ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-07-16 Wed 15:52
リベルタドーレス杯決勝(第2戦):フルミネンセ×キト
<フルミネンセ:4-2-2-2>
FW:ワシントン-シセロ
MF:コンカ-チアゴ・ネービス、アロウカ-イーゴル
DF:ジュリオール・セーザル-チアゴ・シウバ-ルイス・アウベルト-ガブリエウ
GK:フェルナンド・エンリケ

<キト:4-2-3-1>
FW:ビエレル
MF:ボラーニョス-マンソ-ゲロン、ウルディア-ベラ
DF:アンブロッシ-カンポス-Nアラウーホ-カジェ
GK:セバージョス

あまり見ないような試合になった。最初の最初から延長戦じゃないのかっていうレベルに両チームがスカスカ状態。よって攻撃側は簡単にボールを前に運べた。ドリブルで持ちあがるにしろ、長めのパスにしろ、何のプレッシャーも縦に進むことができる状況。守備側がどうぞどうぞって手まねきしてるんじゃないかっていうぐらいに、障壁が一切なかったと思う。そして、両チームが同じような形。よって最初から攻め合い、カウンターのかけあいっていう特異な試合展開になった。

なんでそんなことが起こったのか。その理由は両チームの守備意識の低さ。正確に言えば攻撃からの切り替えの意識の低さ。相手にボールが渡った瞬間に、そのボールが自分の前にあればどちらのチームの選手も最低限の切り替えの守備は行ってた。でも、自分の後ろにボールがあるとき、要するに自分の場所までボールが来る前に奪われた時は知らんぷり。そして、何よりも悪かったのは、そんな知らん振りの選手がずっと知らんぷりを決め込んだこと。切り替えでボールに対してプレッシャーをかけないだけでなく、素早く戻って組織を作ろうとする意識が皆無。これが特異な状況の発端。

例えばキトの先制点。ボールを奪ったキトの選手が単純に前線に蹴りだしたところがスタートだった。単純に言っちゃえば縦への意識が高かったキトが相手の組織が作られる前に攻めきったことによって生まれたこの得点。でも、実はキトが相手が組織を作る前に攻めきったというよりも、フルミネンセの方に組織を作る意図がなかったって言った方が妥当だったと思う。実際に前線でボールを受けたゲロンは結構手間取ってた。だから、受けた後に一気に攻めきれずに時間がかかってしまった。でも、その間にフルミネンセの中盤の選手が全く画面に戻ってこない。DFだけの対応が続く。そのフルミネンセのDFラインの1つ下で待ってたボラーニョスがゴールを決めたシーンだった。

キトの守備も似たようなもの。立ち上がりのフルミネンセのチャンスはほとんどがキトの選手たちの切り替えの守備の怠慢によってもたらされた。ボールを奪ったフルミネンセの選手は広大なスペースをドリブルで突き進み、ある程度になったらワシントンに縦パスを入れる。その間に後ろが上がってきて厚みを加える。そういうフルミネンセの選手の後ろからの飛び出しに合わせて、やっと前線の選手が戻ってくるような形が目立ったと思う。いくらなんでも遅過ぎやしないかっていう。

そして、これには裏の意味も隠されていた。前線の選手が守備になかなか戻ってこない。つまり、攻め残ってる選手が多い。だから、後ろの選手だけでボールを奪うことができれば、攻撃の人数は多いってことになる。結果としてカウンターに効果的に人数をかけられる。そして、そのカウンターに対して守備側の選手は戻らない。攻め残ってる。そんな繰り返しによって、立ち上がりから攻め合い、カウンターのかけあいっていうような試合展開が生まれたように思う。

さて、そんな流れの中で先制点を奪ったのがキト。上に書いたような立ち上がりの展開を象徴するような流れで前半の5分過ぎにあっさりと先制。ホームで先制点を許したフルミネンセ。しかも、この失点によって2戦合計2‐5の超苦しい立場に追い込まれたことになる。よって、守備なんて気にしてられないよっていう攻撃が展開されることとなった印象。両SBをSMFみたいな役割で超高い位置に押し上げて、攻撃に人数をかけるような体制を作り出した。

キトとしては願ってもない流れ。先制点の流れでも分かるとおり、立場上(アウェーである、合計スコアでリードしてる)守ってカウンターってのが念頭にあったキト。しかも、後で書くように遅攻が全く機能してなかったっていう事情もあった。よって相手が出てきてくれればキトとしては恐ろしくやりやすくなる。守りをベースにしておいて、奪った後にカウンターを仕掛ければいい。前がかりの相手のウラには広大なスペースがあるわけだし。

実際にキトの考え方はこの通りだったと思う。でも、それが機能したかどうかって言われれば別問題。守ってからの攻撃。確かに攻撃の方は強力な両サイドを中心の前の選手たちだけで行ける力は持ってたと思う。何度も書いてるとおり相手が前がかりで後ろが薄くなってたわけだし。でも、その攻撃の前段階の守備がうまく回ってなかった。いくら攻撃が機能する下地があるとはいっても、その前段階の守備ができてなければ攻撃につなげられない。守りに入ってるのに守れてないのが今回のキトの大問題だった気がした。

キトの守備はチームとしてのやり方が全く明確ではなかった印象。前線の2枚が積極的に相手の低い位置のボール保持者に対してプレッシャーをかける。でも、それがスタートではない。前の2人はその2人だけで奪えればラッキーみたいなイメージだったと思う。中盤以降は全くついてきてなかった。というわけで、あっさりとMF-FWの間に入られるシーンが多発。実は前の2人の守備で相手のミスを誘うシーンも多かったことは多かったわけだけど。

とにかく、実質的な守備のスタートは中盤に任されることになったキト。でも、その中盤の場所もはっきりしない。そもそも最初に書いたように組織作りが遅いっていう大問題があったから、念頭にある4-4ブロックも全く作れない状況。サイドの一方が戻ってきてなくて、中盤が3枚なんていうシーンが多発してた。そして、そんなバランスの取れてない中盤の選手たちもなんとなく相手のボールをプレッシャーをかけて行く。なんとなくボールサイドに寄っていく。チームとしてというよりも、個が分断してたイメージの方が強い。フルミネンセとしてはブラジルのチームをなめるなよっていう話。相手の単発プレッシャーをあっさりと外すシーンが多くなった。

結果として最後の砦はDFライン。守りをベースにしてるはずなのにDFが晒されるっていう意味不明な状況。当然のようにあっさりと同点ゴールを奪われることになった。そのシーンはまさにここまで書いてきたとおり。フルミネンセの中盤のボール保持に対して全く守備のスタートが定められず、なんとなく当たったところを外され、DFだけになったところへミドルシュートを食らったシーン。

ちなみにサイドの砦のDFラインもかなり脆かった。フルミネンセのFWへの縦パス、これに対してはしっかりと対応する意識が見られた(ファールなんじゃないかっていうレベルに厳しく)けど、それ以外は超危険。下がって受ける相手には対応できても、DFとDFの間に入られたり、ウラに抜けたりっていう相手に全く対応できてない状況。2失点目もスローインからあっさりとウラに入られたシーンだったし。

それと比べるとフルミネンセの組織を作った時の守備は整理がされていたように思う。まあ、ここまで書いてきたとおり、そもそも組織を作るのが遅いっていう大問題があったのも事実ではあるけど。そんなフルミネンセの守備のベースは受け手への対応。縦パスが入ってきたところで、しっかりとプレッシャーをかけ、前を向かせないってのが1つ1つの守備のベース。そうやって相手を足止めしたところで上下で挟み込むみたいな対応もできてたと思う。

ただし、これが機能したのはキトの攻撃があまりにも単純だったからってのもあると思う。実効性はともかく、守備への意識が高いキトは自分たちがボールを保持していたとしてもあまり攻撃に人数をかけてこなかった。だから、フルミネンセの守備が狙いどころと定める受け手の選択肢が少なかったって言える。そして、その受け手があまり動かない。待っていて、足元でボールを受けようとする。さらに言えばキトの攻め方にかなりの偏りがあったってのもある。ますますフルミネンセとしては狙いやすい状況につながった。

キトはサイドから攻め込もうっていう意図が強かった印象。攻撃の中心はゲロンとボラーニョスのSMFだった。その2人にボールを送っておいて、収まったところでSBとボランチが絡んでサイドに数的優位を作ろうっていう意図が見られたと思う。でも、そのSMFも例外なく待っていて足元で受けようとする。さらに言えばフルミネンセの方も(たぶん1戦目の経験から)相手のサイドを押さえる意識を強く持ってきた。SBが相手SMFに密着して入りどころにすぐに対応する体制を整えてたし、足止めした瞬間に挟み込む意識も高くなってた。よってキトとしては狙い通りにサイドに起点を作れない状況。それでも工夫のない単純なボールを送り続け、そのたびに奪われるっていう繰り返し。遅攻がうまく行かなかったってのはここから来てる。

対するフルミネンセの攻撃はどうだったかって言われると、そちらも特別の質が高かったとは言えない内容だった。キトと同じく待ってる選手待ってる選手の足元足元を狙うような攻撃。どちらのチームも2人目、3人目の動きなんてものはほとんど見られなかった。それでもフルミネンセの方がキトよりも攻撃に人数をかけた分、組織を作った時のキトの守備がフルミネンセのように整理されてなかった分、フルミネンセの方がゴールの近くまで迫るシーンを増やしてた印象。

そんなフルミネンセの攻撃。2トップはゴールまで待ってる存在。ボランチの2枚は低い位置で出し手となる存在。サイドは両SB。そこはほぼ固定的だったように思う。そんなチームの中で唯一自由度が高かったのがチアゴ・ネービスとコンカのOMF2枚。特にチアゴ・ネービスは自由に動き回ってボールタッチを増やしまくってた。チームの中心。ただ、そんな2人の役割も固定気味。1枚がFWになり、1枚がボランチになるみたいな形。2トップ+OMFの1枚が受け手、ボランチの2枚+OMFのもう1枚が出し手。そんな形のフルミネンセの攻撃だった。受け手は完全に待ちの体制になってたのが特徴的だったと思う。

そんな単純なやり方でもゴールに迫れるシーンが多くなるほどにキトの守備にはまずさがあったってこと。フルミネンセの中盤の選手がSBも交えながらボールを動かしていると、あっさりとキトの守備ブロックに隙間ができた。右で作って左みたいな展開は例外なくフリーな選手を作り出した。そんな隙間だらけのキトの守備ブロックだから縦パスを入れるのも簡単。普通は通らないような中距離の、しかも中→中の縦パスが通りまくり。そうやって通ったら、前の3人の関係性で崩しにかかってた印象。崩しにかかるっていってもトップに当てる→落とす→シュートみたいな単純なやり方ばかりだったけど。ちなみに、たまに低い位置から1発でトップに当てる→落とす→シュートみたいな展開も作ってた。この流れでシュートに行けるシーンが多かったのもキトのまずさ。DFと中盤の関係が希薄だから、競り合ったボールが相手に渡ってしまう。

ただし、上にも書いたとおり、やっぱりフルミネンセの攻撃は単純だった。だから、キトが守備に修正を加えてきた後半は攻めの形が一気に作れなくなってしまったと思う。キトの守備の修正が劇的だったとも思えないのに。やっぱり相手の守備のまずさのおかげで攻撃が組み立てられてたんだなっていうのがバレてしまった後半のフルミネンセ。FKで効率的に得点を奪えてよかったねっていう話。

そんなキトの修正。守備から攻撃っていう形を再確認してきた印象。前半も守備から攻撃っていう形でやってはいたんだけど、守備をすべき時に早々と攻撃の方に気持ちが行ってしまう選手が多かった。それがブロックへの戻りが遅いことにつながったんだと思う。だから、その部分にメス。守備が最初で攻撃がそのあとっていうことをはっきりしてきた印象。とにかく、4‐4‐2のバランスのいい守備ブロックを作るっていうことが最初の目標になってた印象。ラスト45分だから選手たちも守備への意識が高まってたかもしれない。

そんなちょっとした修正だけで本当に修正できちゃうから面白い。4‐4‐2をしっかりと作っただけで、他の部分はあまり変化したようには見えなかったのに、相手はブロック内に入り込むことができなくなった。でも、その代償としてキトは攻撃の術を失った。今度はみんな守備に入ってしまう状況の中でカウンターが全く消える。もうカウンターすらもしなくていいっていう指示が出たのか、それとも守備に意識を向けたら攻撃ができなくなってしまったのか。どちらにしても不器用なチームなんだろうなっていう印象を受けた。

そんな不器用なチームがCWCでは器用なマンUと対戦するわけか。今回の試合を見る限りではキトが勝つのはかなり厳しいでしょう。というか、厳しいことを言っちゃうとなんでキトがここまで勝ち上がってきたのか分からない。遅攻はうまくなく、速攻はそのベースとなる守備がうまくない。チーム全体の守備の意識の低さは大問題。マンUで言えば、全員Cロナウドみたいな。攻めたまま戻ってこない。だからと言って、Cロナウドほどの攻撃力もない。しかも、攻撃の中心になってたゲロンは移籍してしまうらしく。12月には悲惨な結果が待ってるかもしれない。

というわけでキトがどれだけイメチェンをして日本に来るかがポイント。イメチェンをしなければあっさりと初戦敗退もありうる。これはJのクラブはチャンスだぞっていう。その前にACLを勝ちあがらなければいけないのか。どちらにしても北中米カリブのパチューカは本気でチャンスかもしれない。前に書いたとおり、パチューカのサッカーの質は本当に高い。去年のように自分たちのよさを全く出せないなんて言うことにならなければ、今のキトには勝てそう。
スポンサーサイト
別窓 | 国外リーグ | コメント:2 | トラックバック:0 |
2008-06-04 Wed 18:57
マンU×ウェストハム
<マンU:4-4-2>
FW:テベス-Cロナウド
MF:パク・チソン-スコールズ-キャリック-ナニ
DF:エブラ-ブラウン-ファーディナンド-ハーグリーブス
GK:ファン・デル・サール

チェルシーに負けた後にマンUの優勝に対して不安が続出。得失点差では圧倒的にマンUが上回ってるのにも関わらず。なぜか?それはマンUの残り2試合の相手にウェストハムが入ってたから。ウェストハムに対しては、最近3戦で3連敗中のマンU。3度あることは4度あるのか。少なくとも苦手意識を持っていることは間違いなわけで。そう考えると、たとえマンUがホームの戦いでも危険じゃないかっていうわけ。

