ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-03-08 Thu 21:45
アーセナルとローマとレアル
3チームともシステムとしては4-5-1の形を取ってる。さらに2列目からの飛び出しを重視してるっていう点も似てる部分。

守備では引いての守備が目立つ。そのときに最終ラインの1つ前にスペースが空いてしまうのも似てる場面。

そして一番似てる部分はいいサッカーをしてるのに勝ちきれないっていう試合が多いこと。

原因の1つは得点力不足。上にも書いたとおり2列目の得点力がかなり求められる。そこで決めきれないってことが多い気がする。流動的にやっていい崩しをするのに最後の決定力のところに問題がある。

それは純粋なFWの数とチャンスメイカーの数。流動的にやっててどちらも専業の選手がいないから、そういう仕事に特化した選手がいない。結果としてギリギリの精度のズレが生じて、決めきれない状況が生まれてる気がする。

ローマは0トップって言われるようなFWの問題。アーセナルはアンリがチェンスメイクに回る場面が多いことで、ローマと同じ問題を抱える。レアルは逆にいいボールが供給されないんだと思う。それは2列目にも本来FWの選手を置いて、変則4トップの形を取ることが多いから。こっちはパサーが不足してる。

原因の2つめは守備面から。こちらも上に書いたとおり引きすぎる場面が目立つ。そうやって相手に中盤のスペースを与えてしまう。結果として自分達が攻撃に時間がかかるし、相手にペースを握られてしまう。3チームとも強豪チームだけに明らかに押し込まれることは少ないけど、攻められたときに高い位置でボールを取れない。相手の攻撃に対して、予想以上のもろさを感じる。
スポンサーサイト
別窓 | 雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ミラン×セルティック | サッカー好きの日記帳(引越し中) | ACLグループリーグ第1戦>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。