ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-06-17 Sat 03:00
オランダ×コートジボワール
オランダのシステムは4-3-3。メンバーは初戦のスタメンと一緒。
コートジボワールは4-3-3。注目はドログバはもちろんのことアーセナルのコロ・トゥレ、エブエ。この2人がどうやってオランダの攻撃を止めるか。(正直いってこの3人しか知らない。カルーも少しは知ってたのにスタメンはずれたし。)

序盤のオランダはロングボールで一気にウラを狙うって形が目立った。相手のDFラインがかなり高い位置にポジションを取ってたってことが原因だと思う。結果としては3つのオフサイドをとられてこの形はあまうまく行かなかった。
でもこれは次の展開への布石になった。
相手のDFがこういう攻撃を気にして徐々にラインを下げ始めた。これによって中盤でボールをもてるようになったし、前を向いてドリブルで仕掛けられるようになった。

ファン・ニステルローイは前回の試合から見ると見違えるようだった(個人的にはまだ不満だけど)。一番大きかったのは、しっかりボールが収まって起点になれたこと。前回の試合だとファン・ニステルローイにボールが収まらなかったから(交代のカイトもそういうタイプの選手じゃないし)真ん中からの攻撃が全く機能しなかった。だから、結果としてロッベンの個人技に頼る形になってしまった。

前回のようなコンディションだとファン・ニステルローイは相手にとってそんなに怖い相手ではない。でもボールが収まるってなっただけで、ケアしなければならない選手になる。

2点目の展開の起点となったロッベンのドリブルは、上に書いてあるような序盤のロングボールの結果とファン・ニステルローイが相手のDFと駆け引きしたことによって生まれた。これによってロッベンの前にスペースが生まれて、スピードに乗ったドリブルで切れ込んでくことができた。
それでロッベンが中に入ってったときにファン・ニステルローイはプレッシャーの少ないサイドに流れた。ロッベンを含めて中にオランダの選手が集まったこともあって、相手のDFは中央に集められた。これでサイドに流れたファン・ニステルローイが完全にフリーになってGKと1対1。抜け出すときのラインを見た動きもさすがだった。
このゴールがファン・ニステルローイがさらに上向くキッカケになってほしい。

コートジボワールはオランダのシステムに合わせて4-3-3でやってきた。それで右サイドからは攻撃の形ができてた。エブエがかなり積極的に攻撃参加してきた。これによってオランダの左SBのファン・ブロンクホルストは押し込まれてほとんど攻撃参加できなくなった。

オランダは右SBのオーバーラップもあまり見られなかった。最初に見られたのは先制点の前のプレー。ファン・ペルシーはサイドに上がったハイティンガをおとりにして中に切れ込み、ファールをもらった。そのFKから先制点が生まれた。

コートジボワールはアフリカの国らしくかなりの身体能力があった。スピードは特に秀逸。前半から1対1は勝負するって姿勢だったから、相手のDFはかなり嫌がったと思う。
スピードにのったドリブルで何度も仕掛けて、それが実ったのが1点目。
2枚のFWが相手を引き付けてつくったスペースをドリブルで上がっていった。で、その後のシュートがゴールにつながった。
アフリカらしくこういう個人での打開の能力は優れてるんだけど、チームでのサッカーもできていた。連携したパス回しで相手を崩そうとするシーンがいくつか見られた。

全体として締まったいい試合だった。両チームが前線から積極的にプレッシャーをかけてくる。テンポの速いスピード感のある試合だった。1対1の場面は基本的に仕掛けてくるし、本当に面白い試合だった。

オランダはこれで決勝T進出決定。それに対してコートジボワールは敗退。これはかなりもったいない。
スポンサーサイト
別窓 | W杯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<クロアチア戦展望 | サッカー好きの日記帳(引越し中) | アルゼンチン×セルビア・モンテネグロ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。