確かに直近のアウェーでのウェストハム戦ではマンUの問題点が見え隠れ。ちょっとおさらいしてみたい。まず、攻撃においてはしっかりと組み立てられない状況に陥った。その理由はウェストハムの守備のやり方にある。今回の試合でも見られたように、ウェストハムの守備は高い位置から積極的に来る。守備ブロックの位置がめちゃめちゃ高い。このプレッシャーにマンUの攻撃のスタートのところが負けた。要するにDFラインとCMF。前線の味方が準備できてるかどうかなんて関係なく、とにかく蹴りまくったのがこの試合のマンU。前線から来られると脆い弱点が明らかになった試合だった印象。

加えて、守備面でも問題が見られたのがこの試合のマンU。前線の4トップが前に対する守備さえもしない最悪の形。テベス&サハっていう、あまり見ない2トップの形だったのも影響したかもしれない。とにかく、後ろの4‐2が本当の意味で4‐2だけで守らなきゃいけない展開になった。もちろん、それは危険な状態なわけで。試合の途中で修正を図ったマンU。システム合致をはっきりとさせて、自分が見るべき相手に対してはしっかりとついて行きましょうっていう約束を決めたと思う。

これによってとりあえず守備の方の問題はなんとかなったって言えるわけだけど、逆に攻撃の方がますます厳しい状況に。上に書いたように、とにかく前線に蹴りまくってたのがこの試合のマンU。前線4トップが守備を免除されているとすれば、とりあえずのターゲットは4枚。でも、守備の役割をはっきりさせた時点で両SMFが守備に追われる状況に。相手もSBを攻撃に出してきたから。よって、適当ロングボールのターゲットはさらに少なく。そんなやり方で効果的な攻撃が仕掛けられるわけがない。

この時点で無限ループ状態に陥ったマンU。前線に蹴る→ターゲットが少ないから相手に渡る→前線の枚数が少ないから効果的な守備が前線で効かない→後ろが押し上げる時間がない→低い位置に引かされたブロックで受ける→奪う→前線に蹴る・・・・。全ては相手の前線からのプレッシャーに負けたところから開始された悪循環だったように思う。そして、上でも書いたとおり結果としてウェストハムに不覚をとった試合になった。

基本的にこの無限ループ状態は様子のおかしいマンUに見られた問題と一致してる。マンUの様子がおかしくなるのは、もう少しあとの話。ただし、その問題の一端はこのウェストハム戦で見られてたんじゃないかって気がした。とはいえ、様子がおかしくなったマンUは相手が前線が来ようが来るまいが、次から次へと前線に放り込んでいってしまうような状況ではあったけど。そのときには無限ループに自ら陥っていったイメージだって言える。

とにかく、その様子のおかしさに対してマンUはどうしたか。ここでも何度も書いてきたとおりに4‐3‐3(4‐5‐1)っていう新システムを導入。そういえば、知らない間に4‐3‐3は絶滅してたなっていう話。一時は4‐3‐3が完全にファーストチョイスになってたはずなんだけど。そのうちに4‐3‐3と4‐4‐2の併用。相手のシステムによって変えてるのかなってのはここでも書いたとおり。守備の安定のためにシステム合致を作ろうっていうもの。ただし、そんなのはあっさりと打ち砕かれたわけだけど。

で、ここでもう1つ提案したいのはリハビリ説。チームとして様子のおかしい状況から抜け出すのが1つ。もう1つはスコールズのリハビリ。ケガから復帰後のスコールズは明らかに精彩を欠いてた。だから、そこにフォローをするためにアンデルソンを使ってたってこと。スコールズ&キャリックの役割をスコールズ&キャリック&アンデルソンで担うことによって、スコールズの負担を減らそうってもの。攻守に渡って。そんなスコールズも試合を重ねるごとに復調。今回の試合でも攻守のスタートとして目立ちまくり。もう中盤は3人もいらなくなった。だったら本来の中盤2枚の4‐2‐4に帰ろう。そんなシーズン後半だったのかもしれない。

この考え方はあながち間違ってない気がする。なぜならば上にも書いたように、前線から積極的に来るのがウェストハム。今回の試合でもアウェーだからと言って遠慮はしなかった。立ち上がりは中盤の4がマンU陣内に入るレベルの超高いブロックで積極的にプレッシャーをかけてきた。前回のように適当ロングボール攻撃からの悪循環に陥らないためには、スコールズ&キャリック&アンデルソン併用の4‐3‐3の方が適当のように思える。大体、ルーニー不在でCロナウドを2トップの一角に使ってる苦しい前線。4‐3‐3の方がよっぽど安定した戦いができるんじゃないかって話。

でも、やっぱり4‐4‐2だった。そういえば1つ前のバルサ戦も4‐4‐2だった。バルサは前線から守備をしてくるのにも関わらず。システム合致を使うならば、4‐3‐3の方が整理しやすいにも関わらず。そう考えるとマンUのベースにあるのはやっぱり4‐4‐2なんだろうと思う。そして、4‐3‐3は中盤を安定させるため。今ならスコールズとキャリックの2枚でも中盤を安定させられるっていう判断のもと4‐4‐2が再び表舞台に帰ってきた気がする。

というわけで、そんな判断が正解だったのが今回の試合だったと思う。上でも触れたとおりウェストハムは予想通りに高い位置からプレッシャーをかけてきた。そんな中でも意図のないボールをただ蹴りまくる流れにはならず。スコールズ&キャリックの2枚を中心にして低い位置でのボール保持に落ち着きをもたらした。前回はフレッチャー&ハーグリーブスの2枚だったから、ボールをつなぐ安定感という意味では大きな差があったのも事実だけど。そして、前線の4枚は変則4トップの良さを存分に発揮してた印象。4‐4‐2というか4‐2‐4のマンUの真骨頂が表れた試合になった印象。出し手としてのキャリック&スコールズと受け手としての変則4トップの関係性がかなりいい感じで回ってた。

とはいえ、相手のプレッシャーに対して全くロングボールを利用しなかったと言えば嘘になる。というか、立ち上がりはロングボールをかなり多用してた。ただ、それにしっかりと意図があったっていうこと。前回の試合のように困ったからとりあえず前線へなんていう質のものではなかった。そういう部分がはっきりとしてくれば、むしろロングボールは有効な手段。相手の超高い守備ブロックのプレッシャーの中を、つないでつないで前線に行くっていうアプローチは無駄なエネルギーを消費する。低い位置から相手の1/3を崩すような意識を持ってかなければならない。それは言い過ぎか。どちらにしても、相手の超高い位置からのプレッシャーの中でもパス回しでビルドアップをして行こうなんてチームはアーセナルぐらいのものじゃないかって話。

とにかく、立ち上がりのマンUはロングボールを多用。前線の選手もしっかりと準備ができてる状況で。そんな中で立ち上がり早々に先制点が生まれる。このシーンはゴールキックからだったけど、まさに狙いどおりの形だった。蹴って、相手DFを押し下げて、中盤との関係をはがして、DFだけに仕掛ける。得点したCロナウドは相手のDFに直接的にドリブルで仕掛けていける状況だった。そして、相手のDFは仕方なくズルズルと下がっていった。で、あっさりとエリア内に侵入していったシーン。

マンUにとってはラッキーな得点だった印象。なぜならば、本当はロングボール攻勢は次への布石っていう面が大きかったはずだから。上にも書いたように、ロングボールを蹴りこんでいくうちに相手のDFラインは下がっていくことになる。で、結果として中盤との関係が離れて行く。4‐4の間に隙間が空く。そして、今回のマンUは4‐2‐4。4‐2‐4のマンUの特徴は何だったか。それはトップ下の場所で出入りを激しくするっていうもの。そのトップ下の場所と相手の4‐4の間は合致関係。4‐4の間に隙間があけば、マンUは自分たちの使いたい場所を好きなように使えることになる。最初のロングボールの狙いはこれだったと思う。

まあ、あれだけ早い時間に得点を取れたのはラッキーだったとしても、マンUは粛々と自分たちの任務をこなしていった。つまり上で書いたように4‐4の間に入り込むっていうアプローチ。今回の試合のマンUは立ち上がりから前線変則4トップの動きが活発だった。いつもは立ち上がりは様子見で平行移動的に戦うんだけど、今回の試合では立ち上がりの最初に相手ブロックに入り込んだのが、この変則4トップ利用。基本はトップの場所にいるCロナウドが右サイドから相手の4‐4の間を横切ってボールを受けたシーン。この時点では相手の4‐4の密着度が高くてつぶされてしまったわけだけど、自分たちの4‐2‐4の良さと相手の4‐4の間の合致を使ってやろうっていう意図は見えてたと思う。

ロングボール多用で相手の4‐4の間に隙間を作り出したマンUは容赦なくその場所を使い始める。テベス、Cロナウド、パク・チソン(、ナニ)が入れ替わり立ち替わりトップ下の場所に降りてきた。そして、1人がトップ下の場所に入る動きをしたのを皮切りに、全体の動きも生まれる前線。テベスとかCロナウドが降りてくれば、パク・チソン、ナニがトップの場所に入って行く。パク・チソン、ナニが真ん中に流れて行けばサイドにテベスとかCロナウドが出て行く。そんな関係性。

ただし、今回のメンバーだと前線の4トップが4トップ的に機能できないっていう部分もある。テベスとCロナウドは基本的に好きなように動く。特に今回のCロナウドの自由度はかなり高かった。その2人の動きを見ながらバランスを取るようにパク・チソンが動く。パク・チソンのイメージとしてはトップが空いたときに出て行くっていう動きが一番目立つ気がする。トップ下の場所の出入りっていう意味ではギグスの方が目立つかなっていう。ただし、今回の試合のパク・チソンは相手の4‐4の間でボールを受けるシーンも増やしてた。スタメン出場が続いていた時期だから変則4トップに慣れてきたかもしれない。

問題はナニ。前線の中でナニだけが流動性の波に乗り切れてなかったと思う。基本的にポジション固定的で右サイドに居座ることが多いし、周囲が作ったスペースに入り込むシーンも少なかった。トップ下の場所にもほとんど出入りしてなかったと思う。そんなこんなで、チームとしての前半の最高の流れに乗り切れず。どこかでイライラが蓄積した結果としての頭突きだったかもしれない。そして、そういう状況が今回の試合だけではなくてシーズン通して見られたのがナニ。サイドの選手の中ではちょっと変則4トップに合ってないかなっていうイメージ。来シーズンからもマンUが同じような変則4トップの形を採るならば、頑張らないとまずいよってところか。

話を試合の流れに戻すと、ここまでのマンUの流れは蹴って→相手の4‐4を空け→その間に変則4トップが入り込むってもの。で、ここまでの流れの特徴としては攻撃の大部分が前線の4トップに任されてたっていうことが挙げられる。4‐2‐4マンUの特徴である縦急ぎ気味の流れが生まれる。ロングボールにしても、前線が相手の4‐4の間に入り込むことを利用して地上から攻める形にしても、最初は前線の4人だけでの攻撃が求められる。そして、4人がいい形でボールをキープして、相手を押し込んだところで後ろが飛び出してくるイメージ。エブラ、ハーグリーブスは1つ遅れて前線に出てくる動きが目立ったし、スコールズ&キャリックも一気に飛び出してくるというよりは徐々に押し上げてくるイメージの動きが目立った。

もちろん4人に任せといて、行けそうならば、後ろから助けが参上するなんていう攻撃がいつも成功するわけではない。攻撃の最初において前線の4人に任される役割が大きいわけだから、相手としても狙いどころが定めやすい。当然のように前線4人に任せたところでつぶされるシーンも多くなる。ここで生まれるのが守備の問題。前線に4人が入り込んでいる。相手は奪ってすぐに攻めるタイプだから、その4人は守備に帰ってこれない。マンUの守備ブロックが4‐2になってしまうシーンが多く見られた。スコールズがサイドに引っ張り出されるシーンも散見されたと思う。守備ブロックのバランスとしては問題がないとは言えないけど、そんな4‐2ブロックが見られると4‐2‐4マンUの復活を意識したりする。

まあ、それはいいとして、だからと言って最初から攻撃に人数をかけるわけに行かなかったってのも事実。なぜならば相手の守備は相変わらず高い位置から来てるから。スコールズ&キャリックの活躍もあって前回のように焦って蹴りまくる流れにはならなかったけど、やっぱり相手の高い位置のプレッシャーは怖い。逃げ場は用意しときたい。だから、低い位置に人数をある程度は確保しておきたい。とりあえず、前線の4人に任せる部分が大きくなった要因はこういう部分にあった印象。

ただし、その点についてのアプローチも着々と進んでいたのが今回のマンU。その前にちょっとウエストハムについて触れとく。上にも書いたとおり、超高い位置に守備ブロックを設定して積極的に守備をしてきたウェストハム。そんなウェストハムの狙いは何かって言えば、高い位置で奪ってからのショートカウンターだったと思う。立ち上がりの攻撃の中でそんな意図が見られた。中盤で引っ掛けて→トップに当てて→一気に後ろが飛び出してくる、っていう攻撃のやり方。そして、このやり方を機能させるためには中盤が前向きで守備をする必要がある。奪った勢いのままに後ろからの飛び出しができればベストだから。

ここで思い出さなければならないのは、マンUが4‐4の間に入り込んでいること。4‐4の間に入り込まれたウェストハムの中盤は前に向かって守備をしてない。だから、その間で相手の攻撃をつぶしたとしても、奪った勢いのままに前線に飛び出してくってのが不可能な状況。だんだんとFWが孤立していく流れに陥った。そして、FWが孤立するってことはマンUの屈強CBの餌食になることを意味した。今回はビディッチじゃなくてブラウンがファーディナンドの相棒になったけど、何の問題もなかったと思う。

さらに、4‐4の間に入られまくりのウェストハムの選手には怖さが生まれる。立ち上がりの失点がDF晒され状況から生まれたのも、その恐怖を強めたかもしれない。とにかく、4‐4の隙間を空けたくない気分が強まる。本当はDFを高くしたいんだけど、そうしたらロングボールが来る。仕方がないので中盤を下げる。徐々にウェストハムのブロックが押し下げられて行った。

ここにおいてマンUにとっての相手のプレッシャーの怖さが弱まることになった。そして、徐々に前線の4トップだけに攻撃を任せる状況をやめて行く。まず、とりあえずはエブラを上げるアプローチ。それまでも攻撃に積極的に飛び出していくシーンが見られたエブラだけど、前半の10分過ぎぐらいからは恒常的に高い位置に居座るようになった。最終ラインが左肩上がりのマンUらしい形。低い位置のパス回しはCBとハーグリーブスに任せて、エブラは高い位置へ。左サイドではエブラが高い位置に上がっていったことでパク・チソンがその場所を留守にするシーンが目立って行った。もちろん、エブラとの関係で左サイドを崩しにかかるシーンも見られたけど。それはパク・チソンに限らず、テベスとかCロナウドに言えたこと。

