ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-10-07 Sat 17:17
レッズ×ジェフ
<レッズ:3-6-1>
FW:ワシントン
MF:ポンテ-山田、サントス-長谷部-鈴木-平川
DF:ネネ-トゥーリオ-堀之内
GK:山岸

<ジェフ:3-6-1>
FW:巻
MF:羽生-クルプニコビッチ、山岸-阿部-佐藤-坂本
DF:水本-ストヤノフ-結城
GK:岡本

まずは両チームのおおまかな形から。システム的にも3-6-1っていう同じ形を使ってるし、求めてる形もかなり似てる気がする。

まずは1トップのワシントンと巻。どちらも前線でボールの収まりどころになるっていう役割を期待されてる。どちらも2人に入ってくるボールにしっかり対応しようとしてた。

それでもワシントンは十分に仕事をしてた気がする。今さら言うまでもないけど、懐の深いキープでボールを奪われないそこでタメができるから周囲の押し上げを待つことができる。
それから少し低い位置とかサイドとかで受けたときの展開力も優れてると思った。視野の広さがある。

対して巻は前半はほとんどボールを触る機会がなかった。チームとして攻撃する時間が少なかったこともあるけど、精度のいいボールが巻に供給されなかったの大きい。苦し紛れのロングボールが多くて足元にビシッと入るパスがほとんどなかった。それからそういうロングボールに対して相手のトゥーリオがしっかり対応してたのも大きい。

後半はチーム全体に動きが出て、前がかりになったぶん巻にもボールが入るようになってた。
巻とワシントンだと巻のがつぶれ役になる印象が強い。

1トップの後ろに位置する選手は積極的に飛び出してく。特に今日はレッズの山田の積極性が目立ってた。しっかりと前線に収まる回数が多かった分、山田も飛び出す機会が多かったと思う。ジェフの羽生とか山岸も積極的にそういう機会を狙ってた。

守備的中盤には2枚。この試合ではジェフの阿部が目立った。途中でDFが1枚退場したこともあって、色々な役割が求められたけどそれを高いレベルでこなしてた。特に後ろの方から積極的にゴール前に出てくるプレーで決定的なチャンスをいくつも作った。

こんな感じで似た部分の多い両チーム。ただし、もちろん違った部分もある。

まずはボールの運び役っていう面。浦和には長谷部とかポンテとかサントスとか前を向いてドリブルでスペースを埋めてくような選手がいる。それに対して千葉は完全に複数の選手の絡みでボールを運ぼうっていうスタイル。どちらがいいってこともないけど、こういうとこに違いがあるかなって思った。
ジェフにはもっとドリブルでつっかけてく選手がいるとアクセントになっていい気もするけど、今のスタイルが確立されてるだけに無理にそういう選手をいれる必要はないかも。

んで、その複数枚が絡んでボールを運ぶためには“走る”ってのがキーワードになるってことなんだと思う。今日の試合も前半15分で10人になりながらも最後まで大きく運動量が落ちた印象がない。しかも前半は相手にボールを完全に試合されて、振り回されてスタミナを消費したにも関わらず。

後半に入ってのチームの変わりようはすごかった。交代出場で入った水野が上下に長い距離を走ってチームに動きを作ったこととか、ハーフタイムにメンタル的な変化が生まれたからだと思う。攻撃に出て行くときは多くの人数が絡んでゴールを奪うっていう意思が見て取れた。数々のチャンスを生かしきれなかったのが悔やまれる。

この試合も無失点のレッズの守備。守備をするときのチーム全体の意識の高さが要因だと思う。前線でボールを奪われたときの切り替えも速くて、相手のカウンターをつぶすために前線の選手がサボらずに守備をする。
それからゴール近くでは多くの選手が守備に戻って集中してる。そういうときに鈴木の役割も大きい。危ないとこにはしっかりカバーをしてくる。

守備って面でのDFの役割が大きいってことはもちろん、浦和のDFは攻撃面での貢献もかなり大きい。トゥーリオの攻撃参加ばっかが取り上げられてるけど、他のネネと堀之内が前線に出てくる場面も目立った。DFが攻撃に参加してくることによって1枚あまった状態で攻撃を組み立てられる。そうすれば相対的に周囲の選手のマークもゆるくなる。

こういう明らかな攻撃参加に加えて、最終ラインからのロングパスでチャンスを作る場面も目立つ。1点目のPKにつながったプレーも起点はネネ。特に今日はジェフが前線から積極的にプレスを掛けてきたから低い位置からのロングボールが多くなった。低い位置でボールを回してるときに前線の選手がボールが出てくるってことをしっかり意識してるってのも重要だと思う。

ジェフの攻撃について書き足りないことを少し。今日は右サイドから攻める場面がかなり多かった。相手の左サイドのサントスを押し込もうっていう意図があったかもしれないけど、いくらなんでも偏りすぎだったような気がする。もっとバランスのいい攻撃を見てみたかった。

結果は2-0でレッズ。前半15分での退場で決まったって印象が大きい。確かにレッドでもおかしくないプレーだったかもしれないけど、序盤に1点(PK)を与えてさらに1人少ないハンデを背負ったら試合の流れが決まっちゃうってことを審判は考えて欲しかった。後半の状況を見ると、1-0でも同数でやってたらもっと面白い試合になったことは明白。
スポンサーサイト
別窓 | 国内リーグ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<横浜FC×バンディオンセ神戸 | サッカー好きの日記帳(引越し中) | 日本×ガーナ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。