ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-04-05 Sat 22:05
ACL第2戦要点整理
前に書いてたのを忘れて、アップしてなかったのでいまさらです。


【全南×ガンバ】
<ガンバ:4-4-2>
FW:バレー-播戸
MF:二川-ルーカスー遠藤、明神
DF:安田-山口-中澤-橋本
GK:藤ヶ谷

前回の試合でガンバの攻撃に見られた問題点。それは前線の渋滞。パスでの崩しを念頭に置いているガンバ。パスを回すと組み立ての時間が長くなる。これ自体は必ずしも悪くないけど。それでも組み立てに時間がかかると後ろからの押し上げが促進される。これも悪くない。でも、前線に入った人の動きが停滞してしまうのがガンバの問題。相手がベタ引きだと敵も味方もいっぱいの状況で動く余地がないから。それでもパスを回すガンバ。ボールサイドに人が集まり、あとはゴール前で待つ形。相手のブロックを揺さぶる余地がなくなる。そういう窮屈な場所でもガンバはパスを回せてしまう。ますます渋滞が加速。パスが回っても、仕掛けられない状況に陥る。

というわけで、攻撃における渋滞を起こさないことがガンバのテーマ。攻撃への意識の高さが逆に攻撃の停滞を生んでしまう渋滞はガンバにとっては致命的。攻めきれずカウンターを食らいまくるっていう最悪の状況に陥るわけで。この渋滞を解消するのは急務だともいえる。

この部分について今回の試合ではどうだったか。実際のところ渋滞は起こらなかった。直接的に渋滞を起こさないためのアプローチではなく、アウェーの戦い方とか相手との関係っていうためっていう部分が大きかった気がするけど、それでも渋滞が起こらなかったのは確か。前半は必ずしもいい流れだとは言えなかったけど、後半は渋滞が起こらないスムーズな攻撃でいい流れを呼び込むことができてたと思う。

そのアプローチを見る前に、とりあえず相手の全南の戦い方を見ておく。全南はレッズ的に試合に入った。時間とともにそのスタイルが変化していったけど、少なくとも前半の間はレッズ的に戦ったと思う。要するに守備はベタ引き、攻撃は前線にスタイル。完全にレッズのコピーかって言われれば、そうでもないわけだけど。

まず、守備は自陣に入って受ける形。3‐4‐2‐1(3‐4‐1‐2のときも)のブロックを自陣に作った上で自分たちから積極的に守備をしようっていう意図は見られなかったと思う。ちなみに最初の時点では最終ラインを深く置かずに、ある程度コンパクトなブロックを形成する意図が見られたと思う。

こういう自陣で受ける形の守備の全南。当然のように自陣に入ってきたところで、守備を開始するっていうやり方が考えられた。でも、実際には自陣に相手が入ってきても守備を開始せず。この点も時間とともに変化していったわけだけど、立ち上がりはルーズな守備だなって印象を受けた。

そういうわけでガンバの方が敵陣に入るのは、それほど難しくなかった。そうやって自陣にあっさりとはいりこまれた全南はすばやく人数ベースのベタ引きブロックの形成へ。ゴール前に人数をかけることで最後を固める意図が見られたと思う。このときには最前線の選手も自陣のかなり深い位置まで戻ってくるような徹底ぶりだった。

こういう守備で奪った後は単純に前線へ。シモンエス+1か2が待っている前線に一気にボールを蹴りだすことが多かった。このやり方を見る限りでは大雑把で可能性が薄いように思える。でも、案外ちゃんとした攻撃につながったと思う。それはシモンエスの動きのおかげ。最前線で動き回りながら、ボールをうまく引き出した。ガンバの守備陣が捕まえ切れないことが多かったと思う。シモンエスの動きに合わせながら、最前線の場所はグルグルとポジションを入れ替えながらボールを引き出してた印象。

そういうわけで大雑把なボールでも案外、前線に収まった。そして、そうやって収まったところで後ろから選手が飛び出してくる。特に中盤の4の両サイド(もっと言えば、右サイドの25番)が攻撃に絡んでくることが多かった印象。守備ではかなり低い位置まで戻り、攻撃では切り替えとともに一気に最前線まで。すさまじい運動量だった。

