ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-11-09 Thu 11:08
高校選手権神奈川県大会準決勝
■秦野0-0武相
 (PK7-6)

<攻撃>
チームの中心は成瀬。ゲームメイカーとしての能力に長けてる。左右への展開のバランスがよくて、簡単にはたくから攻撃のにリズムができる。変にこねくり回さなくてシンプルにボールを処理する姿勢は好感。視野の広さもある。
この成瀬の展開からサイドを崩すっていうシーンが目立つ。
右サイドは渋谷の個人技。ドリブルでボールの運び役として働く。テクニックとキープ力があって1人でも打開できる。それから1発で逆サイド、ゴール前までロングパスを出す場面も。左サイドは多くの選手が連動して厚みのある攻撃を仕掛ける。
サイドを破る場面が多いのに、単純にクロスが上がる場面が少ない。もっとシンプルにクロスを上げてもいいと思う。
守備から攻撃の切り替えがやや遅くて、押し上げが遅い印象。それで前線でFWが孤立する場面があったのも気になる。
最後のところでしっかりブロックを作ってくる相手に対して、積極的なミドルシュートも目立った。

<守備>
攻撃から守備の切り替えに比べて、守備から攻撃への切り替えが抜群に速い。ボールを奪われるとその選手がファーストディフェンダーになって守備に行く。だから前線からしっかりとプレスがかかる。
最終ラインは個の勝負に強い。相手がドリブルで仕掛けて来るシーンが多かったけど、うまく対応してた。


■桐光2-0日大藤沢

<攻撃>
まずすぐに速攻を狙う。そのときにスペースの使い方が上手い。スピードを上げてく中でも冷静に空いた逆サイドを見る余裕もある。
相手に遅らされればかなりゆっくりした攻撃に。最終ラインとボランチで左右にボールを回して相手の守備にギャップを作ろうとする。画面には映ってないけど、前線の選手はかなり動き回ってボールを引き出そうとしてると思う。ボールがでてきた後の様子で見て取れる。
後ろでのゆっくりしたパス回しから縦に入ると一気にスピードアップ。選手が連動して少ないタッチ数でポンポンパスが回る。
2得点のミドルシュートも武器。

<守備>
守備はしっかりと組織で守る。ハーフェイラインより後ろでしっかりと4-4-2のラインを形成。前線でプレッシャーをかけるわけじゃなくて、守備のブロックを形成。しっかりと作れればちょっとやそっとじゃ崩れなそう。攻撃の後、すぐに帰陣する速さがある。
スポンサーサイト
別窓 | クラブユース・高校サッカー・アマ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。