ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-04-05 Sat 22:05
ACL第2戦要点整理
前に書いてたのを忘れて、アップしてなかったのでいまさらです。


【全南×ガンバ】
<ガンバ:4-4-2>
FW:バレー-播戸
MF:二川-ルーカスー遠藤、明神
DF:安田-山口-中澤-橋本
GK:藤ヶ谷

前回の試合でガンバの攻撃に見られた問題点。それは前線の渋滞。パスでの崩しを念頭に置いているガンバ。パスを回すと組み立ての時間が長くなる。これ自体は必ずしも悪くないけど。それでも組み立てに時間がかかると後ろからの押し上げが促進される。これも悪くない。でも、前線に入った人の動きが停滞してしまうのがガンバの問題。相手がベタ引きだと敵も味方もいっぱいの状況で動く余地がないから。それでもパスを回すガンバ。ボールサイドに人が集まり、あとはゴール前で待つ形。相手のブロックを揺さぶる余地がなくなる。そういう窮屈な場所でもガンバはパスを回せてしまう。ますます渋滞が加速。パスが回っても、仕掛けられない状況に陥る。

というわけで、攻撃における渋滞を起こさないことがガンバのテーマ。攻撃への意識の高さが逆に攻撃の停滞を生んでしまう渋滞はガンバにとっては致命的。攻めきれずカウンターを食らいまくるっていう最悪の状況に陥るわけで。この渋滞を解消するのは急務だともいえる。

この部分について今回の試合ではどうだったか。実際のところ渋滞は起こらなかった。直接的に渋滞を起こさないためのアプローチではなく、アウェーの戦い方とか相手との関係っていうためっていう部分が大きかった気がするけど、それでも渋滞が起こらなかったのは確か。前半は必ずしもいい流れだとは言えなかったけど、後半は渋滞が起こらないスムーズな攻撃でいい流れを呼び込むことができてたと思う。

そのアプローチを見る前に、とりあえず相手の全南の戦い方を見ておく。全南はレッズ的に試合に入った。時間とともにそのスタイルが変化していったけど、少なくとも前半の間はレッズ的に戦ったと思う。要するに守備はベタ引き、攻撃は前線にスタイル。完全にレッズのコピーかって言われれば、そうでもないわけだけど。

まず、守備は自陣に入って受ける形。3‐4‐2‐1(3‐4‐1‐2のときも)のブロックを自陣に作った上で自分たちから積極的に守備をしようっていう意図は見られなかったと思う。ちなみに最初の時点では最終ラインを深く置かずに、ある程度コンパクトなブロックを形成する意図が見られたと思う。

こういう自陣で受ける形の守備の全南。当然のように自陣に入ってきたところで、守備を開始するっていうやり方が考えられた。でも、実際には自陣に相手が入ってきても守備を開始せず。この点も時間とともに変化していったわけだけど、立ち上がりはルーズな守備だなって印象を受けた。

そういうわけでガンバの方が敵陣に入るのは、それほど難しくなかった。そうやって自陣にあっさりとはいりこまれた全南はすばやく人数ベースのベタ引きブロックの形成へ。ゴール前に人数をかけることで最後を固める意図が見られたと思う。このときには最前線の選手も自陣のかなり深い位置まで戻ってくるような徹底ぶりだった。

こういう守備で奪った後は単純に前線へ。シモンエス+1か2が待っている前線に一気にボールを蹴りだすことが多かった。このやり方を見る限りでは大雑把で可能性が薄いように思える。でも、案外ちゃんとした攻撃につながったと思う。それはシモンエスの動きのおかげ。最前線で動き回りながら、ボールをうまく引き出した。ガンバの守備陣が捕まえ切れないことが多かったと思う。シモンエスの動きに合わせながら、最前線の場所はグルグルとポジションを入れ替えながらボールを引き出してた印象。

そういうわけで大雑把なボールでも案外、前線に収まった。そして、そうやって収まったところで後ろから選手が飛び出してくる。特に中盤の4の両サイド(もっと言えば、右サイドの25番)が攻撃に絡んでくることが多かった印象。守備ではかなり低い位置まで戻り、攻撃では切り替えとともに一気に最前線まで。すさまじい運動量だった。

ってな感じで全南の前半の攻撃はかなりシンプル。一気に前線に送るボールで距離を稼ぎ、根性で上がってきた後ろの選手が前線に厚みを加える。ただ、これだけだった。中盤がルーズなベタ引きを念頭に置いた守備と合わせて、レッズ的だってことがよく分かる内容だったと思う。本当にレッズをお手本にしたかどうかは知らないけど。

とりあえず、全南のやり方についてはこれぐらい。上にも書いたとおり、時間とともに変化が見られたわけだけど、それは後ほど。というわけで、本題に戻ってガンバの攻撃のアプローチについて見ていきたい。このアプローチには実際によかった部分と、渋滞を防いだのは確かでも本当に良かったかどうかは微妙な部分があったと思う。

まず、普通によかった部分はサイドの利用の仕方。前の試合のときにもサイドに起点を作ることが多かったガンバ。ただ、そのときにはサイドはあくまでも起点だったってのは前にも書いたとおり。つまり、サイドをボールが経由するのは確かだったけど、そこはあくまでも経由点だったってこと。そういうサイドの経由点から、やっぱりショートパスつなぎで中に切れ込んでくることが多かった。結果として、結局はベタ引きの相手のブロックに正面から向かっていくこととなったと思う。

対して今回の試合では明らかにサイドからのクロスの数が増えた。決勝点も左サイドの安田からのクロス。前回と同じく、左サイドが攻撃的で右サイドが守備的っていう左右のバランスが崩れ気味ではあったけど、こういうクロスの数には明らかな違いがあったと思う。そして、それはサイドの使い方の意識の違いによる。前回の試合では上にも書いたように、攻撃の起点、経由点としてだったけど、今回はフィニッシュに向けた仕上げの中での利用が増えた。

これに伴ってサイドでボールの滞在時間が短くなった。前回は1つ起点を作って、そこで数的優位を築いてパス回しをすることが多かったけど、今回はサイドに出して即クロスっていうやり方が多くなった。外→外→外っていうボールの保持から、中→外→中っていう瞬時に目先を変えるシーンが多くなったと思う。結果として安田の攻撃参加を、その勢いを殺さないままに活用するシーンが増えた印象。その安田からのチャンスにつながるクロスも多かった。

これと関連して、サイドの深い位置に入り込む意識が高まったのもよかった部分だと思う。前回はエリアの角ぐらいの場所でのパス交換が目立ったわけだけど、今回はタッチライン際まで入り込むことが多くなった。安田に限らず、遠藤とか二川あたりもサイドの深い位置に入るシーンがあったと思う。

こういうサイドの使い方の変化によって相手のブロックを横から攻めることが可能になったと思う。馬鹿正直に正面から行く必要は全くない。相手がラストに人数をかけて守っているなら、それをある程度無効化するサイドからの攻撃を使えばいい。前回はそれができなかった。今回はそれができた。3バックの相手のサイドにスペースがあったってことも関係したんだろうけど。

もう1つ良かった点は相手ブロックに揺さぶりをかけるっていうこと。それは相手ブロックに仕掛けるパス回しの中で、どれだけ幅を利用できるかってこと。前回は窮屈な場所に入り込み、超狭いエリアでのパス回しが多くなったガンバ。結果として幅を利用できずに、相手のブロックに揺さぶりをかけられなかってってのは上にも書いたとおり。

今回の試合ではそういう状況が消えてた。ボールを狭い場所で保持して、そこから抜け出せなくなるっていうことはほとんどなかった。その要因は組み立てにおいて、どこに足場を置くかっていうことにある。前回に限らず悪いときのガンバは、相手のベタ引きブロックのすぐ近く、もっと言えば、そのブロック内でボールを保持する状況になると思う。そして、そういう場所にどんどんと選手が入り込んでいってしまう。結果、別の広い場所の選択肢がなくなる。それでもパスが回せるのがガンバなんだけど、窮屈な状況であることは否めない。

それに対して今回に限らず、いいときのガンバは上下の選手は位置のバランスがいい。全員が前に入らずに、後ろに残って逃げ場となる選手がいる。今回の試合でいえば明神がその役わりを担うことが多かった。前が詰まったら1度下げて作り直す。こういう単純なやり方の繰り返しが、縦の幅を使うことにつながる。そして、そういう縦の揺さぶりがガンバの攻撃のよさでもある。

そして、そういう縦の揺さぶりが横の揺さぶりにもつながる。1度下げたところで、サイドに展開する(サイドを変える)っていうアプローチが可能だから。今回の試合では、まさにそういうやり方が見られた。結果として左右の幅を利用することも可能になってたと思う。

ただし、こういう前後左右のいい形での揺さぶりは実際にはあまり多く見られなかった。でも、前回のような悪いときのガンバが見られたわけでもない。その理由はポゼッションに意識自体が少なかったから。ゆっくりとパスを回しながら、どうこうっていう意識は薄らいでた気がする。ガンバらしいやり方なんだけど。これが上に書いた渋滞を防いだけど、よかったのか悪かったのかよく分からないっていうアプローチ。

今回の試合のガンバは縦への意識の高さが目立った。ボールを持ったら、まずはFW(とルーカス)を狙うっていう意識が見られた気がする。パスをつなぐ意識よりも、シンプルにゴールに向かう意識が高まってたと思う。これが何を意味するのかは微妙なところ。最近の不調を踏まえた変更か、単にアウェーの戦い方か。

何にしても、この縦への意識の高さは渋滞を防ぐことにつながる。当たり前と言えば当たり前。渋滞が起こるのはポゼッションの中で後ろからの押し上げが促進されるから。すぐに縦に向かう方法では、むしろ後ろからの飛び出しが追い付かずに前線がはがれた状態に陥る。だから、渋滞とは無縁。ついでに相手もまだベタ引き組織を作ってないところ。

これがいいのか悪いのかが分からないのはこういう関係から。前線がはがれてしまっているのは必ずしもいいとは言えないし、ガンバのやり方を考えれば明らかに異質。ただし、ある意味では相手が組織を作るのを待ってしまうガンバの攻撃を考えれば、組織が作られる前に攻めるっていう考え方は悪くないとも言えると思う。とにかく、どちらにしても今回の試合ではトップに向けた意識の高さが目立ったっていう事実があったってこと。

立ち上がりはこのやり方がそれなりに機能した。相手の守備がルーズだったこともあって、前線にボールが収まりやすい状況だったと思う。だから、縦への意識を高めて少ない人数の前線にボールを送っても、その少人数でなんとかできるような雰囲気も見られたと思う。この時間は安田の攻撃参加がほとんど見られなかったのが、時間をかけて攻撃を組み立てていないってことを表してたように思う。

ただし、時間とともに相手の守備が変化してくる。自陣に組織を作っても、そこに入ってきたボールに対してのあいまいな対応が目立った全南。その入ってきたボールに対する対応が時間とともに厳しくなっていく。そもそも、受け手に対する対応自体をはっきりとさせて行った印象。結果として、簡単に前線にボールが収まらなくなったと思う。それに伴ってガンバが低い位置で無為にパス回しをする時間が延びて行った。

これは前線に出しどころがなかったから。それまで優先的に見ていた最前線はもちろん、他の場所でもしっかりと対応されてしまっていたんだと思う。加えて、前半のガンバは動きが少なかった。だから、相手の守備がよくなった影響をそのままダイレクトに受けてしまった。相手が受け手を捕まえるようになったときに、それを外して受けるっていう動きが少なかったわけだから。最終的には最前線への意識が再登場して、単純なロングボールを入れるシーンが増えたと思う。

そういうわけで前半は徐々に全南のペースになって行った。ベタ引き状態になる守備が減った全南は攻撃もそれまでのような大雑把なやり方から変化していく。全員が下がった状態が念頭にあった蹴りだしから、しっかりとつないで崩す意識の高い攻撃の組み立てへ変化していった印象。

このやり方はガンバにとってはラッキーだった。なぜなら、今回の試合のガンバの守備の内容は素晴らしかったから。それは立ち上がりから始まる。立ち上がりのガンバの守備は超積極的。最前線から追いかけまわして、2列目もしっかりと連動する。相手のミスが目立ちまくった。こういう積極的な守備を相手の引いて守る守備と比較すると、どっちがホームだか分からないぐらいだった。

もちろん、この超積極的な守備はペースダウン。それでも最前線からの連動した守備の意識は変わらなかった。立ち上がりのようにリミッターなしで追いかけまわすやり方はやめた2トップも、しっかりと相手の最終ラインにプレッシャーをかけ、ちょっとでももたつけば追いかけに転じるような意識の高さを見せてくれたと思う。そして、本格的な守備のスタートは相手が縦パスを1つ入れたところ。その時点でボールに対する厳しいチェックが行われた。