ってな感じで全南の前半の攻撃はかなりシンプル。一気に前線に送るボールで距離を稼ぎ、根性で上がってきた後ろの選手が前線に厚みを加える。ただ、これだけだった。中盤がルーズなベタ引きを念頭に置いた守備と合わせて、レッズ的だってことがよく分かる内容だったと思う。本当にレッズをお手本にしたかどうかは知らないけど。

とりあえず、全南のやり方についてはこれぐらい。上にも書いたとおり、時間とともに変化が見られたわけだけど、それは後ほど。というわけで、本題に戻ってガンバの攻撃のアプローチについて見ていきたい。このアプローチには実際によかった部分と、渋滞を防いだのは確かでも本当に良かったかどうかは微妙な部分があったと思う。

まず、普通によかった部分はサイドの利用の仕方。前の試合のときにもサイドに起点を作ることが多かったガンバ。ただ、そのときにはサイドはあくまでも起点だったってのは前にも書いたとおり。つまり、サイドをボールが経由するのは確かだったけど、そこはあくまでも経由点だったってこと。そういうサイドの経由点から、やっぱりショートパスつなぎで中に切れ込んでくることが多かった。結果として、結局はベタ引きの相手のブロックに正面から向かっていくこととなったと思う。

対して今回の試合では明らかにサイドからのクロスの数が増えた。決勝点も左サイドの安田からのクロス。前回と同じく、左サイドが攻撃的で右サイドが守備的っていう左右のバランスが崩れ気味ではあったけど、こういうクロスの数には明らかな違いがあったと思う。そして、それはサイドの使い方の意識の違いによる。前回の試合では上にも書いたように、攻撃の起点、経由点としてだったけど、今回はフィニッシュに向けた仕上げの中での利用が増えた。

これに伴ってサイドでボールの滞在時間が短くなった。前回は1つ起点を作って、そこで数的優位を築いてパス回しをすることが多かったけど、今回はサイドに出して即クロスっていうやり方が多くなった。外→外→外っていうボールの保持から、中→外→中っていう瞬時に目先を変えるシーンが多くなったと思う。結果として安田の攻撃参加を、その勢いを殺さないままに活用するシーンが増えた印象。その安田からのチャンスにつながるクロスも多かった。

これと関連して、サイドの深い位置に入り込む意識が高まったのもよかった部分だと思う。前回はエリアの角ぐらいの場所でのパス交換が目立ったわけだけど、今回はタッチライン際まで入り込むことが多くなった。安田に限らず、遠藤とか二川あたりもサイドの深い位置に入るシーンがあったと思う。

こういうサイドの使い方の変化によって相手のブロックを横から攻めることが可能になったと思う。馬鹿正直に正面から行く必要は全くない。相手がラストに人数をかけて守っているなら、それをある程度無効化するサイドからの攻撃を使えばいい。前回はそれができなかった。今回はそれができた。3バックの相手のサイドにスペースがあったってことも関係したんだろうけど。

もう1つ良かった点は相手ブロックに揺さぶりをかけるっていうこと。それは相手ブロックに仕掛けるパス回しの中で、どれだけ幅を利用できるかってこと。前回は窮屈な場所に入り込み、超狭いエリアでのパス回しが多くなったガンバ。結果として幅を利用できずに、相手のブロックに揺さぶりをかけられなかってってのは上にも書いたとおり。

今回の試合ではそういう状況が消えてた。ボールを狭い場所で保持して、そこから抜け出せなくなるっていうことはほとんどなかった。その要因は組み立てにおいて、どこに足場を置くかっていうことにある。前回に限らず悪いときのガンバは、相手のベタ引きブロックのすぐ近く、もっと言えば、そのブロック内でボールを保持する状況になると思う。そして、そういう場所にどんどんと選手が入り込んでいってしまう。結果、別の広い場所の選択肢がなくなる。それでもパスが回せるのがガンバなんだけど、窮屈な状況であることは否めない。

