ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-12-07 Thu 03:07
アジア大会:日本×北朝鮮
前回のシリア戦の感想を色んなところで読んだけど、かなり評価の高い記事が目立った。評価が高い人の方が多数派だし、専門家も含まれてるってことで自分の見る目の無さを反省。そのとき書いたとおり、後半のサッカー(選手間の関係性)を試合開始からやってもらいたかったんだけど。勝手にいいイメージを作りすぎてて、そのせいで見方が偏ったのかも。

<日本:4-1-4-1>
FW:平山
MF:家長-谷口-増田-本田圭、青山敏
DF:一柳-水本-青山直-辻尾
GK:松井

反町監督は序盤から動きが重かったって言ってたけど、個人的には前回よりはいい内容だった気がする。運動量も前回から見たら改善されてたと思うし、特別悪かったとは思えない。というより、今大会の2試合の中では一番よかったんじゃないかとさえ思ってる(それでももっとできるとは思うけど)。問題があったとすれば下の方で書くけど、ミス連発とボールを持ちながら決定的なチャンスが作れなかったこと。

システムは4-1-4-1というよりも、谷口が本来のボランチの位置に入って増田が1シャドー気味の4-4-1-1(もしくは4-2-3-1)っていた方が正しいかも。ボランチを2枚にしたことで中盤に安定感が増したと思うし、将来的には4-1-4-1を目指すにしても現状はスタンダードなダブルボランチの形があってるのかもしれない。守備面でも前線に人数が多いときよりも、前線でプレッシャーがかかるっていう逆転現象が生まれてた。

今日は攻撃から守備への切り替えに改善が見られた。ボールが相手に渡ったときはすぐに近くの選手がプレッシャーに行く。相手ボール保持者に対してサボらずにプレッシャーに行くから、相手の攻撃を遅らせられた。

ボランチの位置ではボールを奪うっていう意志が特に強かったと思う。ボランチの1枚(特に青山)がボール保持者に対して厳しく行って、相手の動きを止める。そこでチームとして守備の勝負をかけて前線の選手が戻ってきたりして相手を囲い込む。相手の攻撃がセンターサークル付近で止まる場面が目立った。

サイドでの守備でもタッチラインを味方にして相手を孤立させて数人で奪う。数的優位を作ってるにも関わらず相手に個人技で打開されそうなシーンがあったけど、そんなに気になるほどでもなかった。ただ、サイドで数的優位を作ったところで打開されると後ろが薄くなっててピンチにつながるから一応挙げとく。

こういう感じでチーム全体の守備意識が高かった中だけに平山が逆の意味で目立ってしまっていた。平山が前線で積極的にプレッシャーに行かないから、実質的なファーストディフェンダーは増田。増田は前半から守備での運動量がかなり多かった。こぼれ球に対して増田が反応するシーンが目立った。

前線からボール保持者に対して積極的にプレッシャーをかけていって後ろの選手の守備の手助けをするプレーもかなり多かった。こういうプレーは本来、1トップに位置する平山がやるべきプレー。それが1枚下からになったことによって単純に考えればボールを取る位置も1枚低くなる。平山には前線からのチェイシングをかなり要求したい。チームの守備が引いて守るっていう形じゃないだけになおさら。

攻撃面でもフリーランニングが目立ってた。基本的なパス&ゴーの回数が増えて、その組み合わせで前線に動きができてた。1つのボールに対して走ってる人数も多かったと思う。

ただ、決定的なところでのフリーランニングが見られない。中盤での組み立ての中では動きが活発でパスコースを作る働きが多い。だから、いい感じでパスが回るシーンが多かった。

問題は最後の最後で相手の裏に抜け出すようなプレー。最前線の平山はそういうタイプの選手じゃないし、1列下の増田もボールを持って仕事をすることが多い。だからここで必要なのが谷口みたいにゴール前に出てくるプレー。後半は1枚上がったことでそういうプレーが多かった。

