ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-03-30 Thu 22:01
日本×エクアドル
日本のシステムは3-5-2。DFに坪井、FWに玉田が入った以外は予想通りの布陣だった。
対するエクアドルは4-4-2。金田さんが言ってた通り3トップ気味だったけど。

ファーストシュートが福西の飛び出しによって生まれたとおり、2列目・3列目からの飛び出しが目立った。玉田が後ろに下がったり、サイドに流れたりしてボールを受けて、そのスペースに小笠原とか小野あたりが飛び込んでた。練習試合では玉田をトップ下に置くシステムも試したらしく、これは1つのオプションとして面白いと思った。

サントスは良かった。得点シーンもサントスから生まれたし。やはり、3-5-2のシステムではサントスの攻撃力がかなり生きる。
サントス→久保のラインはピッタリだった。
逆サイドの加地があまり目立ったなかったこともあり、攻撃のサントスと守備の加地という大まかな役割分担があったのかもしれない(後半は加地の攻撃も見れたけど)。
あとは、日本の攻撃がいきずまったときに局面を打開する働きを期待したい。いまはチームとしての勢いが落ちると、サントスの勢いも極端に落ちてしまっている。日本代表に数少ない1人で打開できる選手だけにがんばってほしい。

小野は期待するほど目立ってなかった(個人的なボーダーが高いのもあるかもしれない)。それでも、DF面での貢献(いつファールするかという見極め)や要所要所でのボールのちらし、裏への1本のパスなんかはさすが。

DFはクリアするのかパスにするのかはっきりしないプレーが目に付いた。この位置でボールを取られることは、失点につながるだけに気をつけてほしい。ただ、これは後半には修正されたようだった。
それから、エクアドルのミドルシュートに対するケアが甘い気がする。このチームは鋭いミドルが特徴みたいなもんだから気をつけてほしかった。

今日の試合で1番目立ったのはロングパス。
前に書いたとおりやべっちFCの中田の特集でやったばっかだったから目に付いた。最終ラインからロングボールを前線に蹴りこんで、FWが競り合って、こぼれ球を2列目が拾う。こういうパターンがよく見られた。中田が言ってたとおりプレッシャーを受ける場面でロングボールを蹴りこんでたから、DFラインでのパス交換とかバックパスの多用がなくて攻守の交代が早い試合を見ることが出来た。それに、ロングボール1発で裏を狙ってチャンスが生まれてた。

流れの悪い時間帯は、「ボールが収まらない」「攻撃の仕掛けどころが無い」「守備の取りどころが無い」「セカンドボールを取れない」という悪循環だった。サントスのところにも書いたけど、そういう局面を個人で打開できる選手がほしい(具体的に挙げろといわれても微妙だけど)

ジーコについて。
選手交代はもっと積極的にしてもらいたかった。前にも書いたとおり前線の選手を増やして点を取りにいくみたいなパターンも試してよかったと思う。
それから、通訳と一緒にテクニカルエリアに出られないルールになったんだから、今のうちからシュミレートしてほしかった。

試合結果は1-0ということで、勝ったということは評価できる。試合内容も、これまでの国内組の試合より数段良かった。個人個人でアピールするという気持ちがあったんだろう。
スポンサーサイト
別窓 | 日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。