それに対して今回に限らず、いいときのガンバは上下の選手は位置のバランスがいい。全員が前に入らずに、後ろに残って逃げ場となる選手がいる。今回の試合でいえば明神がその役わりを担うことが多かった。前が詰まったら1度下げて作り直す。こういう単純なやり方の繰り返しが、縦の幅を使うことにつながる。そして、そういう縦の揺さぶりがガンバの攻撃のよさでもある。

そして、そういう縦の揺さぶりが横の揺さぶりにもつながる。1度下げたところで、サイドに展開する(サイドを変える)っていうアプローチが可能だから。今回の試合では、まさにそういうやり方が見られた。結果として左右の幅を利用することも可能になってたと思う。

ただし、こういう前後左右のいい形での揺さぶりは実際にはあまり多く見られなかった。でも、前回のような悪いときのガンバが見られたわけでもない。その理由はポゼッションに意識自体が少なかったから。ゆっくりとパスを回しながら、どうこうっていう意識は薄らいでた気がする。ガンバらしいやり方なんだけど。これが上に書いた渋滞を防いだけど、よかったのか悪かったのかよく分からないっていうアプローチ。

今回の試合のガンバは縦への意識の高さが目立った。ボールを持ったら、まずはFW(とルーカス)を狙うっていう意識が見られた気がする。パスをつなぐ意識よりも、シンプルにゴールに向かう意識が高まってたと思う。これが何を意味するのかは微妙なところ。最近の不調を踏まえた変更か、単にアウェーの戦い方か。

何にしても、この縦への意識の高さは渋滞を防ぐことにつながる。当たり前と言えば当たり前。渋滞が起こるのはポゼッションの中で後ろからの押し上げが促進されるから。すぐに縦に向かう方法では、むしろ後ろからの飛び出しが追い付かずに前線がはがれた状態に陥る。だから、渋滞とは無縁。ついでに相手もまだベタ引き組織を作ってないところ。

これがいいのか悪いのかが分からないのはこういう関係から。前線がはがれてしまっているのは必ずしもいいとは言えないし、ガンバのやり方を考えれば明らかに異質。ただし、ある意味では相手が組織を作るのを待ってしまうガンバの攻撃を考えれば、組織が作られる前に攻めるっていう考え方は悪くないとも言えると思う。とにかく、どちらにしても今回の試合ではトップに向けた意識の高さが目立ったっていう事実があったってこと。

立ち上がりはこのやり方がそれなりに機能した。相手の守備がルーズだったこともあって、前線にボールが収まりやすい状況だったと思う。だから、縦への意識を高めて少ない人数の前線にボールを送っても、その少人数でなんとかできるような雰囲気も見られたと思う。この時間は安田の攻撃参加がほとんど見られなかったのが、時間をかけて攻撃を組み立てていないってことを表してたように思う。

ただし、時間とともに相手の守備が変化してくる。自陣に組織を作っても、そこに入ってきたボールに対してのあいまいな対応が目立った全南。その入ってきたボールに対する対応が時間とともに厳しくなっていく。そもそも、受け手に対する対応自体をはっきりとさせて行った印象。結果として、簡単に前線にボールが収まらなくなったと思う。それに伴ってガンバが低い位置で無為にパス回しをする時間が延びて行った。

これは前線に出しどころがなかったから。それまで優先的に見ていた最前線はもちろん、他の場所でもしっかりと対応されてしまっていたんだと思う。加えて、前半のガンバは動きが少なかった。だから、相手の守備がよくなった影響をそのままダイレクトに受けてしまった。相手が受け手を捕まえるようになったときに、それを外して受けるっていう動きが少なかったわけだから。最終的には最前線への意識が再登場して、単純なロングボールを入れるシーンが増えたと思う。

そういうわけで前半は徐々に全南のペースになって行った。ベタ引き状態になる守備が減った全南は攻撃もそれまでのような大雑把なやり方から変化していく。全員が下がった状態が念頭にあった蹴りだしから、しっかりとつないで崩す意識の高い攻撃の組み立てへ変化していった印象。

