ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-06-27 Tue 21:09
スイス×ウクライナ
スイスは4-5-1。前の試合で途中交代のセンデロスは肩の脱臼で欠場。ここまではベストヤングプレイヤーに選ばれそうな勢いで活躍してただけに残念。
ウクライナは4-4-2。ことらもCBの2人が出場停止らしい。DF登録が2人っていう異常事態。

どちらのチームも組織的な守備を徹底してやってきて締まったいい試合になった。基本的にはどちらも守備は同じような形をとってきたからそれについて。

まず挙げたいのは攻守の切り替えの速さとコンパクトなライン構成。これが中盤での寄せの速さを生んでいる。基本的にはどちらかのチームがこういう戦術を取ると高い位置でボールを奪えるだけにカウンターって形が見られる。でもこの試合では両方の選手が最後まで集中を切らさずにやったから流れの中での決定的なシーンがほとんど無かった。延長までいったから運動量が落ちたのは確かだけど、攻撃⇒守備という切り替えの速さと、中盤で囲んでボールを奪う守備ってのは最後まで徹底されていた(守備⇒攻撃の切り替えが遅くなった印象)。

それとFWの選手も惜しまずに守備をする。特にスイスは後ろから行ったときにファールなしでボールを奪うことが出来た。

ウクライナの攻撃は前線の選手を狙うとこから。前は2トップに2列目の選手が絡んでくる。シェフチェンコはサイドに流れるような場面も多いけど中が1枚っていう状況はあまり見られなかった。最初に前にボールが入ったときは攻撃にかかる選手が少ないけど、押し上げが速いから1つの攻撃が波状攻撃みたいな形になる。DFラインからの積極的な攻撃参加もあって、前の枚数はかなり増えた。それで相手の選手を押し込んだことでセカンドボールも拾えたから、それが波状攻撃を生んだ。
攻撃時は前がかりになってる分、相手のカウンターの形になると危なくなるんだけどそれは前線からの守備でつぶした。

スイスは守備から入るチームだけど、そういうチームに多いような前線へむやみにロングボールを蹴りこむような攻撃をほとんどしない。ロングボールを蹴りこむときは序盤に相手のプレッシャーを避けるためにサイドに大きなボールを蹴ったり、終了間際にパワープレー気味に前線に蹴りこむような戦術的に明確なシーンだった。
こういう場面以外はしっかりとボールをつないで攻撃を組み立ててくる。

後半からは右SBの積極的な攻撃参加が見られた。ウクライナが真ん中を固めてきたから、前半は遠いとこからのシュート以外に打開の方法が無かった。だからサイドに起点を作りたかったんだと思う。

どちらもしっかり守ってたこともあって決定的チャンスはほぼゼロ。最後のとこは個人で打開する選手がほしいとこだけど、その人材が不足してた感じ(シェフチェンコは完全に押さえ込まれた)。どちらも守ってカウンターっていう戦術を取ってるだけに、相手が引いてきてしまうと攻撃の術が無くなってしまう。

こんな試合展開の中でセットプレーからはいくつかのチャンスが生まれた。でも両者のうまい守備でそもそもセットプレー自体があまり多くなかった。

どちらも守備から入るチームらしく無駄なファールが無かった。120分戦ってイエロー1枚ってのにそれが表れてる。結局PKでウクライナが上がったわけだけど、スイスは今大会無失点。今後も注目してく価値はありそう。
スポンサーサイト
別窓 | W杯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-06-27 Tue 02:15
イタリア×オーストラリア
<イタリア4-3-3>
FW:デル・ピエロ-トニ-ジラルディーノ
MF:ペロッタ-ピルロ-ガットゥーゾ
DF:グロッソ-マテラッツィ-カンナバーロ-ザンブロッタ
GK:ブッフォン

