ただのサッカー好きが、思ったことをただ書くだけ。 (06年終了)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-07-01 Sat 06:14
イタリア×ウクライナ
<イタリア:4-5-1>
FW:トニ
MF:トッティ、ペロッタ-ピルロ-ガットゥーゾ-カモラネージ
DF:グロッソ-バルザリ-カンナバーロ-ザンブロッタ
GK:ブッフォン

試合開始早々にイタリアが先制。ドリブルで持ち上がって、そのままシュートを打った形だった。
ウクライナのDFラインの前に深刻なスペースができてしまっていた。このゴールの前にも(前半5分にして)何度もドリブルで持ち上がられる場面があった。

前線での守備とDFの守備に意志の統一が図られていなかったんだと思う。前線では前回の試合と同じように積極的にプレッシャーをかけようっていう意図が感じられた。ただそこのプレッシャーをかいくぐってイタリアの選手が抜けてくると、DFラインがズルズルと下がっていってしまった。だから、せっかく前線での守備をしてもライン間の距離が遠くてボールの取り所が無く、効果が薄くなってしまった。さらにDFラインが下がったことで、積極的に前に出る中盤との間にスペースができたってこと。

この得点のシーンにもあったようにトッティからのシンプルなパスはチャンスにつながる。トッティとのワンツーで前線に抜け出してくっていうプレーが目立った。トッティにボールが入るとどうしても相手の選手がそこに引き寄せられてしまう。それだけにこういうプレーで抜け出す選手はフリーの状態でボールを受けることができる。

大事なのはパスを出した選手がめんどくさがらずにリターンパスを引き出す無駄走りをするってこと。このトッティの細かいパスとピルロからの大きな展開がいい感じに混ざってる気がする。

2点目はセットプレーから。
ショートコーナーを使ったことで相手の目線を引き付けて、マークがずれた。トニに簡単に前に入られすぎだった。この得点の前にイタリアは流れを奪われていたけど、ここのセットプレーでそういう悪い流れも完全に払拭した。

3点目はザンブロッタの攻撃参加から。
1点目もザンブロッタのシュートだったし、グロッソも含めてSBの攻撃参加がかなり活発。このシーンではザンブロッタが狭い局面を抜け出して、エリア内にドリブルで進入。ラストパスを受けたトニは触るだけだった。
このシーンに限らず、イタリアのSBは中に切れ込んでプレーすることが多かった。普通SBの攻撃参加っていうとタッチライン際でのプレーが多いような気がするんだけど、この2人はトニを追い越してゴール前まで出てくようなプレーもしてた。

この試合2得点のトニは得点以外でもいい仕事をしてた。前線にボールの収まりどころがあるってのは大きい。それだけで味方が上がる時間ができる。
それに周囲との関係がいい。トニにボールが収まったときに、それを受け取る選手とトニを抜いて前線に飛び出す選手がかならずいたと思う。
最近は不調気味だったけど今日の2得点で変わってくれば。

イタリアの守備は磐石の印象。中盤でプレッシャーをかけて後ろが奪うって形ができてる。これは選手間の距離感がいいからこそ。映像で見てみるとDFラインがきれいに並んでて、その前にボランチのラインってのがはっきり分かるぐらい。これだけいい距離感で守備をされると真ん中から崩すのはきつい。
ウクライナは前半で選手交代をして前の人数を増やしたけど、人数だけいてそこに全くボールが行かなかった。

この守備を崩すにはサイドからの攻撃が有効そう。ウクライナがつくったいくつかのチャンスはサイドからのボールで生まれたってのが多かった。どんなにいい守備でも横からのボールに対しては少なからずギャップができる。そこにいいボールが入ってくれば決定的なチャンスになる。
そういう意味でもっとSBの攻撃参加を見たかった。序盤は積極的な攻撃参加が見られたけど、途中の選手交代あたりからあまり見られなくなってしまった。

結局3-0でイタリアの勝ちってことで順当っていってよさそう。準決勝でイタリアはドイツとやることになった。
スポンサーサイト
別窓 | W杯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<イングランド×ポルトガル | サッカー好きの日記帳(引越し中) | ドイツ×アルゼンチン>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| サッカー好きの日記帳(引越し中) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。