このやり方はガンバにとってはラッキーだった。なぜなら、今回の試合のガンバの守備の内容は素晴らしかったから。それは立ち上がりから始まる。立ち上がりのガンバの守備は超積極的。最前線から追いかけまわして、2列目もしっかりと連動する。相手のミスが目立ちまくった。こういう積極的な守備を相手の引いて守る守備と比較すると、どっちがホームだか分からないぐらいだった。

もちろん、この超積極的な守備はペースダウン。それでも最前線からの連動した守備の意識は変わらなかった。立ち上がりのようにリミッターなしで追いかけまわすやり方はやめた2トップも、しっかりと相手の最終ラインにプレッシャーをかけ、ちょっとでももたつけば追いかけに転じるような意識の高さを見せてくれたと思う。そして、本格的な守備のスタートは相手が縦パスを1つ入れたところ。その時点でボールに対する厳しいチェックが行われた。

そういう厳しいチェックの意識が抜群。ガンバの守備意識ってこんな高かったっけってぐらい。入った瞬間に一気に距離を詰めて、相手に余裕を持たせない。そうやって相手の選択肢を削って行く。相手が逃げたところでも、やっぱり忠実な厳しいチェック。そうやって相手を狭いところ狭いところに追い込んでいった。そして、追い込めばガンバの守備のベースが機能。ボールサイドに人数をかけるやり方の中で、相手のボール保持者を取り囲んでいったと思う。1点目のシーンもこういう守備の流れからの、中盤での効果的なカットから。

こういう守備のよさは個々の守備意識の高さに起因する部分が大きい。繰り返しになるけど、1つ1つのチェックの質が抜群に高かった。そして、出足の早さも。前線で効果的に守備ができてるから、後ろが出足を早くするベースがあったのも事実だったけど。その中で効果的なインターセプトがかなり多く見られた気がする。

ただ、前半はそういう守備を機能させることができなかった。なぜなら相手のボールが頭の上を越えて行ってしまうから。せっかく守備をする意識が高かったのに、相手の地上から攻める意図がなければ何の意味もなかった。だからこそ、全南が地上から攻めてくれるようになった前半の途中からの流れはガンバにとってはうれしいことだった。

特に後半は地上から攻める意識を高めた相手を完全に封じたと思う。全南の方も再び蹴るっていう選択をしてもよかった気がするけど、そういう選択肢はなかったらしい。途中からシモンエスが消えたことを考えると、前線の選手をガンバの不安定な(今回の試合では)守備陣が捕まえだしたのかもしれない。結果として、ボールを出せないっていう。

よって後半は守備のよさが目立ったガンバ。そのガンバの後半は攻撃の方にも改善が見られた。この試合の前半に見られた縦への意識と、普段のガンバのパス回しを融合させたようなやり方。パスをつなぎながら縦を攻めるっていう。前半はボールだけがどんどんと縦に進んでいったけど、後半は人も同時に縦に進んでいくようなイメージだったと思う。

そのためにベースとなる動きの質が明らかに上がった。前半は全体としての動きの停滞が見られたガンバだったけど、後半は明らかに運動量が増えたと思う。そして、その動きをゴールに向けて行ったのが今回の試合のガンバ。シンプルなパス&ゴーがかなり多くなって、少ないパスで縦を侵攻する意図が見て取れた。無為にパスをつなぐんじゃなくて、しっかりとゴールへの意識を持ったパス回しができてたように感じる。

これには全南の守備がますます変化したことも関係したと思う。ルーズな立ち上がり、しっかりと捕まえ始めた前半の途中から、さらにボールへの意識を高めたのが後半だった。普通に考えればいい内容に向かっているように見える。でも、ボールへの意識を高めるってことは背後にギャップを残してくるっていうリスクを背負う。そして、ギャップを見つけるのが大好きなガンバの選手たち。後ろから飛び出して、ギャップに入り込む動きが多くなっていったと思う。

結果として後半はガンバのペース。それがそのまま結果につながったと言ってもよかったと思う。ガンバにとってはやっと攻撃力を見せつけられたってとこか。この試合の後半みたいに、動きの中でゴールへの(縦への)意識を持ったパス回しでの崩しをベースとすれば、渋滞が起こる危険性は薄くなるように思う。その中で縦への勢いを殺されてしまえば、前半から見られたようなサイド利用、作り直しによる左右上下の揺さぶりを織り交ぜればいいって話。ガンバに光が見えてきたか。

