ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-06-12 Mon 03:01
イラン×メキシコ
イランのシステムは4-4-2。マハダビキア、カリミ、ダエイ。ハシェミアンの攻撃陣はアジア1位だと思う。
メキシコのシステムは3-5-2。2トップはボルヘッティを頭に置いて、もう一人が少し下がった位置でプレーする。

メキシコの1点目は見事。ほぼ全員が前に動くことによって、スペースをつくってそこに回りこんで飛び込んだことによってフリーでボールを処理できた。フリーとはいっても逆サイドに頭でピンポイントでのアシストも相当技術が高くないとできない。

これに対してイランの同点ゴール。完全にパワーでねじ伏せた。でも最初のヘッドのシーンでその選手は完全にフリーだった。この辺はメキシコにも課題が残るかもしれない。

メキシコは守備時は4バック気味になる。ボランチもしくは、WBがDFラインに入ってくる。
メキシコの両WBの運動量のは驚かされる。守備のときはDFラインまで戻って、カウンターになるとワイドに開いて一気にポジションを上げる。こういう動きでサイドの選手へのロングボールからチャンスが生まれた。
前半の途中にイランの右サイドからの攻撃が機能し始めた。それに対してメキシコの左サイドの選手がポジションを上げて、相手の右サイドを押し込んだのは効果的だった。
それからイランのキープレイヤーのカリミは2人でつぶして、全く機能させないってのが徹底されてたと思う。

メキシコの攻撃はパスを簡単につないで速く攻めるのが基本。相手に遅らされたら、ボルヘッティにロングボールを当てて状況を打開する。メキシコのボルヘッティとイランのダエイは似たタイプのプレーヤーだと思う。どちらも、運動量は多くないけど真ん中で決定的な仕事をする。

前半のはじめからどちらもトップギアで入ってきた。どちらもコンパクトに保って、ボールを中盤で奪い合った。中盤での攻防が面白かったし、スピーディーでテンポもよかった。それが前半のロスタイム0にあらわれた。

といってもこれは前半だけ。
イランの運動量が完全に落ちた。選手間が間延びしちゃって前線が孤立した。
2失点目と3失点目はどちらもこれが現れた形。2点目は集中力が完全に切れて、ミスが重なったのをメキシコにつかれた。3点目ではボックスの中でメキシコの選手が2人フリーになる状況。

対称的にメキシコの運動量は落ちなかった。後半はマルケスが積極的に攻撃に出て点を取りに行った。3点目はあれだけ走った後で、選手が走るのをやめなかった結果生まれた。アシストした選手もゴールした選手も後ろから飛び込んできた選手。

結果としてイランは自分たちのスタミナのコントロールができなかったってこと。イランを自分たちのペースに巻き込んだメキシコのしたたかさを感じる。


日本×オーストラリアについてちょっとコメントする。

まずは、オーストラリア側がどう出るか?
ヒディンクが監督ってことで奇抜なことをしてくるかもしれない。キューウェルを本来とは逆の右サイドで使って、サントスにうつけてくるなんてことも有り得るかも。

日本代表の戦い方。
オーストラリアのほとんどの攻撃はビドゥカを経由して組み立ててくる。そのビドゥカにボールを入れないことが重要。日本はボランチとDFの間にスペースができることが多いので、そこを気をつけないと簡単にビドゥカに当てられてしまう。

選手交代は玉田を見たい。高さでの勝負は捨てて、スピードというこちらの土俵に相手を引きずりこむ。
そういう意味ではセットプレーの球種にも期待したい。相手がガチガチ来るだけに、無駄にボールを持たないで簡単にはたくようにしてほしい。そうしないとケガが心配。

どちらも初戦ということでどちらも無難な試合をしてきそう。序盤は落ち着いてはいるだろうけど、どこから勝負をかけるか?ってのがポイント。たぶんヒディンクが先に動くだろうけど、それに対してジーコがどう出るか?ってのも注目したい。

どちらチームも最低限の勝ち点を確保しようとすると思う。だから引き分けって結果が妥当なんじゃないかと思う。
スポンサーサイト
別窓 | W杯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-06-12 Mon 00:14
オランダ×セルビア・モンテネグロ
<オランダ:4-3-3>
FW:ロッベン-ファン・ニステルローイ-ファン・ペルシー
MF:スナイデル-ファン・ボメル、コク
DF:ファン・ブロンクホルスト-マタイセン-オーイエル-ヘイティンガ
GK:ファン・デル・サール

直前のオーストラリア戦でケガ人が続出して心配したけど、現状のベストメンバーを組めたと思う。右のWGにはカイトでなくてファン・ペルシーが入る形。アルゼンチンが昨日しっかり勝ったこともあって、絶対に落とせない試合になった。

セルビア・モンテネグロのシステムは4-4-2。CBは190を超える長身で強い選手。攻撃はケジュマンとかスタンコビッチを中心として速攻を仕掛けてくる。堅守が売りのチームでオランダの攻撃をどうやって止めるかが見ものだった。

