ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-06-24 Sat 19:24
韓国×スイス
スイスの守備意識の高さ。韓国のキープレイヤーであるパクチソンには左のSBの選手がマンツーマン気味についた。さらにそれだけじゃなくて、パクチソンにボールが入ったときは複数枚で対応して仕事をさせないようにしてた。

韓国はチョジェジンを狙ったロングボールが結構見られた。これに対してもCBがしっかりと体を寄せて対応。その次のこぼれ球も韓国ボールにはさせなかった。

でも後半センデロスが負傷交代してからは韓国のこういう攻撃が機能し始めた。ついでにパクチソンとパクチュヨンが中にしぼったことによって落としたボールに対して反応する選手も増やすことが出来た。

スイスのプレーの中で一番目立ったのは攻撃から守備への切り替えの速さ。ラインをコンパクトに保って、前線からある程度のプレスをかけつつ後ろの守備の組織をしっかりつくる。例えばCKの後の守備なんかでもしっかり前線でつぶしてカウンターを許さなかった。

逆に守備から攻撃への切り替えもかなり速かった。これもコンパクトにラインをまとめてるからこそだと思う。ある程度高い位置でボールを奪ったら、すぐに韓国のDFラインのウラを狙ってくる。韓国のCB2人の間を斜めに飛び出すと、しっかりマークにつききれてなかった。

2列目からの飛び出しも効果的だった。前半はこの攻撃がオフサイドになってしまう場面が目立った。ただ徹底的なこういう攻撃が実って後半の追加点を生んだ。このプレーは微妙な判定って言われてるけど、韓国の選手から出たボールって判断だったんだと思う。

スイスは相手にプレッシャーをかけられて攻撃が遅れてしまってもしっかり攻撃を組み立てることができる。1人1人の技術がしっかりしててボールをキープすることが出来る。トップにボールを当ててからの展開もあって、守ってカウンターってだけのチームじゃないって事を証明した。

韓国側の攻守の切り替えも速かったように思う。守備では前線から積極的にプレッシャーをかけていった。韓国の選手の運動量をほめたい。最後まで大きく運動量が落ちるって場面がなかった。

特にトップ下の位置に入ったイチョンス。1トップを追い抜いて前に飛び出す動きとか、後半はサイドに流れたり多くのポジションに顔を出してきた。さらに危ないシーンでは守備もしっかりする。スイスの決定的なシーンをゴール前で守ったプレーもあった。それから完全にスイスに引かれてしまったときのミドルシュートも魅力的だった。

後半は韓国もいい攻撃が出来た。
上にも書いたとおりにセンデロスの交代の後はトップにボールを当てることが出来た。
WG的にプレーしてた2人が中にしぼって、サイドのスペースは攻撃参加してきたSBが使った。サイドからの攻撃のときにの韓国の中の人数はしっかり揃ってる。
それ以上に人数をかけて真ん中を守ってきたスイスそ守備をほめるべきだと思う。途中の選手交代も点を取りに行くっていう明確な意図が表れてて評価できる。

センデロスの負傷交代は心配。3戦とも安定した守備で3戦連続無失点に貢献してきた。この試合では先制点も決めている。
このシーンはFKからだったけど、スイスのセットプレーは全体としていいボールが入ってきた。
センデロスは一度中に入る動きをしといて、急停止から外に逃げてDFを外す動きをした。センデロスの高さは守備だけじゃなくてこういうシーンでも有効だった。

スイスは3戦連続の無失点で決勝T進出。前も書いたけどこういう守備から入れるチームは強い。さらに若いチームだけにのったらどこまでも行きそう。グループリーグを見てこのチームはこれから注目すべきだと感じた。

逆に韓国は敗退。これでアジアは全て敗退となった。次の大会での出場枠の削減は避けられなさそう。
スポンサーサイト
別窓 | W杯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ドイツ×スウェーデン | サッカー好きの日記帳(引越し中) | スペイン×サウジ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。