光といえば、今回の試合ではルーカスの存在の大きさが目立った。トップ下の場所で攻撃においては経由点としてうまく機能してたと思う。そういう攻撃面の活躍は織り込み済みだったけど、守備での活躍が今回の試合ではかなり目立った。サイドでの数的優位形成には必ず助けに来たのが印象的。ガンバに入ってどうかってところはあったけど、守備の貢献度も高いルーカスの加入は結果としてかなり大きかったって思う。


【アントラーズ×ナムディン】
アントラーズはいつものメンバー。成熟しまくり。何の不安もなし。不安があるとすれば今後のこと。メンバー固定でどこまで戦っていけるか。ACLで勝ち抜いていくようなら(問題なく勝ち抜いて行けると思ってる)、昨シーズンのレッズが直面した問題に行きつくはず。つまり、シーズン終わりの大失速。しかも、ベタ引き蹴りまくり攻撃前任せのレッズとは違って難しいやり方を採ってるアントラーズ。アーセナルほどとは言わないけど、新戦力を入れてその選手がスムーズにフィットできるかどうかが微妙なところ。とはいえ、これはまだまだ先の話。今はベストメンバーで戦うアントラーズの質の高い試合を見ましょうってとこか。

第1戦目では省エネサッカーを採用したアントラーズ。アウェーだったし、暑かったし、移動もあったし、妥当な選択だって言える。守備は前から頑張らずに自陣で受ける形。これには相手をおびき寄せる意図もあって、攻撃はカウンター的な縦縦のやり方。組み立てには特別に時間をかけず、よってSBもボランチも攻撃に絡ませず、前線の最低限の人数だけに任された。ある意味ではアントラーズらしくないアントラーズのサッカー。別の意味では何でもできるっていうアントラーズらしさが見られたアントラーズのサッカー。そんな内容が見られた前回の試合だった。

それに対して今回はホームの戦い。存分に本来の意味でのアントラーズ的な攻撃が見られたと思う。でも、相手もアウェーの戦い方。相手がでてきてくれたおかげで簡単に攻撃ができた前回の試合とは違って、どうやってアウェーの戦い方をする相手を崩すか。自分たちが自分たちのサッカーをしたとしても、相手がそのサッカーをさせてくれるかどうかは別問題。まあ結局は何の問題もなくアントラーズが引いた相手を崩しまくったわけだけど。それは6-0の結果を見ても分かる通り。

とりあえずはナムディンのサッカーについて見てみたい。予想通りというかなんというか完全なるアウェーの戦い方。最終ラインは完全なる5バック。3バックのWBが押し込まれた5バックではなく、完全なる5バック。追いかける展開になっても5バックは崩さなかったことからも、5バックベースは明らかだったと言ってもいい。中盤の形は微妙だった(後述)だったわけだけど、数字で表せば5-4-1だった。

立ち上がり、というか前半の中盤はダイヤモンドっぽかった。というわけで、5-1-3-1と表せる形だったナムディン。もちろん自分たちから能動的、積極的な守備をするわけはなく。必然的に受ける形となった。それでも、前線フィルターの3で引っ掛けられればいいなの守備が見て取れたと思う。もちろん、それは夢と散ってしまったわけだけど。

とりあえずアントラーズの最終ラインは完全なるフリー。ナムディンはその最終ラインから1つ縦に入ったところで守備をスタートさせようっていうやり方を採ってたと思う。ただ、そのチェックがとにかくルーズ。アントラーズのボランチに入ったときの対応が象徴的。ボランチに入った瞬間に、ナムディンの2列目がちょっとブロックから出てくる。でも、しっかりと距離を詰めない。チェックをしようとするけど、チェックはしない。というわけで、縦パスが入ったとしてもアントラーズのボール保持者に対するプレッシャーは弱い。自由にボールを持てる。ズルズル下がって行くしかなかったナムディンブロックだった。

