ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-08-23 Wed 12:35
『サッカーファンタジスタの科学』


■キック力(ボールの速度)
・蹴り足の速度
⇒全身運動(鞭の運動)
・ボールと蹴り足の反発比
⇒関節を固定させる
・ボールの重さ
・脚の重さ
※ボール、脚の重さは大きく変えられない

■曲がるボール
・インパクトの中心とボールの中心を少しずらす
・ボール表面と蹴り足の摩擦力を使う(こすり上げる)
※1の方が効果的

■ドリブル
・重心を低くする
⇒脚を曲げることによってであり、腰を曲げるのではない
⇒重心を低くすることで多様なボールタッチが可能になり安定感も増すが、速い動きはできなくなる
・上体を1つの方向に傾けない

■トラップ
・脚の筋をリラックスさせることで足の換算質量を小さくする。

■状況判断
・眼球の動きを活発にして、より広範囲から多くの情報を得る。
・技能、規則、知識ベースでの瞬間的行動

■ヘディング
・額でインパクトする
・下半身を強く振り出す(角運動保存則)

■スローイン
キックと同じく、鞭の動き

■ゴールキーピング
・低いボールの処理が難しい
⇒水平方向へジャンプは摩擦の関係でスリップを起こす
⇒精密な体幹運動のコントロールが必要

■インサイドキック
・フランスW杯のゴールの36%はインサイドキック
⇒インサイドキックの重要性
・インステップキックより短い時間でキックできる
⇒バックスイングがコンパクトだから

◇ピクシーのインサイドキック
・インサイドキックの助走はインステップのように斜め後ろから
・脚は右前方に斜めに振り抜く
・軸足は深く
・インサイド以外の蹴り方にも持ってけるので、次の動作が読まれない
・上体の前傾角度を維持しながら蹴る
⇒日本人がインサイドキックの後にのけぞる意味が分からない
・バックスイングを大きく
⇒次のプレーを決める

■リフティング
・視点を安定させる

■フィジカル
・当たり負けしないフィジカル
⇒無酸素性能力
⇒筋肉の大きさで決まる
・走り負けしないフィジカル
⇒有酸素性能力
⇒呼吸循環器系の総合的能力
⇒最大酸素摂取量で評価(日本のサッカー選手は55~60ml)

■トレーニング
◇簡単なものから難しいものへ
・インサイドでのボールの扱い→インステップ→ももや胸でのトラップ→スタンディングヘッド→ドリブル→インフロント、アウトサイド→足裏→・・・
・静止状態→1対1→2対2→3対3→・・・

◇基本のプレーを練習で身に付けること
・イメージ
⇒自分のプレーを意識して、実際の動きとの誤差を減らす
・タッチ
⇒リフティングが効果的
⇒ボールにたくさん触れて、タッチの感覚を養う
・精度
⇒トップスピードでの精度を高める
⇒イメージをもって繰り返し練習

◇実践練習
・間合い
⇒プレイングディスタンスにボールを置く
⇒攻撃側も守備側も相手との間合いを考えてボールを置く
⇒1対1だけでなく、パスを通したりドリブルを仕掛けたりする隙間も必要
・得意なプレー
⇒走るスピード、プレーのスピード、判断スピードのうち長所をのばす
・判断力
⇒実践練習でなければ身に付かない
⇒トップレベルのプレーとイメージを重ねてみる

◇高度なプレーを支えるもの
・ボディーバランス・ターン能力
・スポーツビジョン
⇒動体視力
⇒眼球運動:高速で動くものを目で追う力
⇒深視力:奥行きを判断する力
⇒瞬間視:一瞬で多くのものを見極める
⇒周辺視力:視野のはしっこに映るものをキャッチする
スポンサーサイト
別窓 | 雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ガンバ×サンフレッチェ | サッカー好きの日記帳(引越し中) | リベルタドーレス杯決勝:インテルナシオナル×サンパウロ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。