ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-06-19 Mon 03:09
ブラジル×オーストラリア
<ブラジル:4-4-2>
FW:ロナウド-アドリアーノ
MF:ロナウジーニョ-カカ、ゼ・ロベルト-エメルソン
DF:ロベカル-フアン-ルッシオ-カフー
GK:ジーダ

オーストラリアは3-4-3。一応3バックっぽい形だったけど、解説の清水さんが言うにはカカとロナウジーニョにはマンマークがついていて、どこまでも追ってくような守備の戦術をとってきた。

2戦目は主力温存で望むって話もあったけど、結構メンバーを変えてきた。
攻撃陣ではキューウェルが出てなかった。こないだの日本戦ではあまりいいとこ見せられなかったし、ケガの影響もあるのかもしれない。

ブラジルは全体的に1戦目よりもコンディションを上げてきた。全体的に運動量が増えた印象。
特に2トップ。アドリアーノは下がったり流れたりと色々なところに顔を出してボールを受けた。1戦目よりもボールが収まった気がする。らしいシュートを打てたってことも良かったと思う。遠目からも狙えるって意識を相手に植え付けた。
ロナウドもまだまだとは言っても、完全に1戦目よりはよかった。ボールを触れる回数が決定的に増えたし、反転とか抜け出しとか一瞬一瞬の速さを見せた。

この2人で取ったのが1点目。
まず、DFラインとの駆け引きのなかでロナウドが抜け出した。その後相手3枚を引き付けてアドリアーノへ横パス。それをアドリアーノは左足で決めた。相手はこの2人に飛び込めなかった。2人ともこれからどんどんコンディションが上がってく気がする。

上にも書いたけど、ロナウジーニョとカカにはしっかりマークがついていた。そして前を向かせないような守備をしてきた。ボールの出所がなくなって攻撃が詰まる場面が出てきてたと思う。
これに対して、ブラジルはポジションをかなり流動的に変えて対応。カカとロナウジーニョはポジションチェンジを繰り返して、アドリアーノは動いてボールを受ける。左右のSBがかなり高い位置を保って、CBの選手まで攻撃参加。
これだけやられても大きなほころびが出なかったオーストラリアの守備は評価したい。

こんな中でやっぱりロナウジーニョとかカカを中心とした個人技が有効になった。パス回しでは崩せなくても1人が2枚、3枚を相手にして抜いてくと数的な有利をつくることができる。パスのオプションも多い。ロナウジーニョは長短のパスとかトリッキーなパスとかで相手を混乱させたと思う。

2点目。真ん中に相手のDFを集めてサイドのロビーニョにはたいた。ロビーニョのシュートがポストに当たったけど、そこにつめてる選手が多いのが印象的だった。結局、交代出場のフレッジが決めた。

ブラジルの守備面。
中盤ではあまりプレッシャーをかけずに引いて守る。味方が攻撃中にはゼ・ロベルトとかエメルソンなんかがしっかりバランスを取る。
この試合のMVPはゼ・ロベルトだったらしい。攻守にかなりいいプレーを見せたし、これだけのメンバーがしっかりバランスが取れるのはこういう選手がいるからこそ。

オーストラリアもいい攻撃を見せてた。
基本的にはロングボールを放り込む形が基本。他にも連動性のあるショートパスをつないだり、速いカウンターなんかで決定的なチャンスをいくつか作った。
途中からはキューウェルとアロイージを投入。点を取りにいく形にして、流れをしっかり自分たちのものにした。この中で点が取れなかったのが痛かった。

ブラジルは決勝T進出。たぶんまだコンディションを上げてる途中だろう。その中でしっかり結果を残すあたりは、さすがブラジル。
スポンサーサイト
別窓 | W杯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<スイス×トーゴ | サッカー好きの日記帳(引越し中) | 日本×クロアチア>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。