そういう厳しいチェックの意識が抜群。ガンバの守備意識ってこんな高かったっけってぐらい。入った瞬間に一気に距離を詰めて、相手に余裕を持たせない。そうやって相手の選択肢を削って行く。相手が逃げたところでも、やっぱり忠実な厳しいチェック。そうやって相手を狭いところ狭いところに追い込んでいった。そして、追い込めばガンバの守備のベースが機能。ボールサイドに人数をかけるやり方の中で、相手のボール保持者を取り囲んでいったと思う。1点目のシーンもこういう守備の流れからの、中盤での効果的なカットから。

こういう守備のよさは個々の守備意識の高さに起因する部分が大きい。繰り返しになるけど、1つ1つのチェックの質が抜群に高かった。そして、出足の早さも。前線で効果的に守備ができてるから、後ろが出足を早くするベースがあったのも事実だったけど。その中で効果的なインターセプトがかなり多く見られた気がする。

ただ、前半はそういう守備を機能させることができなかった。なぜなら相手のボールが頭の上を越えて行ってしまうから。せっかく守備をする意識が高かったのに、相手の地上から攻める意図がなければ何の意味もなかった。だからこそ、全南が地上から攻めてくれるようになった前半の途中からの流れはガンバにとってはうれしいことだった。

特に後半は地上から攻める意識を高めた相手を完全に封じたと思う。全南の方も再び蹴るっていう選択をしてもよかった気がするけど、そういう選択肢はなかったらしい。途中からシモンエスが消えたことを考えると、前線の選手をガンバの不安定な(今回の試合では)守備陣が捕まえだしたのかもしれない。結果として、ボールを出せないっていう。

よって後半は守備のよさが目立ったガンバ。そのガンバの後半は攻撃の方にも改善が見られた。この試合の前半に見られた縦への意識と、普段のガンバのパス回しを融合させたようなやり方。パスをつなぎながら縦を攻めるっていう。前半はボールだけがどんどんと縦に進んでいったけど、後半は人も同時に縦に進んでいくようなイメージだったと思う。

そのためにベースとなる動きの質が明らかに上がった。前半は全体としての動きの停滞が見られたガンバだったけど、後半は明らかに運動量が増えたと思う。そして、その動きをゴールに向けて行ったのが今回の試合のガンバ。シンプルなパス&ゴーがかなり多くなって、少ないパスで縦を侵攻する意図が見て取れた。無為にパスをつなぐんじゃなくて、しっかりとゴールへの意識を持ったパス回しができてたように感じる。

これには全南の守備がますます変化したことも関係したと思う。ルーズな立ち上がり、しっかりと捕まえ始めた前半の途中から、さらにボールへの意識を高めたのが後半だった。普通に考えればいい内容に向かっているように見える。でも、ボールへの意識を高めるってことは背後にギャップを残してくるっていうリスクを背負う。そして、ギャップを見つけるのが大好きなガンバの選手たち。後ろから飛び出して、ギャップに入り込む動きが多くなっていったと思う。

結果として後半はガンバのペース。それがそのまま結果につながったと言ってもよかったと思う。ガンバにとってはやっと攻撃力を見せつけられたってとこか。この試合の後半みたいに、動きの中でゴールへの(縦への)意識を持ったパス回しでの崩しをベースとすれば、渋滞が起こる危険性は薄くなるように思う。その中で縦への勢いを殺されてしまえば、前半から見られたようなサイド利用、作り直しによる左右上下の揺さぶりを織り交ぜればいいって話。ガンバに光が見えてきたか。

光といえば、今回の試合ではルーカスの存在の大きさが目立った。トップ下の場所で攻撃においては経由点としてうまく機能してたと思う。そういう攻撃面の活躍は織り込み済みだったけど、守備での活躍が今回の試合ではかなり目立った。サイドでの数的優位形成には必ず助けに来たのが印象的。ガンバに入ってどうかってところはあったけど、守備の貢献度も高いルーカスの加入は結果としてかなり大きかったって思う。


【アントラーズ×ナムディン】
アントラーズはいつものメンバー。成熟しまくり。何の不安もなし。不安があるとすれば今後のこと。メンバー固定でどこまで戦っていけるか。ACLで勝ち抜いていくようなら(問題なく勝ち抜いて行けると思ってる)、昨シーズンのレッズが直面した問題に行きつくはず。つまり、シーズン終わりの大失速。しかも、ベタ引き蹴りまくり攻撃前任せのレッズとは違って難しいやり方を採ってるアントラーズ。アーセナルほどとは言わないけど、新戦力を入れてその選手がスムーズにフィットできるかどうかが微妙なところ。とはいえ、これはまだまだ先の話。今はベストメンバーで戦うアントラーズの質の高い試合を見ましょうってとこか。

第1戦目では省エネサッカーを採用したアントラーズ。アウェーだったし、暑かったし、移動もあったし、妥当な選択だって言える。守備は前から頑張らずに自陣で受ける形。これには相手をおびき寄せる意図もあって、攻撃はカウンター的な縦縦のやり方。組み立てには特別に時間をかけず、よってSBもボランチも攻撃に絡ませず、前線の最低限の人数だけに任された。ある意味ではアントラーズらしくないアントラーズのサッカー。別の意味では何でもできるっていうアントラーズらしさが見られたアントラーズのサッカー。そんな内容が見られた前回の試合だった。

それに対して今回はホームの戦い。存分に本来の意味でのアントラーズ的な攻撃が見られたと思う。でも、相手もアウェーの戦い方。相手がでてきてくれたおかげで簡単に攻撃ができた前回の試合とは違って、どうやってアウェーの戦い方をする相手を崩すか。自分たちが自分たちのサッカーをしたとしても、相手がそのサッカーをさせてくれるかどうかは別問題。まあ結局は何の問題もなくアントラーズが引いた相手を崩しまくったわけだけど。それは6-0の結果を見ても分かる通り。

とりあえずはナムディンのサッカーについて見てみたい。予想通りというかなんというか完全なるアウェーの戦い方。最終ラインは完全なる5バック。3バックのWBが押し込まれた5バックではなく、完全なる5バック。追いかける展開になっても5バックは崩さなかったことからも、5バックベースは明らかだったと言ってもいい。中盤の形は微妙だった(後述)だったわけだけど、数字で表せば5-4-1だった。

立ち上がり、というか前半の中盤はダイヤモンドっぽかった。というわけで、5-1-3-1と表せる形だったナムディン。もちろん自分たちから能動的、積極的な守備をするわけはなく。必然的に受ける形となった。それでも、前線フィルターの3で引っ掛けられればいいなの守備が見て取れたと思う。もちろん、それは夢と散ってしまったわけだけど。

とりあえずアントラーズの最終ラインは完全なるフリー。ナムディンはその最終ラインから1つ縦に入ったところで守備をスタートさせようっていうやり方を採ってたと思う。ただ、そのチェックがとにかくルーズ。アントラーズのボランチに入ったときの対応が象徴的。ボランチに入った瞬間に、ナムディンの2列目がちょっとブロックから出てくる。でも、しっかりと距離を詰めない。チェックをしようとするけど、チェックはしない。というわけで、縦パスが入ったとしてもアントラーズのボール保持者に対するプレッシャーは弱い。自由にボールを持てる。ズルズル下がって行くしかなかったナムディンブロックだった。

それでも縦に入ったところで守備をスタートさせるっていう、その意識自体があるってのが貴重だったとも言える。ただし、アントラーズのやり方によって、その意識自体も完全に否されてしまった。5-1-3-1ブロックのナムディン。最初のフィルター3枚のウラは1ボランチがケアする。というわけで、1ボランチ脇にはスペースがありまくり。アントラーズはここを突いてきた。

前回の試合とは違ってアントラーズの両SBは高い位置まで入ってきた。相手が1トップ残しだったから、後ろは2バックでもよかったし。そして、SBの攻撃参加の活性化とともに組み立てで時間をかける意識が復活したアントラーズ。左右の幅を使いながらの効果的な展開を見せたと思う。そして、そのスタートが相手の1ボランチ脇のスペースに対するアプローチだった。

アントラーズのSBが1ボランチ脇のスペースに入る。そこに入るのはSBだけには限らないけど、とにかく相手の1ボランチのところのサイドに起点を作るってこと。そして、そこに大きなボールを一発で供給する。この大きな展開のよさがかなり目立った試合でもあった。そして、この大きなボールは相手の最初の3のフィルターを無効化させる。実効性はともかくとして、縦に入ってきたら守備を開始してやるぜっていう意識自体はあったナムディンの3枚フィルター。でも、そんな意識とは裏腹にアントラーズのボールはその3枚のフィルターの頭を越していった。

というわけで、守備のスタートが切れなくなったナムディン。ついでに中盤スカスカも目立った。1ボランチの弱点に直接アプローチされてるわけだから、当たり前と言えば当たり前。そういうわけでベタ引きの人数ベースブロックへ。5-4を完全に引かせての守備が見られたと思う。どちらにしても、圧倒的にアントラーズがボールを保持する展開が生まれたってことには変わりはないわけだけど。ゴールを守ることだけを考えるならば、ベタ引き人数ベースブロックのがまだマシか。

こういうナムディンの守備に対してアントラーズが圧倒的に主導権を握ったのは明らか。だから、ほとんどの時間はアントラーズが好きなように攻める展開が生まれたと思う。その中でアントラーズらしさ、アントラーズの良さがが見られた今回の試合だった気がする。引いた相手をどうやって崩すかってことにも、そのアントラーズらしさである程度の回答を見せてくれた印象。

まず、1つは幅の利用。上に書いた攻撃のスタートのところも含めて、両サイドを効果的に活用した攻撃が見られた。さらに、相手のブロックに対して左右にボールを動かしまくるアプローチが見て取れたと思う。組み立ての段階ではピッチ全体に選手をバランスよく配置するアントラーズ。その中では近づきすぎないある程度の距離感を保つ。結果として、ショートパスというよりはやや距離が長めのパスが多くなる。そういうパスで左右のサイドを頻繁に変えまくっていったのが印象的。相手のブロック前を横切りまくるパス回しで、全く狙いどころを定めさせなかった。

アントラーズのよさは組み立ての段階で近くばかりを見ないこと。流動性をベースとして適切な選手が適切な場所に入るようなアントラーズの攻撃だから、近い場所に選択肢がないわけではない。でも、それに固執しない。どちらかと言えば、組み立てでは遠くを常に見てるようなイメージが強い。だから、チャンスがあれば組み立て途中で一発のパスをウラに蹴ったりもする。遠くが見えてることで、組み立てがこじんまりとしない。一発のサイドチェンジの多いこと多いこと。広い場所広い場所を使いながら、さらに相手のブロックを分散させ、狙いどころを定めさせないような攻撃の組み立てが特徴的だと思う。

ただし、ここで1つの疑問が浮かぶ。アントラーズのシステムはブラジル的な4-2-2-2。サイドアタッカー的な選手は使っていない。必然的にSBのサイドでの役割が増大。形的にはお世辞にもサイドが厚いとは言えない布陣。逆に中中へと入り込んでしまう可能性も十分。そういうシステム的なイメージがあるのにも関わらず、左右の幅を有効に活用できるのがアントラーズ。ここに面白さがあると思う。

その答えの1つは単純にSBが高い位置に入ってるってこと。今回は圧倒的に優位に試合を進めた中で、SBが高いポジショニングを維持する時間が長かった。ある意味では4-2-2-2の本場であるブラジル的な解決の仕方だとも言える形。ただし、アントラーズのサイド利用はSBの高いポジショニングだけにその要因があるわけではない。ここで重要なのが流動性抜群の前線の関係性。

システム的には4-2-2-2のアントラーズ。サイドが薄そうに見えるってのは上にも書いた通り。でも、アントラーズはこの形を基本としつつも、この形にはこだわらない。要するに入れ替わり立ち替わりにサイドに選手が流れてくるって形。野沢、本山、マルキーニョス、田代の前線の変則4トップに加えて青木とか小笠原もサイドに顔を出してくる。そうやってサイドの薄さに対処してるのがアントラーズのやり方。結果として真ん中によるように見える基本システムにも関わらず、サイドに起点を作ることが可能になる。左右の幅を使うことも可能になる。