オランダはロッベンがよかった。
セルビアはCBの選手を右SBに当てるという対策を立ててきた。ロッベンに対してはこのSBとボランチ(ほとんどの場合)の2枚で対応してロッベンをスピードに乗せないような守り方。
これに対してロッベンはポジションを中に移したり、右のファン・ペルシーと入れ替えたりしてそのプレッシャーを回避しようとした。
それにセルビアのこの守備が機能するのは相手の攻撃を受ける形がしっかりできているときだけだった。中盤でのオランダのプレッシャーがきつく、そこでボールを奪われると形がしっかりしてない状態で守備をする必要がある。こういうときはロッベンと1対1の形にされてしまって、自由にやらせてしまう(ロッベンに1対1だと対応しきれない)。
それに逆サイドから大きな展開をされたときもマークがずれてしまって、ここでも1対1の局面を作られた。

先制点もロッベンの得点。それまではだいぶ抑えられてたけどカウンターで前にスペースがあっただけに、持ち味のスピードでぶっちぎった。
ここでもポジションを替えて中に切れ込んできたのが生きたと思う。
この得点でロッベンが乗ってきたのもオランダにとってかなりのプラス材料。
この得点はラストパスのファン・ペルシーも評価したい。自分の前にもスペースがあったけど、簡単にロッベンへパスを送った。こういうシンプルなプレーが得点への最短距離になる。ラストパスのタイミングもよかったと思う。左サイドからの攻撃が続いて、ファン・ペルシーにとってはこれがほぼ最初のちゃんとしたプレーだったけど、しっかりチャンスを生かした。

ファンニステルローイはあまり活躍してなかった。それでもその“存在”だけで十分。前線でくさびを受けて攻撃の起点になった。
それにファン・ニステルローイが相手のDFラインと駆け引きすることで、相手のラインを下げて、オランダの中盤の選手の前にスペースを作る役割も果たしていた。これがいくつかのミドルシュートを生んだ。
ファン・ニステルローイが変わってからはボールが収まらなくて、攻め手がロッベンのドリブルだけになってしまった。

オランダの攻撃ではポジションチェンジも多く見られた。
スタート時は中盤の底をやってたコクーが前に飛び出して、底の位置にスナイデルがはいったり、ロッベンとファン・ペルシーのポジションチェンジなど。1人が作ったスペースに他の選手がポジションにこだわらず飛び込むっていう“トータルフットボール”の考え方。

オランダは高い位置から守備をかけていく。
全体的に前ががかりになってるから、そういうプレーがないと簡単に相手のチャンスになってしまう。こういう中で、3トップがみんなプレミアでプレーしてるってことは大きい。プレミアは全員に守備を要求するから、クラブの中でのプレーからそういうことが徹底してる。前線で囲んで奪うだけに守備の連動性はかなり見られる。
それに攻撃⇒守備の切り替えが速い。前線からの守備が90分間もつオランダの運動量はやはり凄いと思う。

守備ではGKへのバックパスが目立った。これを見て、“DFラインの後ろのスペースはGKが11人目のフィールドプレーヤーになって埋める”っていうクライフの言葉を思い出した。

セルビア・モンテネグロの守備。
前半はプレッシャーがかけられずにズルズル下がってしまった。オランダが左右をワイドに使ってくるから、それに対応するセルビア側の選手の間隔も広がってしまう。そうすると連動した守備がかけられなくなる。
これに関しては、後半の頭にFWやOMFの選手もプレッシャーをかけるようにして改善してきた。
それでも後半も時間が進むと、体力の面で厳しくなった。

それから、オランダのくさびのパスを簡単に入れさせすぎなのも気になった。前半開始時はくさびが入ると、一気に囲んでつぶしてたけど、途中から見られなくなってしまった。
オランダは縦パスからの展開もよく見られたし、そこの対応をもっとしっかりすべきだったと思う。サイドからのクロスに対して、ファン・ニステルローイに体をぶつけて対応してたのはよかった。

セルビア・モンテネグロの攻撃。
基本はロングパス1本で手数をかけずにゴール前にもってく。オランダはSBが高い位置を取るから、こういう一気のロングパスで数的同数もしくは数的有利を作ることができる。その辺はもっと活用できたと思う。
時間をかけて攻めるときは左サイドからのくずしが目立った。今後の試合も注目してみてみたい。

それからセルビアのCKのボールも気になった。自分たちが得意とする高さで勝負してもよかったんじゃないかと思う。ほとんどのCKが低くて速いボールだった。

昨日のイングランド×パラグアイもそうだけど、この時間帯の試合に内容を期待しないほうがいいかもしれない。“暑さ”を考えて両チームが戦うから、どうしても運動量が少なくなってしまう印象。
別窓 | W杯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。