とにかく前線の枚数が増えたマンU。この時点では1枚だったけど、パク・チソンの自由度を上げたっていうことの意味合いは、ただの+1以上の効果をもたらすことになる。なぜならば自由度が上がったパク・チソンがどこへ行くかって言えば、相手の4‐4の間だったから。もしくは自由度が上がったパク・チソンがFWになる代わりに、Cロナウドとかテベスが4‐4の間に入り込む時間を長くすることにつながった。

加えて、相手の守備ブロックが全体として下がり気味になったことでスコールズ&キャリックのところが浮いてくるようになった。少なくともそれまでの時間と比べれば、明らかに前を向いてのボール保持が自由になったと思う。そして、その場所が浮いてくればボールはいろんな場所に出てくることになる。それまではトップ下の場所に起点を作ることが多かったマンUの攻撃に左右のサイドっていう選択肢が生まれることになった。幅を持たせた攻撃が可能になり、相手としては狙いが定めにくい状況に陥ったって言える。

この時点でウェストハムは諦めた。もう前線から守備をするのは無理だと。下手に前線から行ってギャップを残してくるくらいなら、自陣にバランスのいいブロックを作ろうと。前半の20分の時点でFWがハーフェイラインの高さまで押し下げられた。上にも書いたように、立ち上がりは中盤が敵陣内にいたわけだから、その差は歴然。とにかく、後ろのギャップの場所に相手の危険人物が自由に出入りするのが許せなかったってことか。そのギャップをつぶすことに全精力を注ぐ選択だったと思う。

この時点でマンUは圧倒的なポゼッションに入ることになる。今回はあまり前線に飛び出さず、後ろでボールの出し手としての役割を全うしてたスコールズ&キャリックが敵陣の深い場所にまで入ってボールをさばくようになった。両SBも高い位置に入り込む。そうやって両SBが高い位置に入ることによって攻撃における幅を確保してくれたから、前線の変則4トップの自由度はさらに増す。左右の出入り、トップとかトップ下の場所の出入りを激しくしながらボールを引き出す。そういう間間に入り込む動きによって相手は捕まえ切れない。出し手は浮いてるマンU。受け手も捕まえられてないマンU。さらにSBを利用して幅も使うマンU。ウェストハムは全く狙いどころが定まらなくなった。結果として2‐4‐4状態のマンUがパスを回しまくりの展開。そして、相手がブロックを自陣に作るようになってから最初のマンUのポゼッションが中断なくゴールまでつながることになった。

この失点でウェストハムに守備の根拠がなくなった気がする。前線の高い位置からの守備は相手に混乱を与えられず、ロングボール1発で失点。その後、4‐4の間に入り込まれて困った展開になったから、自陣で受ける形へ。その変更をした矢先に失点。そして、その失点までの流れで手も足も出ず。これで後ろで守ってちゃダメじゃないかって思ったFWは守備において立ち上がりのポジションまで舞い戻って行く。だけど、中盤以降がそれについてこない。結果として4‐2の間に隙間があいた。

そして、その4‐2の間にまで降りてきてボールを受けたCロナウド。中盤の選手にしてみれば、Cロナウドを放っておくわけにはいかない。結果として中盤の4が引っ張り出されることになる。そして、またしても4‐4の間に隙間が空く。4‐4の間でテベスが受ける。テベスの前には相手DFのみ。強烈なミドルシュートが決まったシーンだった。2点目の直後ってあたりがウェストハムの混乱を如実に表してたと思う。

この失点後、ウェストハムの守備はまたまた変更を余儀なくされた。今度は根本的な変更。4‐4‐2ブロックを4‐1‐4‐1へと変えたと思う。で、基本的には自陣の4‐1‐4で受ける形。浮かせて自由にボールを配給させてしまっていたスコールズ&キャリックに対応しつつ、背後のスペースは1が押さえる。面白いアプローチだったと思う。とにかく、ポイントは4‐1‐4の間の1。今回の試合でウェストハムは4‐4の間がトラウマになったんじゃないかって思うぐらい。それぐらいにマンUの変則4トップは容赦なくその間のスペースを使っていったと思う。

で、この4‐1‐4‐1へのシステム変更はどうなったのか。残念ながら分からない。なぜなら、その直後にナニが退場したマンUは戦い方を変更してしまったから。ただし、個人的には4‐1‐4‐1の守備ブロックはそれまでに比べれば、安定感のある守備を可能にしたんじゃないかなっていう気がするわけだけど。真実は誰にも分からない。

さて、ここら辺でちょっと視点を変えてみる。ここまではマンUの攻撃×ウェストハムの守備っていう側面から見てきたけど、逆はどうかっていう点について。最初にも書いたとおり、前回のウェストハム戦でのマンUの問題は攻撃面にあったわけじゃないから。守備における本当の意味での4‐2ブロックによって相手に主導権を握られた部分も大きかった。そして、上でも書いたように今回も攻撃からの切り替えの流れの中では4‐2ブロックで守るシーンも見られたマンUだった。

ただし、総じて見ると今回のマンUは質の高い守備が見られたと思う。そもそも今回のメンバーは1つ前のバルサ戦と同じ。1つ前のバルサ戦ではどうだったかっていうと、最前線からボールに対して忠実に厳しいプレッシャーがかかる質の高い守備が見られたマンU。その余韻を残したかのような今回の試合の守備の内容だったように思う。

まず、トップの2人が積極的にプレッシャーをかける。テベスは普段はルーニーと縦関係になって、後ろに対する守備に自身の献身性を振り向けて行くんだけど、1つ前のバルサ戦と今回の試合ではCロナウドと横並びになって前に対する守備を行ってた。で、このときCロナウドもしっかりと前線に対する守備を行う。しかも、敵陣のかなり深い位置にいるボール保持者にまで。その相手ボール保持者が単純なロングボールを蹴れないぐらいのレベルにまで寄せて行くぐらいに積極的だった。

こういうトップの守備をスタートとして2列目以降も連動を図る。ウェストハムに負けず劣らずにかなり超高い守備ブロックが見られたのが今回のマンU。ロングボールを蹴れない相手が下手につなごうものなら、マンUの中盤の選手の強烈なプレッシャーが待っていた。敵陣内にも関わらず前を向かせないぐらいの強度。特にスコールズはこの部分でかなり目立ってたと思う。というわけで、ウェストハムの選択肢は1つしかなかった。GKに戻して、そこから前線へっていう。ただし、ウェストハムのGKはキックの精度に問題があった気がするけど。

というわけで基本的には完璧に見えたマンUの守備。でも、こっそりと問題が見られたりした。それが見られたのが、何かの拍子にウェストハムがマンUの4‐2の間に入り込んだとき。このときマンUの2トップは守備に戻ってこない。いつもは後ろに対して頑張るテベスも、今回は別の仕事をしてるから知らん振り。前にだけ守備をするのはマンUの前線の特徴でもあるわけだけど。4‐4‐2の前で相手がボールを持ってるときには、前線から積極的に行くマンUも、4‐2の間に入られた瞬間に、その積極性がなりをひそめる。というか、守備のスタートが決まりにくくなる。

だから、ウェストハムはこの4‐2の間で案外余裕を持ってボールを回すことができた。SBを上げて幅を使いながらのパス回し。マンUの中盤はそれまでの積極性が嘘のように、相手のボールに対して寄せられなくなる。ウェストハムの得点シーンの前の流れがまさにそういう状況。かなりの長い時間、ウェストハムはボールを回せてたし、そのボール回しに対してマンUの中盤プレッシャーに行くことができてなかったと思う。でも、プレッシャーをかける意思自体はある。そこにギャップが生まれてたわけで、ウェストハムとしては突くべき場所が見つかった感じか。

というわけでナニの退場はウェストハムにとって良かったのか悪かったのか。なぜならば、ナニの退場によってマンUが腹を決めたから。もう前からの守備はいいと。2点のリードがあるんだから、引いて完全なるブロックを作ろうと。前半はナニの場所にCロナウドを入れて応急処置。そのCロナウドもかなり低い位置まで戻っての守備を見せた。そして、後半はテベスを右に出してCロナウドを1トップ。完全に守ってカウンター戦法。Cロナウドに預けて、あとは頼むよっていう。パク・チソン&テベスの運動量があれば守備では低い位置まで戻り、攻撃では最前線まで出ていくことも期待できるから。パク・チソンは交代したけど。

本気で守ると決めたマンU。本気で守ると決めたマンUはバルサ相手に完封をするレベル。ウェストハムには荷が重かった。しかも、マンUのカウンターはキレキレ。攻撃後の守備の場所で前後の分断が起こり気味のウェストハムにとっては危険が多かった。DFが晒されまくったから。実際にそういうシーンから失点までしてるわけで。その4点目で試合が決まってしまった。

というわけでナニの退場はウェストハムにとっては不幸だったように思う。カウンターで相手の4‐2(DF-CMF)だけの守備ブロックに仕掛けるか、4‐2(こっちはMF-FW)の間に入り込んで幅を使いながら攻撃をするか。少なくとも守る気になったマンUの4‐4に対して攻めるよりは、よっぽど可能性が高かったはず。実際にチャンスにつながってるのは4‐2(MF-FW)の間に入って幅を使ってからのクロスだったりしたし。

もちろん、ナニの退場はマンUにとっても不幸。この試合のマンUの攻撃の質は恐ろしいほどに高かった。自分たちのペースへの持って行き方もスムーズかつ緻密。あのまま11人で戦ってたら、なんかすごいことになってたような予感もある。もしかしたら、今シーズンで一番いい試合をしてたんじゃないかと思うぐらいだったし。それは攻守に渡って。それがナニの退場によって4‐4‐1へ。単純な守ってカウンターの流れになってしまったのは、見ている方としても残念だった部分。
別窓 | 国外リーグ | コメント:4 | トラックバック:0 |
2008-05-30 Fri 19:26
バーミンガム×リバプール
<リバプール:4-4-2>
FW:ボロニン-クラウチ
MF:べナユン-プレシス-ルーカス-ペナント
DF:リーセ-ヒーピア-スクルテル-フィナン
GK:レイナ

CL準決勝の間の試合。というわけで、例のごとくリバプールは控えメンバー中心。そういえば前回見たアーセナル戦も今回と同じようなメンバーだった。何だか毎年こんなことをやってる気がするリバプール。ターンオーバー採用で連携が噛み合わず勝ちきれない試合が続いてリーグは絶望。じゃあってわけでリーグは捨ててCLに本気出しましょうっていう。ただし、今年はCLでも準決勝で負けてしまったわけだけど。

とにかく、トーレス、ジェラード、カイト、バベル、Xアロンソ、マスケラーノの組み合わせを見たのは遠い過去のことになってしまいました。ルーニー&テベスと同じぐらいに頑張りまくるFWカイトなんかは休まなきゃやってられないんだろうけど。ルーニー&テベスは試合によってはサボってるけど、カイトは頑張りが評価されてサボれないサイドに配置されてるわけだから。まあ、サイドにいてもサボる人はサボるんだけど。

で、今回のメンバー。あまりにも控え組が多すぎる。だから、攻撃の方向が定まらないっていう可能性は十分に考えられた。その点について、同じようなメンバーで戦ったアーセナル戦ではしっかりと対策を立ててきたと思う。シンプル、単純(同じか)、分かりやすくっていうのがモットー。要するに、とにかくクラウチを目標にやろうって形。クラウチを軸にしてチームとしてクラウチを目指し、クラウチもそれに応えてうまく起点になってた。

今回の試合でも立ち上がりは同じ考え方。とにかくクラウチへの1発のボールが増やす増やす。そうやってクラウチが競ったこぼれ球をボロニンが狙うようなやり方がいくつか続いた。ただし、普段から立ち上がりは蹴りまくるリバプール。しかも、今回はホームのバーミンガムがそれなりに前線から守備をしてきた。立ち上がりの数分だけだけど。そんなこともあってのクラウチの頭狙いだった可能性は十分に考えられる。

なんで、そんなことが言えるかって話。それはバーミガムがいつもの守備のやり方に変更してからは、リバプールのクラウチ狙いが全く見られなくなったから。立ち上がりの数プレーを除いて、少なくとも前半の25分ぐらいまではクラウチは完全に空気。全く名前が出てこない存在だった。ただし、試合全体の流れを見てみると、このクラウチが消えていた時間帯がリバプールの攻撃の質が最も高まった時間帯だったように思う。

とりあえずはバーミンガムの守備のやり方について見てみたい。立ち上がりは上にも書いたように、前線からの意識が見られたバーミンガム。FWが深い位置の相手ボール保持者に対して積極的にプレッシャーをかけて行ってたし、それにつられて中盤の選手も敵陣で守備をするシーンが目立ってた。ただし、この時間帯はリバプールの立ち上がりの蹴りまくりタイムと重なってたから、そういう前線からの守備が効果的に機能するってことはなかったわけだけど。

それに、バーミンガムの方としても、そういう前線からの守備を90分間続けるつもりは毛頭なかったと思う。おそらくホームだってこともあって、立ち上がりからいきなり相手を楽にさせないため、自分たちのペースに少しでも巻き込むための守備。立ち上がりだけは積極的にやる守備なんて、どのチームも採用してるし。そんな気分だったはず。だから、前線からの守備を否されて、ボールが頭の上を越えていったとしてもそれほど痛くはなかったと思う。

というわけで、すぐにバーミンガムは本来の自分たちの守備に移行して行った。そのバーミンガムの本来の守備とはどういうものかって言うと、それは立ち上がりの前線からの守備とは真逆の質のやり方。4‐4‐2の守備ブロックを形成して受ける形の守備。ただし、最終ラインはある程度高い位置に設定してるから、全体がかなりコンパクトになってるのがポイント。ちなみに、最終ラインが高いってことも今回のリバプール相手には相性が良かった部分の1つだと思う。クラウチの頭をゴールから遠ざけておくことができるから。ボロニンもウラに抜けるよりは中盤に降りてきてのプレーの方が目立ったし。

で、このバーミンガムの4‐4‐2ブロックの質はとてつもなく高い。特に4‐4のバイタルつぶしは相当のもの。相手はその4‐4の間になかなか入り込めない。4‐4が近い関係を保ってるから、まず中盤の4が完全にフィルターとして機能する。馬鹿正直な縦パスはことごとくこの中盤の場所で引っかかる。それに運よく間に入り込めたとしても、そこにはスペースが全くない。入った瞬間に四方八方から囲まれてしまう始末。何しろコンパクトな4‐4ブロック。選手間の距離は近くなってるよって話。