相手にとっては最初からサイドアタッカーを置かれるよりも圧倒的にやりにくい。サイドの出入りが激しいアントラーズ。誰が出てくるか分からないし、誰も出てこないかもしれない。ついでに言えば、いつ出てくるかも分からない。これではどうやって対処しようか困ったもの。サイドアタッカーを置かない形によって逆にサイドでの優位性を保てるのが、このやり方だと思う。そして、そこにアントラーズの成熟が見られるわけで。何しろ前が適切にポジションを入れ替えまくらないと、このやり方はできないから。

このサイドの出入りの激しさがアントラーズの特徴の1つ。加えてトップの場所の出入りの激しさもアントラーズの特徴だって言える。例えば先制点のシーン。ここでは完全に2トップに本山と野沢、トップ下にマルキーニョスと田代っていう位置関係ができあがってた。要するに前線の2列がごっそりと入れ替わった。今まで変則4トップって書いてきたのが象徴的に表れてるシーン。ちなみに、アントラーズはこの前線の4人の関係だけではない。後ろからダイナミックに青木だの小笠原の飛び出しも見られた。

この前線の出入りがアントラーズの停滞感を打ち破る1つの形。マルキーニョス中心の前線が常に動きまわってる献身性が見られるのは事実。ただ、前線の流動性っていう形でそういう個々の動きを有機的に連動させてる。結果として圧倒的にボールを保持する展開、前線に人数が入る展開になっても前が詰まるっていう状況に陥らない。これがアントラーズの強みの1つだって言えると思う。そうやって前線が動いてる間にボールも動かしまくりながら、ここぞのチャンスを狙って行く。

アントラーズの組み立てではある程度長めの距離を取った展開が見られるってのは上にも書いたとおり。それに対して最後の仕上げの場所では近い関係で一気に崩すってやり方が見られる。仕上げにかかったら迷わずに仕上げ切るっていうイメージ。もちろんここでもポジションにこだわらない流動性が1つのポイント。ギャップギャップに入り込んで近い関係でパス交換。加えて、ボールに対する複数の爆発的なランニング。これによって一気にスピードアップ。3点目のシーンも狭い場所を野沢と本山がワンツーで抜け出したシーンからだった。

遠くを見る組み立てと近い関係で崩す仕上げ。大きな展開で距離を稼ぐ組み立てと、ショートパスで一気に崩す仕上げ。ゆっくりな組み立てとスピーディーな仕上げ。こういうメリハリが攻撃にアクセントとなってる。そして、その中で人が動きまくり。簡単にアントラーズの攻撃を表すならこんな感じか。

さて、アントラーズの守備。基本的にはアントラーズの守備が見られる時間はかなり短かった。ただし、そのベースにあったのは1つ。ボールへの意識の高さと、それに連動する次のよさ。スイッチとしてのボールへの寄せを全ての選手が行うのは、もはやアントラーズの決まりごと。FWでさえも例外ではない。そして、そういう最初のチェックに対して次が必ず連動する。前が制限したとことを次で狙う。相手を足止めしておいて、挟み込む囲い込む。こういう守備のよさは不調気味だった昨シーズン初めから書いてきてるとおり。

今回の試合でも例外なく見られた、こういう質の高い守備。とはいえ、ブロックを作って守備をするシーンは少なかったわけだけど。前線からの献身的な守備とそれに対する連動性で相手の攻撃をことごとく分断した。確かに、そこには相手の攻撃のまずさがあったのも確か。何しろ攻撃を考えずに守備をしたナムディン。攻撃の人数は恐ろしく少ない。基本的に前線に残った1トップと後は2列目をどれだけ絡ませられるかってのがポイントだった。1トップがサイドに流れてトップ下がトップの場所に出るってのが1つのパターンになってたような気もするけど、どっちにしても実効性は恐ろしく少ない攻撃の展開だったって言える。

というわけで、アントラーズの守備が発揮したのされたのは多くの場合で切り替え。2つの得点にもつながってるように、深い位置でのボールへのチェックとそれに対する連動性が素晴らしかった。5点目はまさに理想的な展開から。高い位置で小笠原が足止め、高い位置に入っていた内田が戻ってきて挟み込み奪う。それをそのままゴール前へっていう展開だった。この切り替えの守備によってより長く攻撃を続けることが可能になった。

そして、長く攻撃を続けること=圧倒的なポゼッションがボールを持った休憩を生み出した。攻撃でも動き回り、守備でも動き回るアントラーズのやり方。ポゼッションの時間は何よりも重要。ちなみに、ポゼッション時も献身的に前線で引き出しの動きを繰り返すFWの2枚はきっちりと途中交代で休ませた。したたかな交代だったと思う。

試合の流れに戻って見てみると、前半で1点ビハインドのナムディンは後半に微妙にやり方を変えてきた印象。中盤の4をフラットに並べることで前半の弱点となっていた(前半の最後はシステムどうこうは関係なかったけど)1ボランチ脇のスペースをなくした。1ボランチがいなくなったところには最終ラインが押し上げ。結果として前半よりも高い位置にコンパクトな5-4ブロックが形成された。

アントラーズとしては前半よりはちょっとやりにくくなったかなって形。ナムディンの守備のバランスが回復して、好きなように使えた中盤のスペースが減ってしまったわけだから。前半のような遠めの関係では引っ掛けられる可能性があったように思う。だから、前半よりは組み立てでの選手間の距離が縮まってた。ボールサイドに人数が偏るような展開も多くなった気がする。それでも、逆サイドへの大きな展開は効果的に機能し続けた。

そんなことをしているうちに、バランスの回復した5-4が再びベタ引きへ。いくら形を作っても守備の根拠がないナムディン。アントラーズが狙いどころを定めさせない攻撃をしてたのは確かだけど、1つ1つのチェックがルーズ過ぎた。だから、結局はズルズルと下げられる結果になったと思う。

最終的にはちょっとした攻撃意識を見せて前がかったためにスペースが生まれた後半の終了間際。この時間はアントラーズがおびき寄せた側面もあったかもしれない。ただし、アントラーズとして見るとその中でひやっとさせられるシーンもあったのも確かだったわけだけど。とりあえず、ラストの跳ね返しからダニーロ経由のカウンターってのがアントラーズのやり方となった。

ちなみに、アントラーズの2点目にはナムディンの守備の大問題が表れてた。このシーンは起点となった小笠原が真ん中の場所でドのつくフリー。確かにこのシーンはナムディンは攻撃後ではあった。でも、戻りがあまりにも遅い。前半から攻撃後のナムディンの組織作りの遅さがかなり目立ってた。前線に出ていった選手は歩いて戻ってくる。守備重点だったのにも関わらず。何がしたいんだって話。アントラーズがゆっくりと攻めてなかったら、もっと大変だったと思うわけ。

そんなこんなでアントラーズは6得点快勝。2試合で15得点のすさまじい爆発力。どちらも相手の問題があったのは確かではあるけど。それにしても格下相手に力差どおりの試合をするのが難しいってのは確かなわけで。その力差をそのまま見せつけるアントラーズの強さが際立つ2戦になったと思う。
スポンサーサイト
別窓 | ACL・A3 | コメント:1 | トラックバック:0 |
2008-03-13 Thu 17:20
ACL第1戦要点整理
【クルンタイバンク×アントラーズ】
<アントラーズ:4-4-2>
FW:マルキーニョス-田代
MF:本山-野沢、青木-小笠原
DF:新井場-大岩-岩政-内田
GK:曽ヶ端

メンバーを見ると本気度が高そうなアントラーズ。内容を見ると本気度が低そうなアントラーズ。サッカーの質が恐ろしく低かった。とはいっても、その質の低さは自ら意図的に生み出したもの。気候、日程、アウェーっていう条件を考慮した結果、省エネサッカーをやりましょうってことに決めたんだと思う。

だから、1-9っていう大差もアントラーズが本気を出したからではない。どちらかと言うと、クルンタイバンクが弱かったから。でも、アントラーズがホームの立場になったときにもっと圧倒的な差がつくかと言えば、そういうわけでもないと思う。今回はクルンタイバンクがホームだったことで、前に出る意識を強くしてくれたことがこの結果を生み出した。たぶん、クルンタイバンクがアウェーの戦い方をしたらもっと常識に適った点差になるはず。

そのホームでのクルンタイバンク。システムは4-1-4-1。途中で4-4-2になってみたりと優柔不断だったけど、ベースにあったのは4-1-4-1ってことでよかったと思う。実は4-4-2っぽい形の方が安定してたのは内緒。この4-4-2のときには引き気味で戦って、アントラーズの攻撃をうまく跳ね返せてたのも内緒。だからこそ、システムはともかくアウェー用の引いた形で戦えばもっといい勝負になるだろうなって思ったわけ。とにかく、難易度の高い4-1-4 -1を選択してしまったことがクルンタイバンクにとっては根本的な問題だったと思う。

このシステムをベースにホームのクルンタイバンクは積極的な守備を展開。敵陣のボール保持者に対しても、厳しいアプローチをかけていった。加えて、そういう最初の守備の対する後ろの連動性も悪くない。しっかりと次の入りどこを勝負どころと定めるような守備のやり方ができてた。少なくとも、最初の数分はこの守備が成功する雰囲気が見られたのは事実。すぐにアントラーズに慣れられてしまったけど。

よさそうに見えるクルンタイバンクの守備のやり方。惜しかったのはトップの場所に入ったコネが守備をしなかったこと。チームとして守備を免除されてた可能性もある。それでも、クルンタイバンクの守備は前線から厳しくがモットー。必然的に中盤の選手が次から次へと引っ張り出されていく展開が生まれるわけで。結果として4--1--4みたいな感じで、弱点になるボランチの1の場所には恒常的に広大なスペースが生まれてた。

それでも、前線の4の守備が効いてるときには何とかなってた。それが立ち上がりの数分。厳しく当たるから、アントラーズの選手も意図の薄いボールを出すことが多くなったし、後ろも狙えてたと思う。でも、だんだんとアントラーズの選手が落ち着いていく流れ。技術力をベースに慌てず騒がずボールを処理するシーンが多くなっていく。クルンタイバンクの前線のプレッシャーにも動じなくなっていった。

それにそもそも相手は中盤の選手が出てくるわけで。どうしてもアントラーズの低い位置の選手に実効的な守備をするには距離が遠すぎる。クルンタイバンクにとっては、いわゆる背後にギャップだけを残してきちゃう展開に陥った。そして、アントラーズがそのギャップを見逃すはずもなかった。

アントラーズ得意のギャップ探し。とりあえず相手のプレッシャーを否すために左右の展開を増やし始める。大きくサイドを変えるボールを織り交ぜながら、相手の守備の狙いどころを定めさせないやり方。前線から守備をしようとする相手の意識を空回りさせ、自分たちは常に広い場所を利用した。

そうやってある程度フリーになれば、使えるべきギャップはたくさんある。DFの4と中盤の4の間をつなぐボランチの1の場所にある広大なスペース。そこにマルキーニョス、田代が降りてきて自由に起点となれるシーンが多くなったと思う。ここでいつものアントラーズの通りに流動性ベースの厚みのある攻撃を展開していれば、もっとゴールに迫るシーンを増やせたはず。

でも、今回は省エネで意思統一が図られてるアントラーズ。願ってもないギャップに入り込めても、ここぞとばかりに人数をかけてこなかった。結果として、普通の組み立ての中からは決定的なチャンスは作っていない。実際に9得点の全てがセットプレーかカウンターから生まれてるわけで。この辺にもいつものアントラーズとは違った部分を感じた。

省エネアントラーズの攻撃はとにかく縦への意識が強いもの。というか、前線で何とかしてくださいね方式。上に書いたような相手のブロックを揺さぶるための最低限の左右への展開以外は、ほとんど意図的な組み立ては行われていない。単純に言い表すならば、スタートとゴールしかないようなサッカーが展開されていた印象。

つまり、組み立てで人数をかけたり手数をかけたりっていうやり方は採ってこない。攻撃にかける人数に関して言えば、得点が入るごとにどんどんと減らしていった印象。そもそもスタートの時点で、攻撃に積極的に絡んでいったのは前線の4枚と新井場ぐらい。ちょっとしたら、青木と小笠原がトップが流れたスペースに飛び出すっていう本来のアントラーズ的な流動性も見られはじめたけど、その瞬間に先制点。結果として、青木と小笠原が前線まで飛び出していったのは、それぞれ1回ずつだった。内田も同様に積極的に攻撃に参加する意識は薄かったと思う。