あちらを立てればこちらが立たずで、スタメンの形で谷口を前に出すってことはボランチが1枚になることで上に書いたとおり安定感を欠く。でも谷口が後ろにいると決定的なパスの引き出しが期待できない。

そういう中で後半は本田拓を入れて中盤のバランスを崩さないままに谷口を1枚上げた。そうすると今度は真ん中を基本に仕事をした増田が消えてしまう。さらに増田が位置した右サイドからの攻撃もかけられなくなって左の家長に頼るシーンが目立ってしまった。

守備面でも真ん中でファーストディフェンダーとしての役割を担った増田のプレッシャーが消えたことで、効果的にプレスをかけられなくなった。それが後半立ち上がりに押し込まれた要因のような気がする。結果として交代でバランスが崩れてしまった気がする。この辺は何を優先するかかなり難しいとこ。

そういう中で前半に決定的なフリーランニングがうまく使えた数少ないシーンの1つが得点シーン。多くの人数が絡んだいい形だった。右サイドで本田がボールを受けたときには、逆サイドで一柳が一気にオーバーラップをかけるのが見えた。本田はサイドから中に切れ込んでうまくタメを作る。それを後ろから増田が一気に抜いてフリーにで前線に飛び出した。そこで本田からパスを受けて中に折り返す。中ではニアで平山がつぶれ役になって、ファーではかなり長い距離を走って出てきた一柳が合わせる。平山にしろ一柳にしろエリア内の入り方もよかった。色んな要素が詰まった得点だったと思う。

このシーンでチャンスメイクをした本田は右サイドでスタート。序盤はしっくり来ないような感じが伝わってきた。左利きが右サイドで受けるだけにどうしても縦への突破がしづらい。そういう中でボールを受けたらすぐに後ろにはたくシーンが目立った。
途中からは中に切れ込んでのプレーが目立ってきた。そういうプレーでサイドにスペースを作ったことで辻尾の攻撃参加を促進した気がする。
後半途中からの真ん中でのプレーもよかった。視野の広さを生かしてボールを左右にうまく散らしてた。キックの精度が高いからしっかりと受け手にあったボールを蹴れるし、少ないタッチ数で蹴れるからリズムも生まれる。本職の左とあわせてプレーの幅がどんどん広がってくことを期待したい。

左サイドの家長もいいプレーを見せた。これまでの2戦で足りなかった個で打開できる選手としてうまく働いてた。チームとして家長頼みの時間帯が長くなったのは問題だったけど、家長個人としてはいいプレーを見せたんじゃないかと思う。
一柳との関係性もよかった。右に水野が帰ってくれば、本田との縦の関係になるんだろうけど、それも面白そう。

両サイドの本田と家長をを中心にしてサイドでの関係性には改善が見られた。両SBの攻撃参加も積極的だったと思う。それは本田が中に行ってスペースを空けるとか、家長のキープ力が計算できるってことから。

それから増田がサイドに流れてプレーする機会も多かった。増田に関しては前の2試合からこういうプレーは多かったけど、今日はとにかく攻守に渡って運動量が豊富だった。両サイドにボールが出てるときは増田がいつもフォローに行ってた印象がある。それによってサイドで数的優位を作れると同時に、中にスペースが空いてボランチの攻撃参加も増える。しっかりとキープできる技術があるから、増田がボールを持ったときは周囲の選手も動きやすい。

こういうサイドに流れたり真ん中でキープしたりっていうプレーはシャドー的に真ん中でスタートしてこそ出てくるよさだと思う。後半はサイド気味でのスタートになって増田のタッチ数が減ってしまった。上でも書いた通りそれによって攻撃のリズムが崩れてしまったってこともあるかもしれない。

これだけ攻撃面にいい部分が多かったのに、決定的なチャンスはゴールにつながったシーン以外になかった気がする。それは全体としての攻撃のバリエーションが少なさの問題のような気がする。平山にポストを入れての展開にしても、サイドから崩しての攻撃にしても教科書的な攻撃のパターンが目立つ。こういうのは基本のプレーだし悪いプレーってわけじゃないけど、意外性のあるプレーも組み込んでかないと相手に慣れられてしまう。