それでも縦に入ったところで守備をスタートさせるっていう、その意識自体があるってのが貴重だったとも言える。ただし、アントラーズのやり方によって、その意識自体も完全に否されてしまった。5-1-3-1ブロックのナムディン。最初のフィルター3枚のウラは1ボランチがケアする。というわけで、1ボランチ脇にはスペースがありまくり。アントラーズはここを突いてきた。

前回の試合とは違ってアントラーズの両SBは高い位置まで入ってきた。相手が1トップ残しだったから、後ろは2バックでもよかったし。そして、SBの攻撃参加の活性化とともに組み立てで時間をかける意識が復活したアントラーズ。左右の幅を使いながらの効果的な展開を見せたと思う。そして、そのスタートが相手の1ボランチ脇のスペースに対するアプローチだった。

アントラーズのSBが1ボランチ脇のスペースに入る。そこに入るのはSBだけには限らないけど、とにかく相手の1ボランチのところのサイドに起点を作るってこと。そして、そこに大きなボールを一発で供給する。この大きな展開のよさがかなり目立った試合でもあった。そして、この大きなボールは相手の最初の3のフィルターを無効化させる。実効性はともかくとして、縦に入ってきたら守備を開始してやるぜっていう意識自体はあったナムディンの3枚フィルター。でも、そんな意識とは裏腹にアントラーズのボールはその3枚のフィルターの頭を越していった。

というわけで、守備のスタートが切れなくなったナムディン。ついでに中盤スカスカも目立った。1ボランチの弱点に直接アプローチされてるわけだから、当たり前と言えば当たり前。そういうわけでベタ引きの人数ベースブロックへ。5-4を完全に引かせての守備が見られたと思う。どちらにしても、圧倒的にアントラーズがボールを保持する展開が生まれたってことには変わりはないわけだけど。ゴールを守ることだけを考えるならば、ベタ引き人数ベースブロックのがまだマシか。

こういうナムディンの守備に対してアントラーズが圧倒的に主導権を握ったのは明らか。だから、ほとんどの時間はアントラーズが好きなように攻める展開が生まれたと思う。その中でアントラーズらしさ、アントラーズの良さがが見られた今回の試合だった気がする。引いた相手をどうやって崩すかってことにも、そのアントラーズらしさである程度の回答を見せてくれた印象。

まず、1つは幅の利用。上に書いた攻撃のスタートのところも含めて、両サイドを効果的に活用した攻撃が見られた。さらに、相手のブロックに対して左右にボールを動かしまくるアプローチが見て取れたと思う。組み立ての段階ではピッチ全体に選手をバランスよく配置するアントラーズ。その中では近づきすぎないある程度の距離感を保つ。結果として、ショートパスというよりはやや距離が長めのパスが多くなる。そういうパスで左右のサイドを頻繁に変えまくっていったのが印象的。相手のブロック前を横切りまくるパス回しで、全く狙いどころを定めさせなかった。

アントラーズのよさは組み立ての段階で近くばかりを見ないこと。流動性をベースとして適切な選手が適切な場所に入るようなアントラーズの攻撃だから、近い場所に選択肢がないわけではない。でも、それに固執しない。どちらかと言えば、組み立てでは遠くを常に見てるようなイメージが強い。だから、チャンスがあれば組み立て途中で一発のパスをウラに蹴ったりもする。遠くが見えてることで、組み立てがこじんまりとしない。一発のサイドチェンジの多いこと多いこと。広い場所広い場所を使いながら、さらに相手のブロックを分散させ、狙いどころを定めさせないような攻撃の組み立てが特徴的だと思う。

ただし、ここで1つの疑問が浮かぶ。アントラーズのシステムはブラジル的な4-2-2-2。サイドアタッカー的な選手は使っていない。必然的にSBのサイドでの役割が増大。形的にはお世辞にもサイドが厚いとは言えない布陣。逆に中中へと入り込んでしまう可能性も十分。そういうシステム的なイメージがあるのにも関わらず、左右の幅を有効に活用できるのがアントラーズ。ここに面白さがあると思う。