この守備にはマンUもアーセナルもかなり悩まされてた。にも関わらず、バーミンガムは降格。おそらくプレミアの多くの相手にはこの守備のやり方は相性が悪いんだろうなって思ったりする。バーミンガムが4‐4の確固たる守備ブロックを作ったとしても、それを利用できなければ意味がない。要するにその4‐4の間が使えなければ困るチームじゃなければ意味がない。もっと言えば、地上から攻めてくるチームに対して有効な戦術だって言える。ポゼッション率は高まっても相手ゴールに仕掛けられない困ったなってのがこの守備の狙い。でも、知っての通りプレミアは百姓一揆主流。地上から攻めてくるチームは少ないから、いくらいい形で4‐4守備ブロックを作ったとしても、それを有効活用できないわけ。

だから、今シーズンのバーミンガムの成績は面白いことになってる。上位の4チームと引き分けが4つ。負けも全て1点差っていう。個人的には上の4チームとの戦いばかりを見てるから、バーミンガムが降格するようなチームだとは全然思えないわけで。だからこそ、やっぱりプレミア的なやり方と相性が悪いんだろうなっていう。上位の4つはよくも悪くもプレミアのサッカー(のやり方)を代表してるわけではないし。

で、前にも書いたことがあるかもしれないけど、おそらくこのバーミンガム悩みはリバプールも抱えてるものだと思う。リバプールだってバランスのいいコンパクトブロックを作って、そこに入ってきた相手を囲い込んだり挟み込んだりってのが守備の狙い。つまり、相手が地上から攻めてきたときに効果を存分に発揮する守備のやり方だって言える。逆に頭の上を越えられるとそんな守備の根拠がなくなってしまう。だから、頭の上を越えるチームが多いプレミアでは苦しむ。玉石混合のCLのグループリーグでも苦しむ。でも、地上から攻めてくる相手が多くなるCLの決勝Tになると力を発揮する。そう考えると納得できる気がする。

話を戻す。コンパクト4‐4に悩まされたアーセナルとかマンUはどういうアプローチに出たか。アーセナルは珍しく蹴ることに決めた。アーセナルにアーセナルらしさを失わせるレベルの4‐4の堅さってことがわかる。とにかく、相手最終ラインのウラへの1発のボールを増やすことによって4‐4の間に隙間を空けようと頑張ったと思う。とりあえずは成功した、この試みもバーミンガムの中盤が下がることであっさりと対応されてしまったわけだけど。結果として引き分け。

対するマンUは逆のアプローチをとった。バーミンガムの4‐2の間を有効に使うことで相手の中盤を前に引っ張り出すっていう。そして、1度4‐4の間をこじ開けてしまえばそこへの出入りを激しくするのがマンUのやり方。アーセナルのやり方よりはバーミンガムの守備ブロックのバランスを崩すことに成功したと思う。ただし、この時期はちょっとマンUの様子がおかしくなりはじめてたころだったから、なんとか1‐0でマンUの勝ちっていう結果に終わったわけだけど。

じゃあ、今回のリバプールはどうしたのかっていう話。まず、最初の時点で目標にしてたクラウチ狙いが現実的ではないのは確か。クラウチに入れる縦パスは4‐4にことごとく引っ掛けられてしまうはず。クラウチに入っても、相手の四方八方からの囲い込みによってすぐにつぶされてしまうはず。頭を狙って蹴ったとしてもゴールから遠い場所ではチャンスに直結させることができない。そもそも競ったボールは相手の4‐4密集地帯に転がるわけだから、バーミンガムのボールになってしまう可能性が高かったわけだし。

というわけで、バーミンガムがバーミンガムらしい守備ブロックに移行した段階で、上にも書いたように立ち上がりの数プレーでクラウチ狙いは諦めることにしたのが今回のリバプール。じゃあ、どうやってバーミンガムの守備ブロックにアプローチして行くか。それが問題になった。で、その中でマンUのやり方ともアーセナルのやり方ともちょっと違ったアプローチに仕方が見られたように思う。それは簡単に言えば左右の幅を活用したアプローチだった。

ボールを持ったら即前線へが合言葉だった立ち上がりのリバプール。前回のアーセナル戦もそんな感じだった。そういう即前線の意識を弱めたのが今回の対バーミンガム用の攻撃のアプローチの始まりだったと思う。DFライン+1つ前のプレシスのパス交換で低い位置での保持時間を伸ばすようになったと思う。そして、そういう低い位置でのパス回しでSBを有効活用しながら左右の幅を利用してたのが特徴的。

そういう低い位置での幅を使ったアプローチで相手の中盤の4が横に間延びしてくれるのがリバプールにとっては理想の展開。ただし、質の高いバーミンガムの守備ブロックはそう簡単にフィルターに隙間を空けることはなかった。要するに、低い位置で左右に回して、ここぞでクラウチへっていうリバプールのアプローチは思惑通りに行かなかったと思う。たまに思惑通りに縦パスを狙うと、ことごとく引っ掛けられる始末だった。

この時点でおそらくリバプールはクラウチ経由の攻撃を捨てたんだと思う。以降、前半の25分ぐらいまでクラウチが消えたってのは上にも書いたとおり。最初みたいに単純クラウチは無理でも、ちょっとずらしてやればクラウチに当てられるだろうっていうリバプールの希望ははかなくも散ってしまったことになる。だから、リバプールは他のやり方を考えなければならなくなった。

で、その次のアプローチも基本的には左右の幅を利用するってものになった印象。低い位置での左右の幅を利用したパス回し→真ん中への縦パスってやり方は失敗。だから、低い位置での左右の幅を利用したパス回し→サイドへっていうやり方に移行していた。目立ったのは右サイドに起点を作るもの。低い位置でパスを回しておいて、左サイドから一発サイドチェンジで逆のペナントへっていう流れが多くなった印象。同サイドを縦に行くよりも相手にとっては厄介な展開だったと思う。

そうやって1発のサイドチェンジによってサイドに起点を作ったリバプール。そのサイドの起点を確固たるものにしようっていう考え方も見られた。つまり、ペナント1人を孤立させずに、ボロニン、ルーカス、フィナンが助けることでしっかりとボールを保持しようっていうもの。そういうサイドに厚みを加えるやり方はプレミアの他のチームではそれなりに見られるけど、リバプールで見るのは珍しいような気がする。

そうやってサイドから相手ブロックへ仕掛けて行く場面が目立ったリバプール、上に書いたように右のペナントを軸にすることが多かったけど、もちろん左サイドも全く使わなかったわけではなかった。とにかく、サイドチェンジを織り交ぜながらサイドに深みを与えるのがリバプールの相手ブロックへのアプローチだったと思う。完全に固められてる真ん中から比べれば、サイドのガードはそれほど厳しくはなかったから、現実的なやり方だったって言える。

そうやってリバプールがサイドで深みを与えてきた時点でバーミンガムのブロックは押し下げられることになった。1発のサイドチェンジでリバプールがSMFの場所に起点を作るっていうやり方もよかった。バーミンガムはそのアプローチの中で狙いどころを定めることができないままに、リバプールの攻撃に深みを与えてしまっていたから。よって、ブロックを下げるっていう選択肢しか残されないことになってたと思う。

この時点でバーミンガムの4‐4‐2の3ラインは消滅。前線に2枚を残して、後ろの4‐4がラストを固めるようなやり方が採られることとなった。リバプールとしてはこの4‐2の間は有効に活用できる場所になったわけで、実際にその4‐2の間、つまり相手の中盤の4の前を使いながら相手ラストブロックに仕掛けて行くようなやり方が見られるようになったと思う。

ここでも使われたのは左右の幅だった。相手のブロック前を通り過ぎるようなサイドチェンジが多くなったと思う。最初は右に起点を作ることが多かったリバプールだから、右→左の展開が目立った。右サイドでは積極的に攻撃に参加してくるルーカスがパス回しに絡み、SBも絡ませながら厚みを加え、そうやって相手の意識を寄せておいて、逆サイドへ振っていう展開。その間で経由点になることが多かったのがボロニンだった。

今回の試合のボロニンはずっと同じような場所でプレーしてた印象。どういう意味か。チーム全体が低めの位置にいるときにはクラウチのそばにいるボロニンだったけど、チーム全体が押し上げられたとしても、その場所に居座ってたイメージ。よって、必然的にチーム全体が押し上げられるとトップ下みたいな場所に浮きあがってくることになった。そして、その場所は相手の4‐4ブロックの外だった。そういう場所でサイドの数的優位に貢献したり、サイドチェンジの経由点になったりっていう役割をこなしてたと思う。

そんな感じで全体として役割が定まり気味だったのが今回のリバプールの特徴でもある。上にも書いたように、低い位置のパス回しには最終ライン+プレシス。ただし、このプレシスが攻撃の流れを止め気味。安易なパスで引っ掛けられることが多かったし、ボールコントロールに手間取ることも多かった。だから、4‐4のブロック作りが念頭にあったバーミンガムの選手も、プレシスに入ったところだけは、ブロックから引っ張り出されて積極的にプレッシャーをかけて行ったと思う。結果としてプレシスはますますボール処理に手間取ることになった。役割分担で低い位置に入ったってことは要するに攻撃のスタートを任されたってことであって、そこが停滞してしまったのはリバプールにとっては痛かったと思う。

だったら、相棒のルーカスが助けに行けばよかったんだけど、今回の試合のルーカスは低い位置での組み立てには全く興味がなかった模様。さっさと前線に飛び出して行ってしまった。これも役割分担。ルーカスの飛び出しはリバプールの攻撃がいい形で回っている時には、いい形で機能してたと思う。高い位置でのパス回しから積極的なシュートまで、目立った存在になってた印象。ただし、時間とともにルーカスは明らかに消えていった。その理由はまた後で。

とにかく、この時間のリバプールの攻撃には工夫が見られた。左右の揺さぶりもそうだし、詰まったら無理をせずに作り直すっていう考え方も見られたと思う。結果として左右だけではなくて上下にも揺さぶるような攻撃のアプローチが可能になってた印象。ただし、その揺さぶりからどうやってゴールに向かうかっていう部分が全く見えてこなかった。この辺にいつものメンバーじゃないっていう弊害を感じさせられた。

相手を押し込んだのはいいけど、そこからラストブロックへの仕掛けはどうするかっていう問題。目標にしやすいクラウチは未だ相手ブロックの中。そもそも、相手がベタ引きになった時点で、これまで以上にクラウチに入れるのは難しくなったって言っていい。そして、そんなベタ引きの相手をこじ開けるほどの連動性がなかったのが今回のメンバーの弱点。可能性があるとすれば、サイドに起点があるのをいいことに、そのままサイドから攻めきってしまおうっていうやり方。

真ん中にクラウチがいるんだから、サイドをえぐってクロスっていう方法は現実的ではある。ベタ引きの相手に対しても横からのボールなら高度な連動性を要せずに付け入るすきはある。でも、このサイドからのクロスがチャンスにつながりえない問題が今回のリバプールにはあった。それは真ん中にはクラウチしかいないってこと。サイドの選手はサイドでプレーし、ボロニンはトップ下的な場所に、ルーカスもトップ下の場所にまでしか出てこなかったのが今回のリバプール。よって押し込んでるのに、ゴール前が薄いっていう謎な展開に。みんな狭い場所に入りたがらなかったってのもあるんだろうけど。いくらクラウチでも1枚じゃ厳しかったっていう話。

確かにリバプールがラストが崩せなかった要因はバーミンガムの守備の方にもあった。バーミンガムのラストブロックはリバプールの左右上下の揺さぶりに対して、予想以上に揺さぶられなかった。押し下げられた時点で最後を固めるって開き直ったような守備。だから、リバプールが頑張っていろいろ工夫してもそれが効果を発揮しない状況だったって言える。

これを見たリバプールが馬鹿馬鹿しいと思ったのか、段々と丁寧な攻撃をやめて言った印象。じっくりと準備して仕掛けても相手ブロックは揺さぶられず、だったらそんな面倒なことはやめようとリバプールの選手が思ったかどうかは分からない。でも、上でも触れた前半の25分ぐらいをさかいにして、明らかにリバプールの攻撃のやり方が雑になっていった。しかも、時間とともにその雑さが増していくっていう最悪の流れだったと思う。

この時間以降のバーミンガムはとっても楽だったと思う。とりあえず守備ブロックを作っておけば、何の心配もなかったから。そして、その守備ブロックを作って待っていれば、相手から勝手に網に引っ掛かってきてくれるような状況。しかも、その守備ブロックを崩してしまおうっていう悪しき陰謀に悩まされることもなく。だからこそ、2点のリードを守れなかったのは痛かったなと思う。普通に考えればリバプール相手に2‐2はいい結果だけど、試合内容を見る限りでは勝ち点2を失ったっていう意識の方が強い。そして、勝ち点2あれば降格を免れてたのもまた事実。たらればを言っても仕方ないけど。

とにかく、リバプールの攻撃の変化の最初の兆候は左右の幅を使うのをやめたっていうこと。左右の揺さぶりにも相手は揺さぶられない。だったら、サイドチェンジなんていらなくね?っていう話になった。それまで通りに起点はサイドに作ることはやめなかったけど、そこから相手ブロック前を横切るサイドチェンジなんていうのは皆無になったと思う。同時に可能性が薄いことが判明したサイドからのクロスも激減した。

じゃあ、どうしたかっていうとサイドから斜めにクラウチを狙う楔を入れる試みが目立つようになったと思う。まだ、この時点では真ん中→真ん中の単純な縦パスじゃ駄目だろっていう意識は残ってたらしい。でも、サイドから斜めに入れるのもまだ駄目だった。何しろ相手の4‐4に何のアプローチもしてないってのは変わってない。斜めに入れようが正面から入れようが。だから、ことごとく引っかかるのは当たり前。この辺の時間からクラウチが目立つようになってきたけど、実際は目立っちゃいけなかった。相手にしっかりと対応されてるわけだから。目立つことは目立っても仕事は全くできなかったと思う。

よって、サイドから斜めのくさびも失敗。じゃあってことで、サイドはサイドで攻めさせてもらいますよっていう流れになっていった。それまではサイドには起点が作られてたわけだけど、それがだんだんと消えて行く。かといって、サイドの重要性がそれほど変化したわけでもなかった。一見すると矛盾する言い方だけど、実際にそうだったんだから仕方ない。どういうことかっていうと、文字どおりに相手ブロックに仕掛けるための起点っていう意識が減っていったってこと。起点ってのは1つの収めどころであり、ボールの落ち着きどころ。上に書いたようにいい時間のリバプールはサイドに起点を作って、攻撃に深みを与えてた。そこでは複数の選手が絡む関係性もできてた。

