に居座らずに、左右に流れたりって動きも見られたけど、トッティと比べればやっぱりトップ的だったのは否めない。とはいっても、それによってチーム全体の動きが停滞することはなかった。ブチニッチ以外の選手たちは、いつものようにポジションにこだわらない動きを見せてくれたと思う。

そういうわけでマンUとしてはシステム合致がそのまま利用できない状況。基本システムでは対応関係になる相手でも、動き回られるとはっきりしなくなる部分が出てくる。結果として入りどころに素早く対応するってのが難しくなる。要するに1つ遅れた対応が多くなる。加えて、そもそものマンUの個々の入りどころに対する意識がそれほど高くなかったような気もした。一応、チェックが目立ってたし。この辺がマンUの守備の勝負どころが自陣に入ってきたところではないなって感じた部分。

というわけで、ローマとしては受け手の方もそれなりに浮いた状態だったって言える。出し手はほぼ完全なるフリー。受け手もそれほど厳しい対応を受けない。というわけで、ローマの方が相手ブロック=敵陣内に入り込んで行くのは、それほど難しくなかったって言える。切り替えのところとかで、とりあえず前線に蹴って距離を稼ぎ後ろが頑張って追いつくっていうようなやり方が見られたのも事実だったけど、基本的にしっかりとボールを保持すれば思いどおりに組み立てをするのは、それほど難しくはなかった。ローマの良さである中長距離のパスの展開とショートパスの組み合わせによるいい形の組み立ても見られたと思う。

というわけで、組み立てはスムーズなローマ。相手ブロック内に特別の苦労なく入り込めたってのも上に書いたとおり。出し手も受け手も浮いた中で簡単に縦パスを通して行った。そうやって前線に起点ができれば、ローマのよさが出てくる。それは後ろからの飛び出し。次々に後ろから選手を前線に送り込んで、前に厚みを加えていく。今回の試合でも相手ブロックに入れ、後ろからの飛び出しを促進させるっていう一連のやり方が見られたと思う。

このときにシステム合致を利用してるマンUの選手たちはどうするか?それは簡単。相手の飛び出しに合わせて、しっかりと戻って対応する。悪く捉えればズルズルと押し込まれる。それが一番顕著に表れたのが、パク・チソンとルーニーの両SMFの動き。上にも書いたように出し手というよりは受け手として機能するローマのSBは基本的なポジショニングが高い。つまり、マンUの両サイドは基本的に低い位置に引っ張り込まれてる。そのローマのSB。味方がブロック内に起点を作れば、超積極的に高い位置まで入り込んでくる。それに引っ張られたマンUの両SMFはSBのような場所まで下がってることが多かった。

で、実はここにこそマンUの守備の勝負が築かれたと思う。相手の攻撃の厚みに押し込まれたように見える、ラストブロック。でも、マンUの守備の勝負どころはそのラストブロックだった。これは本当に徹底されてたと思う。相手のSBの攻撃参加に押し込まれて、SBみたいな場所にいるマンU両SMF。その1つ後ろのSBは相手のSMFの真ん中流れに引っ張られ、さらにSMFがサイドをケアしてくれるってのもあって、真ん中へ凝縮。そういうわけで極端なことを言えば、最終ラインが6バックになってるような形もしばしば見られた。そして、その前にはCMFが3枚いるわけで、6‐3の最強ベタ引きブロック。

6‐3もかけられたらローマとしては、どうしようもないと言っていい。真ん中だけを見てみても4‐3がいるわけだから、どんだけ密集地地帯ができてるかって話。しかも、普段は4‐2でも守り切れちゃうレベルのマンUの守備陣たち。ローマが流動性ベースで崩そうとする?そんなの関係ないって話。絶対的な人数に加えて、すさまじい跳ね返し力。ローマにとってマンUのラスト1/3を崩すっていう挑戦はかなり厳しいものになった。

さて、ここまではマンUの守備×ローマの攻撃っていう側面から見てきたこの試合。最初にも書いたように、そっくりさんの両チーム。というわけで、真逆のローマの守備×マンUの攻撃っていう側面から見ても、ほとんど同じような状況が生まれてたと思う。つまり、案外簡単にブロックに入り込むマンUの攻撃。これに対して、守備の勝負どころであるラストベタ引きブロックで守るローマ。それをいかに崩すかがマンUの課題って流れ。