その答えの1つは単純にSBが高い位置に入ってるってこと。今回は圧倒的に優位に試合を進めた中で、SBが高いポジショニングを維持する時間が長かった。ある意味では4-2-2-2の本場であるブラジル的な解決の仕方だとも言える形。ただし、アントラーズのサイド利用はSBの高いポジショニングだけにその要因があるわけではない。ここで重要なのが流動性抜群の前線の関係性。

システム的には4-2-2-2のアントラーズ。サイドが薄そうに見えるってのは上にも書いた通り。でも、アントラーズはこの形を基本としつつも、この形にはこだわらない。要するに入れ替わり立ち替わりにサイドに選手が流れてくるって形。野沢、本山、マルキーニョス、田代の前線の変則4トップに加えて青木とか小笠原もサイドに顔を出してくる。そうやってサイドの薄さに対処してるのがアントラーズのやり方。結果として真ん中によるように見える基本システムにも関わらず、サイドに起点を作ることが可能になる。左右の幅を使うことも可能になる。

相手にとっては最初からサイドアタッカーを置かれるよりも圧倒的にやりにくい。サイドの出入りが激しいアントラーズ。誰が出てくるか分からないし、誰も出てこないかもしれない。ついでに言えば、いつ出てくるかも分からない。これではどうやって対処しようか困ったもの。サイドアタッカーを置かない形によって逆にサイドでの優位性を保てるのが、このやり方だと思う。そして、そこにアントラーズの成熟が見られるわけで。何しろ前が適切にポジションを入れ替えまくらないと、このやり方はできないから。

このサイドの出入りの激しさがアントラーズの特徴の1つ。加えてトップの場所の出入りの激しさもアントラーズの特徴だって言える。例えば先制点のシーン。ここでは完全に2トップに本山と野沢、トップ下にマルキーニョスと田代っていう位置関係ができあがってた。要するに前線の2列がごっそりと入れ替わった。今まで変則4トップって書いてきたのが象徴的に表れてるシーン。ちなみに、アントラーズはこの前線の4人の関係だけではない。後ろからダイナミックに青木だの小笠原の飛び出しも見られた。

この前線の出入りがアントラーズの停滞感を打ち破る1つの形。マルキーニョス中心の前線が常に動きまわってる献身性が見られるのは事実。ただ、前線の流動性っていう形でそういう個々の動きを有機的に連動させてる。結果として圧倒的にボールを保持する展開、前線に人数が入る展開になっても前が詰まるっていう状況に陥らない。これがアントラーズの強みの1つだって言えると思う。そうやって前線が動いてる間にボールも動かしまくりながら、ここぞのチャンスを狙って行く。

アントラーズの組み立てではある程度長めの距離を取った展開が見られるってのは上にも書いたとおり。それに対して最後の仕上げの場所では近い関係で一気に崩すってやり方が見られる。仕上げにかかったら迷わずに仕上げ切るっていうイメージ。もちろんここでもポジションにこだわらない流動性が1つのポイント。ギャップギャップに入り込んで近い関係でパス交換。加えて、ボールに対する複数の爆発的なランニング。これによって一気にスピードアップ。3点目のシーンも狭い場所を野沢と本山がワンツーで抜け出したシーンからだった。

遠くを見る組み立てと近い関係で崩す仕上げ。大きな展開で距離を稼ぐ組み立てと、ショートパスで一気に崩す仕上げ。ゆっくりな組み立てとスピーディーな仕上げ。こういうメリハリが攻撃にアクセントとなってる。そして、その中で人が動きまくり。簡単にアントラーズの攻撃を表すならこんな感じか。

さて、アントラーズの守備。基本的にはアントラーズの守備が見られる時間はかなり短かった。ただし、そのベースにあったのは1つ。ボールへの意識の高さと、それに連動する次のよさ。スイッチとしてのボールへの寄せを全ての選手が行うのは、もはやアントラーズの決まりごと。FWでさえも例外ではない。そして、そういう最初のチェックに対して次が必ず連動する。前が制限したとことを次で狙う。相手を足止めしておいて、挟み込む囲い込む。こういう守備のよさは不調気味だった昨シーズン初めから書いてきてるとおり。