それがだんだんと起点の役割を失って行く。サイドでボールを受けた選手が、そのまま縦に向かっていくっていうシーンが増えていったと思う。つまり、ボールの落ち着きどころがなくなったわけ。結果として、複数の関係性も築きにくい。基本的に連動性に不安がある選手たちだからなおさら。サイドの場所ではペナント、べナユンが1人でドリブル突破を仕掛けるシーンが増えていったと思う。そこにはSBをはじめとして、誰も他の選手が絡んで行けなかった。

このサイドの使い方の変化とともに、もう1つの変化が生まれる。それはトップへのロングボールの数が再び多くなっていったこと。何をやっても駄目なら信じられるのはやっぱりクラウチの頭しかなかった。蹴るわ蹴るわ。ボールを持ったら即前線へのリバプール方式の復活。でも、それに絡むことができる選手が全然いなかった。せいぜいボロニンぐらい。でも、クラウチが競ったボールをボロニンが拾えない。逆もだけど。この辺にも急造2トップぶりが発揮されてた印象。

これでルーカスが消えてしまった要因が見えてきたと思う。要するにリバプールは縦に急ぎ過ぎなのが原因。サイドでは受けた選手がノンストップで前へ前へと向かっていくし、真ん中では一気に前線までボールが送られる。攻撃の上でボールの経由点、ボールの落ち着きどころが見つからないから、攻撃に厚みを加えることができなかった。逆にルーカスが久々に出てきたところが同点ゴールにつながってるんだから、前半の最初の攻撃をずっと続けてればよかったのにと思ったりもする。

とにかく、リバプールどこかで聞いたことがある流れになっていったと思う。それはまさに暗黒の1月のリバプール。とにかく、トップへトップへの意識が強かったのがそのときの特徴だった。ボールを持ったら即トップ。前線が足りないから、当然のように途中で引っ掛けられる。前線に収まったとしても、縦に急ぎすぎてるから後ろがついてこれない。個人任せのサイドの機能性は期待できなかったから、今回も普通にトップ任せの暗黒期と同じ。でも、ペナントのドリブル突破が1点目につながったわけだけど。

まあ、とにかく攻撃においては暗黒期に逆戻りしたリバプールだったけど、偶然というかなんというか守備の流れもまるで暗黒期のそれだった印象。ただ、その大本の原因はちょっと違ったけど。暗黒期はFWが守備をしなかったことによって問題が起こったけど、今回は全体の1つ1つの場所の守備のルーズさの蓄積が問題を生み出した印象。

アーセナル戦と同じく今回のリバプールも前線から守備をするタイプだった。こうなってくるとトーレスを使うかどうかで守備のやり方が変化するのかなっていう気がする。とにかく、積極的に敵陣内のボール保持者にプレッシャーをかけるやり方が見られた。相手SBに対してリバプールのSMFがどこまでプレッシャーをかけに行くかってのが1つの指標。トーレスがいるときには、ある程度の場所に来るまでは放っておかれるけど、今回はリミッターなくプレッシャーがかけられてたと思う。それに伴って最終ラインもかなり高い位置に設定された。1度守備ブロックをセットするのは同じでも、そのセットされるブロックの積極性に違いがあるかなって思う。

ただ、今回の積極的な守備にはほころびがあった。確かに最前線から忠実にプレッシャーがかかってはいるんだけど、逃げ場が多いっていう大問題。単発守備ではないんだけど、直接的にプレッシャーをかけている周囲の選手がいい形で次を狙えてないというか。チームとして選択肢を切りきれてなかったように思う。結果として背後にスペースを残してくる問題を抱えることになったのが今回のリバプール。バーミンガムがつなぐチームじゃないだけに致命的な欠陥にはならなかったけど、やっぱり問題は残った。ブロックから引っ張り出された選手が引っ張り出されたままになってしまうことで、全体が間延び気味。選手間の距離が広がってしまって、囲い込みとか挟み込みで奪い切るシーンが作れなかったと思う。リバプールにとっては大事件だった。

で、逃げ場の多かったバーミンガムは案外ボールを保持することができた。というか、案外ボールを保持してた。上にも書いたようにつないで崩すチームじゃないし、つないで崩そうとしたらおそらく失敗したはず。リバプールの守備の質だって特別酷いってわけじゃなかったから。でも、相手がまだ本気で守備をしてこない低い位置での保持時間をある程度増やすことには意味があったと思う。それに、保持時間を伸ばしつつある程度の場所まで持ち上がったことにも。

それでも最終的には前線に蹴るバーミンガムだけど、低い位置である程度時間を使うことによって前線に人数を送り込むことができた。単純にロングボールを送り込むにしても前線が2トップだけの状況よりもよっぽど心強い。でも、実際には攻撃の方ではあまり効果を発揮しなかったのも事実。何しろバーミンガムの選手の前線へのボールの精度が悪いのなんのって。全く味方がいない場所にボールが送られることが多々あった。ただし、これはやっぱりリバプールの前線からのプレッシャーが聞いた結果だろうなって思う。逃げ場は与えてしまったリバプールの守備だけど、チャンスに直結するようなボールまでは簡単に出させてくれなかったから。

低い位置でのバーミンガムのボール保持は攻撃面ではあまり意味がなかったとして、じゃあどういう意味があったのか。それは守備面。前線に人数が入ったことで相手にボールが渡った瞬間の守備、要するに切り替えの守備を効果的に行うことができたと思う。それこそ2トップだけじゃ不可能な部分。実際に先制点も切り替えの守備で効果的に奪ってからの流れだったし。1人1人の意識の高さはもちろんだけど、やっぱり前線に人数がいたことの意味は大きかった印象。

このバーミンガムの切り替えの守備の質が高かっただけに、逆にリバプールの切り替えの守備の酷さが目立ってたように思う。ブロックをセットしたときの守備に問題があったのはここまで書いてきたとおりだけど、ただ、それはまだ許容範囲内だった。連動性に不安のあるメンバーなら仕方ないかなっていう面もあったと思う。まあ、アーセナル戦では質の高い守備ができたんだから、今回もやろうと思えばできただろって思うことは思うけど。

それに対して切り替えの守備は、まず何よりも個々の意識が重要になってくる。そして、その切り替えの守備が効かなかったのが今回のリバプールだったってのは書いたとおり。攻撃でボールを奪われた瞬間に全く相手にプレッシャーがかからないシーンがかなり多かったと思う。だから、バーミンガムの選手は落ち着いて奪ったボールをつなぐことができた。それに対してリバプールの選手はおとなしく戻って守備ブロックを形成。よって、両者の攻撃が交互に繰り返されるような展開が生まれたと思う。

力関係から言えばリバプールが圧倒するはずの試合が互角の展開になった理由はここにある。リバプールは切り替えの守備が効かなかったことで、1度の攻撃で満足しなければならない状況に陥った。前半の最初の時間はかなり相手を押し込んだはずなのに、波状攻撃になることは全くなかったと思う。結果として相手が守備のバランスを整える時間帯を与えてしまった。そうなれば当然のように、そのバランスを崩す、つまり押し込むアプローチからやり直さなければならない。切り替えでもう少し頑張ればそんな面倒なことをしなくてもよかったのに。

今回のリバプールは完全に自滅的な流れをひた走った。クラウチ頭→前後左右の揺さぶりアプローチ→サイドからトップへの斜めのくさび狙い→サイドの孤立&クラウチの頭復活→クラウチの頭って感じ。最後のクラウチの頭の後に再びサイドの活性化が図られる。リーセとインスーアが交代した後の時間ぐらいから。そして、そのサイドからの流れで2点を奪って同点に追いついた。雰囲気としては完全に負け試合だったんだけど、自力というかなんというか。

ちなみに、1点を奪われた時点でバーミンガムが引いてしまったのもリバプールにとっては好材料だったと思う。おそらく本気で守りに行ったんだろうけど。陣地を増やすアプローチを捨てたリバプールにしてみれば、バーミンガムが引いてくれたおかげで勝手に陣地が増える嬉しい状況に。陣地が増えれば全体が押し上げられ、強制的に前線に厚みが生まれるって話。バーミンガムとしてみれば、それまでのコンパクト4‐4‐2を維持したかった。いわゆる2‐0が一番危ないってやつか。
別窓 | 国外リーグ | コメント:0 | トラックバック:1 |
2008-05-27 Tue 18:37
アーセナル×レディング
<アーセナル:4-4-2>
FW:アデバヨール-ファン・ペルシー
MF:フレブ-セスク-Gシウバ-ウォルコット
DF:クリシー-ソング-ギャラス-コロ・トゥーレ
GK:レーマン

アーセナルに対する守備をおさらい。別にどれも対アーセナルだけに有効っていうわけではないけど。1つは前線から追いかけまくってアーセナルの攻撃のスタートをさせないっていうもの。ただし、この方法で成功したチームを見たことはない。ミドルスブラは追いかけようとして背後のギャップに入られ、怖くなってベタ引きになったし。2つめは受身の形で入ってきたところをつぶすってもの。アーセナルタイムをスタートさせる縦パスをいい形で前線に収めさせない作戦。バーミンガムパターン。3つめはベタ引きでラストを固めるってもの。多くのチームが使う形。というか、結局はアーセナルのパス回しに対する狙いどころを定められずに強制的にベタ引きにされるっていう部分が多いわけだけど。

今回のレディングは4つめの方法を採ってきた。そもそもレディングの守備は2つめ又は3つ目かなって思ってた試合前。前にマンU戦を見たときがそうだった。FWの守備は免除して、後ろの4‐4ブロックで守る形。4‐4の間のバイタルをしっかりと押さえて、そこに入ってくる縦パスを徹底的に潰すもの。このやり方はアーセナルに対しても有効だろうから、普通にそのやり方を採ってくるだろうって思ってたわけだけど。実際に採用されたのは全く別の形だった。

その守備のやり方は完全マンマーク。オールコートのマンツーマン。マンUみたいにシステム的合致を利用しながら、ある程度見るべき相手をはっきりさせる守備のやり方は普通に見られる形。そういう人ベースの守備は守備のやり方の1つとしてありうるし、完全なるゾーンよりは主流といっても間違いではないかもしれない。でも、今回のレディングはもっと徹底したマンマークだったと思う。

一番顕著だったのが、アデバヨール×ソンコの関係。CBのソンコがアデバヨールを追いかけてハーフェイライン付近まで付いて行くシーンが見られたと思う。アデバヨールがいつもよりゴール前にいる時間が短かったのも、このことが原因だったかもしれない。そして、このアデバヨールの場所に限らず、他の場所でも基本的にはどこまでも追いかけることが念頭に置かれてたのが今回のレディングだった。

相手の2トップに対しては、CBの2枚+1つ前のビケイの3枚で1人余る形に。アデバヨールとかファン・ペルシーの対応に真ん中から引っ張り出されることが多くなるだろうことを予想して、中盤の底にDF登録のビケイを入れたと思われる。逆にトップのキットソンが相手の2枚のCBに対応することで、残りの場所は1×1が明確になった。結果としてシステム的には4‐1‐4‐1みたいな形になってたと思う。

ただし、完全に見るべき相手を定めたマンマークで守るのは相手の組み立てのところまで。相手がある程度深い位置まで入ってきたら、ラストの人数ベース守備ブロックへと移行した。そんな危険な場所で1×1なんて言ってたら、大変なことになるだろうから。それに、カウンター的な流れで見るべき相手を捕まえ切れなくなった場合も自分の見るべき相手を探すよりも、とにかくゴール前に戻って最後を固めるっていうやり方を採っていたように思う。

ただ、この人数ベースの守備ブロックに不安がありあり。全体としてボールにばかり寄せられてしまう傾向が強くて、人数は多いのに他の場所が空いてるシーンが多々。1点目のシーンもそういう場面だったし。攻められる時間が長くなるにつれて徐々に集中力を上げていって最後の最後で跳ね返すシーンも多くなったけど、相手の組み立てを押さえる方に意識が向いている時間のラストブロックは結構危険な状況だった気がする。

オールコートのマンツーマン守備。なるほどなっていう新鮮さがあった。目から鱗というか。立ち上がりはそんな守備のやり方に気付かなかったから、なんだかやけに前線から積極的に守備をしてるなっていう印象を受けた。相手の低い位置の選手にまで積極的にプレッシャーをかけて行くから。後になってみればそれは自分が見るべき相手だったからだったんだけど、この時間は後ろのギャップは大丈夫かっていう部分が気になった。上にも書いたように、アーセナル相手に最前線からの積極的な守備が機能したのを見たことがないから。それにこれも上に書いたようにレディングは受けてバイタルをつぶすチームだと思ってたから。

にも関わらず、なかなかアーセナルがスムーズな攻撃を繰り出せない時間が続いた立ち上がり。後で書くように、今回の試合のアーセナルはスロースタートだったっていう要因が1つ。最初はそっちが気になってた。でも、試合が進むにつれてレディングの守備のやり方に興味が出てくる。そして、そのレディングのオールコートマンツーマンの守備がアーセナルのスムーズさを失わせたもう1つの要因だったように思う。

最終的には崩壊気味だった、この守備のやり方だったけど、案外アーセナルの攻撃に対しては相性がいいのかもしれないって思ったりもする。アーセナルの攻撃のやり方は縦パスを入れて、そのボールに対して複数の選択肢を用意するために周囲が動き、そうやって前の選手が動いた場所にそのまた周囲が動くっていうやり方。ボールが動くたびにそれが繰り返される。結果として文字どおりにボールも人も動くサッカーが可能になる。

ただし、ここにもう1つのポイントがある。それはボールに選択肢を与える選手が相手のギャップに入り込むってこと。そして、そのギャップで前を向くってこと。基本的には攻め始めれば前へ前へと向かっていくアーセナル。その推進力のために、高い位置で選手が前を向くっていうのは重要なポイントとなる。そんな中で近い関係で相手のギャップギャップを少ないタッチで次々にボールが動いて行くことで、相手に狙いどころを定めさせない。そうやってギャップギャップを素早く移動しながら相手ゴールに直線的に向かうのがアーセナルの攻撃。

じゃあ、今回の試合ではどうだったか。まず、狙いたいギャップは用意されまくってた。何しろアーセナルの選手が動けば相手もついてくる。しかも、ある程度までついてくるなんていう甘っちょろいものではない。基本的にはどこまでもついてくる。よって、動いた選手がもともといた場所にはスペースが残されてる。これによってアーセナルにとっては大好物のギャップが生み出されてることになる。