ただし、この流れに行くまでにちょっとした時間が必要だった。なぜならばローマが最初に念頭に置いていた守備はマンUのようなあきらめモードではなかったから。つまり、最初からベタ引きブロックのところに守備の重点を置こうとは思ってなかったってこと。ただし、いつでもベタ引きブロックに移行できる意識は持ってただろうけど。それはいつものローマのやり方。とりあえず、立ち上がりはホームってこともあってちょっとした積極性が見られた。

ただ、同時にいつものローマのやり方と大きな変更が見られたってわけでもない。ローマの守備は自陣に4‐2‐3‐1を築いたところからスタート。マンUと同じように敵陣から頑張る意識はない。それはトップがトッティからブチニッチに変わった今回も同様だった。それでも2列目の3枚のフィルターで引っ掛けられればラッキーだなってのがローマのやり方。得意なのはベタ引きブロックだけど、とりあえず中盤で奪えるなら奪いたい。それがローマの考え方であって、今回の試合でもそういうやり方が見られた。ただ、その2列目の動きがちょっと活発だったかなってイメージ。

立ち上がりのローマの守備は敵陣内にまで追いかけていくようなシーンが見られたと思う。それでも最初はブロックを作ったところからだけど。とにかく機を見て守備を自ら開始しようとする意識は見て取れた。それに守備の勝負どころは、とりあえず相手が自陣に入ってきたところと定めてた印象。入ってきたボールに対してマンUのように一応の対応ではなく、しっかりと距離を詰めた対応をしようっていう意識は見て取れたと思う。

これはマンUにとってはまずい展開。相手が積極的に守備をしてくるってのはマンUが苦手なやり方。ここ最近の縦へ急ぎ過ぎじゃないかっていうような攻撃のやり方も、その発端は相手の守備の積極性から。相手が最終ラインにまでプレッシャーをかけてくる。焦った後ろの選手がとりあえず前線にロングボールを蹴る。前線は準備ができてないから、うまく保持できない。なんとかしたとしても、前線がはがれてる。これだけが要因になってるとは思えないってのは、前のダービー戦の時に書いたとおりだけど、少なくとも相手が積極的に来る試合では例外なく、同じような展開になってるのは事実なわけで。そういう意味で、ローマの守備は機能する可能性があったって言える。

それでも、今回のマンUはしっかりとその部分を克服してきた。正確には克服してきたと思うって言った方がいいかもしれない。なぜなら、ローマの守備はやっぱり後ろに重点が置かれてる。上にも書いたように、前で引っ掛けられればいいなってイメージ。何が何でも前から前からっていう積極性はないし、マンUが安定してボールを保持すれば、すぐに引きこもってしまう。だから、本当に前から前から来たチームに対してはどうなるかってのが1つのポイント。少なくとも、1点を奪われたローマが前がかってからはマンUの方は満足に組み立てができなくなった。これは相手のプレッシャーに負けたのか、自分たちが守備にもっと重点を置いたのか、微妙なところ。ただ、少なくとも前半に相手の前への意識を削いでベタ引きにさせたのは事実なわけで、その辺について見ていきたいと思う。

ポイントになったのは3CMF。最近はしばしば使ってる形のようだけど、実際に見たのは今回が初めて。上にも書いたように攻撃時は4‐2‐3‐1っぽい形になるマンU。スコールズとキャリックが低めに位置し、1つ前にアンデルソンってのが基本的な形だったと思う。もちろん、流れの中での入れ替わりは頻繁だったけど。

この3CMFを利用して縦への意識を弱める。基本的にはリバプールと同じアプローチかもしれないと思った。リバプールもトップへトップへ急ぎまくった悪い流れを、4‐4‐2から4‐2‐3‐1への変更によって断ち切ったと言っていい。トップの前にジェラードを置くことでボールが中盤を通り抜けるのを防ぐやり方。同時にやっと真ん中から外へと目を向けられるようになった。ただし、今回の試合で見られたマンUの3CMFの使い方はこういうリバプール的なものとは全く異質なものだったわけだけど。