その後、2点目が入ると新井場の攻撃参加が目に見えて減った。要するに前線の4人だけで攻撃はなんとかしてくださいねの流れ。さらに3点目が入ると本山の攻撃参加が減少。どちらかと言うと守備に貢献するシーンが目立ち始め、役割的には3ボランチ(青木+小笠原+本山)と野沢っていうイメージだったと思う。あくまでも役割的なもので、形は変えなかったけど。結局、後半は前線3人で攻撃をするシーンが圧倒的に増えた。

細かい部分を指摘するなら、守備時に田代⇔野沢とか本山⇔小笠原みたいな単純なポジションの入れ替えが時々見られたと思う。この辺にも、それぞれの消耗度を平等化させるような意図があったのかもしれない。とにかく、今回のアントラーズのやり方の念頭にあったのは、無駄な疲れを残したくないってことだった気がする。

そのアントラーズは守備も省エネ。いつものように前線から追いかけていく時間は皆無で、自陣で4-4-2(4-2-2-2)のブロックを形成して受ける形をとった。相手の最終ラインが自由にボールを持てたのが何よりの証拠だったと思う。

その上で自陣に縦パスが入ってきたところで守備の開始。自陣に入ってきたボール保持者に対しては忠実にチェックを繰り返す。そして、そういう1つ1つのチェックに対してすぐに周囲が連動。ボールサイドに人数をかけて、相手の選択肢を限定して行った。このときにはトップの選手(特に田代が目立った)が戻ってきて次の狙いに入るシーンも目立ったと思う。今回の試合では前への守備を免除された代わりに、後ろの手伝いの役割が求められていた印象。

この守備のやり方が実効的に機能したのは特に後半だった。それは次との攻撃を考えたとき。後半にあれほどの得点を稼げたのは、こういう受ける形の守備のその要因があった印象。シンプルな守ってからのカウンター、もっと言えば、狡猾なおびき寄せ作戦が功を奏した後半だった。

そもそもクルンタイバンクは攻撃にもホーム的な色が見られた。要するに攻撃に人数をしっかりとかけようっていう考え方。この考え方自体が悪いわけではない。でも、あまりにも前に人数を入れようとしすぎる傾向が強かった。最終ラインがボールを持ってるときに、その近くに選手が全然いない。なぜかって言えば、みんな前線に出て行ってしまっているから。守備でも前後の分断、攻撃でも前後の分断。

その前線では近い関係でいいパス回しの片鱗は見せてくれた。流れてボールを引き出すコネと2列目の選手がいい距離感でトライアングルを形成し、少ないタッチでパスが次々に回るっていうシーンが1、2回できたと思う。めちゃめちゃ素晴らしいコンビネーションっていうわけではないけど、とりあえずタイのリーグで2位っていう意味は分かるぐらいのパス回しが見られた。というか、逆にこの部分にしか2位と納得できる部分はなかった。

ただ、ここで大問題。そのいい関係性を築ける前線にどうやってボールを供給しようかってこと。ボールの出し手である最終ラインといい関係性を築ける可能性のある前線までの間に、経由するような場所はなかった。時間をかければかけるほど、どんどんと前線に人数が入り込んでしまう状況だったから。結局、一番深い位置にいけるのはコネへの単純なロングボールって形になってしまったと思う。

ここにおいてアントラーズのおびき寄せ作戦は大成功。相手の出し手である最終ラインは結構高い位置までボールを持ち上がってくる。自陣には敵味方が大勢入り込んで、スペースはない状況。しかも、相手の出し手と受け手の間にはアントラーズの選手が多く入り込むことができた。その理由はここまで書いたように、相手の攻撃に前後の分断が見られたから。特に後半は相手も前がかって来てるわけだから、こういう傾向が強くなってたと思う。

こういう状況の中で待ち構えるアントラーズの選手がボールを途中で奪うとどうなるかって話。相手は前線にみんな入り込んでるわけだから、切り替え後の守備は効きにくい。そういう守備をするには戻りながらのものが要求されるから。そもそも、クルンタイバンクの選手の切り替え後の守備意識はかなり怪しいものだったし、クソ暑い中で戻って守備をするなんてのはやなこったって話。

結果として奪ったところ、もしくはそこからちょっとボールを動かすとアントラーズのボール保持者は簡単にフリーになれた。そして、その後の攻撃で崩すべきは相手の最終ラインのみ。しかも、相手の最終ラインはかなり高い位置に引っ張り出されてるわけで、ウラには広大なスペース。何も考えずに、そのスペースを使ってれば得点につながったのが後半の流れだった。

そういうわけでアントラーズにとっては素晴らしい試合展開。スコアもそうだけど、考えうる限りでもっとも効率的に試合を進めた。いつものように攻守に渡ってランニングをベースとしてないわけで、ほとんど待ちの姿勢で相手のボールを奪い、後は蹴ってただけ。攻撃では前線の負担が大きくなったけど、2トップは途中交代で休ませることができた。

大体において前半の得点は全部セットプレーなわけで。セットプレーでの相手の対応もまずい部分が目立ったけど、とにかくこのセットプレーで得点が奪えたってのが大きかった。特に先制点は。これによって得点を奪うために攻撃で勝負に出る時間ってのも必要とされず、むしろ攻撃にかける人数を徐々に減らしてくような状況ができたわけだから。またしても、大人のアントラーズが垣間見えた試合だった。


【ガンバ×チョンブリFC】
<ガンバ:4-4-2>
FW:ルーカス-バレー
MF:二川-寺田、遠藤-橋本
DF:ミネイロ-水本-山口-佐々木
GK:藤ヶ谷

偶然、ガンバの相手もタイのチーム。でも、本当のこの2チームが1位と2位なのかっていうほどに量チームのサッカーの質には違いが見られた。もちろん、上に書いたクルンタイバンクはホームの戦い方をしたことでギャップが多くできたことは考慮しなきゃいけないし、逆にチョンブリの方はアウェーの戦い方でギャップを作りだなかったとも言える。とはいえ、両チームのチームとしての質は明らかに異なってた印象。

クルンタイバンクは上にも書いたように、攻守に渡って致命的な前後の分断が起こってた。対して、ガンバと戦ったチョンブリは守備においてすさまじいまでの一体感を感じさせられた。そして、ガンバは最後の最後までそのチョンブリの一体感を打ち破ることができなかったと言っていい。本当の意味での最後の最後の時間の得点は、文字通りチョンブリの集中力が切れたことで生まれた。

そのチョンブリの守備はスタンダードな4-4-2。2トップは状況に応じて縦関係になることで、ガンバのボランチを見ることもあったけど、基本的には3ラインの意識が高い守備ブロックの形成だった。そして、そのそれぞれのラインをコンパクトにまとめる。立ち上がりはガンバに負けず劣らず最終ラインを高い位置に保ってたから、そういう高い位置のコンパクトブロックが本来の形だと思われる。

ただし、相手がガンバってことで後で詳しく書くように、だんだんとブロックが押し下げられることとなった。そうなったときにも、FWを含めてこの3ラインの一体感を保ったままに低い位置にブロックを形成するようなやり方が見られた。この3ラインの一体感はこのチームの特徴であると思う。

ガンバの方から見れば、この3ラインの一体感をどう崩すかってのがポイントになる。要するに、ラインとラインの間、特に4-4の間にどう入り込むかってことがポイントになった。そこをこじ開けなければ、ガンバ流の中盤制圧が難しいし、何よりもゴールに向かうのに障壁が多すぎる。

ただし、当然のことながらチョンブリの方もそう簡単には4-4の間には入れさせないぞって守備をしてきた。チョンブリの守備は縦パスが1つ入ったところからスタート。そのときに中盤の選手が、ガンバのボール保持者に対して強烈にプレッシャーをかける。球際の厳しさ、強さがかなり目立ってたと思う。そうやって中盤で1つ1つつぶしていくことで、簡単には縦パスを4-4の間に入れさせないような守備のやり方を採ってきた。

これに対してガンバ。とりあえず立ち上がりの時間はロングボールを蹴りまくった。相手の中盤のボールに対する意識とそれをベースにした守備の質が高かったから、それを飛び越す考え方は妥当。そうやって直接に相手最終ラインに仕掛けてやろうっていうボールを蹴りこむことが多くなったと思う。そのときにはバレーの高さ、ルーカスの献身的な引き出しの動きが有効活用された。後ろが追いつけずに2トップが剥がれるシーンが目立ったのがちょっと気になったけど。

そのせいかどうかは分からないけど、ガンバはあっさりとロングボールを捨てた。自分たちのスタイルじゃないから嫌だったのかもしれない。とにかく、相手の中盤のプレッシャーなんのその、いつもどおりにショートパスで崩してやるぜっていうサッカーに変更した。

その変更があっさりと機能するのがガンバの素晴らしさ。中盤の流動性、両SBの攻撃参加、FWの組み立てへの参加を利用しながら普通にパス回しをしていった。特にボランチに入った遠藤の存在が大きかったと思う。タッチ数を増やしながらリズムを変え、そうやって相手のブロックにギャップを作る、さらに自身の攻撃参加で4-4の間に余った選手として入っていくことが多かった。

こういうパス回しの中で相手のギャップギャップをつなぐパス回しが見られ始める。相手の中盤がボールに寄せに来たことでできたギャップを有効活用しながら、4-4の間にあっさりと入り込むシーンが目立ち始めたと思う。そう、あっさりと入ることはできたわけ。

ただ、入り込んだ後はどうしようもなかった。これに関してもチョンブリの守備のよさ。基本的には自分の前のボールに対するアプローチを担うチョンブリの中盤。でも、4-4の間に入り込まれた瞬間にいっせいに戻りながらの守備を開始する。そうやってDFとの関係で一気に挟み込んでしまうシーンが目立った。

結果としてガンバの選手は4-4の間に入り込めたとしても、その後の仕事をする前に窒息させられてしまった。素早く囲まれて、つぶされるシーンが目立ったと思う。チョンブリの中盤はとにかくDFだけを晒させないってことを絶対的に考えてたし、その役割を遂行するために前だろうが後ろだろうが献身的に守備をした。この辺に一体感を感じさせられた。これだと、4-4の間は、入ったが最後、すぐに一気に囲まれてしまうっていう罠状態だった。

ガンバはロングボールをあきらめ。真ん中からのショートパスでの打開も諦めざるを得ない状況。仕方がないので次のアプローチに変更した。それはサイドに起点を作る考え方。真ん中よりもサイドが薄くなるのは必然なわけだから、そこに数的優位を作って攻めていこうっていう意識が見られたと思う。

今回の試合で特に使われたのが左サイドだった。ミネイロが超積極的に攻撃に参加し、二川もサイドに張り出し気味でプレー。さらにルーカスがサイドに流れる動きを繰り返して厚みを増し、そこにボランチを絡ませながらサイドに数的優位を作り出すことに成功したと思う。

これによって得られたのは、相手のブロックを押し下げたってこと。サイドに起点を作り、そこに数的優位を作ってショートパスとかミネイロの突破によって深い位置まで入り込んでいくガンバ。これに対して、チョンブリは立ち上がりのように高い位置でのブロックを維持することができなくなった。相手のサイドの侵攻に対して、ブロックを押し下げて最終的にはゴール前に人数をかけるような形になることが多くなったと思う。

これによってカウンターは有効に使えなくなった。立ち上がりは中盤で引っ掛けてカウンターを仕掛けるシーンがいくつか見られたチョンブリだけど、ガンバに押し込まれる中で一体感を重要視するために前に人数を残さずにみんなが戻るってことが多くなる。結果として奪った後のカウンターが効果的に機能しなくなった印象。

ちなみにチョンブリのカウンターはなかなか鋭かった。得点シーンも(後半だったけど)も典型的なカウンターだったし。基本的に4-2または4-1は後ろに残した状態で前の少人数だけで攻めようって形。特に2トップと右サイドに入ったアティットの役割が大きかった。トップに当てて、その間にアティットが飛び出し関係性を築くってことが多かったと思う。起点としてのファビアーノの存在も大きかったと思う。

そう考えると相手のカウンターを防いだっていう意味ではガンバのサイド起点の攻撃には一定の意味があったのは事実。ただし、本当に何とかしたかったのは攻撃面。特に相手の4-4の関係性を何とはして剥がしてやりたいって事。この点については、何の根本的な解決も得られてなかったのも事実だったと思う。

この要因の1つはガンバのサイドの使い方にある。上にも書いたようにガンバはサイドに起点を作るやり方に変えたわけだけど、それが何を意味するかってこと。ガンバはサイドを単純に使わない。つまり、深い位置にえぐってクロスってやり方はほとんど見られなかった。サイドに起点を作ったって言っても、それは経由点。最終的にはショートパスで崩すことが念頭にあるから、起点を作ったサイドから結局はパスのつなぎで中に入ってこようとする。