ただ、そのギャップにアーセナルの選手が入ってきたらどうなるか?普段のアーセナルならその場所で浮いた選手を作り出す。こないだの日本代表がやったように。SMFが降りてきて、代わりにSBとかボランチ、FWがそのスペースに入ることでスムーズにボールを引き出すっていう形が1つの例。でも、今回はそうは行かなかった。前の選手が動いてできたギャップに次の選手が入ろうとすると、その選手に対してもレディングの選手はしっかりとついてきた。この時点でギャップはギャップではなくなるっていう話。

結果としてアーセナルの選手は前を向けない。ギャップに入り込んで、一瞬でも浮いた瞬間に前を向くのがアーセナルの攻撃の中ではポイントになるってのは上のも書いたとおり。そして、ひとたび前を向く選手が現れれば、後ろから次から次へと選手が飛び出してきて前への推進力を高める。結果としてゴールに向かって直線的なアーセナルらしい攻撃が生まれるわけ。

逆に言えば、相手が常に近くにいて前を向く時間を与えてもらえなかったのが今回の試合。そうなるとアーセナルらしいゴールに向かったスピード感は失われる。立ち上がりの時間のアーセナルはパス自体はそれなりに回ってた。でも、そのパスの方向が後ろだったり横だったりってことが多いのなんのって。確かにパスは回ってたし、ポゼッション率も高まってた。でも、そのパス回しはアーセナルのパス回しではなかったと思う。ギャップギャップ、もっと言えば相手の急所急所を突きながら縦へと進んでくるアーセナルらしいパス回しではなかったって言える。

よって、アーセナルタイムは発動できず。低い位置で無為なパス回しが続くことになったと思う。そんな状況では相手の守備ブロックを押し込むこともできなかった。普段のアーセナルなら縦パスを入れてパス回しを始めた瞬間に相手には守備の狙いどころがなくなる。でも、今回のアーセナルはまず縦パスを入れたとしてもそこから本来的なパス回しを始めることができなかった。さらに、相手にはいまだ狙いどころが残されてた。極端なことを言えば、アーセナルがいくらパスを回そうがレディングには関係ない。レディングの選手は自分が見るべき相手だけをしっかりと見ていればよかった。だから、狙いどころは常に維持されてたって言える。

結果としていつものように相手をズルズルと押し下げられなかったアーセナル。しかも、攻撃のスムーズさがないアーセナル。組み立ての途中で引っ掛けられるシーンがいつもよりも多くなったと思う。いつものアーセナルならば1度攻め始めれば、一気に縦へと侵攻しちゃうんだけど、それも無理だったから。そして、こんな下地のもとに守備の方にもいつもとはちょっと違った側面が表れたと思う。

いつものアーセナルの守備の一番の勝負どころは攻撃後の切り替えの場所。攻撃に人数をかけてるから、その切り替えでも人数をかけた守備ができる。よって、相手に奪われてからすぐには全体のブロックを押し下げずに、攻撃のままの高さを保ったままに守備を行う。そして、2次3次攻撃へとつなげていく。ここで考えなければならないのは、この守備のベースには攻撃において相手を押し込んでるっていう事実もあるってこと。完全に押し込まれた相手には前線の選択肢が少ない。だから、アーセナルが切り替えで守備を行うと、相手は全く逃げ場がなくなってしまうってこと。

そして、攻撃において相手を押し込めなかったのが今回のアーセナル。さらに言えば、そもそも自分たちの攻撃にいい形で人数をかけることができなかった。何しろいつものアーセナルらしいパスを回せてないんだから。もう1つ直接的な(レディングの守備に関係ない)アーセナル自身の問題もあったわけだけど、それは後の話。とにかく、いつもの守備の勝負どころである攻撃後の切り替えの守備は完全に機能しなくなっていたといってもいい。

じゃあ、組織を作った時の守備はどうなのかって話。こちらもいつものアーセナルのやり方から見てみると、いつものアーセナルは1つ1つの場所で最短距離を切りながら追いこむっていうやり方を採ってる。そして、最終的にはボールサイドに人数をかけて相手を孤立してボールを奪う。ただし、FWから積極的に守備をしないから、あくまでも相手が地上から仕掛けてきてくれればってことになるわけだけど。よって、トップへの意識が強いレディングの攻撃は苦手。ブロックを作った上で、中盤で効果的に守備ができたシーンはほとんどなかったと言ってもいい。それに深い位置まで攻め込めなかったってことは、要するに途中で引っ掛けられるシーンが多かった立ち上がりの時間帯のアーセナル。守備ブロックを作って受けること自体が少なかったって言えると思う。

そんなわけで今回の試合の立ち上がりの時間帯のアーセナルはとにかく深い位置でボールを奪うシーンが多くなった。この時間はレディングの方も守備で後ろに人数が増えるようなアンバランスな状況になってなかったから、それなりに攻撃に人数をかけてきてたし。まあ、そんな中でレディングがチャンスを作ったかと言われれば、全然チャンスはなかったわけだけど。

ちなみに、実はそうやって深い位置で奪うアーセナルの守備は作戦なんじゃないかとも思ったりした。何しろ相手はオールコートマンツーマンの守備。これが厄介だったわけで。じゃあ、そのマークを一番外せるのはどんなときかって言えば、相手が攻撃に出てるとき。つまり、アーセナルは守備からの切り替えにおいてもっとも自由になることができる。だから、あえて深い位置まで攻めさせて、そこから一気にカウンターっていう方法を選んだんじゃないのかなっていう。実際にはたぶん、そんな考え方はなかったであろうことが後々になって分かるわけだけど。

さて、そんなアーセナルもちょっとした工夫はしてた。そもそも相手のオールコートマンツーマンの弱点は何か?それは1×1をはっきりとさせること。これは長所にも短所にもなりうること。長所ってのは見るべき相手がはっきりすること。さらに、それを固定することで相手がどれだけ動こうが浮いた選手を作ることは原理的にあり得ない。ただし、逆に1×1が固定されてるだけに、その1×1の勝負に負けると一気に危険なシーンに陥る。そして、どう考えたって単純な1×1ではアーセナルの選手の方が上。これが弱点になりうる部分。

もちろん、レディングの方もそのためにある程度の対策は採ってきた。どちらもここまで取り上げてきたこと。1つは相手に前を向かせないっていうこと。これならばアーセナル相手の1×1の関係でも守備側が優位に立つことができる。1×1を作ったことで前を向かせなかったし、前を向かせなかったことで1×1を維持したって言える。さらに、もう1つはゴール前は1×1の原則を外して人数ベースで守備ブロックを作ったっていうこと。これについても上に書いたとおり。

アーセナルとしてはこの1×1をどう自分たちに優位に働かせるかっていうのがポイントになった。あとになって分かることだけど、実はアーセナルはいつもどおりに戦ってれば、普通に1×1を自分たちに優位に働かせることができた。というか、いつもどおりに戦ってれば相手のオールコートマンツーマンなんて気にも留めずに攻撃ができた。でも、最初のアーセナルのアプローチはいつもどおりに戦うっていうことではなかったと思う。というか、むしろいつものやり方を捨てる方向に進んでいた気がする。

パスはつなげても横方向、後ろ方向の質が多くなってしまったアーセナル。ここで選択に迫られた。パスをつなぐっていう自分たちのやり方を採るのか?縦に急ぐっていう自分たちのやり方を採るのか?どちらもアーセナルのやり方。いつもは短いパスをつなぎつつ、同時に縦へ縦へと急ぐアーセナル。でも、現状ではその共存は不可能。ここでアーセナルは決断を迫られた。そして、この時点では後者を重視するようなやり方を採ってきたと思う。

つまり、ショートショートをつないで縦に進むんじゃなくて遠めのパスを織り交ぜながら縦に進むやり方を採ってきたってこと。いつものアーセナルよりもパスにおいて遠くを見てるような状況が見られるようになった。低い位置から一気に、またはワンクッションおいて相手のウラを狙うボールを増やしていった印象。そして、そこに1×1の勝負を強調してきた。クリシーの一気に縦に進む運動量だったり、ウォルコットのスピードだったりを有効活用しようとするボールが増えたと思う。短い距離よりも長い距離で勝負させた方が力差は顕著になるはず。そんなやり方が多くなっていったと思う。

ただし、いつものように近い場所をつなぐパス回しよりも確実性は明らかに落ちてしまう。パスの距離が遠くなるのもそうだし、相手と勝負させるからにはギリギリの場所を狙わなければならない。その中で微妙なズレが生じて、ボールがつながらないっていうシーンが多発。結果として攻撃が分断されることが多くなって、うまくリズムを作ることができなくなった。

こんな感じのアーセナルの苦労だけど、最初の方で書いたとおり、その要因はレディングの守備のやり方だけにはない。というか、むしろアーセナル自身の問題の方が大きかったと言ってもいいと思う。なぜなら、アーセナルが本来的なやり方を用いるようになってからは、完全にアーセナルのペースになったから。そこではレディングのオールコートマンツーマンも無効化されたってのは上でも触れたとおり。

そもそも先制点を奪う前後の時間までのアーセナルは明らかに様子がおかしかった。具体的に言えば、とにかく運動量が少なかったと思う。だから、アーセナルらしいボールに対して複数の選択肢を作る動きは皆無。ボール保持者は常に孤立気味。さらに、そうやってボールに対する複数の選択肢を作るための動きから生まれる流動性も皆無。ボールを追いぬくような後ろからの飛び出しも皆無。そもそも攻撃のスタートとなるボールを引き出す動きすらもほとんど見られなかった。

この時間に頑張ってたのはアデバヨールとクリシーのみ。アデバヨールは左右に流れて積極的にボールを引き出す動きを繰り返した。この時点で相手のCBソンコが完全に引っ張り出されてるのに、別の選手がそこを突く動きをせず。さらにボールを引き出したアデバヨールに対するフォローもほとんどなし。クリシーの積極的な飛び出しでなんとか深い場所にボールを入れてるような状況だった。

1つ前のマンU戦でもらしいパス回しができなかったアーセナル。その要因はファン・ペルシーが消えたこととSB&Gシウバが攻撃参加を自重したこと。結果として攻撃に絡んだとは2トップのアデバヨール&フレブと中盤からエブエ&セスクのみ。これじゃあ近さは作れないってのは前のときに書いたとおり。今回はフレブとファン・ペルシーの場所を入れ替えて、その辺に改善を図ってきたのかなって思ったのに、悪い時間帯にはどちらも完全に消えてしまった。これなら前回の方がマシだったんじゃないかっていう話。その上、セスクも攻撃に顔を出さなかったし、ウォルコットも単発突破のみ。今回は最悪だったって言える。

そんな流れが変化したのが前半の25分過ぎから。このぐらいの時間からフレブが突如として目立ち始める。それまでどこにいたのか分からなかったフレブだったけど、真ん中に流れてきたりCMFの場所まで下がったりしながら、徐々にボールタッチの回数を増やしていったと思う。そんな流れの中で生まれたアーセナルの先制点。この得点自体はアーセナルの攻撃の改善を示したものではなかったけど、この得点がスイッチとなって突如としアーセナルの攻撃に変化が生まれた。

それまでの運動量の少なさが嘘のよう。フレブだけではなくて、全体としての動きが活性化した。まず、目に見えて動きが変わったのが右サイドのコロ・トゥーレ。それまでは一切攻撃に参加してこなかったコロ・トゥーレが突如として上下動を繰り返すようになった。さらに、眠っていたセスクも動きだす。これが一番、大きかった。高めの位置に入りながら常にボールを受けられるような場所に位置してタッチ数を増やしてたと思う。もちろん、FWになるセスク本来のよさも見られた。さらに得点を奪ったGシウバが攻撃に積極的に顔を出すようになった印象。

ただし、ファン・ペルシーとウォルコットはそういうアーセナルらしい攻撃にイマイチ乗り切れてないかなっていう印象を受けた。ファン・ペルシーは一時期のエドゥアルド状態。つまり、組み立てのところではあまり目立たないっていうこと。結果としてアデバヨールの組み立てへの負担が久々に大きくなってた。ウォルコットに関してはスタイルの問題かなっていう。他の選手が少ないタッチで次々にパスを回していく中で、1人だけドリブルでの仕掛けがファーストチョイスになってる。もちろん、それが悪いってことではない。この試合に関してはキレキレのウォルコットがアクセントを加えてた面は大きかったし。

それでも、立ち上がりの悪い時間から比べれば格段に素晴らしさを増したアーセナルの攻撃。チーム全体の運動量が増した時点でアーセナルらしさを復活させたと思う。ボールに対して近い場所で複数の選択肢を用意することができるようになり、結果として一気に攻撃のスムーズさが増したアーセナル。パス回しにスピード感が生まれたと思う。それはめでたいこととして、レディングの守備はどう崩したのかっていう話になってくるわけだけど、上にも書いたように本来のアーセナルらしさを取り戻した時点でその問題は自然と解決されていった。

パス回しのスピードが格段に上がったアーセナル。最初の時点では前を向かせてもらえないから、当てて戻してっていうパス交換の繰り返しなんだけど、そういうパス交換をスピーディーに行っている中で、どこかしらに相手の守備がルーズな場所が生まれてきた。その瞬間に前を向くアーセナルの選手。そして、1度前を向いて前に向かったパスができるようになれば、もうアーセナルタイムの始まり。後ろから抜いて行く選手も多いアーセナル。前へ前へっていう推進力を相手は止められない。前を向かせないっていう目標が崩された時点で、レディングのオールコートマンツーマンの守備の機能性は崩壊したといってもいい。

前を向かれた時点で1×1では分が悪いレディングだから、この時点で守備の根拠がなくなったって言える。結局はいつものアーセナルの相手と同じく、ズルズルと引いて行くしかなくなってしまった。それまでは相手CMFに対して敵陣内までプレッシャーをかけて行ってたのに、それがだんだんと弱まっていった。この時点で本来のアーセナルに戻ったと思う。相手の前線の選択肢が少なく、アーセナルの攻撃にかける人数が多いから、攻撃の切り替えからの高い位置での守備も機能するようになった。レディングの方は立ち上がりの時間が嘘のように敵陣内に入る人数が減っていった印象。

ちなみに、ここでレディングの守備の根拠をなくした原因がもう1つ。それはアーセナルのCBの積極的な攻撃参加。このCBの攻撃参加は立ち上がりからずっと見られた形。相手の守備の根拠をなくすヒントとしてずっと提示されてた。アーセナルのCBを見る役割はキットソン。でも、実際にはCBの持ち上がりに対しても無反応だった。マンU戦を見てもFWの守備は免除されてたから、その辺も関係してたかもしれない。

