ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-10-04 Wed 22:01
日本×ガーナ
オシムジャパンにとって初の一線級との試合。W杯を見る限りガーナは素直に強い。若手が多い日本代表にとってはいい経験がつめる舞台。

<日本:3-4-3>
FW:山岸-巻-砂糖
MF:駒野-遠藤-鈴木-加地
DF:水本-阿部-今野
GK:川口

このメンバーを見たときの素直な感想は、「守備陣崩壊しそう」。初代表の水本がDFの軸で鈴木、阿部、今野が状況に応じて最終ラインに入る形が予想された。正直な話ここまで流動的にやる必要性を感じない。個人的には守備は“システマチック”にやるべきだと思う。特に今日の試合は格上のガーナ。親善試合といってもリスクが大きすぎると思った。

序盤の形を見る限り日本は格下チームの戦術をとってた気がする。巻1人を前線に残して後は全員引いて固める形。ボールを奪ったら低い位置からシンプルに前線のスペースに蹴りこむ形が多く見られた。

途中から予想以上にゲームを支配できるようになって攻撃はしっかりと組み立てた形が多く見られるようになってきた。
それでも守備の戦術はずっと一貫してた。佐藤が味方ゴール近くで守備をするようなシーンも珍しくなかったし、両WBもかなり低いポジションをキープ。真ん中は中盤が吸収される形で完全に固められてた。

そういうわけで上に書いたような懸念は稀有に終わった。ゲームを支配し始めてからは今野のオーバーラップとかが見られ始めたけど、基本的には今野-阿部-水本の3バックの維持してた。

日本のスタートのシステムは3-6-1的なものだったと思う。

3バックの前に2枚のボランチ。大まかには守備面で働く鈴木と攻撃面で働く遠藤が変則的に縦の関係性に並んだ感じって取ったほうがいい。遠藤はガンバでのパスセンスとかアイディアを代表でも見せて欲しい。

その前に山岸と佐藤が並ぶ。山岸は基本的なOMFの仕事をしてたけど、佐藤は本当に自由。1人でFW~DFまで全てをまかされてた。

サッカーのチーム理想的なチームは今日の佐藤みたいな役割の選手が10人集まったチーム。FWの位置にいる選手はFWの仕事、DFの位置にいる選手はDFの仕事を1人が勤める。個々の選手の役割はその選手が今置かれてる位置とか状況で決まるってチーム。

ただ、これは机上の空論。実際にFW~DFまでを万能にこなせる選手が存在しない。佐藤だってFWっていう役割を基本にしてたのは間違いない。

それから運動量っていう面でも問題がある。佐藤の運動量が後半ガクって落ちたし、超人的なスタミナがなきゃできない。それでも今日の佐藤のプレーは未来の形を見せてくれたかなと感じる部分もある(ちょっとおおげさだけど)。

トップでは巻がはってた。今日の試合の一番の収穫が巻だった。オシムジャパンになってからの試合で消えてる場面が目立った巻が今日はかなりボールタッチが多かった。相手の高いDFラインのウラに抜けるプレーとか、本来求められてるポストプレー、後ろからのロングボールを空中で競り合って味方に落とすプレーなどなど。巻が目立つことで今までのオシムジャパンに足りなかった起点ができてた。

守備陣についても見てみる。全体として守備的な布陣をとってたこともあってあまり決定的な仕事はさせてなかった。例えば相手の縦パスに対しては前を向かせないだとか、最後のとこはやらせないっていう守備の仕方だった。

1対1だとさすがに分が悪いから数的優位を作って守備をする場面が多かった。失点された場面の前後は前へ前へっていう意志の中で後ろの守備が薄くなって1対1の場面を作られてしまったのが原因。ただこの辺はリスクチャレンジの中だから仕方ない部分もあるかもしれない。

個人的にずっと評価の高かった今野はさすがのプレーを見せてくれた。危険察知能力とかスペースのカバーリングとか守備面ではいいプレーを見せてくれた。今日はDFラインでのプレーだったけど、何気に得点力もあって一枚前のポジションなら攻撃面でもいい仕事をする。今日の試合でエッシェンに学ぶものがあったらよかったと思う。

