ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-06-27 Tue 21:09
スイス×ウクライナ
スイスは4-5-1。前の試合で途中交代のセンデロスは肩の脱臼で欠場。ここまではベストヤングプレイヤーに選ばれそうな勢いで活躍してただけに残念。
ウクライナは4-4-2。ことらもCBの2人が出場停止らしい。DF登録が2人っていう異常事態。

どちらのチームも組織的な守備を徹底してやってきて締まったいい試合になった。基本的にはどちらも守備は同じような形をとってきたからそれについて。

まず挙げたいのは攻守の切り替えの速さとコンパクトなライン構成。これが中盤での寄せの速さを生んでいる。基本的にはどちらかのチームがこういう戦術を取ると高い位置でボールを奪えるだけにカウンターって形が見られる。でもこの試合では両方の選手が最後まで集中を切らさずにやったから流れの中での決定的なシーンがほとんど無かった。延長までいったから運動量が落ちたのは確かだけど、攻撃⇒守備という切り替えの速さと、中盤で囲んでボールを奪う守備ってのは最後まで徹底されていた(守備⇒攻撃の切り替えが遅くなった印象)。

それとFWの選手も惜しまずに守備をする。特にスイスは後ろから行ったときにファールなしでボールを奪うことが出来た。

ウクライナの攻撃は前線の選手を狙うとこから。前は2トップに2列目の選手が絡んでくる。シェフチェンコはサイドに流れるような場面も多いけど中が1枚っていう状況はあまり見られなかった。最初に前にボールが入ったときは攻撃にかかる選手が少ないけど、押し上げが速いから1つの攻撃が波状攻撃みたいな形になる。DFラインからの積極的な攻撃参加もあって、前の枚数はかなり増えた。それで相手の選手を押し込んだことでセカンドボールも拾えたから、それが波状攻撃を生んだ。
攻撃時は前がかりになってる分、相手のカウンターの形になると危なくなるんだけどそれは前線からの守備でつぶした。

スイスは守備から入るチームだけど、そういうチームに多いような前線へむやみにロングボールを蹴りこむような攻撃をほとんどしない。ロングボールを蹴りこむときは序盤に相手のプレッシャーを避けるためにサイドに大きなボールを蹴ったり、終了間際にパワープレー気味に前線に蹴りこむような戦術的に明確なシーンだった。
こういう場面以外はしっかりとボールをつないで攻撃を組み立ててくる。

後半からは右SBの積極的な攻撃参加が見られた。ウクライナが真ん中を固めてきたから、前半は遠いとこからのシュート以外に打開の方法が無かった。だからサイドに起点を作りたかったんだと思う。

どちらもしっかり守ってたこともあって決定的チャンスはほぼゼロ。最後のとこは個人で打開する選手がほしいとこだけど、その人材が不足してた感じ(シェフチェンコは完全に押さえ込まれた)。どちらも守ってカウンターっていう戦術を取ってるだけに、相手が引いてきてしまうと攻撃の術が無くなってしまう。

こんな試合展開の中でセットプレーからはいくつかのチャンスが生まれた。でも両者のうまい守備でそもそもセットプレー自体があまり多くなかった。

どちらも守備から入るチームらしく無駄なファールが無かった。120分戦ってイエロー1枚ってのにそれが表れてる。結局PKでウクライナが上がったわけだけど、スイスは今大会無失点。今後も注目してく価値はありそう。
スポンサーサイト
別窓 | W杯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ブラジル×ガーナ | サッカー好きの日記帳(引越し中) | イタリア×オーストラリア>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。