相手がある程度前からの守備の意識を見せてた時間、マンUのCMFは横並びっぽい位置関係を採った。少なくとも役割的には横並びだった。その後の時間では明らかにキャリック&スコールズの前で受け手としての役割を担うことが多かったアンデルソンだったけど、この時間帯は低い位置での組み立てに参加する意識が強かった気がする。つまり、4‐3で組み立てて前線の3にボールを供給するっていう形になってたと思う。

中盤の3枚がみんな低い位置での組み立てに参加したっていうことの意味が強い。ボールを裁くのが得意なアンデルソン&キャリック&スコールズ。この3人が低い位置でパス交換。相手のプレッシャーも何のその。しかも、当り前のことだけど低い位置でボール回しに参加するのは3人だけじゃない。後ろには4バックが控えてるわけで、逃げ場はいっぱい。SBを参加させて幅を利用することも可能だった。相手が前から前から来ようとしても、否すことは十分にできたと言っていい。そういえば、マンUの低い位置でのパス回しは久々に見た気がする。

ただ、普通に考えると問題があるとも言える。何しろ後ろの4‐3は後ろでパス回し。正確にはエブラは攻撃に出て行ってたから、前線が完全に3枚ってことはなかったけど、それでも薄い。いくら後ろでボールを持てたとしても、それがゴールに向かった展開につながらなければ意味がありませんねって話。つながらなくてもいいんだったら、それこそ後ろにいくらでも人数をかけてパス回しのためのパス回しをすればいいだけだから。マンUはそこんところをどうしたかってのが問題。

結論から言っちゃうと、マンUには何の問題もなかった。それは得意の前線の流動性を利用したから。Cロナウドが降りてきまくる。ルーニーとかパク・チソンが真ん中に入って行く。サイドのスペースにエブラが飛び出していく。そんな感じで前線グルグル。前の薄さが逆に動く場所の選択肢を広げることにつながった。

そして、動きまわる選手を捕まえるのは相手にとって難しい。流動性の高いローマの前線の選手をマンUの選手がきっちりと捕まえ切れなかったように、マンUの前線の選手をローマの守備陣は捕まえ切れなかった。前線からの守備は否され相手の出し手は浮く存在になり、相手の流動に対して微妙に対応が遅れた後ろの方では受け手もルーズになる。この時点でマンUの守備とそっくりな展開が生まれたと思う。

ここでローマは諦めた。守備の重点を完全に後ろに置いたと思う。最初の時点では4‐2‐3‐1をきっちりと作ろうとするローマ。でも、相手のペースになったら(相手が安定してボールを保持したら)、すぐにベタ引き4‐4を形成。人につく意識が強かったマンUに対して、バイタルをつぶすことに重点を置いたローマのブロックだったわけだけど、最後のところを止めるっていう意識は同じだったように思う。

後ろに重点を置くことに決めたローマは徹底していた。4‐4を作ったらそれを維持。そのブロックの外でボールを回す相手には基本的に見向きもせず。もっと言えば、下がって4‐4の外で受けようとするマンUの前線の選手もほったらかし。絶対的に4‐4のバランスを維持して、それ以外のところでは何をしてもいいけど、この中には入れさせませんよってやり方だった。

ここでマンUにローマの攻撃と同じ問題が浮かび上がる。つまり、ラスト1/3をどうするかってこと。引く位置でのパス回しは今や自由も自由。好きなようにボールを回しながら、左右の幅を使ったアプローチが見られた。そういう横の展開に縦パスを時折織り交ぜる。4‐4の間に入り込むのは難しかったけど、そこから出てくれば受け手はフリー。そういう縦パスを織り交ぜることで相手ブロックを低い位置に釘づけにできたと思う。

上にも書いたけど、こういう組み立てのところで時間を使うマンUは久しぶりに見た。そうやって時間を使うことで久々に超高い位置でボールを何度も受けるエブラも見ることができた。それに、前線の動きに合わせて後ろからボールが供給されるってのも久々に見た気がする。だから、前線の動きが有機的に連動し、中盤がそこに絡もうっていう形も多かった。得点シーンなんかまさにそういう形だったし。最近は前の準備に関係なく、ボールが大雑把に送られるってことが多かったから。前の関係が出来上がる前にボールが来てしまうってことが多かったと思う。