鈴木はいつものようにDFラインの前でのプレー。ファーストディフェンダーとして相手のボール保持者にプレッシャーを掛けてた。今野と鈴木はタイプとして似てる。アテネのときは結局今野がポジションをとって鈴木はメンバー落ち。今度の代表でもこの2人でのポジション争いが見られると思う。

今野は今日の試合ではDFだったけど、トゥーリオとか坪井が戻ってきたら(本業の選手が入ってきても)もとのボランチのポジションに戻るのが妥当。そのときに鈴木との併用はあまり考えられない。どちらも守備面で貢献度の高さを見せてくれる選手(攻撃面でもボールの散らしとかの役割を担うけど)だから2人使うと攻撃面が手薄になる。

この2人のどちらがオシムの眼鏡にかなうか注目。個人的には昔から好きなタイプだったこともあって今野を押したいけど、鈴木が入ったとしても現状では全く問題ない(オシムの中では鈴木が上か?)。

選手交代が多かったからそれについても。

佐藤⇒羽生
前半から攻守に走り回った佐藤のスタミナを考慮したものだと思う。いろいろなとこに顔を出してくる羽生は途中出場の方が疲れた相手は嫌がるかもしれない。

遠藤⇒中村
途中交代の選手では中村の存在感が群を抜いてた。前へパスを出す積極性、ゲームメイクで力を見せてくれた。決定的なパスも出せるし、この試合ではあまり見られなかったけどいいミドルを持ってるってことでスタメンのチャンスも近いかも。

山岸⇒幡戸
ウラに抜ける上手さがある幡戸はもっと早く入れても良かったかもしれない。

鈴木⇒長谷部
個人的には今野または鈴木の相棒は長谷部かなと思ってる。しっかりとポジションを獲得していってもらいたい。

巻⇒我那覇
巻と同じく前線で起点になれてた。少し引いた位置でのポストプレーがいくつか見られた。

サントス⇒二川
特になし。

ガーナはW杯で見たときのイメージそのままのチームだった。具体的におととい書いた内容。
①DFラインが高くコンパクト
②中盤の構成力(エッシェン中心)。
③中盤でのパス回しから相手にギャップができると、すかさずくさびを入れてくる。
④決定力?(最後のとこが雑)
1つ1つ見てみたい。

①については中盤でのプレスがあまりかかってなかったこともあって、無駄にウラにスペースを作るだけの結果になってた。それを突くために日本がウラのスペースを狙うシーンが目立ってた。ただ後半は局面の激しさが見られ始めて、パサーに対する対応がきつくなったから日本はあまりチャンスを作れなかった。

②と③についてもイメージ通り。
中盤でのしっかりとした組み立てたから縦パスをトップに入れてきた。前半はトップにくさびを入れることにこだわりすぎで真ん中からの攻撃に偏りすぎて日本としては守りやすい部分もあった。ただ、トップの選手は囲まれた状況でもしっかりキープできてた。
後半はサイドに開いてボールを引き出すような動きも出てきて、形に幅ができてた。

④も随所に見られた。
最後のとこを日本がかなりしっかり固めてたこともあったけど、積極的というより無謀なシュートが目立ってたと思う。シュート以外の部分でも雑さが目立ってた。特に最終ラインのとこではっきりしないプレーが少しあったと思う。
得点シーンは身体能力を存分に生かした形だった。得点した選手はスピードの爆発力でDFをい振り切ったと思う。

GKキングストンについても少し言及。ハイボールの処理とかキャッチングとか安定感抜群だったと思う。今野とか巻と競り合ったシーンでもボールを落としてなかった。いいGKだと思った。

結果として0-1で負けたわけだけど、内容は悪くなかった。ただ今日の試合は良くも悪くも対ガーナ仕様だった。それをどう日本の形に活かしてくかってのが今後の課題。
スポンサーサイト
別窓 | 日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<レッズ×ジェフ | サッカー好きの日記帳(引越し中) | ガーナ戦招集メンバー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。