これじゃあ、問題を先送りにしただけ。結局は相手の4-4を崩さなきゃならないわけだから。単純にサイドをえぐってクロスの形ならば、その4-4との対戦は避けられる。前からのボールに対しては2層構造の4-4も真横からのボールには無力化されるわけだから。でも、ガンバはそういう方式は採らなかった。クロスはアーリー気味に上げることが多くて、結局は4-4の実効性が残ってる状態。

確かにここまで書いてきたようにサイドに起点を作って深い位置に入り込めたのは事実だし、それによって相手を押し込むこともできた。でも、最終的には相手の4-4を相手にしなければならない状況。そして、そこで何もできずに困る状況に陥ってたと思う。これが問題を先送りにしただけっていう意味。

どうしても本来的なパス回しで崩したいならば、その4-4の関係を崩すアプローチを採らなければならない。その中でもっとも現実的なのは左右をワイドに使った展開ってのが考えられる。相手のブロックを左右に間延びさせることで、関係性を希薄化させるってこと。そうやってギャップを作っておいてから、本来的なパス回しをすればいい。

こういうアプローチをガンバはできなかった。左右の揺さぶりに関しては皆無。特に前半は全ての攻撃が左サイドから行われたといってもいい。立ち上がりこそ佐々木の攻撃参加が活発に見られたけど、結局はほとんどの時間で消えてしまっていた。その理由は単純に左のミネイロが超攻撃的に行ったことで、バランスをとらなければならないっていうことだったと思う。結局、これによって左右のバランスが崩れてしまうワイドに使う選択肢はなくなった。

工夫したアプローチなしで相手のブロックにショートパスで仕掛けていこうとするガンバ。まさに天皇杯準決勝のサンフレッチェ戦と同じ状況に陥ってしまった印象。上に書いたように左右に広げることはなかったし、前へ前への意識が高まる中で下げて作り直す選択肢もなかった。結果として超窮屈な展開を余儀なくされ、そうやってもたついてる間に前線にどんどんと人数が増えていく状況。サンフレッチェ戦と同じように前線渋滞状態に陥った。

みんな引いて守ってるチョンブリの守備に、みんな前線に出て行ってるガンバの攻撃。スペースが本当になくなった。そういう状況の中でガンバの前線に入り込んだ選手の動きもほとんどない。みんなが待ってる状況。攻撃側が待っててくれれば、守備側も待ってればいい。よって、ますますチョンブリの守備ブロックは安定感を増すことになったと思う。

で、ガンバのアプローチの面白いところは前線が停滞すると前の人数を増やそうとすること。サンフレッチェ戦と同じく、今回も途中から中盤がダイヤモンド型に変更されてた。前が渋滞してるのに、もっと前へっていう考え方はちょっと面白い。とりあえず、ますます窮屈な状況に陥ってしまい、ますます動きが停滞していった。

ただ、後半の開始時にちょっとした改善が見られた。これは選手交代によって。佐々木⇒山崎の交代。これによって2つの改善がもたらされる。1つは遠藤が再び低い位置に戻ったこと。橋本がSBに下がったことで、遠藤が底を担当することになった。結果としてピッチで使える広さが広がったと思う。さらに、前線の3トップ気味の3人が動きをもたらし始めた。流動性を持たせながら、出入りを激しくしたと思う。これによって前線渋滞の雰囲気が緩和された。形はダイヤの4-4-2のままでも、中身が変わったことで前半よりはいい流れが生まれたと思う。

でも、いい流れが生まれたところで先制点を奪われる。この失点後、なぜか知らないけど再び前線が停滞。全体の前への意識が高まった結果なのか、また最前線に人が入りすぎて、同時に動きが少なくなる渋滞が生まれた。ここにさらにFWの選手を入れるってアプローチは諸刃の剣。入ったのが播戸だったから、前の動きが再活性化される可能性もやっぱり人が多すぎて窮屈になる可能性もどちらもあったと思う。

で、結局どっちになったか。結局はそれ以前の問題だった気がする。それまで少なくとも攻撃に深みを与えることには多大な貢献をしていたミネイロが下がったことで、それまでのように深い位置に起点を作るのは難しくなった。仕方がないから、FWを頼る面が大きくなってしまったと思う。これはパワープレー的な意識が高まりつつあったからかもしれないけど。それまでの渋滞はどこへやら、今度はFWが前線で剥がれるような展開が生まれてしまった。

そういうわけで、それまで以上に得点の臭いが薄くなったガンバ。相手の4-4ブロックは相変わらずゴール前でバランスを崩さずに守備をしていた。つまり、このテーマは最後まで解決されなかったって言っていい。カウンターからの失点も不運だったけど、最後に同点に追いつけたのは運がよかった。どっちにしても引き分けが妥当な試合だったと思う。

そういうわけで今回の試合で見つかったガンバの課題は、ありきたりな言葉で言うならば「引いた相手をいかに崩すか」。もっと工夫をしましょうねっていう話。工夫なく狭いところを強引にパスで崩すのはやっぱり難しい。アーセナルじゃないんだから。左右を広げてみるとかはやってみないと。

ただ、ガンバの戦術はよくも悪くもボールへの意識が高いのかなって思える。守備でもボールサイドに人数を集める意識が高いし。4-2-2-2の2-2-2はボールサイドに明らかに寄りながら守備。そうやって、相手のプレーエリアを狭めながらボールを奪おうっていうやり方。別に悪いってことじゃないけど。最終ラインを高めに保ってることを考えると、縦横にコンパクトな守備ブロックっていえる。

後は前線の渋滞状況を何とかしないと。これは前線に人数が入るのが悪いっていうわけじゃなくて、前線に人数が入った状態で動きが停滞するのがまずいって言ってるわけ。パスで強引に崩すとしても、足元足元のつなぎじゃ無理でしょってこと。ボールの近くで待つ選手ばかりではなくて、同じように人数をかけるにしても出入りを激しくしたらいいと思う。とにかくラストの崩しで、もう少し工夫が欲しい。結局は個人の強引な突破に頼るのが現状。少なくとも、実際に見たここ2試合(今回の試合とずっと前のサンフレッチェ戦)では、そういう状況に陥ってた。
別窓 | ACL・A3 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-11-15 Thu 01:00
ACL決勝第2戦:レッズ×セパハン
<レッズ:3-5-2>
FW:永井-ワシントン
MF:ポンテ、平川-長谷部-鈴木-阿部
DF:堀之内-トゥーリオ-坪井
GK:都築

1戦目は精細を欠いたレッズ。個々のところの運動量をはじめとした問題が見られた。チームとしても5-2-3の形で中盤がスカスカになり、守備の連動がはかれなかった。結果としてセパハンの好きなようにやられてしまったと思う。1-1で切り抜けられたのははっきりいって運がよかったってのは前の記事で書いたとおり。逆に言えば、悪い状況を1-1で切り抜けられるレッズの強さも見せられた。詳細はACL決勝第1戦:セパハン×レッズの記事を参照。

今回の試合では悪かった前回の試合からトゥーリオが戻ってきたものの、基本的な形は大きくは変えなかった。そうやって形による修正が見られなかったってことで、どのようにチームを修正してくるかってのがかなり興味深かった点だった。そして、やりたい形が取れてた前半にはその修正が目に見えて分かったと思う。

守備の基本的な形は変えなかったってのは上にも書いたとおりだけど、実際にはその基本の形の大きな転換があった。それは守備面での中盤の厚み。前回はWBが最初から最終ラインに入って5バックになり、前の3人は守備にほとんど絡まなかったことによって5-2-3の状況が作られた。前回の記事にも書いたけど、これによって長谷部と鈴木がいくらがんばっても相手の中盤を抑えきれないっていう状況が生まれてたと思う。

それがこの試合ではまずWBの位置が1つ上がったことによって後ろが5-2から3-4っぽい形になっていた。平川にしろ阿部にしろ前回はほとんど見られなかった、中盤のサイドの高めでボールにアプローチに行くシーンが見られたと思う。中盤のところの横の幅のケアの人数が2枚から4枚に増えたことはかなり大きいことだったのは明らかだと思う。

さらに今回の試合では前の3人が中盤の守備にかなり積極的に絡んできた。相手が低い位置でボールを持っているときには3枚を横並びに配置してフィルターをかける形は変わらなかったけど、その後ブロックに入り込まれると1枚か2枚が中盤に下がってきて守備に参加した。特に目立ったのがポンテだったけど、永井にしろワシントンにしろ相手の後ろの飛び出しをケアして戻ってくることが多かったと思う。

このFWの守備(WBの位置も含めて)によるメリットはかなり大きいものだった。
1つはここまで書いてきた中盤の守備の厚みの点。WBに加えてトップの選手が中盤に降りてきたことによって前回の2枚だけだった中盤の守備に劇的に枚数が増えることになった。結果として複数で相手のボールに対応できるっていう好ましい状況を作れたと思う。

2つ目は鈴木と長谷部の負担が減ったことで、2人の1つ1つの守備の濃度が高まったこと。前回もボールに対するアプローチは献身的に行ってたけど、あまりにも相手の逃げ道が多すぎた。結果として無駄に終わってしまうことが多かったし、相手の選択肢が多すぎて1つの場所に厳しく当たるのが無理な状況だった。
それが今回の試合では中盤が厚くなったことによって、狙いを定めて守備ができるようになったと思う。ボールに対するアプローチにしても、他の場所のケアがはっきりしてるから厳しく当たることができたし、相手の選択肢が少ないから先回りして効果的に奪うシーンも増えたと思う。

そして、この鈴木と長谷部との関連が3つ目の効果。これは特にポンテが献身的にやってたやり方だけど、戻りながらの守備で中盤の選手と効果的に挟み込むことが可能になった。鈴木とか長谷部がボールに行った次のコースでのインターセプトとか、ドリブルをしてくる相手に粘っこくついていって、下の選手との関係性を作り出して奪うとか。この試合では戻りながらの守備で効果的にボールを奪えるシーンが増えた。

次の4つ目は深い位置までの押し込まれてしまったシーンでのメリット。今回の試合では後ろの形が3-4になったってのは上にも書いたとおりだけど、相手が深い位置まで侵入してくればWBが最終ラインに下がっての5-2の形になることは仕方ない部分だった。ただ、後ろの5-2は前回の同じでも、その前のFWの役割の変化によって状況は大きく異なることになった。

前回の試合では5-2--3の形になって悪循環から抜け出せなくなってしまったけど、今回は低い位置での5-2-3もしくは5-2-2-1みたいな形を取ることで押し込まれた5-2から抜け出す術を作ったと思う。
守備では5-2の1つ前のところのケアに入ることで、多くの選手が引かされても後ろからのフリーな選手の侵入を許さなかったし、何よりも守備後の切り替えがスムーズに進んだ。前回は5-2と3が離れすぎて、跳ね返したボールがまた相手に持たれてしまうってことが多くなったけど、この試合では跳ね返したボールを収める経由点を近い場所に作ることができてた。結果として5-2からの切り替え、押し上げがスムーズに行ったと思う。

FWの守備のメリットの5つ目は相手の後ろからの飛び出しのケア。実際にはこれが一番大きな効果を発揮したんじゃないかと思う。
前回の記事でも書いたとおり、セパハンの攻撃のよさは次から次へとスペースに出てくる後ろからの飛び出し。この飛び出しが攻撃に厚みを加えると同時に、勢いをもったまま攻撃が展開されるから、守備陣にとっては大きなプレッシャーになる。
今回の試合では前半はセパハンはそういう飛び出しをやや自粛気味にしてたのも事実だったと思う。アウェーってこともあって、攻撃よりも後ろの安定を重視してたように感じた。
それでも機を見た飛び出しは見られたわけだけど、そこをレッズのFWがしっかりとついて戻った。前回は途中で放してしまって中盤のスペースに次々にフリーで出られてしまったわけだけど、今回はフリーでの飛び出しを許さなかったと思う。

ここまではFWの戻ってきての守備のよさについて書いたわけだけど、守備のスタートとしてもこの試合では大きな役割に担ってた印象。1度組織を作ったところから守備を始めるレッズだけど、トップに配置された3枚はボールへのチェックとかポジショニングによって相手の攻撃のスタートに対してプレッシャーを与えた。それを起点とした守備で、ブロックに仕掛ける相手のパスを中盤で引っ掛けられるシーンが多くなったと思う。