イタリアはトッティを外してきた。前まではトッティに依存することの多かったチームだったけどどうか。一応トッティの故障中はこの4-3-3システムがそれなりに機能してたけど。
対する、オーストラリアは3-4-3。キューウェルが故障(?)で出場してない。ヒディンクは02年にイタリアを倒してるだけに相手のことは良く知ってるかも。

試合の流れとしてはオーストラリアがキープしてイタリアが受けるって形だった。これはオーストラリアが優位に進めたって意味じゃなくてイタリアが持たせてたって部分が大きい。
イタリアはボールを取ってから一気に前線に当てて速攻をかけようと試みた。それでもオーストラリアは守備への切り替えが速くて、簡単にそういう攻撃は許さなかった。
そういう意味ではどちらが流れをとったかってことが最後までハッキリしない試合だったって言える。

後半に1人少なくなってもイタリアの守備が崩れることは無かった。引いて守るときは3枚のボランチと4枚のDFラインがいい位置関係をとってスペースを消す。さらに選手間の間隔が狭いから、ゴール前でボールを取った後もそこでボールをつなぐことができる。

守備陣の中でもカンナバーロの守備は秀逸。高さは無いけどうまく体を寄せて相手の高さを防ぐし、ポジショニングとか読みの深さ、機器察知能力はかなりのもの。体格的には目立つ選手じゃないから日本人も参考にしたほうがいい。

イタリアの3トップは上に書いてあるような形ではなかった(上のはTBSの情報)。
簡単に言えば2トップ1シャドーの形。トニとジラルディーノが2トップを形成して、デル・ピエロがかなり自由に動き回る。
トニとジラルディーノは似たタイプのFWだと思ってる。ちなみにトニの体を入れ替えて前を向く動きが良かった。とりあえず、この2人には明確な役割分担が無かった。

基本的にどちらかに縦パスを入れたとこから攻撃の展開が始まる。
ここに縦パスを入れるのはピルロってことが多い。だからイタリアの攻撃はピルロを経由して、そこから組み立て始める。
1人にボールが入ったときのもう1人の動きはウラに走るってのが主な形。後ろにいてこぼれ球を拾うような場面もあった。とにかく2人の関係性はよかったと思う。
さらにここにペロッタが飛び出してきて絡んでくる。中盤は基本的には、守備的なガットゥーゾと攻撃を組み立てるピルロ、攻撃に積極的に参加するペロッタって感じ。

後半はイタリアはジラルディーノ⇔イアキンタの交代。意図をしてはサイドからの攻撃を増やそうってものだったと思う。3バックのサイドのスペースを使うってのはセオリーだし、前半の途中から左サイドから崩そうって攻撃が見て取れた。そういう攻撃を厚くするためにウイング気味にイアキンタを入れてきたんだと思う。

でも途中でマテラッツィが退場してそのプランが崩れてしまった。そこでCBを入れるためにトニを変えたのは疑問。デル・ピエロはいい動きをしたっていえないし、トニが外れたことで前線にボールの収まりどころがなくなってしまった。結果としてはそのあとデル・ピエロに変えてトッティを入れたわけだけど。

オーストラリアの攻撃はかなり厚みがある。3バックにも関わらずDFラインからの積極的な攻撃参加もあってゴール前の人数はかなり多い。これだけの攻撃参加があるってことは守備に戻るには長い距離を走らなければならないわけで、その辺の運動量はかなり評価できる。

攻撃はビドゥカを狙うことから始まる。日本戦なんかはロングボールを蹴りこんでくる場面が目立ったけど、この試合は前半からしっかりボールをポゼッションして攻めてきた。
相手が10人になってからはアロイージを投入してサイドからの攻撃を仕掛けてきた。それで相手のDFにギャップを作ると同時にスタミナを浪費させようって意図があったんだと思う。

延長に行ってしまうような流れだったけど、最後の最後でトッティがPKを決めた。ラスト1分ぐらいからイタリアが攻めに出てきて、それが実を結んだ形だった。これももともとはしっかりした守備からだった。イタリアらしい試合運びだったと思う。
別窓 | W杯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。