いつもに比べて平山に収まる回数が少なかったのもこの辺の問題から。チームとしてサイドを崩そうとしてたかもしれないけど、平山に対するコースを切られてたのが本音だった気がする。それだけ相手も研究してきたってことだろ思う。

言いっぱなしもよくないと思うから、意外性に関していくつか例も挙げとく。前半は本田と家長のポジションチェンジをもっと積極的にやってもよかっただろうし、2人が同サイドでプレーするみたいな時間帯があってもよかったと思う。

後半は谷口が1枚上のポジションになって積極的にゴール前に出てくるシーンが目立ったけど、前半に3列目からこういうプレーが見られればもっと面白かったかもしれない。

とことん平山の高さを狙ってもよかったと思う(特に終了間際)。本田圭の正確なキックと平山の高さがあればパワープレーでも十分に計算できたはず。終了ギリギリまでDFラインで横パスをしてたのはちょっと工夫にかける。

たぶん、素人が考えてもこれだけのアイディアが出てくるんだから選手本人が考えればもっといろいろなバリエーションができるんじゃないかと思う。とにかく何度も書くようだけど今日の後半の家長一辺倒みたいな攻撃は効果的じゃない。

意外性って面だとセットプレーではやけに意外性のあるプレーが多かった。CKもショートを使ったりエリア外の本田を狙ったり単純には入れてなかった。

ボール保持率が高いのに最後まで押し込めないのはミスが原因になってたのも大きい。これは前回も書いた、ビルドアップ時のミスの部分。攻撃の組み立ての中で自滅するシーンが目立った。特に本来ボールの散らし役として機能すべき青山敏にミスが目立ったのは致命的だったんじゃないかと思う。

DFラインでのパス回しはパキスタン戦と違ってサイドを変えたりして最終的には縦に入れる意志が見られるものだった。ただ、それだとやっぱり低い位置で攻撃が始まることになって効率が悪い。ボランチの位置で一度ボールのさばき役になって1枚前から攻撃を組み立てる青山の役割は大きかったと思う。だからこそ青山のドタバタ感がチームのリズムを壊してしまった気がする。

こういうミスが出たのも相手の守備がかなり積極的に来てたからだと思う。そして北朝鮮はその運動量が最後まで途切れなかった。その辺は相手を評価したい。

2点目の失点シーンは大いに反省の余地有り。まずあのシーンの前後の時間帯はこのチームにとってのいわゆる魔の時間帯(←個人的に命名)。前から書いてる通り、このチームは試合の中に1度は落ちる時間帯が存在してる気がする。今日はそういう時間帯にファールをしまくって相手に多くのFKを与えた。このシーンはハンドだったけど、結局その中の1つが失点につながった。

それに本田拓のハンドの前にDFの前にスペースが空いてしまっていた。この辺は運動量が落ちて間延びしたことを表してるんじゃないかと思う。その後の時間帯で前線からの守備が機能してたことを考えると、単純にスタミナの問題じゃない気がする。

この時間帯以外は北朝鮮は遠目から苦し紛れのシュートを打つしかなかっただけ残念。このチームは魔の時間帯を無くす(短くする)、その時間帯をキッチリ乗り切ることが必要。

ちなみに2点目のFKを決めた選手ははA代表にもいたはず。確かW杯予選の初戦の前に、例の局でアジア予選北朝鮮のヨン様だとか紹介されてた。

結果は1-2で負けてグループリーグ敗退。この試合の内容は何度も書くように特別悪かったとは思わない。左右のサイドの使い方のバランスとかはよかったし、得点シーンはかなりきれいな形だった。とにかくこのチームにはかなり期待してただけにショックは大きい。
スポンサーサイト
別窓 | 日本五輪代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。