ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-06-26 Mon 02:18
イングランド×エクアドル
<イングランド:4-1-4-1>
FW:ルーニー
MF:Jコール-ランパード-ジェラード-ベッカム、キャリック
DF:Aコール-テリー-ファーディナンド-ハーグリーヴス
GK:ロビンソン

イングランドは中盤を厚くしてきたけど攻撃面ではその効果はあまり見られなかった。前半はルーニーが完全に真ん中に位置してそこをロングボールで狙うって形。結果として中盤が省略されて厚みを活かすことができなかった。こういうサッカーをするなら1トップにクラウチを置いたほうが良かったと思う。

ジェラードとランパードの関係はどちらかが引いてチャンスをつくり、もう一方が前線に飛び出す形だった。前半はランパードが前線に行くシーンが多かった。

ただし、守備面では中盤を厚くした効果が出てたと思う。単純に人数が多かったし、出足の速さもあって中盤でボールをカットするシーンが目立った。それでも相手の切り替えも速くてそれを速攻の形につなげることが出来なかった。

そもそもイングランドがこういうサッカーになってしまったのはエクアドルの守備がかなりよかったからだって言える。中盤の4人がフラットに並んでピッチ全体をカバーしつつしっかり組織的に守ってきた。さらにDFラインと中盤のラインがコンパクトになっていて、イングランドとしては前線にパスを出すスペースが無かった。

後半になるとイングランドは少し攻撃を変えてきた。エクアドルが前半から積極的なプレッシャーをかけてきて運動量が落ち始めたから中盤にスペースができはじめた。
後半は真ん中からの攻撃に偏らないように配慮してたと思う。真ん中のところはエクアドルがしっかりと守ってたからサイドに起点を作ろうとした。ジェラードがサイドに流れてチャンスメイクをしてたし、ルーニーもサイドに流れたる引いてきたりしてボールを引き出した。ルーニーが空けたスペースは2列目の選手がしっかり埋めていた。
後半はジェラードが前でランパードが後ろっていう位置関係だった。どちらも前半はよりはゴール前でボールに絡むシーンがかなり増えた。
ルーニーは最後まで運動量が落ちなかったし、強引な突破も見ることが出来た。ケガの心配はしなくてよさそう。というより、時間が経てば経つほど良くなってきてた気がする。あと問題は周りとの連携。これに関しても時間が解決してくれそうだけど。

エクアドルも前半はロングボールでイングランドの浅いラインのウラを狙うって形をとってきた。だから、前半は両チームともロングボールの応酬でプレミアの下位チーム同士の試合を見てるようだった。これはどちらのチームもコンパクトにして中盤からプレッシャーをかけてきたからしょうがないかもしれない。

エクアドルも後半は修正をかけてきた。得意のサイドからの攻撃を活かすために2トップの1枚がサイドに流れてプレーした。サイドを使うって意味では左右への大きな展開も見れた。
それから積極的なミドルシュートも目立った。イングランドが1ボランチでやってる分、その選手を引っ張り出せばミドルを打つスペースは十分にある。こういう意味でイングランド側がJコール⇒キャラガーの交代でボランチを増やしてきたっていう意図が分かる。

イングランドは細かいミスが目に付いた。特に前半はミスから相手に決定的なチャンスを作られてしまった。ハイボールをバウンドさせてしまった後の対応はしっかりしたほうがいい。簡単なパスミスとかも目立ったから、しっかりと集中したほうがいい。

イングランドは全体としておせじにもいい内容だったとはいえない。そんな中でベッカムの飛び道具で1点をとってキッチリ勝った。1戦目のパラグアイ戦もそうだったけど、試合の流れが悪くてもこういう武器があるとかなり重宝する。そういう意味ではイングランドではクラウチも似たような存在かも。

1-0でイングランドがベスト8進出。ここまでイングランドのチーム状態はいいとは言えない。これから先はそういう状態だと厳しいかもしれない。
スポンサーサイト
別窓 | W杯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。