ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-05-23 Tue 18:28
グループG
【フランス:4-4-2】
FWはアンリとトレゼゲの2トップ。名前だけ見ると破壊力抜群の2人。ただ現実はそううまくは行ってない。
最大の原因はアンリの国際舞台での弱さにあると思う。プレミアでは何度も得点王になってるんだけど、イングランドを出るとどうも弱い印象があった。これがアーセナルがCLで勝てなかった原因だったと思う。ただ今季のアーセナルはCLで準優勝。アンリも目立ってたし不安は払拭されたかもしれない。

中盤はリベリー、ジダン、マケレレ、ビエラ。ボランチの2人は世界最高峰の技術と経験をもってる。それに、ジダンとマケレレは一時期のレアルを支えた2人だし、メンバーは凄い。
ただ、このポジションも名前だけで判断できなさそう。

とくに問題なのは高齢化。中盤だけじゃなくて、フランスはまたしても若返りに失敗。前回W杯やEUROと同じ状況になってる気がする。
とくにEUROでは省エネサッカーに終始してた印象がある。予選もジダンをはじめとした代表引退組が復帰して通過を決めた。つまり、そういうベテラン選手にチームの命運がかかってる。ベテラン選手がコンディション調整に失敗すると危ない。
それでも経験という面は大きいと思う。コンディションさえ整えば“今大会は”大きな仕事をしてもおかしくない。
このベテラン陣の中で、ジダンはこの大会での引退を発表。プレーをしっかり目に焼き付けておきたいと思う。

ジュリの落選は驚いた。メッシのケガのあとはバルサでもスタメンをとってコンスタントにいいプレーをしてたように思う。

ピレスも落選。占星術で決めたって噂もあるらしい。本当かどうかは分からんけど。

【スイス:4-4-2】
予選もフランスと同じ組で0-0、1-1の全くの5分。
このチームでは(スタメンは微妙だけど)フォンランテンに注目したい。EUROの最年少得点記録を持つスピード豊富な選手だ。

【韓国:3-4-3、4-3-3】
個人的なは好きなタイプのチーム。
いわゆる“ハマると強い”チーム。ハマった時は、パスがポンポンつながってサイドのオーバーラップも積極的で、かなり面白いサッカーを見せてくれる。

注目の選手は、マンUのパク・チソン。それから、パク・ジュヨンにも注目したい。このパク・ジュヨンを筆頭に韓国は4年前ベスト4のチームと若手が上手く融合した。世代交代もうまく行ってるし、これから先も楽しめそう。

【トーゴ:4-4-2】
アーセナルのアデバヨールがいるチーム。予選ではセネガルを破ってきた。これぐらいしか知らない。


■結論
フランスには抜けてもらいたい。順当に行けば楽に抜けるだろうけど、なんか不安。
もう1チームは韓国を押したい。スイスはちょっと若すぎる気がする。ただトーゴの未知の魅力も怖い。
スポンサーサイト
別窓 | W杯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<グループC | サッカー好きの日記帳(引越し中) | グループA>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。