今回の試合でも例外なく見られた、こういう質の高い守備。とはいえ、ブロックを作って守備をするシーンは少なかったわけだけど。前線からの献身的な守備とそれに対する連動性で相手の攻撃をことごとく分断した。確かに、そこには相手の攻撃のまずさがあったのも確か。何しろ攻撃を考えずに守備をしたナムディン。攻撃の人数は恐ろしく少ない。基本的に前線に残った1トップと後は2列目をどれだけ絡ませられるかってのがポイントだった。1トップがサイドに流れてトップ下がトップの場所に出るってのが1つのパターンになってたような気もするけど、どっちにしても実効性は恐ろしく少ない攻撃の展開だったって言える。

というわけで、アントラーズの守備が発揮したのされたのは多くの場合で切り替え。2つの得点にもつながってるように、深い位置でのボールへのチェックとそれに対する連動性が素晴らしかった。5点目はまさに理想的な展開から。高い位置で小笠原が足止め、高い位置に入っていた内田が戻ってきて挟み込み奪う。それをそのままゴール前へっていう展開だった。この切り替えの守備によってより長く攻撃を続けることが可能になった。

そして、長く攻撃を続けること=圧倒的なポゼッションがボールを持った休憩を生み出した。攻撃でも動き回り、守備でも動き回るアントラーズのやり方。ポゼッションの時間は何よりも重要。ちなみに、ポゼッション時も献身的に前線で引き出しの動きを繰り返すFWの2枚はきっちりと途中交代で休ませた。したたかな交代だったと思う。

試合の流れに戻って見てみると、前半で1点ビハインドのナムディンは後半に微妙にやり方を変えてきた印象。中盤の4をフラットに並べることで前半の弱点となっていた(前半の最後はシステムどうこうは関係なかったけど)1ボランチ脇のスペースをなくした。1ボランチがいなくなったところには最終ラインが押し上げ。結果として前半よりも高い位置にコンパクトな5-4ブロックが形成された。

アントラーズとしては前半よりはちょっとやりにくくなったかなって形。ナムディンの守備のバランスが回復して、好きなように使えた中盤のスペースが減ってしまったわけだから。前半のような遠めの関係では引っ掛けられる可能性があったように思う。だから、前半よりは組み立てでの選手間の距離が縮まってた。ボールサイドに人数が偏るような展開も多くなった気がする。それでも、逆サイドへの大きな展開は効果的に機能し続けた。

そんなことをしているうちに、バランスの回復した5-4が再びベタ引きへ。いくら形を作っても守備の根拠がないナムディン。アントラーズが狙いどころを定めさせない攻撃をしてたのは確かだけど、1つ1つのチェックがルーズ過ぎた。だから、結局はズルズルと下げられる結果になったと思う。

最終的にはちょっとした攻撃意識を見せて前がかったためにスペースが生まれた後半の終了間際。この時間はアントラーズがおびき寄せた側面もあったかもしれない。ただし、アントラーズとして見るとその中でひやっとさせられるシーンもあったのも確かだったわけだけど。とりあえず、ラストの跳ね返しからダニーロ経由のカウンターってのがアントラーズのやり方となった。

ちなみに、アントラーズの2点目にはナムディンの守備の大問題が表れてた。このシーンは起点となった小笠原が真ん中の場所でドのつくフリー。確かにこのシーンはナムディンは攻撃後ではあった。でも、戻りがあまりにも遅い。前半から攻撃後のナムディンの組織作りの遅さがかなり目立ってた。前線に出ていった選手は歩いて戻ってくる。守備重点だったのにも関わらず。何がしたいんだって話。アントラーズがゆっくりと攻めてなかったら、もっと大変だったと思うわけ。

そんなこんなでアントラーズは6得点快勝。2試合で15得点のすさまじい爆発力。どちらも相手の問題があったのは確かではあるけど。それにしても格下相手に力差どおりの試合をするのが難しいってのは確かなわけで。その力差をそのまま見せつけるアントラーズの強さが際立つ2戦になったと思う。
スポンサーサイト
別窓 | ACL・A3 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<マンU×リバプール | サッカー好きの日記帳(引越し中) | ローマ×マンU>>
この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-04-06 Sun 19:22 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。