ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-08-14 Thu 21:37
北京五輪:日本×オランダ
<日本:4-2-3-1>
FW:豊田
MF:本圭-谷口-岡崎、細貝-岡崎
DF:森重-水本-吉田-長友
GK:西川

本気のオランダ。この試合で勝たなければ負けっていう崖っぷちの状況。2連勝でここは消化試合のはずだったんじゃないなかと思うんだけど。日本にとってはありがたいのかどうなのか。もう敗退が決まっているという背景を考えれば前向きに考えた方がいいんだろうな。とにかく、勝たなければならないオランダは3‐4‐3で本気で攻撃に出てきた。

そうなると日本が今大会で追求してきているサイド攻撃が機能しまくる可能性大。相手が3バックならサイドを突きましょう。これがセオリー。これはこれはうまくはまるかもしれない。と、思いきやサイド攻撃が機能しない日本。そもそも日本のサイド攻撃の源は、本圭⇔内田と香川⇔長友or安田っていう縦の関係。前が下がって後ろが飛び出すパターン。

内田がいない今回、香川がいない今回。残念ながらサイドの関係性は崩れ去ってしまった。もっと言えば、FWになることが多い岡崎と中に流れて行く本圭の両サイドの組み合わせで、サイドの数的優位どころか過疎化が生まれた今回の試合だった。今までの2試合はなんだったのか。

じゃあ、どうしたのか。どうもしなかったってのが本当のところ。サイドが使えない。6+4のオランダ(もちろんA代表の)式利用も、いまや期待はしていない。そして、ドリブルで中盤のつなぎ役となっていた香川が不在。内田のケガは仕方ないにしても、この香川外しは謎。ドリブルでのつなぎ、さらに前回の試合で見られた縦の動きでの中盤でのタッチ数の増加と明らかに中盤に厚みをもたらす存在となっていたのに。

対するオランダ。オランダの守備の基本はA代表のそれと似たもの。基本は受け手を見るもの。前からの連動性というよりは、1つ1つの場所、1人1人の戦いを重視する形。入りどころが全て勝負どころのイメージで強く当たっていく。ただし、上にも書いたように後がなかったこの試合。待ってばかりはいられない。1戦目をちらっと見た感じでは明らかに守備に無関心だったマカーイも前線からの追いかけを見せる。EUROで見られたA代表の守備を前線に押し出したイメージってのが適当。

サイドが消え、他の攻撃の方法も見えない日本。前線から守備を行ってくるオランダ。さて、何が起こるでしょうか。ここにおいてビルドアップ下手の日本が再発。このチームの集大成の試合でこれが起こるとは。まあ、このチームの2年を象徴してた。というか、去年の予選と全く同じ大問題。どうやってボールを前に運ぶべきかが分からないっていうやつ。そして、その解決法も全く同じ。とにかく前に蹴ってやれっていう。だったら平山とか森島でよかったのにね。

蹴りまくる日本。とにかく豊田豊田。それに絡む谷口と岡崎。さらには本圭。いわゆる前後分断。ただし、厳密な前後分断は起こらなかった。その理由は開き直り。別に後ろを気にしても仕方ないぜっていいう。絶対的に結果が要求された予選とは全く違ってた。細貝が出てくる、両SBも出てくる。ゴール前の人数はかなり多くなってた印象。でも、切り替えでは当然のように後ろは薄くなる。とはいえ、それが問題とならなかったのも事実。その理由は後ほど。

さて、今回の試合の特徴はボールの行き来が恐ろしく激しかったってこと。日本側の要因はここまで書いてきたとおり前線に蹴りまくったから。そして、オランダも同じように蹴りまくった。この理由はちょっと分からない。ちょっとは日本の守備の影響もあったかもしれない。前の2戦と違って、日本の守備は最前線から超積極的。1つ1つのボールに対して超厳しいプレッシャー。オランダはつなぎを放棄した。

そして、オランダも蹴りまくり大作戦。日本と同じぐらいに適当にFWにロングボールを蹴ってくる。つまり、オランダは前線に人数が多くはない。日本の後ろが薄くても対応できたのはこの理由。ただし、DFと中盤の間が離れていた日本は、そこでの関係性が希薄に。中盤の中で囲い込む形は目立ったけど、DFと中盤の協力でって形が少なかった。だから、DFは勝負に出なければならなかった。ファールが多くなった。

この3戦を見る限り暑さってヤバいんだなっていう。オランダもナイジェリアもアメリカも精彩を欠きまくり。全然強さを感じない。アメリカ相手には日本が明らかに上回った、ナイジェリア相手には最もベースとなるフィジカル勝負で差がありすぎた、オランダは日本と同じサッカーをし絶対的な差は見せられなかった。日本もチャンスはあったなって思う。
スポンサーサイト
別窓 | 日本五輪代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。