そして、この前後の関係を可能にしたのがコンパクトな守備ブロックだった。ホームだからか、トゥーリオが戻ってきたからか、最終ラインが前回よりも高めに設定された。トップの位置は大きくは変化しなかったけど、最終ラインに中盤のラインが押し出されたことで全体としてコンパクトなブロックの形成が可能になったと思う。
一番分かりやすいのは長谷部と鈴木の位置だったと思う。前回の試合では自陣ペナルティーエリア近くでプレーする時間が長かった2人が、この試合ではハーフェイライン付近で守備をするシーンも目立ってたと思う。自陣に安定した組織を作ったときにも3ラインがコンパクトになって、選手間の距離の改善が見られた。

これによってセパハンには攻め手がなくなってしまった。
まず組み立ての場所では前回好きなように使えた中盤が利用できなくなったと思う。ここまで書いてきたようにレッズの中盤の守備に厚みがあったし、鈴木と長谷部が機能してたのも痛かった。結果としてセパハンは鈴木と長谷部を外したサイドに起点を作るシーンが多くなったと思う。
レッズの方から見ればこれはサイドに追い込んだって言える。セパハンの攻撃の怖さは最短距離を縦に進んでくる攻撃であって、一度サイドを経由させれば、大きな怖さはない。それにレッズの守備はサイドに逃げた相手をしっかりとつぶしてた。複数の関係で相手を囲い込んで切ってしまうシーンが多くなったと思う。

さらに、セパハンは最後のアプローチのところでも苦しんだ。そもそも前回の記事でも書いたとおり、セパハンの最後のアプローチはそれほどバリエーションがあるわけではない。具体的には個の力に頼る部分が大きい。もしくは一発のスルーパス狙いだけど、どちらにしても強引なやり方には変わりない。そして、前回このやり方が機能したのはレッズの守備のバランスが崩れてDFが晒されるシーンが目立ったからだった。
逆に言えば、守備のバランスが整った今回のレッズには通用しないやり方だったって言える。ボールに対してもレッズの選手がしっかりとチェックをしたから、前回のように深い位置で自由にボールを持てるシーンは生まれなかったと思う。

そして、セパハンのよさである守備後の速攻もレッズの切り替えが改善したことで機能しなくなってしまった。前の試合では攻撃後の守備への切り替えが全く効かずにカウンターを食らうシーンが多くなった。しかも、DFだけが残って対応することが多くて危険極まりなかったと思う。
それが今回の試合では最初の守備に対する意識の改善が見られたと思う。というよりも、やっぱり前回は高地っていう環境の関係でその意識を表現しきれてなかったんだと思う。
とにかく今回の試合では切り替えのよさから、相手のカウンターはほとんど許さなかったと思う。同時に相手の切り替えをつぶして、高い位置でボールを奪えるシーンが増えた。これが1点目に得点につながったって言える。

そもそも、セパハンは今回の試合でも中盤でのサボらないチェックをベースにした安定した守備をしてきた。セパハンは前半は4-4-2の組織を作り、ブロックに入り込まれるとトップの1枚が中盤のスペースを埋めるやり方を取ってきたように見えた。前半のレッズはある程度ボールを持つことができたけど、セパハンの組織としてのバランスのよさと個々の守備意識によって最後のシーンまでつなげるのが難しくなったと思う。

そういう流れの中で生まれた得点。レッズが押し込んだ後、相手の跳ね返したボールをハーフェイライン上で奪った鈴木がスタート。このとき、セパハンの守備ブロックが押し上げ切れなかった。これは前回のレッズの悪循環と同じ形。結果としてラストパスを送ったポンテに対してのプレッシャーが1つ遅れた。それまでは中盤のボールに対してはしっかりと行けていたチェックが、このシーンだけは甘くなってしまっていた。

と、ここまでは前半の内容について書いたわけだけど、レッズが前回の試合の経験をベースに素晴らしい修正を加えてきてた印象。
ただし、後半になって得点が必要となったセパハンは一気に猛攻に出てくることになった。例によって後ろを3バックにすることによって、攻撃に人数を増やしてきた印象。同時に守備の開始位置を高い位置に移行させることでレッズの守備陣が押し上げるのを防いでた。前回の試合でも見られたこのギアチェンジは興味深い。
それに、後半の戦いを見ると前半はやっぱりアウェーを意識して後ろからの飛び出しを自粛してたんじゃないかって感じた。

この3バックの相手に対してレッズも一応の対策は採ってきたように思う。守備では平川が最終ラインに入った4バック気味の形にしたし、攻撃では相手の3バックの横のスペースを使うことを意識してたように思う。
例によってセパハンの攻撃時のやり方は流動性が高くてイマイチつかみどころがなかったけど、前線は3トップっぽい形だった(ダイヤの3-4-3だったか?)からそれに対しての4バックだったと思う。
攻撃のサイド利用は相手のWBはほとんど最終ラインに入らないことを考えると、この意識自体は意味のあるものだったように思う。

ただ、セパハンはその3バック横の弱点を使わせないために前線からかなり厳しいアプローチをかけて来るんだと思う。後半の3バックのやり方はかなり強いと思うけど、前線での守備が要求されるために90分の継続が難しいんだと思う。だからこそ、絶対に点が必要な時間に残しておく気がする。

このセパハンのやり方に対してレッズは結局前回と同じように中盤以降の7枚がエリア近くに押し込まれる状況に陥った。セパハンは次々に飛び出してくる味方をつなぎながら深い位置まで侵攻してきた。レッズはまたしても中盤がなくなり、跳ね返しても相手に拾われ、押し上げができず、っていう悪循環に陥った。

この一因は前半は機能していた守備時のトップの3枚の守備が機能しなくなってしまったことにあったと思う。前半はうまく中盤に入りながら中盤の厚みに貢献してたトップがそこに参加できなくなった。
ただ、これはトップに怠けたわけではない。前半は後ろが押し上げたことで守備に一体感が生まれたわけで、後ろが下がってしまった後半に分断が起こってしまったのは前の問題だけではない。
さらに、前半に攻撃だけではなく前後の守備に奔走してたトップの選手にそれ以上の守備を求めるのは難しかったと思う。そういう意味ではもっと早く前線で追いかけられる田中を入れてもよかったかもしれない。もしくはいいようにやられてる中盤を増やすって可能性もあったけど、けが人続出の状況で難しかったかもしれない。

基本的には前回の試合とほぼ同じ内容になったと言っていい後半だったけど、最後の最後の水際のところでしっかりと守りきった。この最後の守備にはレッズの強さが見られた。前回の試合では相手の決定力不足に助けられたけど、今回はレッズの守備の力で掴み取った無失点だったって言っていい。
そういう意味ではやっぱりトゥーリオの存在は大きいんだと思う。一番感じたのはオフサイドの数だった。中盤がなくなった時点で前回と同じくセパハンのウラを狙うスルーパスが見られ始めた。前回はその中で完全にウラをとられるシーンが目立ったけど、今回は多くがオフサイドになったと思う。トゥーリオの存在がそういう部分のコントロールを可能にしたのかもしれない。

最後に何人かの選手について取り上げたい。

まずは永井。前回の試合から最もプレーに改善が見られたのが永井だったと思う。この試合ではサイドに流れたり、中盤に降りてきたり、ウラを狙ったりプレーに幅が生まれたと思う。そういう意味で明らかに運動量に完全が見られた。
この永井の流動的な動きによってワシントンが空いてくる効果が生まれたと思う。前回のレッズの攻撃はワシントンっていう選択肢しかなくなったために、相手に完全に読まれてしまった。結果としてワシントンにボールが入る前に引っ掛けられるシーンが多くなったと思う。
それがこの試合では前線の選択肢が増えたためにワシントンに入るボールが多くなった。それでもワシントンに決定的な仕事をさせなかったのはセパハンの守備の強さだけど、最低限ファールをもらえたり、時間を作ったりっていう仕事は十分にこなせてた。

そういう意味ではそのワシントンがこの試合ではイマイチ乗り切れてなかった気がする。収まった後の展開が微妙にズレるシーンが目立って、効果的に展開ができなかった。この場所でワシントンが普段並みの仕事ができてれば、もっと楽な攻撃ができた気がする。

こうやってワシントンに入るシーンを増やす要因になった前線の厚みは永井だけではなく、後ろの選手の飛び出しによってももたらされた。そうやって攻撃に人数をかけられたことで切り替えの最初の守備が機能した側面もあったと思う。

中でも長谷部の積極的な攻撃参加によってももたらされた。この試合での長谷部は守備から攻撃までの多くの仕事をこなしてた印象。守備では鈴木と同程度の中盤での仕事をこなしながら、攻撃時には前線まで飛び出していく。シミュレーションでカードをもらったシーンを見ても分かるように、最前線にまで出てくことも多かったと思う。1戦目での得点も長谷部の最前線でのフリーランニングがポンテをフリーにしてたし、攻守における貢献度は大きい。来年はもう1度代表のチャンスを与えて欲しい選手。

最後にポンテ。この試合ではポンテの貢献度もかなり高かった。上に書いたように守備では戻ってきての献身的なやり方が見られたし、何よりもキープ力の高さでチームを助けた。後半の苦しい時間にもポンテに入れることで1度落ち着きをもたらすことができたと思う。

ACLの優勝はレッズ。このチームの安定感は世界に行っても通用するはず。同時にセパハンもかなりいいチームだと感じた。ACLではこの2チームが同じ山に入っているから十分に再戦の可能性はある。そうなったときにはミランへの挑戦権を争うわけで、注目の試合になると思う。

ランキング
別窓 | ACL・A3 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-11-13 Tue 02:18
ACL決勝第1戦:セパハン×レッズ
<レッズ:3-5-2>
FW:永井-ワシントン
MF:ポンテ、平川-長谷部-鈴木-阿部
DF:ネネ-堀之内-坪井
GK:都築

便宜上3-5-2と置いたものの、この試合のレッズのシステムは変則的なものだった。攻撃時は4バック気味になったし、守備時は完全な5バック。メンバーはかなり異なるもののA3での山東魯能戦の形に近い形だったように思う。

まずはそのレッズの守備の形から。守備時は上に書いたように両サイドが完全に最終ラインに入る5バックの形だった。それに対して前線ではポンテが1つ押し出されて3枚のフィルターが形成されてる。だから、システム的には5-2-3という形になった。

ナビスコ杯決勝でフロンターレが取ってきた布陣も同じような5-3-2だったけど、この試合のレッズもフロンターレと同じようにボランチの役割が多くなるっていう状況が生み出されたと思う。WBが最終ラインに入ったためにがら空きになったサイドのカバーから、中盤でのボールのアプローチ、DFラインが晒されないようにするためのフィルターの役割などなど中盤の守備の役割を全て任されてたような印象だった。この試合では鈴木だけではなく、長谷部も守備面での貢献度が高かったように思う。

ただ、これだけボランチの2枚ががんばったとしても中盤のスペースを埋めきることは物理的に不可能だった。トップ下のポンテが(次の攻撃を考えて)守備時は完全に3トップの一角的なところに入るから、中盤の守備は文字通り、全てボランチの2人に任されたって言っていい。
横幅はもちろん、前線に残る3枚とかなり深い位置にラインを設定した最終ラインとの間の縦の幅もケアすることになった。この状況では中盤をいいように利用されてしまうのは、当然のことだったと思う。

問題となったのはレッズのこの守備のやり方が、セパハンのスタイルに対してかなり相性が悪かったってことだと思う。

そのセパハンの攻撃のキーワードになるのは、後ろからの飛び出しの多さ。前に空いたスペースに対して、次から次への後ろの選手が飛び出してくる。逆に言えばレッズの中盤には後ろの選手が飛び出して来放題のスペースが空いていったって言える。
レッズの失点シーンに関しても、最初のシュート(パス?)はそういうシーンだった。長谷部と鈴木がボールサイドに寄せられている間に、その2人がケアしきれない逆サイドに後ろから選手が出てきた。最後は長谷部ががんばったけど、十分に寄せきるところまでは行かなかったと思う。さすがに2人でピッチの横幅をカバーするのは不可能だったことを思い知らされたシーンだった。

後半に関しては終始同じような状況だったと思う。中盤でがんばってボランチの2枚がボールにアプローチしても、スペースに後ろから出てきたフリーの選手に簡単に展開されてしまった。そういう場所はボランチの2枚のフィルターがかかっていない場所。結果としてDFラインだけが晒されるシーンがかなり多かったように思う。だから、セパハンはトップへのボールを入れ放題の状況だったと思う。

セパハンの後ろからの飛び出しの多さについては後でもう少し触れるとして、他にもレッズの5-2-3と相性の悪いセパハンのやり方が見られたので、それについても。それはセパハンの最後のアプローチのところで見られた。基本的にはセパハンの最後のアプローチは2種類しかないわけだけど、その2種類ともがレッズの守備のやり方のおかげでうまく機能したと思う。

