ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-10-26 Thu 01:11
U-21:日本×中国
反町ジャパン2戦目。今回も相手は中国。

<日本:3-6-1>
FW:平山
MF:増田-苔口、本田-青山敏-梶山-中村
DF:一柳-伊野波-青山直
GK:西川

このチームはやっぱり守備の戦術に見所がある。今日も中盤にもしっかり守備ラインを作って高い位置からの守備ができてた。中盤前線の4人のラインがうまく高い位置での守備をしてたと思う。前線から複数の選手がプレッシャーに行って一気に囲む。特にサイドに追い込んでの守備が上手かったと思う。

苔口とか増田っていう前線の選手の守備面での貢献が大きい。それに比べると平山が不満。平山が最前線でもっと追いかければ、後ろの守備が楽になってもっと効果的に前線で奪えると思う。

深いとこの守備では前回の試合と同じく、縦パスに対する守備を厳しくやってた。特に目立ってたのが一柳。初めて見た選手だったけど、体を寄せての守備に上手さを感じた。相手のトップの選手にマンツーマン気味についてポストプレーをさせなかった。しっかりと体を寄せてスペースをつぶして絶対に前を向かせない守備が目立ってたと思う。アナウンサーが言うとおり、人に対する守備が得意だと思う。

一柳を初めとしてマンマーク気味についてるだけに、相手を追いかけてDFラインから引き出されての守備が多かった。そういうときはボランチの青山とかがしっかりDFラインに入ってカバーをしてた。この辺の形はオシムジャパンでも多く見られる形。縦割りでこのポジションに重要性を感じる印象。青山は攻撃的な梶山(この試合では梶山の守備面での貢献も大きかったけど)をよく見て、DFラインの前でうまくバランスを取ってた。

守備面で課題を挙げるとすればセットプレーの守備。前半から相手をフリーにするシーンが目立った。特に一度跳ね返した後の守備でズレが目立ってたと思う。セットプレーは直接ゴールにつながるだけに修正をかけて欲しい。

攻撃面でもいろんなバリエーションが見られた試合だった。

まずは平山を使った攻撃。平山にロングボールを当てるって意図が明確になってた。相手の平山に対する対応がかなり厳しかったこともあるけど、もう少ししっかり収めて欲しいってのが素直な印象。

とりあえず、平山を上手く使って後ろの選手の押し上げが促進できたと思う。特に2シャドーの増田と苔口が積極的に前線に飛び出してくシーンが目立った。平山が下がってボールを受けようとしたときにウラにできたスペースをうまく使ってた印象。ただ後半は平山に入るボールが少なくなったこともあってこういう攻撃が消えてしまった。

んで、それに伴って苔口がほとんど目立たなくなってしまった印象。前半は2列目からの飛び出しとか、低い位置からのドリブルとかでいいプレーを見せてただけに残念。

それに対して増田は前後半とおして目立った活躍を見せてた。前半は苔口と同じように前線に飛び出す動きとドリブルでの仕掛け、後半はサイドに流れてチャンスメイクっていうシーンが多かった。パスかドリブルかっていう判断もよかった。

DFラインからのロングボールも効果的に使えた。単純に平山を狙うばっかりじゃなく、うまくサイドにも散らしてたと思う。DFラインに限らずサイドへの展開はうまかった。中でショートパスをつなぎつつ、サイドが開いたら長いボールでサイドに起点を上手く作れてたと思う。

中でのショートパスもよかった。多くの選手が連動して動くから少ないタッチ数でパスがポンポン回る。これは理想的な形だと思う。ただ、後半に運動量が落ちてフリーランニングが減ると少ないタッチ数でのつなぎも減ってしまった。前半のいい形をどこまで持たせられるかが今後の課題。

攻撃面では全体的に連動性を感じた。2・3列目からの飛び出し、サイドの選手の攻撃参加などなど。いわゆる考えて走るサッカーが実践できてたと思う。上にも書いたとおり後は運動量の問題。前半のいい時間帯のプレーを続けられればいいチームになる。