というわけで、自由にボールを持ちあがれたアーセナルのCB。しかも、2人とも攻撃が好きっぽい。的陣に入ってくこともしばしば。ここでレディングには問題が生じる。相手のCBを誰が見るんだ?っていうこと。何しろ後ろは1×1がはっきりとされてて、誰にも余裕がないわけだから。最初は誰も相手CBのドリブルの持ち上がりに対応できなかった。さすがに自陣に入られたろころでヤバいだろっていうことで誰かしらがプレッシャーに行く状態。底の選手が出て行くなんていうイレギュラーな状況も多々見られたと思う。このギャップを立ち上がりのアーセナルは有効活用できなかった。せっかくのチャンスなのに、前線の動きが足りずにギャップがギャップのまま残ることが多くなったと思う。そこのところを利用できるようになったのも、本来のアーセナルになってからだった。

ここで大いなる疑問。なぜアーセナルは最初から本来の戦い方をしなかったのか?その後の時間を考えれば、もっと早く試合を決められたはずなのに。ここで低調な立ち上がりは作戦だったんじゃないかって考えると面白い。何のための作戦か?それは後遺症をなくすため。最初からトップスピードで入るいつもの試合では、必ず後半になると運動量がガクッと落ちるアーセナル。そして、運動量の落ちはアーセナルの攻撃にとっては致命傷。何もできなくなってしまう。これへの対策として後半からシステムを4‐5‐1に変更するなんてやり方も試してみてはいたけど、そううまく行ったっていう印象もなく。というわけで、これまでは現実的な解決策が見つからずにいたってのが本当のところだった。

この抜本的な解決のためのテストが今回の試合だったかもしれない。アーセナルにとっては消化試合といってもこの試合。相手も手ごろ。絶好のテスト日和。要するに最初はゆっくりと入る。守備をベースに戦えば、しっかりと守備もできそうなアーセナルだから、0点に抑えるのはそんなに難しくない。攻撃の方は省エネで、できればアデバヨールが個人の力で行ってくれればラッキーってとこか。

もちろん今回の試合のように運よく先制点が取れないことだってあるはず。そしたら、ある一定の時間から勝負に出ればいい。相手にとっては試合開始直後の元気な時間よりも、疲れている時間にアーセナルのパス回しを防ぐ方がよっぽど嫌に決まってる。省エネで入って試合を決めるところでアーセナルらしさを出す。そんなやり方も面白いと思う。

これまではある意味ではアーセナルは馬鹿正直すぎた。常にパスを回すし、常に最初からトップスピード。そこにメスを入れたのが今回の試合だったと思う。実際に途中からペースを上げた今回の試合では後遺症の影響もさほど出ず。攻撃の中心だったアデバヨールとフレブが抜けてからはちょっと勢いが衰えたけど、それは運動量の問題とは別。そういう意味ではテストは成功だったって言える。本当にテストだったらだけど。

最後にアーセナルのCKのやり方についてちょっとだけ。今回の試合のアーセナルのCKはすべてショート。セスクとファン・ペルシーが近くにいて、1人がボールを動かしてもう1人が止めてから、最初の1人がクロスを上げるっていう形だった。このやり方のメリットの1つは相手のマークが外れるってこと。さらにもう1つは角度をつけることによってゴールに向かう質のボールを蹴れるってこと。いわゆる、触っても触らなくてもっていう質のボールが多くなったと思う。ただ、いつもこのやり方だと慣れられてしまうので時にはファン・ペルシーがクロスを上げずにドリブルで入って行くなんていうバリエーションも織り交ぜてた。このCKはなかなか面白かったと思う。

ところで、アーセナルな方向に向かっている予感の日本代表。今日のパラグアイ戦でその是非が見られるんじゃないかって思ってたりする。でも、残念ながら今日もリアルタイムで見られそうもありませんので、記事の更新は明日か明後日になりそうです。ご了承ください。
別窓 | 国外リーグ | コメント:2 | トラックバック:0 |
2008-05-18 Sun 18:21
エバートン×チェルシー
<エバートン:4-4-2>
FW:ヤクブ-Aジョンソン
MF:マヌエル・フェルナンデス-Pネビル-カーズリー-ピーナール
DF:レスコット-ジャギエルカ-ヨボ-ヒバート
GK:ハワード

<チェルシー:4-3-3>
FW:カルー-アネルカ-Jコール
MF:エッシェン-SWフィリップス、ミケル
DF:Aコール-テリー-カルバーリョ-フェレイラ
GK:チェフ

リバプール戦でのエバートンは精彩を欠いていた。その要因はシステム変更。ケガ人続出のチーム事情を反映していつもの4‐4‐2を採用できず、4‐1‐4‐1での試合に臨んだ。特に大きかったのが2トップ→1トップへの変更。攻撃ではトップを狙うのが目標の1つであるエバートン。その目標が2枚から1枚になってしまったわけで。その影響は多大。さらに、2列目が1トップのヤクブに効果的に絡めず、ヤクブは1人でいつもの2人分の仕事量を要求されてたと思う。結果、トップ不在のイレギュラーな状況が多く見られた。

守備ではトップが追いかけることをスタートとしているエバートン。そのトップが1枚になってしまったことによって、守備のスタートが切れなくなった。それに伴って人をしっかりと押さえる後ろの守備の良さも消え気味だったように思う。エバートンらしくないエバートンが見られたリバプール戦だった。後々のことを考えると、このリバプール戦での敗戦は痛かったし。

そう考えると今回の2トップの採用はリバプール戦から比べれば明らかな好材料。立ち上がりは2トップに戻ったことによって、いつものエバートンらしい内容が見られたように思う。攻撃では単純にトップを狙うボールが増えた。リバプール戦でもそういうボール自体は多かったけど、その実効性が全く異なってた印象。何よりも単純にターゲットが2枚になったこと、結局ヤクブに入れるとしてもすぐ近くに相棒がいたことが大きかったと思う。1トップになったことで、ヤクブが真ん中に重点を置けたのも好材料。

さらにチェルシーとリバプールの守備の違いも影響を及ぼしたような気がする。リバプールの真ん中の場所はCB-CMFの2-2が距離を近づけて一体となって押さえてる。対してチェルシーの真ん中は枚数的にも2-1だし、加えて最終ラインと中盤の関係性がリバプールほどよくない。だから、エバートンの1発のボールが収まりやすかったって言える。

そうやってトップに単純に入れたボールをサイドに展開するのがエバートンのやり方。これはリバプール戦でも見られた形。立ち上がりはしっかりと機能してたチェルシーの中盤での守備。エバートンがパスをつなぎながら組み立てを行おうとすると、ことごとくチェルシーの中盤で引っ掛けられてしまった。だから、その中盤を飛び越すボールを蹴っておいて、その後に展開をするってのは理にかなった考え方。トップに当ててピーナールへ(今回は右サイドに入った)っていうエバートンの攻撃の1つのパターンが目立った印象。2トップにしたことでこの一連の展開がスムーズに運んだと思う。

ただし、2トップにしたことによるエバートンの良さが見られたのは本当に立ち上がりの数プレーのみだった。なぜならば、その後はチェルシーに攻め込まれる時間帯が続くことになったから。それについて、ここから詳しく見ていくことになるけど、簡単にいえば本来やりたい4-4-2を維持できなくなったってこと。チェルシーに押し込まれたエバートンの守備ブロックは4-4-1-1になる。この4-4-1-1がいろいろな弊害を生み出した。マンUほどとは言わないけど、エバートンが安定してるのは4-4-2というよりは4-2-4みたいな形のとき。というか、本来は4-1-3-2で戦ってるわけだし。そういう、攻守に渡って前がかり気味のシステムが維持的なくなった時点で、エバートンは悪循環の波に飲み込まれて行ってしまった。

最終的には押し込まれてしまうことになるエバートンだけど、本当にやりたかった守備のやり方はいつもどおりのものだったと思う。つまり、上でも触れたようなトップが前線から追いかけて後ろが人をしっかりと捕まえるってこと。最前線を2トップの形で維持できてた時間はリバプール戦のように守備のスタートがうまく機能しないなんてこともなく。相手のCBの持ち上がりを防ぎながら後ろとの関係で制限を加えるような守備のスタートが機能してたと思う。

ただし、チェルシーはなんだか知らないけどビルドアップが抜群にうまい。昨日見たマンU戦もそうだったし。チェルシーのビルドアップの特徴はゆっくりと確実にってこと。低い位置のボールに対しても近づくランニングを組み合わせながら、近くに逃げ場を常に置いておく。低い位置のボールに対して近づくランニングをするってのは、つまり上から選手が助けに降りてくるってこと。これじゃあ、前線が薄くなってしまう。それを防ぐために、1人が下がってくれば別の選手が入れ替わりで出て行くっていう動きがチェルシーのビルドアップの特徴の1つ。前の人数を減らさずにボールを徐々に高い位置に持って行く。その中で全体が押し上げていくみたいな。

前が降りてきて代わりに別の選手が出て行く。これはアーセナルのビルドアップでも見られる形。でも両チームではゴールに向かう意識に雲泥の差があるかなって気がする。アーセナルは今までにも書いてきたように、ゴールに向かうためにパスをつないでいく。だから、少ないタッチでスピーディーに次々と局面を変えていく。対して、チェルシーはある意味ではパスをつなぐためのパスが多い。ゆったりとしたリズムで広いとこ広いところをつないでいく。ゴールに向かうために狭い所にでも強引に入り込んでくなんて考え方はチェルシーにはないと思う。

そう考えると、どちらかというとミランに似てるかなっていう。後で書くようにパスがつながりまくっても相手ブロックに仕掛けられないあたりはそっくり。でも、ミランと比べるとそれはそれで違いがある。ミランのパス回しには真ん中を空けるっていう目標があるけど、チェルシーの方にはそんな目標は感じられない。とにかくボールをつなぎまくろいっていうイメージ。去年の日本代表の近いのかも。なんていうことを言ってるときりがないので、比較はこれぐらいに。

前にチェルシーの↓↑の動きってのに触れたことがある。ここまで書いてきたような、1人が降りてきて別の選手が代わりに出て行くっていう。チェルシーのこの↓↑は質が高い。上の選手が降りてきて相手を引っ張り出したスペースを、後ろから出て行く選手が効果的に活用。マンUとかエバートンみたいに人への意識が強いチームに対してはさらに効果的に機能する。引っ張り出しておいて背後に入り込むっていう動きの中で的確に間に入り込んでくる。そこで浮いた選手が簡単にボールを受ける。そうやってスムーズに前線にボールを運ぶことができると思う。

しかも、こういう一連の流れをボールを動かしながら行うのが今のチェルシー。逃げ場を常に維持しながら、相手がプレッシャーに来たところでシンプルに次の場所へと逃げて行く。よってエバートンの方は守備の狙いどころが定まらない。ボールを回されて、狙いに行ったところで簡単に否される。守備が後手後手に回って、むしろ背後にギャップだけを残してきてしまう困った状況。そのうちにズルズルとブロックが押し下げられて行ってしまった。これが4-4-1-1悪循環の始まり。

ところで、前線で頑張ってたはずのエバートンの2トップの守備はどうなったのかって話。上にも書いたように、2トップが2トップのまま維持されていた時間には2人が守備のスタートとして効果的に機能してたと思う。でも、これに対してのチェルシーの対応もしたたかだった。相手のトップの守備が効果的に機能してるとき、つまりCBがボールを持ちあがれないし、前線に出そうとしても狙われてるとき、チェルシーのCBは単純に前線に蹴ってしまった。

今回の試合ではトップがドログバではなくアネルカだったチェルシー。よってロングボールを蹴っても全くチャンスに直結せず。というか、普通に相手ボールになることが多かった。でも、相手ブロックを押し込むことには成功したって言える。ロングボールで相手ブロック全体の後ろへの意識を高めておいて、改めて組み立てなおすっていうアプローチが目立った印象。

こういう部分を見ても。チェルシーの組み立ての中にあるのは自分たちの陣地をいかに増やすかっていう考え方。とにかくボールをつなぎたいチェルシーだから、相手のプレッシャーがない安全地帯を増やすことが何よりも目標になってたと思う。相手が全体として前に守備意識を向けてくれば、迷わずに蹴ることで後ろへの意識を高めるし、中盤のところで守備意識を高めてくれば、DFとの間のギャップに入り込んで、中盤の前への意識を削いでしまう。さらに、常に安全な場所安全な場所へとつないでいくポゼッションで相手に狙いどころを定めさせない。ブロックをズルズルと引かせるとともに、引いてしまったブロックを深い位置に釘づけにする。そんなチェルシーの攻撃だった。

ただ、そういうビルドアップまではスムーズだったチェルシーの攻撃の勢いがラスト1/3のところで一気に陰ってくる。ビルドアップのうまさをベースとしながら、相手を押し込んで自分たちの陣地を増やすことには成功したチェルシー。でも、そこからゴールに向かうにあたってどうすればいいのかってことが全く見えず。昨日のマンU戦の時に書いた懸念がダイレクトに表れてたと思う。

ドログバがいたマンU戦では、そのドログバを目標とすることで思ったよりも相手のラストブロックに仕掛けていく回数が多くなった。ドログバの存在が強引な入り込みにつながったって言える。でも、今回のエバートン戦のトップはアネルカなわけで。アネルカはドログバほど確固たる存在じゃない。結果としてどうしようもないとしか言えない展開が生まれた。

昨日も書いたとおりアネルカはトップの場所を不在にすることが多い。ただ、今回の試合を見て改めて思わされたのは、そのトップを留守にする動機が不純だってこと。全体のバランスを見てとかパス回しを助けるためっていうよりは、ただ単純に狭い場所が嫌いってだけのような気がした。アネルカが相手が作った4-4のブロックから簡単に出てきてしまって、ブロックに仕掛ける上での目標がいなくなってしまった。ただ、そのブロック内で待ってたとしてもアネルカにドログバほどの信頼感があるかどうかは微妙なところだけど。

ボールが大切なチェルシー。ドログバにならばたとえボールを失う可能性があったとしても無理やりに狭い場所にボールを送り込む価値があると考えられる。でも、アネルカはそのブロック内にはいないし、いたとしてもボールを失うリスクの方が高いと判断される。よってチェルシーの攻撃の中ではゴールに向かうことよりもボールを失わないことが優先されてしまっていた。パス回しはすべて相手のブロックの外外をつなぐもの。ボールはよく動いてるし、その中でパス&ゴーを織り交ぜながらリズムを変える場面も見られる。でも、例外なくボールは相手のブロックの外外でつながっていった。