それでも4‐4の間に入り込むのは難しかった。というか、ほとんど無理だったと言ってもいい。というわけで、マンUにとってもラスト1/3をどうするかってのが問題になったと思う。よって、今回の試合は非常に分かりやすい展開になった。つまり、どちらが相手のラストブロックを崩すかっていうことに焦点が絞られたってこと。結果から言えば、それを崩したのはマンU。はっきり言って、両チームが相手のラストブロックを崩したのはこのシーンだけだったと言ってもいいと思う。この失点によってラストブロックで守ってばかりはいられなくなったローマ。これがマンUの2点目を生んだ。

相手のラストブロックを崩すところの違い。どこにそれがあったか。1つは個の力。得点につながったのは、ルーニーが個の力で相手の4‐4の隙間に入り込んだところ。相手のブロックを1人でこじ開ける個の力でローマよりマンUが上に行った。それが1つ。

そして、もう1つは皮肉にもマンUが0トップを使ったこと。先制点を奪ったCロナウドは後ろからかなり長い距離を走って飛び出してきた。形的には1トップに入ってるのにも関わらず。その前のシーンから見ると、Cロナウドがボールを受けようとして超低い位置に下がってた(結果的にボールは出ない)。そして、Cロナウドが抜けたトップの場所にはルーニーとパク・チソンが2トップみたいに入り込んだ。さらに、ルーニーがいた場所はエブラが利用。加えてアシストのスコールズがパク・チソンがいたスペースに。こういうグルグル流動性が前線で生まれてた。そして、忘れたころにCロナウドが飛び出してくる。もはやゴール前に押し込まれていた選手たちは、完全に捕まえ切れなかった。

これは本来的にはローマがやりかたかった形だと思う。つまり、0トップ。でも、不幸にもトッティ不在の今回のローマ。上に書いたように流動性が見られなかったわけではない。でも、マンUの得点シーンみたいな本当のグルグル流動性にまではつながらなかった。それが、マンUのラストブロックを致命的に破綻されなかった要因の1つになったのは間違いない。それが皮肉だなって思った部分。

さて、ここでもう1度マンUの3CMFについて見てみたい。最初の時間には横並びになって相手のプレッシャーをかわそうと頑張った3人。でも、ここまで書いてきたとおり時間とともに相手のブロックは下がって行く。攻撃のスタートのところに何人も人数をかける意味がなくなって行く。だから、アンデルソンが本来のトップ下の位置に入って行くシーンが増えていった。そして、それとともにアンデルソンが消えていったのが気になった部分。

トップ下の場所のアンデルソンは非常に微妙な存在。明らかに中盤の選手だからトップと入れ替わり立ち替わりって形が増えない。だからと言って、中盤的に振舞うのもどうかってとこ。わざわざトップ下の所に選手を置かなくても、前の選手が勝手にそこに流れてくるから。だから、アンデルソンがどういう役割を担うべきなのか分からなくなってしまっていた気がする。むしろ、前の選手が動くスペースをなくしてしまったとも言えるかもしれない。それだったらいつもの変則4トップのがいいねって話。

だから、マンUの4‐3‐3は実は4‐3‐3になって初めて機能する形であるように思う。DFはいいとして、中盤は中盤的にFW(3トップ)はFW的にまずは位置する。つまり、立ち上がりのようにCMF3枚は横並びみたいな形の方がうまく機能するような気がした。CMFの役割は基本的には組み立て。前線の選手の動きを邪魔しないように、引く目の位置でプレーした方がいいってこと。

ただ、だからと言って常に4‐3‐3が分離してたらそれはそれで縦へ急ぐのと変わりがない。そういうわけで有機的な連動性をもたらす必要がある。1つは前が詰まった時のスイッチの入れなおしって役割。後ろからの飛び出しで前線に再び動きをもたらすってこと。後は、前線に1つ収まった時に飛び出すってのも1つかもしれない。それに降りてきまくる前線の選手たち。それと入れ替わりに前に出てくような上下のポジションチェンジも有効であるような気がした。とにかく最初の時点から前に人数を増やすのは前線グルグルのマンUには合ってないってのが正直なところ。前回は縦に急ぎすぎて前線がはがれてるって言ったわけだから、ちょっと矛盾するかもしれないけど。