1つは個での突破。組み立ての時点では、後ろからの飛び出しをベースとしながら選択肢を増やすっていう組織としてのアプローチが目立ったセパハンだけど、最後の仕上げのところは個の突破に頼る面が大きかったように思う。そう考えるとレッズとしては守りやすかったはず。にも関わらず、この試合では個の突破によって深いところまで入り込まれるシーンが多々見られた。

その理由としては個の能力が高かったってことが挙げられるのは確か。ボディーコンタクトの中でもバランスを崩さずにキープする力とか、それをベースにして強引に仕掛ける突破力は脅威だったと思う。ただ、5-2-3のレッズのシステムがその個の能力を存分に発揮させてしまったような気がする。

その理由は簡単で、中盤がなくなったことで個の仕掛けの最初のところにアプローチができなくなったから。仕掛けの最初のスピードに乗り切っていないときよりも、スピードに乗ったときの方が止めるのが難しくなるのは当然。この試合のレッズの守備ではスピードが乗り切っていないところへのアプローチが難しかった。
同時に上に書いたようにボランチを外されて、DFラインに直接仕掛けられるシーンが増えたのも痛かった。中盤で1つ勢いを殺して、最終ラインで次を狙うっていう体制が作れずに、直接最終ラインに仕掛けられることになったと思う。
さらに、DFラインはセパハンの後ろからの飛び出しへの対応だけで精一杯だった。結果として相手の個の突破に対して中盤の助けなしでは人数をせけない状況だったと思う。そして、その中盤を外されることによって、最後のシーンでも1×1になってしまうような状況が生まれてしまっていた。

セパハンの最後のアプローチはこういう個の突破と、もう1つは一発で打開できる可能性のあるスルーパス。狭いところでも強引に通してしまおうっていう狙いのパスが前半からかなり多くなった。そして、そういう強引なやり方もレッズは水際で防ぐシーンが多くなったような気がする。

この要因も5-2-3システムに求めることができる。中盤にスペースが多くできたこのシステムではセパハンのボール保持者はかなり高い位置まで自由にボールを運ぶことができた。この時点でパスの出し手が自由になるっていう状況が生まれた。同時にウラのスペースを狙おうとするパスの受け手との距離がかなり縮まってたのも重要な要素だった。ギリギリのタイミングを狙う意味では、距離は近ければ近い方がいいに決まってる。

さらに、そのウラへのスルーパスを狙う上で見るべき相手が最終ラインに限定されてたのもやりやすかったんじゃないかと思う。中盤が外されてDFラインが晒されれたレッズの守備組織は、横並びのラインとは言わないけど、ウラへのスルーパスを考えるとかなり脆い存在だった。
結果として完全に引いてゴールギリギリのところにラインを設定してるのにも関わらず、ウラに抜け出されるっていうような状況が生まれたと思う。

と、ここまでは基本的にしっかりと主導権を握ったセパハンの攻撃について見てきた。この試合については(特に後半は)、完全にセパハンがポゼッションを握って、試合の多くの時間がレッズ陣内で行われてるような状況だったと思う。ただ、本来のセパハンの姿はこうやってポゼッション率を上げて主導権を握るようややり方ではないはず。基本的なスタイルは堅守速攻だと思う。

この試合でもセパハンの速攻のキレは素晴らしかった。ここまで書いてきたような、後ろからの飛び出しの多さは特にこのカウンターの場面で圧倒的な効果を発揮したと思う。守備から攻撃への切り替えで、後ろから次から次へと選手が飛び出していって、カウンターに厚みを加えた。
このときにスイッチの役割をするのはトップに収まったたといとか、味方が自分の前のスペースを埋めるドリブルをしたときっていうことが多くなった印象。
とにかく、チーム全体の攻撃への切り替えの速さが抜群で、かなり効果的なカウンターを仕掛けられていたように思う。

そうは言っても、常にこういう地上からの人数をかけたカウンターを繰り出すかというと、そうでもない。相手が切り替えをきっちりと行って、高い位置で効果的な守備が効いている場合にはセーフティーファーストの姿勢が見て取れたと思う。単純に前線に蹴りだすだけっていう質の切り替えが多くなった。そういう場合はトップの能力に頼る面が増えたと思う。

でも、この試合では圧倒的に前者の効果的なカウンターの数が増えたと思う。この点についてもレッズのやり方との相性が大きかった。
レッズは上に書いたように中盤が薄い5-2-3。そして、5-2は圧倒的に引かされてるから攻撃では前線の3に頼る面がかなり多くなってた。だから、攻撃のやり方の中では単純にトップを狙う質のボールが多くなったと思う。

そして、セパハンはこのボールを狙っていた。低い位置での組み立てから縦に入るボールを途中で引っ掛けることで効果的にカウンターを仕掛ける意図があったと思う。
レッズはそういう縦パスを引っ掛けられると一気にピンチに陥った。ボールを待ってたFW(ポンテ含め)は切り替え後すぐの守備に参加するのは不可能だから、結局はここでも中盤の薄さを露呈することになったと思う。奪われると一気に中盤のスペースを利用されてゴール近くまで持
ち込まれるシーンが多くなった。

こういうシステム上の要因に加えて、そもそも相手のカウンターに対する意識自体にも問題があったんじゃないかと思わされた。
特に気になったのが、攻撃後の最初の守備が全く機能しないこと。中盤で引っ掛けられずに深い場所まで押し込んでも、その後の守備が全く機能しないシーンが目立って、結局一気にピンチに陥るシーンが目立った。これにはそもそもシステム的に前線に入る人数が少ないことで、最初の守備を簡単にかわされてしまうっていう要因があったのも事実だったと思う。でも、この試合では個の意識の問題の方が気になった。

切り替え後の最初の守備が効かないばかりか、相手のカウンターの要所となる場所も押さえられてなかった。それは相手のトップのところ。
中盤がないシステムの中でカウンターの上でのフィルターがなくなってたのは確か。でも、そういうシーンで前で奪えないばかりかキーになる選手を完全に離してしまっているシーンが多かったと思う。結果としてセパハンはスイッチが入りやすくなった。

さらに、最初の守備が効かないばかりか、すぐに切り替えて本来の持ち場に戻るのも遅れ気味だったと思う。結局、相手は少々時間がかかってもカウンター的な攻撃を仕掛けられる状況になってたと思う。こういうシーンでもDFが晒されるシーンが目に付いた。

こういう切り替えの遅さを見ると、非常にレッズらしくない。しっかりと組織を作ったときにも1つ1つのアプローチが怠慢になってたのも気になった。
そういう意味では高地っていう環境の影響が少なからずあったんじゃないかと思う。それが守備でのギャップとして現れてしまったような気がする。
ちなみに攻撃でもロングボールの精度がかなり低くなってたけど、それも空気が薄いことと関連してたのかもしれないと思う。

セパハンはこんな感じでカウンターのよさを見せてくれたわけだけど、そのカウンターを繰り出すための守備もしっかりと行ってきた。

そのセパハンのシステムもレッズと負けず劣らず、いまいちつかみにくかった。最終ラインは前半が4枚で後半が3枚だったってことはある程度はっきりしてたけど、前線の組み合わせが流れの中で流動的に変化してた気がする。

とりあえず、まずは前半の4バックシステムについて。
前半は4-3-1-2が基本になってたと思うけど、形が4-3-2-1になったり4-3-3になったり4-4-1-1になったりと色々と変化してた。分かる限りでは前半の途中からは前線に1枚(カリミ?)を残す形になってたこと。とりあえず、そういうシステムにこだわっても仕方ないので、基本的なやり方を見て行きたい。

セパハンはまず守備ブロックを作るところから守備を始める。そういう意味で、まず守備ブロックを作るための切り替えのよさは明らかにレッズよりも上だった。
守備のスタートについても試合の中で変化してたように思うけど、とりあえずはレッズの最終ラインから1つ縦パスが入ったところからってことを基本にすることが多かった。

そして、その守備のスタートからは全ての選手がボールへのアプローチをサボらずに行う。その1つ1つのチェックをベースとした連動した守備が見られたと思う。
1つめのアプローチに連動して複数で囲い込んだり、1つめで制限した次できっちりとインターセプトしたりっていう場面がかなり多くなった。中盤で1つ1つのチェックの積み重ねによって質の高い守備が可能になってた印象。そして、これが中盤で効果的に引っ掛けるシーンが多くなった要因だった。

こういうセパハンの守備のよさに対してレッズは怖さを感じたんじゃないかと思う。前半の途中までは上に書いたように、とりあえずトップに入れるっていうようなやり方を取ってきたけど、それを途中で引っ掛けられて危険なシーンにつながることが多くなった。それを見て、やり方に変更を加えてた来た。

1つはサイドを一杯に使うっていう方法。このときには阿部より平川の方が攻撃的になるっていう左右の意図的なバランス崩しが見られた。これが阿部と平川のスタイルの違いによって生まれたものである可能性も否定できないけど、攻撃時は変則4バックになったと考える方が妥当だった印象。とにかく、低い位置の阿部→高い位置の平川への大きなサイドチェンジはかなり多くなった。

こういう大きな展開よって、相手のブロックにズレを生じさせ、相手の守備の連動性を築かせない狙いがあったんだと思う。同時にサイドを使うことで攻撃に深さを与えようとしたと思う。実際にこういう変更が見られたすぐ後に、平川のクロスから中央でフリーの永井へっていう決定的なシーンも生まれた。

このサイド攻撃よりも圧倒的に増えたのがトップへの単純な一発のボール。それまでは地上から攻めようとして途中で引っ掛けられることが多かったから、その途中を全て省略した形。相手の効果的な守備が機能してる中盤を飛ばして、直接トップへっていう質のボールが多くなった。

でも、相手の守備陣はそのロングボールも許してくれなかった。キーとなるワシントンには密着マークで全く仕事をさせなかったと思う。それを嫌がったワシントンが中盤に降りてくることも多くなった印象。
これを見ても分かるように、セパハンは最終ラインの人に対する強さを見せてくれた。中盤での効果的な守備を含めて、さすがにここまでの失点数が少ないのがうなずける内容だったと思う。

とはいえ、レッズのトップへのロングボール攻撃によってセパハンのカウンターは明らかに減った。これは、レッズが下手に前に人数を入れずに、後ろのバランスを崩さないまま、トップに頼る攻撃を展開したからだった。
これに対してセパハンは後半になってシステムを変更して望んできた。前線の形は前半と同じように変化してたように思うけど、基本は3-5-2だったと思う。この3-5-2は5バックを想定したレッズとは違って、守備を見ても3-2-3-2のような(実際にはボールと逆サイドは下がり目のポジションを取るけど)前に人をかけたやり方。
さらに、システムだけではなくてチームとしての守備の開始位置も前半よりは1枚高くしたようなイメージだった。

前半よりも中盤の枚数が増え、さらに前から来るようになったセパハンの守備(とその後の攻撃)に対してレッズは為す術がなかったと言っていい。立ち上がりすぐ、システム変更の相手に戸惑ったままに失点をしてから、結局は効果的な修正を行えなかったと思う。前半はそれなりにあった相手ゴールへ迫る時間も、後半は全くなくなってしまった。

その要因はもちろん相手のシステム変更にあったわけだけど、これによってまずサイドを利用した攻撃が不可能になった。相手のWBのプレッシャーに対してレッズは後半は完全に5バックにされてしまい、平川とか阿部が敵陣に入っていったプレーはほとんど見られなくなったんじゃ以下と思う。

それにトップへの単純なロングボールも難しくなった。それは相手の守備位置が1枚上がったことで、前半は自由になってた低い位置のボール保持者にもプレッシャーがきつくなったから。前半はとりあえずトップを狙う質のボールは蹴れてたけど、後半は全く余裕がなくなって蹴りだすのがやっとだった。
それに前半はうまく機能したボランチの経由点を使えなくなったのも痛かったと思う。前半は切り替えで1つボランチに収め、そこから広い場所へ展開して落ち着かせるっていうやり方が取れた。それはボランチに対するプレッシャーがそれほど厳しくなかったから。後半はそれが全く不可能になってしまって、切り替えでの余裕が作れなくなってしまった。

結果として押し上げがはかれない状況が生まれた。この時点で悪い流れのチームでよく見られる悪循環が生まれた。要するに、守備ブロックが押し下げられ前線との間に距離(中盤をいいように使われる)→奪ってからの切り替えがスムーズに行かない→相手にボールを拾われる→押し上げが図れない→・・・というもの。正直なところ、よく1点で守れたっていう状況だった。

