ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-06-21 Wed 21:01
ドイツ×エクアドル
<ドイツ:4-4-2>
FW:クローゼ-ポドルスキー
MF:シュバインシュタイガー-バラック-シュナイダー、フリンクス
DF:ラーム-フート-メルテザッカー-フリードリヒ
GK:レーマン

エクアドルは4-4-2。
2戦目から5人を入れ替えて、カルロステノリオとデルガドが欠場。デルガドはケガって情報もあったし少し心配。

ドイツの左サイドとエクアドルの右サイドの攻防に注目してた。
ドイツのサイドの使い方は1戦目に比べると(2戦目はハイライトしか見て無いので)だいぶバランスが良くなったっていう印象。右サイドでもシュナイダーとフリードリヒの関係性が見えてきた。この右サイドにはバラックが流れてくることが多いので、攻撃に厚みが加わったと思う。

それでも左サイドが主な起点ってことは変わらない。ラームとシュバインシュタイガーの関係性は相変わらずかなりいい。これをエクアドルも知ってただろうから、左サイドからの攻撃についてはつぶしてきた。これがドイツの左サイドからのFKの多さに表れていたと思う。

ドイツが左を押し込んだから、エクアドルの右サイドのデラクルスの攻撃参加の場面があまり見られなかった。さらにバレンシアが中に絞り込んだり右にポジションを移したりしてプレーすることも多かったから、前回ほど右からの攻撃が機能したとは言えない。それでも最初のチャンスは右サイドをえぐったとこから生まれたし、重要な攻撃パターンって事に変わりはない。

ドイツはリスクを犯さない落ち着いた入りをしたと思う。ボールをエクアドルに支配されていた。そんな中で早い時間に得点が取れたってことはドイツにとってはかなり大きかった。
その1点目はCKのこぼれ球からの攻撃だった。セットプレーからの流れの中だったから相手のマークがつききれていなかった。そんな中でドイツがエリア内でボールを左右に振ったことによって相手のDFが混乱。クローゼのボールをもらう動きは素晴らしかった。DFから離れる動きでフリーでシュートを打つことができたと思う。

その後のドイツの前半の内容もよかったとは言えないけど44分に追加点。この得点はバラックが浮き球のパスでチャンスを演出。クローゼの動き出しとバラックがパスを出すタイミングがばっちり合った。この時間帯に入れたってのもドイツにとってプラスに作用したと思う。

ドイツの3点目。
絵に描いたようなカウンターだった。相手のCKから人数も手数もかけずに得点してしまった。
ああいうチャンスでしっかり決められるのがドイツの強みになると思う。この3点目のあとからチームが上手くまわり始めたと思う。

ドイツの攻撃で気になった点が1つある。
それはロングボールの精度。ウラを狙うロングボールを結構蹴ってたんだけど、ほとんどつながらなかった。試合前に水をまいたらしいからそれでボールが伸びたとか、単に相手のDFラインを下げる目的ってこともあったかもしれないけど、さすがにズレすぎだった印象。

バラックについて。
今日はフリンクスと横並びのような位置で引き気味でプレーしてた(攻撃と守備の役割分担はできてたけど)。引いた位置で多くボールを触ろうとする意識があったと思う。そういう位置からシンプルなパスを送った。1タッチで送るようなシンプルなパスでチームの攻撃にリズムを作っていた。
それに、低い位置から長い距離を走って前でシュートなどを狙うあたりも魅力。後半の途中でフリンクスが交代したこともあって1ボランチの位置に入った。1枚引いた位置からの左右への展開も攻撃のオプションとしては使えそう。
バラックとコンビを組んだフリンクスも、攻撃面では左右にロングボールを送ったし、なんといっても守備面での貢献度は高い。このチームでは欠かせない存在といえそう。

ドイツの守備陣。
コスタリカ戦のあとは“ズルズル上がってきてしまう”と評されたドイツのDFライン。今日はフートが入っていつもと違うメンバーだったけど、そういうイメージは無かった。ドイツがチームとしてリスクを犯さない入りをしたこともあるけど、組織的な守備ができていたと思う。前線である程度コースを限定して後ろでしっかりカットしていた。エクアドルのトップにボールが入ったときもしっかり対応してその後の仕事をさせなかった。

エクアドルは前半は比較的いい入りをしたと思う。しっかりとチームとしてパスを回してボールをキープした。それで相手を走らせて運動量を落とすって目的があったと思う。でも結果としては回させられたって事なのかもしれない。
ロングボールの精度はよかった。大きなサイドチェンジなんかはぴったりつながってここからチャンスが生まれるシーンは多いと思う。
後半はドイツがしっかり守ってきたからミドルを打つしかないようなシーンばかりになってしまったのが残念。

グループAはドイツが1位でエクアドルが2位。事前の予想を思い出してみると、1位ドイツで2位コスタリカの予想だった。コスタリカは結局3戦全敗か・・・。1戦目を見たときはその後を期待したんだけど。
スポンサーサイト
別窓 | W杯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ポルトガル×メキシコ | サッカー好きの日記帳(引越し中) | スイス×トーゴ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。