マンUの4‐3‐3については今後も見る機会があると思うからそのときに改めて触れるとして、ここからはマンUがリードした後の展開について見ていきたい。上でもちょっと触れたように、ホームのローマは確実にペースを上げた。守備では前から来るようになった。そのプレッシャーに負けたのか、それとも自ら引いたのかマンUの攻撃が停滞しまくったのは明らかだったと思う。意図してかどうかはわからないけど、マンUの悪いときの適当蹴りまくりが目立っていった。後ろの押し上げができずに悪循環にはまって行ったと思う。

特に後半の立ち上がりは完全にローマペース。ローマの左サイドからの攻撃が目立ちまくり。トネットの超攻撃参加(前半も結構多かったけど)パク・チソンが守備に戻りきれないシーンが目立ったと思う。これはある意味では仕方がない。前半のパク・チソンは働きまくり。これはルーニーにも言えることだったけど。守備ではSBの位置まで戻る。攻撃では最前線まで出て行く。このすさまじい上下動。疲れちゃうのは仕方ない。

というわけでマンUはハーグリーブスを投入。アンデルソンに代えて。加えてシステムを4‐4‐2にした。ルーニー&Cロナウドの2トップ、中盤はパク・チソン-キャリック-スコールズ-ハーグリーブス。後半立ち上がりにやられまくった右サイドにはハーグリーブスを配置して、しっかりと抑えにかかった。ちなみに守備時にはルーニーが4‐4の1つ前に入った4‐4‐1‐1みたいな形になってたわけだけど。この時点で人寄りからバイタルつぶしのローマみたいな守備に移行した。

これに対してしっかりとローマも対策。シシーニョを投入してお疲れモードのパク・チソンを追いかけていった。つまり、今度は右サイドに起点を作ろうってやり方。でも、これは失敗。Cロナウドが左サイドに流れるプレーを意図的に増やすことによってシシーニョウラを突いていった。結果としてシシーニョは思惑通りに攻撃に専念できなかった。あまり効果的に機能できなかったと言っていい。

そのうちにローマ全体がお疲れモード。前半はずっとベタ引き守備、後半はとにかく攻めまくり。文字どおりに足が止まった。攻撃では効果的にコースが作れず、守備でも前から相手のボールに行けなくなった。前がかったところを相手のカウンターで危険なシーンにつなげられることも多々。見方によっては2点でよく抑えられたって展開だった。

対するマンUは危なげなく逃げ切り。アウェーでの2点差勝利は大きい。普通に考えればマンUが圧倒的に有利な展開になったと思う。ローマが逆転するためには、後先考えずにとにかく前から前から守備をすること。今までにも書いてきたし、今回もここまで書いてきたとおりマンUは前から積極的に来られると脆い。そうやって前がかったところを逆にやられるっていう去年の再来的な展開もありうるかもしれないけど、マンUがドタバタする可能性の方が高い気がする。ビディッチが厳しいとなるとなおさら。何しろダービー相手に苦しんだのも相手が前から来たことが要因の1つなわけだから。ローマが頑張れば行けるはず。

それにしても、前が守備をしない弱点を今回のマンUは完全に克服した。前が守備をしないことが、後ろから飛び出しまくるローマに対しては致命的な欠陥になると思ってたのに。フリーで飛び出されまくるってことになるわけだから。今回はとにかくベタ引きで守って飛び出してきた相手を捕まえることに専念したのが1つ。そして、重要な場所にルーニーとパク・チソンっていう運動量抜群、守備の献身性抜群の2人を置いたってことが何よりも大きかった。この2人なら戻ってきて守備をしてくれた。このことがCロナウドを頭に置いた本当の意味だったかもしれない。つまり、相手の後ろからの飛び出しへの対応っていう。
別窓 | CL | コメント:0 | トラックバック:0 |
| サッカー好きの日記帳(引越し中) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。