はっきり言ってこの試合でレッズが引き分けたのは運が良かったから。明らかに相手の決定力不足に助けられた。
でも、次はホームでの試合。この試合のような内容にはならないはず。そうなったときに運でもいいからアウェーゴールを奪っての引き分けはかなりのアドバンテージになるはず。

ランキング
別窓 | ACL・A3 | コメント:2 | トラックバック:0 |
2007-03-07 Wed 22:54
ACLグループリーグ第1戦
【アレマ・マラン×フロンターレ】
<フロンターレ:3-5-2>
FW:我那覇-ジュニーニョ
MF:マギヌン、村上-谷口-中村-森
DF:伊藤-寺田-箕輪
GK:川島
 
初戦ってこともあったかもしれないけど、両チームとも1点目はDFの不用意なプレーから生まれたものだった。そういう動きのある状態から試合がスタート。

前半ペースを握ったのはアレマ・マランの方だった。前線から積極的なチェイシングを仕掛けてた。特にボールを持った選手に対してはかなり厳しく行ってた。その中には完全なアフタープレーなんかもあって、汚いプレーもあったわけだけど。そうやって激しく入ることでフロンターレの勢いを弱めようとしたと思う。

攻撃でも先制点を奪われたこともあって、序盤から積極的にやってきた。やり方としてはフロンターレの3バックのサイドに起点を作る意図が見られて、狙いとしてはいいものだったと思う。得点シーンもサイドから。サイドでボールを持った選手に対してはしっかりとフォローをして数的優位を作ろうとしてたところからも、サイド攻撃を重要視してたことが分かると思う。

こういうアレマ・マランの積極性に加えて、フロンターレがアウェーのやり方で試合に入ったことも前半のペースがアレマ・マランに傾いた要因だったと思う。フロンターレの前半の守備は自陣に引いて組織を形成させるもの。相手の最終ラインのパス回しは自由にやらせて、縦パスが入ったところでチェックを開始した。最終ラインを高めに設定してスペースを消すやり方だったけど、受身のやり方だったのは間違いない。サイドを突かれたときにCBが引き出されてバランスが崩れる場面はあったけど、多くの時間帯ではバランスをしっかりと整えることを最優先にしてた。

攻撃面でも前半はリスクを犯さないやり方から入った。攻撃は3トップ気味に配置された3人に任せられる部分が多かったと思う。昨シーズンからの形だけあって、3人の関係性はいい。我那覇が引いて受けたスペースにマギヌンが出てくみたいな単純な関係の中にもそれが見て取れた。攻撃の形としてはその3人に単純に入れてくる形。中盤での組み立てを省略して早いタイミングで入れてくる場面も多かった。そもそも中盤での組み立ての中でのミスが多かったと思う。それは選手の距離感とピッチコンディション問題の影響だった。

こういうやり方で相手の守備に狙いどころを決められた弊害は生まれたのも事実。特に我那覇に対するくさびのボールはことごとくカットされてしまっていた。そういうこともあって後ろから中村とか谷口が絡んでくるシーンも少なかった。前半は全体として押し上げの遅さも目立った。この点でもリスクを犯さないっていう原則が守られてたのかもしれない。前半はあまりいい形じゃなかったけど、プラン通りだったのかもしれない。

こういう状況が後半になって一変した。それもアレマ・マランとフロンターレの両者からの要因があった。アレマ・マランは単純にスタミナ切れが見られた。暑さの中で序盤からかなり積極的なサッカーをしてたから仕方なかったかもしれない。後半は中盤でのプレスが効かなくなってた。それに前線の選手が守備に戻ってこなくなるシーンが多くなってたと思う。その中でDFと中盤の間に大きなスペースが空いてた。フロンターレはそこのギャップをうまく突いてたと思う。

フロンターレ側も後半開始と同時にギアを入れ替えた。それは守備の開始位置を見ても分かる部分。前半よりも明らかに積極性が見られた。前線の選手と後ろの選手がはさみこむ守備なんかでうまく連携して高い位置で効果的な守備ができてたと思う。

その守備の勢いを攻撃につなげることができた。中村なんかが守備の勢いそのままに前線に飛び出してくようなシーンが出てきはじめた。そもそも守備の位置が高くなったことでチーム全体が押し上げられたと思う。その結果前線の選手の距離感がよくなった。

その中で本来の持ち味である早いパス回しとかワンツーでの抜け出しとかが見られた。相手の厳しいタックルを考えても早いタイミングでパスを回すことはいいことだった。ボール保持者に近づくフリーランニングも増えて、ボールをよく引き出してたと思う。そうやって前の方にプレーの選択肢が増えたと思う。

前半は我那覇頼みの組み立てで相手に狙われてしまったけど、後半は多くの選手が前線に絡むことで相手を分散させられたと思う。さらに、こういう連動した攻撃を仕掛ける上での我那覇の役割を再認識。前線でボールを引き出して安定したポストプレーをこなすことで後ろの上がりを促進して厚みを増すことができる。

フロンターレの2点目は攻撃の厚みが見られたシーンだった。中村が前に飛び出してきたところからのチャンス。1度目は跳ね返されたけど、そのこぼれ球を拾ってミドルシュート。さらにその跳ね返りをつめた得点。2次、3次攻撃が機能した。

この得点のあとは前半のような自陣での守備に切り替えたのも注目すべき点だったと思う。徹底的にリスクを避ける方法だったんだと思う。そういう意味ではいい形で3点目が取れた。3点目はCKからの流れ。ここでも1度跳ね返されたボールをうまくサイドに展開した。CKの流れで相手のDFがバランスを崩してたことと、味方が多く残ってたことがいい方向に働いた。

川崎のDF陣は強さを見せてくれた。失点シーンを含めて、序盤は不安がある部分もあったけど、時間が経つにつれて安定感が増してった印象。特に正面から来るボールはことごとく跳ね返してた。ロングボールが放り込まれたときの競り合いの強さがあるし、グラウンダーのボールに対しては出足の速さで相手の前で触る。ウラのスペースにいいボールが供給されるシーンがなかったからなんともいえないけど、全体としてはそれぞれのカバーのところもうまく回ってたと思う。

ただ相手がサイドに起点を作ったときにCBが引き出されてしまうのがどうしても気になる。3バックでやってる以上しかたのない部分だけど、失点シーンは中で2対2の状況。もうちょっと中盤の選手との連携が欲しい。

この最終ラインの3人を初めとしてフロンターレは高さっていう武器を存分に使おうとしてた。特にセットプレーではそういう意識が強く見えてたと思う。セットプレーでは滞空時間の長い高いボールを意識的に蹴ってた。

結果は1-3でフロンターレ。前半は上にも書いたとおりチームのプランとしてリスクを犯さずに入ったってことなんだと思う。ただ、ピッチコンディションとか判定に戸惑った場面が多かったのも事実だったはず。その点で後半にしっかりと順応できたのは好材料。判定に関しては前半と比べて後半はファールが格段に減った(攻めてる時間が多くなったこともあるけど)。


【レッズ×ヘルシク・ケティリ】
<レッズ:3-5-2>
FW:ワシントン-永井
MF:ポンテ、相馬-小野-鈴木-山田
DF:ネネ-阿部-坪井
GK:山岸
レッズの試合内容は前回の横浜FC戦よ似たようなもの。相手は横浜FCよりも消極的だったけど、レッズの側に見られた部分は同じような感じだった。

まず、守備面。これはゼロックスのときからずっと言ってることだけど、プレッシャーをしてるフリの選手が多い。だから、相手の攻撃に移ったときに多くの場合自陣深くまで押し込まれてしまった。それはファーストディフェンスがうまく機能してないこととか、ボール保持者に対して中途半端なプレスが目立つことが原因。相手もアジアの舞台に出てくるぐらいだから、そういう中途半端な守備だとしっかりと足元の技術を見せた。ただ、今日の試合を見る限りではレッズとの力差は明らか。それなのに攻撃のたびにレッズが自陣深くまで押し込まれるってのはおかしい気がする。

こういうレッズの守備の状況の中にあって、小野の守備の積極性が目立ってた。攻撃からの切り替えの速さと、相手へのチェックの速さが目立った。さらに最終ラインのカバーに入ってバランスを取るような役割もこなしてた。相手の攻撃が少なかったから、そういうシーンも多くはなかったけど、マンマーク気味についてた今日のレッズの最終ラインを見ると、そういうカバーの動きも必要だった。攻撃面も含めて、小野の上下の運動量の多さが目立ってた。

相手の攻撃のたびに深くまで押し込まれたことは攻撃面にも弊害を生んだ。この点についても何度も書いてるけど、速攻に転じたときに前の薄さが目立つ。中盤以降の多くの選手が低い位置に戻されてしまうから、前線には一部の選手しか残ってない。

こういう部分は昨シーズンから見られたことだった。昨シーズンはそういう攻撃の中でも前の選手の質でなんとか得点につなげてた。今日の2点目がそういう形。攻撃はポンテ、永井、ワシントンの3枚だけで得点まで持ってった。このシーンみたいに2トップを採用しているって意味では昨シーズンよりも確率が上がってるっていえるかもしれない。

ただ、こういう場面みたいな数的優位の状況ははほとんど作らせてもらえないはず。ACLはともかく国内では相手の挑戦を受けて立つ立場。相手もレッズ相手にはしっかりと後ろに選手の残しておくと思う。そう考えて2点目以外のレッズの攻撃を見直すと不安点が出てくる。速攻を考えれば相手がある程度の人数を守備に残したときに前の選手だけで崩すのは難しい。そういう意味では後ろからの押し上げがもっと欲しいところ。といってもその点は守備面からの改造が必要になってくる。昨シーズン途中から見られ始めた、最後のところで人数をかけるっていうやり方をしてる限り(それが悪いってわけじゃないけど)難しいと思う。

そうなると遅攻の質を高める必要がある気がする。遅攻を考えるとすると、ワシントンと岡野の違いのところを見るのがいいと思う。相手のスタミナを考慮する必要があるけど、この交代で明らかにレッズに流れが傾いた。この2人の違いは単純に動くか動かないかっていうこと。ワシントンは真ん中にしっかりと腰をすえるタイプで、岡野はこの試合では右サイドに流れてのプレーが多かった。

引いた相手を崩す方法の1つとしては前線での動きを作って相手のブロックにギャップを作るっていうことが挙げられる。そういう意味では岡野の方が優れてたっていうことだったんだと思う。岡野自身が動くことで相手のバランスが崩れる。さらに岡野が動いて空いたスペースを他の選手が有効活用できるっていう利点も生まれる。FWの一角の永井は1トップ気味になったことで広いスペースを自由に動くことができた。

さらに2列目からの飛び出しも促進されたと思う。3点目は小野が前線に入り込んでのミドルシュート。その前の動きで小野のシュートのコースを空けたのはポンテだった。確かにポンテが攻撃に絡んでくるのは前半からあったことだった。組み立てのときにはワシントンも引いてきてボールを引き出すようなプレーをする。そうやって空いた前線のスペースにポンテが出てくっていうことが多かった。

ただ、このやり方だと最前線が完全につまっちゃったときに動きを作ることができなかった。結局は相手のブロックの外でパスを回しながら、最後は中に放り込むっていう形になってしまった。相手のブロックがかなり低い位置に形成されてたから、DFもかなり押し上げに参加してきてたけどあまり効果がなかった。動きが生まれない限り人がいてもしかたないっていうこと。

そういう動きがなかったから一度ペースダウンすると次にスピードアップするタイミングを図れないでいた。結果として試合自体もゆっくりとしたペースで流れた。チームの中でリズムを変えてたのは小野のパスだけだったような気がする。

もちろん岡野が入ったことでいい部分ばかりが生まれたわけじゃなかった。今日の試合だと岡野が右に流れてプレーしたことで山田の攻撃参加が減ってしまった。ただ、この部分はチームの戦術的なものだったかもしれない。ネネを積極的に攻撃に参加させて、山田を後ろのバランサーとして配置するっていうこと。

ネネはこの試合でも積極的な攻撃参加が目立った。同時に決めるべきところを決めきれないシーンとかボールを運ぶときのミスも多かったと思う。その辺がトゥーリオとの差かもしれない。こういう点があるなら、リスクを犯して出て行く意味が感じられないわけで。そういう意味では序盤に少し見られた阿部の攻撃への参加をもっと見たかった。

結果は3-0でレッズ。得点の時間帯はよかったんじゃないかと思う。立ち上がりと、前半ロスタイム、そして後半にダメ押し。
別窓 | ACL・A3 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。