ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-06-13 Tue 03:03
アメリカ×チェコ
アメリカのシステムは4-5-1。中盤のサイドの選手はワイドに開いてる。徹底的にサイドから攻めてくる、個人的に好きなチーム。
チェコは4-5-1。バランスのよさとか安定感は世界随一。バロシュの欠場でコラーの1トップの後ろにネドベドが入る形。

チェコはやはり組織力が飛びぬけてる。
システムは何度か紹介してる4-1-4-1の形。守備のラインを明確に2本使ってる。
まず、守備面で重要なのはこの2本の守備ラインをコンパクトに保つってこと。で、1本目の守備ラインでまず相手にプレッシャーをかける。そこでこぼれてきたボールは1枚残ったガラセクが対応する。1本目の守備ラインでプレッシャーをかけるときは、しっかりと連動的に行くようにして単発で効果の薄いものは少ない。

この形のシステムだと攻撃でもかなりのメリットがある。4人が横に並ぶから左右にワイドな攻撃ができる。守備面でもワイドに開くアメリカの攻撃を防ぐのがうまくいった。特にアメリカの右サイドのビーズリーは2枚で当たって、スピードにのるスペースを作らせなかった。

それから、選手間の間隔が狭くなってパス回しもうまくいく。チェコはこの狭い間隔を上手く使ってトライアングルをいくつも作る(NHKのアナウンサーも言ってた)。基本的なことの繰り返しだけど、徹底することでかなりいい攻撃が生まれる。
このシステムはかなり好きなんだけど、実際にやるのは難しい。
まず、プレッシャーをかけなければならないから中盤の選手に守備力と運動量が要求される。
特に重要なのが1ボランチのガラセクの位置。ここのポジションは横幅を1人でケアするから、さらに高レベルの守備力と運動量が要求される。
さらに左右にちらす技術もほしい。

それから、2列目から前線への飛び出しも重要になってくる。このシステムに限らず1トップを使うときは2列目の選手がかなり重要。
それとしっかりした連携。連動した攻守が無ければ崩壊してしまう。
こういうことが満たされれば、個人的にはこのシステムが1番だと思う。バルサとかチェルシーも基本はこの形だから、今後流行していくと思う。

1点目はサイドから攻める形だった。
相手がGKからのフィードで押し上げる途中ってこともあって、右サイドの飛び出しでフリーになれた。さらに、中はコラー1枚だったけど相手がしっかり体を寄せきれずに簡単にあわせることができた。

2点目のミドル。
サイドをえぐったことと、コラーが深い位置まで入り込んだことでアメリカのDFラインはかなり深い位置まで下げられた。結果として、こぼれ球を拾ったロシツキの前にかなりのスペースが生まれた。

3点目は2列目からの飛び出しの典型。
FWを追い越してくからオフサイドもかからない。最後後ろからのプレッシャーを受けながらもきっちり決めるあたりはさすが。

チェコは高齢化が心配だった。でも結局最後まで運動量は落ちなかった。オーバーラップとかパス&ゴーの形のなかでかなりの無駄走りをしても運動量が落ちないってのはすごい。
特にネドベドは攻守のさまざまな場面に顔を出しながら最後まで運動量を落とさなかった。それにネドベドのタメで味方が上がる時間を作った場面もかなり見られた。

とりあえず、1試合目はしっかり最後まで切れなかったけど今後どうか注目。コラーがケガしたように、やっぱり高齢化(ケガと関係あるかわからんけど)の問題は後々問題となってきそうな気がする。

アメリカ側も序盤はポジションにとらわれない連動したプレーとサイド攻撃を見せてくれた。ドノバンの前への飛び出しなんかは良かったし、サイドの選手を追い越す動きもアメリカらしかった。
でも、チェコの守備が一枚上だってことを認めざるを得ない。


試合前はアメリカのサッカーに期待してたけど、チェコの基本的なプレーを組み合わせたシンプルなサッカーに感動(?)した。自分が監督をするならこういうサッカーを目指したいという理想形だった。
スポンサーサイト
別窓 | W杯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<韓国×トーゴ | サッカー好きの日記帳(引越し中) | 日本×オーストラリア>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。