だから、ポゼッション率を高めてもゴールに向かうシーンが恐ろしく少なかったのが今回のチェルシー。しかも、相手のラストブロックへの仕掛けの選択肢も恐ろしく少ない。目立ったのは外外でボールをつないだ上で、結局ラストも外からって形。サイドでWG-SBが関係性を作って深い位置までえぐり、そこからクロスっていうやり方。でも、左のカルーは中に流れ気味で縦をえぐることが少なかったし、右は右でJコールが乗り切れてなかった今回の試合。セットプレーを含めてキックの精度がかなり低かった。よって効果的なクロスを送り込むことは結局できなかったと思う。

それにクロスに対して反応する中の選手が少ない。ボールを支配して前線に人数をかけてるのにも関わらず。ボールは友達のチェルシー。ボールを失いたくないから相手のラストブロックに仕掛けないってのはここまでにも書いたとおり。同時にボールが欲しい選手が次々にボールに近づいてきてしまう。ブロックの外でボールが動いてるわけだから、選手はみんなブロックの外に出てきてしまう。結果として相手のブロックを取り囲むようにチェルシーの選手が配置される状況が目立った。攻撃に人数をかけてるのにゴール前が薄いっていう謎な場面が多々見られた。

そんな中、相手のブロック内で孤軍奮闘してたのがSWフィリップス。アネルカがしばしばトップの場所を留守にすることによってできたスペース(と言っても敵は密集)の中で爆発的なランニングを繰り返してスイッチとして機能したと思う。チェルシーがエバートンのラストブロックに仕掛けたり、強引にエリア内に入り込んだりっていうプレーのほとんどは実質的にSWフィリップスの動きによって引きだされてた。ただし、やっぱり1人だけの動きじゃ辛いわけで。なんとかブロック内に入り込んだとしても、ことごとくエバートンの密集守備ブロックに跳ね返されてしまっていた。

だからこそ、得点シーンには意味があったと思う。このシーンは今回の試合で唯一エッシェンが相手ブロック内に入ってきたところから生み出された。それ以外の時間のエッシェンはとにかく相手のブロックの外でのプレーが目立ったと思う。ブロック外でのタッチ数を増やしながら、よく言えばうまくボールを散らして組み立てを行ってた。ただし、あれだけ押し込んでいたことを考えれば、その仕事はミケルに任せてもよかったんじゃないかって気がする。むしろ、エッシェンがブロック外で目立ちまくってる状況は前線が薄くなることを意味してたわけで。得点につながったことからも分かるとおり、もっと積極的にゴール前に出て行くプレーをすればよかったのにって思う。

こういうところから見ると、チェルシーは自分たちから相手のブロックに入り込むのがとっても下手だってことが分かる。自分たちからアクションを起こして相手のブロックに穴を作るのが下手だってこと。昨日見たマンU戦ではブロック内に入ることが多くなったけど、それだって工夫は皆無。ドログバの個人の力に任せた結果。それに対して、今回みたいな試合が今シーズンどれだけ多いかって話。つまり、ブロックの外でボールをつなぎまくるってこと。そして、全然ゴールに向かって仕掛けられないってこと。

じゃあ、なんでビルドアップがスムーズかっていうと、なぜかチェルシーはなぜか相手のギャップに入り込むのが抜群にうまいから。ギャップを作ることはできないけど、現に存在するギャップに入るのはうまい。ビルドアップがうまいのは、その時点では相手がまだ中途半端に引っ張り出される余地があるから。中途半端に出てきた背後をついていくってのは上にも書いたとおり。でも、ラストブロックを完全に固めに来た相手に対してはそうは行かない。ただ、ボールを回してるだけじゃおびき寄せることはできない。相手はラストで跳ね返すことを心に決めてるわけだから。そのときにチェルシーには工夫がない。そして、ボールばかりが相手のブロックの外で回って行く。

ただし、それでも主導権を握ってたのは圧倒的にチェルシー。チェルシーはラストの崩しが全く機能してなかったけど、それ以上にエバートンは攻撃が全くできなかった。それはチェルシーによって4‐4‐1‐1にされてしまった影響が多大だったから。ビルドアップがうまいチェルシーに対していつものような前線で追いかけ、後ろは人を捕まえる守備ができなかったエバートン。狙いどころが定まらずに全体が押し下げられてしまったのはここまでにも書いてきたとおり。そして、その結果として深い位置に4‐4‐1‐1のブロックを形成してラストで跳ね返すしかなくなってしまった。

この時点で2トップは幻と消えた。それでもボールを得たエバートンはトップのヤクブを目指す。でも、4‐4‐1‐1になっているエバートン。4‐4‐1‐1は知っての通りの先細りシステム。マンU相手のリバプールが陥った悪循環へ。トップを目指しても相手としては押さえるところははっきりしてる。しかも、相手はテリー&カルバーリョ。その前にミケル。そう簡単に切り替えでヤクブに収まるわけもなく。ヤクブへのボールが奪われて再びチェルシーの攻撃が続くっていう形が目立つことになった。

運よくヤクブに収まったとしても、その後はどうするんだって話。上にも書いたように、トップに当てて→サイドへ展開ってのがエバートンの攻撃の1つのやり方。じゃあ、そのサイドの選手はどこにいるかってこと。それは超低い場所。チェルシーのSBの超攻撃参加に対応してたエバートンのSMFはかなり深い位置まで押し込まれてた。だから、切り替えでヤクブに収まったとしてもすぐにそこに絡めるはずもなく。出し所のないヤクブは頑張りむなしく結局はボールを失ってしまうこととなった。

切り替えでヤクブに収まらない。収まってもつぶされてしまうエバートン。そんな状況では後ろが押し上げられるはずもなく。4‐4‐1‐1のままに相手の攻撃を再び受ける状況に。しかも、1度相手にボールを持たれたらなかなか奪い返すことはできない。チェルシーはボールを失うリスクを最小限にして攻めてきてるんだから当たり前。押し込まれる→奪ったら先細りのトップへ→奪われる→押し上げられない→押し込まれる、の完全なる悪循環に陥ってしまったと思う。

これは本来のエバートンとは全く違った戦い方。本来のエバートンは上にも書いたように高い位置から守備を始める。両サイドも自分の前に対して積極的に守備をして行くことが多い。そうやって、守備時から攻撃のポイントとなるトップとサイドの関係を良好なものに保っていると言える。攻撃に人数をかけられるから高い位置での守備も効き、高い位置での守備が効くから攻撃にも人数がかけられる流れ。今回は真逆。攻撃に人数をかけられず高い位置での守備が効かず、高い位置での守備が効かないから攻撃にも人数をかけられない。本当に苦しい状況だったと思う。

この時点で0‐0引き分けの匂いがプンプンのこの試合。エバートンは活路が見出せず。ただ、結果として逆にラストの踏ん張りで失点を防ぐことだけに集中することができた。対するチェルシーは圧倒的なポゼッション。でも、相手のラストブロックには効果的に仕掛けられず。ボールを持ってるだけでチャンスは少ない状況。日本とアジアの格下の試合を見てるようだなと。ただし、チェルシーが先制点を奪ったことによって0‐0の予感は外れたわけだけど。

ここまでは恐ろしいほどにマンU戦とそっくりなチェルシー。ボールは好きなように持てる。ポイントはラストをどうやって崩すか。相手の引いたブロックに対して、そのラストの崩しで苦戦。そんな流れの中で前半の終了間際に先制点(しかも、中盤からの飛び出しで)。さらに似なくてもいいところまで似てくる。それは攻撃に出てきた後半の相手に対して、守備が機能性を失うっていう状況。ちなみに、このエバートン戦は実際にはマンU戦の1つ前の試合。あんまり関係ないことだけど。

後半は攻撃に出てきたエバートン。ピーナール→アンチェベとAジョンソン→グラべセンの同時交代で勝負をかけてきた。システムも本来の4‐1‐3‐2へと変更して。これによって縦関係っぽかった2トップが普通の2トップになり、加えてトップ下に選手を置いたことでヤクブの孤立を解消する狙いがあったと思う。そして、その思惑が功を奏して流れはエバートンに傾いていった。ように見えた。確かに流れはエバートンに傾いていったけど、その要因はエバートンのメンバーとかシステムの変更にはなかったと思う。じゃあ、何かっていえばチェルシーの守備のまずさ。

そもそもマンUとは違って引き分けでもよかったわけでもないエバートン。というか、絶対に勝ちが欲しかった試合。しかもホームでの戦い。マンUのように最初から攻撃を捨てて、守備に重点を置いてくる意図はなかったと言ってもいい。それでも前半は圧倒的にチェルシーがボールを支配。その要因は単純にチェルシーのサッカーの内容がエバートンのサッカーの内容が上回ったからだって言える。

1つはここまで書いてきたような攻撃面での圧倒的なポゼッション。加えて、守備の良さもチェルシーが主導権を握ることができた要因だったと思う。立ち上がりのチェルシーの守備は本当に質が高かった。相変わらず1度ブロックをセットしてからのスタートだったけど、相手が1つ入ってきたところで一気に厳しいプレッシャーをかけていったと思う。それに対する連動性もいいものだった。そうやってエバートンのパス回しはことごとく中盤の場所で引っ掛けていったと思う。だからこそエバートンは蹴る攻撃が増えたってのは上にも書いたとおり。ただし、ここまでは昨日見たマンU戦と同じ流れ。

今のチェルシーの問題はそういういい形の守備を維持できないってこと。今回も前半の途中からだんだんと守備がルーズになって行った。問題は守備のスタートが機能しなくなっていくこと。最初の場所で忠実に守備ができると、モウリーニョが残した遺産のおかげかその後も芋づる式に連動性が高まって行く。でも、スタートのところでしっかりとしたプレッシャーがかからないと、その後もズルズルとルーズな対応が続いて行ってしまう気がする。相手がパス回しを始めてしまったら、もう対応できないよみたいな。しかも、悪いことに中途半端に対応しに行って最終的にはDFが晒されるってシーンが多くなる。これは昨日も書いたとおり。

そして、後半になってエバートンが攻撃に出てきたところでこの守備の問題が露呈した。完全にマンU戦と同じ流れ。前半はことごとく分断されていたエバートンのパス回しがつながりまくり。しかも、そのパス回しの中で1つ1つの場所がことごとく浮いていた。チェルシーの中盤での守備がルーズになり、実効性のある守備ができなくなったと思う。そんな中で狙いどころが定められなくなったチェルシーのブロックはズルズルと引いてく。一時はアネルカも含めて全員が自陣に戻る形だった。

じゃあ、こういう前後半の守備の違いがなぜ現れるのかって話。要因はいくつか考えられる。1つは攻め疲れのアーセナルパターン。ショートショートのパス回しで疲れてしまい、後半は運動量がガクっと落ちるってこと。ただ、チェルシーの定型的パス回しではアーセナルほどスタミナを消費するとは思えないけど。それに常にハイペースで試合を進めるアーセナルと違って、チェルシーは多くの時間をゆっくりと過ごしてるし。

というわけで他に考えられるのは気まぐれっていう要因か。でも、気まぐれであれだけ守備の質が変わってしまうとマンU以上だぞっていう。マンUの場合は前線の選手の気まぐれで、守備のやり方にいろいろと影響が出るけど、チェルシーの場合はチーム全体にムラがあるわけだから。ということは、これも現実的な考え方ではないか。

最後に現実的なものを1つ。それはチームとして守備を弱めるって考え方。というか、守備の勝負どころを変えるってこと。1点リードした時点で中盤での守備は捨ててラストの場所へと守備を移行しようとしてるのかもしれない。アネルカまでを自陣に戻した今回のやり方を見ると、あながち間違ってないような気がする。それに攻撃でも急に人数をかけないやり方に変更してくるし。前半にあれだけ人数をかけてポゼッション率を上げてきたのが嘘のように、後半は人数をかけずに一気に縦を侵攻してくやり方が目立った。

ただし、この変更がいいのか悪いのかよく分からない。守備は明らかに安定感がなくなっている。中盤での守備を捨ててラストに絶対的なブロックを作るっていうならば、それはそれで分からなくはない。でも、中盤の場所で中途半端な単発守備が繰り返される結果、最終的にはDFラインが晒されるシーンが多くなる。結局は最後の守備は個人の力で達成されることが多いと思う。

守備を消極的にして、攻撃も人数をかけないことで相手が攻撃の勢いを増す手伝いをしてるとしか思えない。しっかりとつなげるようになったエバートンは攻撃に人数をかけるようになった。そもそもエバートンの攻撃には近い関係性でのパス回しのよさもあるから、パスがつながるようになればいいリズムで深い位置まで入り込むことが可能になったと思う。そうやって前線に人数が来れば、高い位置での守備が効果的に効くようになる。しかも、相手は攻撃に人数をかけてこない。よって、前線の選択肢は少ない。だからエバートンは高い位置で本来的な守備ができる時間が長くなった。前半とは真逆の展開。チェルシーが自ら後ろに向かったことで、自らの首を絞めてたようなイメージの後半の流れだったって言える。

さらに分からないのがマケレレの投入。守備固めのためにSWフィリップスに代えてマケレレを入れる交代自体の意味は分かる。要するに守りたいってことだろっていう。そして、この交代によって中盤はミケル&エッシェン&マケレレっていう鉄壁の組み合わせに。ここまではいい。問題はこの交代によって中盤の守備が復活したったこと。チェルシーにとっては問題ではなかったけど。とにかく、前半のいい時間帯のように中盤での積極的なプレスが目立つようになった。これによって何とか糸口を見出しかけていたエバートンの希望は打ち砕かれることとなったと思う。

ということは、中盤での守備のルーズさはベンチからの指示ではないのかって話。後半の流れを見て、こりゃやばいってなったベンチがマケレレを入れるとともに中盤の守備を復活させろと指示したんじゃないかと思う。こうなってくると前後半の守備の質の変化の根拠が全く分からない。もしかしたら、本当に気まぐれなのかもしれない。だとしたら、ここは大きな穴になりうるだろうなっていう。というか、守備が気まぐれだとしても攻撃ではポゼッションを続ければいいのに。それも同時に捨てるから、なんだかよくわからないことになるチェルシーだった。

というわけでチェルシーの弱点が見え隠れする今回の試合だった。ラスト1/3を仕掛けられない攻撃の問題と、よく分からない守備の問題。マンUが付け入るとすればここのところ。昨日も書いたことだけど。ちなみに、明日から1週間は忙しいのでCLはリアルタイムで観戦できそうもありません。また、日本代表のコートジボワール戦もおそらく無理かと。数日後に追って更新することになると思います。
別窓 | 国外リーグ | コメント:4 | トラックバック:0 |
| サッカー好きの日記帳(引越し中) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。