攻守の切り替えの速さも目立った試合だった。攻⇒守の切り替えに関してはボールを失ったとこで、素早く守備への意識に転換して前線からのプレスをかけて行った。守⇒攻の切り替えは得点シーンに表れてる。

1点目のカウンター。苔口が前線でキープして時間を作ってる間に後ろから一気に押し上げてくる。そのときに苔口の逆サイドに増田がすごい勢いで上がってくのが画面を通しても見て取れた。苔口はその増田にパス。
ここは視野の広さを感じさせられた。サイドの増田がゴールライン近くまでボールを持ってく間に中にはしっかり選手がそろってた。この辺に切り替えの速さを感じた。
増田もフリーとはいえいいボールをあげたと思う。

2点目は時間的にも多くの選手が絡むようなシーンじゃなかったけど、手数をかけずに一気にゴールまでつなげた。梶山が中盤で奪って中村へ。中村は早めにゴール前に放り込んだ。このクロスがDFとGKの間に落とす絶妙なボールだった。

全体を通して、前線からの守備と速攻を心がけた試合だったと思う。こういう形は世界のトレンドだと思う。

システム論。今日の布陣は見方によっては(流れの中では)3-2-4-1っていう形。何がいいたいかって言えば、この形は4-1-4-1の変則型ってみることができる。4-1-4-1は今までしつこいほど説明してきたけど、反町監督なりに日本用に変えてきた印象。上で書いた内容とかぶる部分も多いけど。

まず、4-1-4-1との共通点。前線の4-1は同じ形なのでそこんとこについて。まずは上でも書いたとおり前線での守備。中盤にしっかりと守備のブロックを築いてた。

攻撃面では2列目からの飛び出しが効果的。そういう形を考えると1トップには平山っていう発想が出て来るんだと思う。現状ではしっかりと前線で収めて後ろの上がりを促進できる選手が他に思い浮かばない。

それからショートパスがうまくつながったのもこのシステムによるところが大きい。4人が前線で並ぶわけだから自然と選手間の距離が狭くなる。それでうまくパスが回ったって言えると思う。

4-1-4-1との相違点。1番の違いは最終ラインとボランチのとこ。4-1-4-1の弱点はボランチの1枚がサイドに引きずり出されると、DFラインの前に大きなスペースができてしまうこと。そういう弱点をボランチを2枚にすることで補ってたんだと思う。今日の2人のボランチの守備面での貢献はかなり高かった。

で、ボランチを1枚増やしたからには最終ラインを1枚減らさなきゃならない。これで負担が大きくなったのがサイドの本田と中村。4-1-4-1だとサイドの選手が2枚ずついるからおおまかに攻守の役割分担ができる。今日の本田と中村は4-1-4-1だと2人手やる仕事を1人で任されてたってことになる。

それだけにこの2人の評価はかなり高い。攻撃ではサイドでチャンスメイクをしたりゴール前に出てくるプレーが見られた。こういう仕事をこなしつつ守備ではDFラインの高さまで戻って献身的に守備をする。中村なんかは流れの中でDFラインに入ってカバーをする場面も見られた。

しかも2人とも90分間この上下動を繰り返した。この運動量はすごい。3-2-4-1の形を使うにはこの2人のポジションがキーになってくることは明白。中村と本田は今日の試合を見る限り、オシムの評価も高かったんじゃないかと思う。

やっぱりフル代表より戦術的に見るべきものは多い。それにこなしてる試合数が少ない割には連動性の高さも感じられる。メチャクチャ抜けてる選手はいないけど、個々が走ることでうまくチームが回ってる印象。これがオシムが目指してるものなんじゃないかと思う。荒削りな部分もまだまだあるけど、今目指してる形は間違ってない。
スポンサーサイト
別窓 | 日本五輪代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ジュビロ×レッズ | サッカー好きの日記帳(引越し中) | U-21:中国戦招集メンバー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。