ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-11-03 Fri 17:40
ナビスコ杯決勝:アントラーズ×ジェフ
一発勝負の決勝戦ということで両チームの集中力の高さが見て取れた。前半から飛ばし気味に入って、どちらかが主導権を握るっていうことがほとんどなかったと思う。中盤での攻防とか球際が激しくて面白い試合になった。こぼれ球に対する両チームの選手の執念みたいなものも見えた試合だった。

こんな感じの一進一退の攻防の中でも、後半の開始直後はアントラーズが中盤での効果的なインターセプトからジェフのゴールに迫っていい時間帯を作ってた。アントラーズとしてはこの時間帯に得点を奪えなかったのが痛い。
というより、ジェフの方が先に運動量が落ちたような状況の中でよく最後の所で守ってたと思う。危ない時間帯には体を張ってゴールを守るっていうシーンが多かった。この時間帯で耐えたことがジェフの勝利を生んだって言っても言いすぎではないと思う。

ジェフの前半の攻撃は右サイドを崩す形が多かった。水野の個人技でサイドをえぐるっていうシーンが目立ってたと思う。それが後半に入って、坂本と山岸の関係性で左サイドからチャンスを作る場面が増えてきた。1点目のシーンの起点も左サイドでの2人の関係性だった。

アントラーズとしては後半の状況から、左サイドへの意識が強くなってたっていうことが少なからずあったと思う。そういう状況の中での逆サイドへの展開は効果的だった。右サイドでボールを受けた水野が積極的にゴールを狙ったのもよかったと思う。この試合の水野はMVPを獲得したように、ずっと積極性が目立ってたと思う。

アントラーズはこの得点で集中力が切れてしまった。2点目の阿部のゴールも、ボールの質とか阿部のゴール前への入り方とかいい部分は多かったけど、アントラーズの守備の集中力のも問題があった気がする。

得点を取られて集中力が切れてしまったアントラーズだけど、そこまでの守備は本当によかった。DFラインと中盤の4人のラインをしっかりと作って組織的な守備ができてた。
そして、何よりも対人プレーの強さが目立てたと思う。ジェフは早めに前線に蹴りこんでくるような形が多かったけど、そのときの競り合いはほとんどアントラーズが勝ってた印象がある。
だから巻はあまり仕事ができなかった。この辺はアントラーズの両CBの強さをほめたい。特に岩政は人に対する強さを見せた気がする。こういういい守備が崩された形になっても、最後はジェフと同じように体を張った守備でゴールを守った。

ジェフはさすがに走るサッカーが徹底されてた。攻撃でも守備でも人が足りないっていうシーンがほとんど見られない。後半はさすがに運動量が落ちたけど、前半から走り回ってることを考えればやっぱり驚異的なんじゃないかと思う。

攻撃では、いつものように後ろからの積極的な飛び出しが見られた。山岸、羽生、佐藤、阿部あたりがFWを抜いてどんどん出てくる。
ただ、巻が抑えられて収まりどころがなかった分阿部とか佐藤とか3列目からの飛び出しは特別多かったとはいえないかもしれない。それでも阿部、佐藤ともにかなり長い距離を走ってゴール前に出てきて決定的チャンスを作る場面が1つずつ見られた。

ジェフの速攻はかなり鋭い。少ないタッチ数ですぐにゴール前まで持ってくし、そのときにしっかりと選手が走ってる。前半の速攻の形のときに必ず起点になってたハースが負傷交代したのはかなり痛かったと思う。ハースはタメを作れるし、そこからのパスにかなりのセンスを感じた。

こういう速攻に対して、相手が組織を作ってしまえばDFラインからしっかりと組み立てる。DFラインでボールを動かしてるときにはボランチの1枚がすぐ前に位置してた。それでDFラインからボランチの選手、もしくはサイドの選手にボールが出たとこで攻撃の展開が始まる。攻撃の形としては上にも書いたとおり早めにボールを上げるパターンが多く見られたと思う。それからサイドに出たときは水野がボールの運び役としてうまく機能してた。

ジェフの守備は中継でもさんざん解説されてたとおりマンマークでついてくる。これに対してのアントラーズの攻撃に工夫が見られた。とにかく2トップの柳沢とミネイロが動き回って相手のDFラインをかく乱する。柳沢はサイドに流れてミネイロは引いてのプレーが多かった。2人とも型にはまった意味でのFWの位置でプレーする時間はかなり少なかったと思う。

で、この2人が開けたスペースに後ろの選手がどんどん飛び込んでくる。深井とか野沢がゴール前に出てくるシーンが多かった。それでもジェフの方は、そういう2列目の選手を中盤の選手がしっかりと追いかけて対処してたと思う。

試合の結果は2-0でジェフがナビスコ杯連覇。オシムも言ってたとおり集中力の差が出た結果じゃないかと思う。
スポンサーサイト
別窓 | 国内リーグ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<U-19:日本×イラン | サッカー好きの日記帳(引越し中) | U-19:日本×タジキスタン>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。