ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-03-22 Thu 23:21
ペルー戦追加招集
MF:水野晃樹、家長昭博、本田圭祐
FW:巻誠一郎、佐藤寿人、矢野貴章、松橋章太

U-22は28日の予選との兼ね合い云々の話が出てたと思うけど、結局3人が追加招集で呼ばれた。どの選手もサイドの選手ってのが特徴的な部分かも。ドイツのときもサイドの人材不足が際立ってただけに、そこは下の世代からの押し上げが必要っていうことなんだと思う。

残りの4人はFW。巻と佐藤は今までのメンバーから。矢野のプレーは見たことがないけど、いろいろな情報を総合する限りでは軸になるようなタイプか。逆に松橋はシャドータイプっていう勝手なイメージがある。

この追加招集を受けてペルー戦の展望。

<スタンダード:3-5-2>
FW:巻-高原
MF:遠藤-俊輔、駒野-鈴木-加地
DF:中澤-トゥーリオ-阿部
GK:川口

中村俊の隣には遠藤を配置した。中村憲でもいいとは思うけど、何度も書いてるとり中村×2は狙ってるところが似てる気がする。そう考えると遠藤の方がバリエーションが増えそう。縦へ深さを持たせる中村と横へ広さを持たせる遠藤の住み分けができれば。

両サイドもひねりを加えずに駒野と加地を置いた。ただ、ここのポジションはU-22の世代が奪ってもおかしくない。特にサントスが抜けた左サイドには個人的には本田が入ってきて欲しい。

最終ラインには中澤を入れた。トゥーリオとの強さの共存が図れれば安定感が増すと思う。もう一方には攻撃の厚みを考えて阿部を。

一番悩んだのが高原の相棒。一応、巻を置いておいた。考え方としては高原を軸として使うか、シャドーとして使うかっていう部分。基本的にはどちらもこなせると思うけど。最近の高原のプレーを見る限りではボールを受けて自分で仕掛けるプレーが多い。つまり、自由に動き回るってこと。だから、巻が前線で軸になって高原を生かしたい。佐藤を置くとそうやって動き回るタイプが2枚になってしまう。それなら1枚下には積極的に前に出てくる羽生なんかをおきたい。そもそも今の高原のプレーを見る限りでは実は1トップの方がしっくりくるんじゃないか思ったりもする。

<1トップ:3-6-1>
FW:高原
MF:俊輔-佐藤、駒野-鈴木-遠藤-加地
DF:中澤-トゥーリオ-阿部
GK:川口

メンバー的には上とほとんど変わらないけど。佐藤を1個下のポジションで使うのも面白いと思った。何気に佐藤は使い勝手がいい選手だと思う。単純に羽生を置いてもいいけど。あとは家長なんかも面白いかも。

<3トップ:3-4-3>
FW:家長-高原-佐藤
MF:俊輔、憲剛-鈴木-遠藤
DF:中澤-トゥーリオ-阿部
GK:川口

ラストはガーナ戦で使ったような3-4-3の形。ここでも佐藤を柔軟に使ってみた。佐藤と高原のポジションチェンジが繰り返される形になれば面白い。もちろん単純に水野を右WGに使うのもあり。
スポンサーサイト
別窓 | 日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<日本×ペルー | サッカー好きの日記帳(引越し中) | ペルー戦招集メンバー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。