ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-06-23 Fri 20:09
デシャン
日本の敗退が決まってすぐだけど次期監督にデシャンの名前が挙がってきた。もちろん何人かの候補の1人ってことで確定ってわけじゃないけど。デシャンは前々から日本に来てほしいな~と思ってたから、今日はデシャンについて紹介。

まず、デシャンを押してる理由は合理性。ユベントスでリッピから学んだ戦術で結果をかなり求める。論理的に考えることもできる人だから選手交代を含めた采配がズバズバ当たる。モナコ×レアルのCLの試合でモナコが勝った試合もそんな感じだった。

とりあえず、『監督力』って本の中から。

「自分のサッカーはナントで7年間培われたものだ。一番大事なのは全体の動きを把握すること。味方の動きを予測しながら、常に動くことだ。」
NO MOVE,NO FOOTBALL.デシャンのトレーニングは、常に“動き”を伴ったものだ。人もボールも動かしながら、素早くパスを回していく。その間に、相手ディフェンスに出来るギャップをついて誰かが走り、走った先にボールが出ていく。ボールが出てから走るのを良しとしない。


こういう連動的な動きを一緒に練習する期間が短い代表で求めるのは難しいかもしれない。でも、これが完成すればかなりの武器になることは間違いない。
そもそも、この考え方はオシムの“走るサッカー”と基本は同じ。現代のサッカーではかなりの重要な要素となる。

「引いて守るのではなく、できるだけ前に出て守る。陣形はコンパクトに。前進し、ボールを奪い、攻撃し、相手を混乱させる」デシャンの推し進めるスタイルは、現代サッカーの教科書といっていい。


陣形をコンパクトにして、高い位置でとってからの速攻は本当に現代サッカーの1つの形。日本はパス回しにこだわってきたけど、強い相手には通用しない。別のスタイルを目指すのも1つの手だと思う。



監督力―サッカー名将の条件


次に『World Soccer King』の中の『デシャン・ゼミナール』ってとこから注目した記事を挙げたい。

苦しい戦いではパワーのあるFWの存在が不可欠だ。


デシャンはモナコでプルソ、モリエンテスあたりを好んで使った。サビオラには不満を漏らしてるし、高さとかフィジカルの強い選手を好む傾向がある気がする。

やり方はどうあれ、1-0で勝てれば、それは立派な勝ちだ。追加点を決められるチャンスがあれば決めればいいが、特に点稼ぎに執着すべきではない。


この辺にリッピの影響が出てる。「失点しなければ負けない」とも言ってるし、個人的に結果を求めるサッカーが好きなので。それからセリエAの戦術も高く評価している。

・理想は常に一丸となれるチーム。代表選手は若い頃から何時間も一緒に過ごし、お互いを知り尽くし、お互いを尊敬しあうものなのだ。
・選手のメンタリティーや人間性も重視。
・中盤でチームをよくまとめ、頭をよく働かせて、守備に貢献できる選手。そして慎重でありながら創造性に溢れたプレーで攻撃に参加できる選手。


デシャンが挙げた理想の選手像。自身が中盤の選手だったから、中盤の選手について。具体的には、ネドベド・ランパード・ピルロ・マケレレ・ロイキーンあたりの名前が挙がってた。

(若手を見る際)プレーの面で注目するのは、いかにチームのためにプレーできるかという点だ。これは、私がイタリアサッカーの現実主義を愛する人間だからでもある。サーカスでも見てるような華やかなボールテクニックには興味がないし、それほど意味がないとさえ思ってる。若い選手の技術面で注目すべきなのは、実は動きのテクニックなのである。FWについては、特にそうだ。FWのよしあしを分けるのは、いかにうまくボールを扱えるかではなく、いかに上手く動き、マークを外してボールを受けるかなのである。


ここんとこの考え方は個人的にかなり賛成できる。

マルチェロ・リッピからは、多くの戦術と、結果を出したければ何度も練習を繰り返えす以外に方法はない、という点を学ばせてもらった。エメ・ジャケからは勤勉さと周到な準備、そして一貫した指導を行うという義務感を学んだ。

フォーメーションの選択は、手持ちの戦力がどんなメンバーであるかによって変わってくるものだ。監督という存在は、常に現有戦力の特徴を生かせるシステムを採用しなければならず、監督の頭の中に確固たる構想があって、それを忠実に再現しようとする場合は失敗に終わる可能性が高い。
ちなみに、私自身は、最も選手の個性を選ばないシステムは、トップ下を置かない4-4-2だと思っている。すべてのシステムの合体型とも言えるこのフォーメーションは、さほど混乱を招くことなく、様々なシステムに変更することができる。中盤に厚みを出したければ4-2-3-1に、攻撃の枚数を増やしたければ4-3-3に変更することが可能なのだ。最大の魅力は最終ラインに手を加えることなく、守備陣を安定させたままシステムを変更できる点だろうか。4-4-2はタイトルを獲得したユヴェントス時代に使用していたということもあって、私自身はこのシステムを基本に戦うことにしている。



デシャンの紹介はこんな感じ。デシャンの考え方は個人的にはかなり好き。でも結果至上主義だから見てるほうとしては面白くないかも。
そもそもユベントスから声がかかれば言うことは無いって言ってるように、実際代表監督になる可能性は低いかも。
スポンサーサイト
別窓 | 雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<スペイン×サウジ | サッカー好きの日記帳(引越し中) | 日本×ブラジル>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。